FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
人類みな麺類 Red@赤坂 / 担担麺 macro
人類みな麺類 Red
担担麺 macro

[訪問日]
2020年12月15日(火)

[評価]★★★☆☆

人類みな麺類 Red -- 担担麺 macro


さて、今回は、前回の記事からの続きのようなもので。


連食ではないですが、連日の「人類みな麺類 Red」の訪問です。




「人類みな麺類」といえば・・・


大阪屈指の行列店「人類みな麺類」。


その東京進出1号店が7月にオープン、10月には2号店がオープンしました。



で、その2号店が「人類みな麺類 Red」なわけでして。


その「人類みな麺類 Red」に2日連チャンです。



もともと「担担麺専門店」としてオープン。
 
ま、この「担担麺専門店」としての「人類みな麺類 Red」については、
最初にお邪魔したときの記事に詳しく書いてますので、ぜひとも
参照していただければと思います。
 ⇒ 「人類みな麺類 Red / 和風鰹出汁 担担麺 らーめん原点」の記事


ですが、この12月に早くもメニューリニューアル。

「人類みな麺類」の看板であるレギュラーメニューもラインナップに
加わりまして。


そのリニューアル後の詳細は、リニューアル後に食べに行ったときの
記事に詳しく書いてますので、参照してもらえればと思います。
 ⇒ 「人類みな麺類 Red / 担担麺 原点」の記事




で、前回、リニューアル後のメニューをコンプしようとリニューアル後
2回目の訪問。


「担担麺 micro」をいただきました。
 ⇒ 「人類みな麺類 Red / 担担麺 micro」の記事
 


このときに本当は連食してメニューコンプしちゃいたかったのですが、
お腹の容量がなかったので断念。


そのかわりに、連日訪問で翌日にお邪魔したというわけです。




なので、今回は、最初からいただくメニューは一択。


残った「担担麺」メニューのみです。



それが、「担担麺 macro」。




「macro」といえば、「人類みな麺類」では、貝出汁ベースの薄口醤油、
一番人気のメニューです。


それを担担麺にアレンジしたものですね。



で、そのアレンジが、トマトソースを使った、イタリアンなアレンジ
のようでして。


なんとなく「micro」と似た感じのアレンジのようですね。



「micro」が個人的にイマイチだったので、一抹の不安はあるのですが・・・


ただ、トマトテイストということなので、辛味とは相性が良いでしょうし、
「micro」よりは美味しいのではと、楽しみにしているわけでして。




ということで、連日の「人類みな麺類 Red」、メニューコンプに向けて
残りの「担担麺 macro」をいただいてまいりました。



早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!






まずは、見た目から。

人類みな麺類 Red -- 担担麺 macro

これまでと同様に「RAMEN DAISENSOU」の文字が入ったどんぶりで登場。


パッと見た感じ、いかにも「macro」をベースにしているのがわかる、
そんなビジュアルですね。



そして、やはり「担担麺」には見えないのですが、「辛さ」を感じさせる
ビジュアルにはなってますね。


「原点」、「micro」、「macro」の中で一番辛さは感じそうな印象です。





では、細かく見てみましょう。

人類みな麺類 Red -- 担担麺 macro_アップ

まずはスープ。



「micro」同様に「貝出汁」で「薄口醤油」を使ったスープがベースで、
そこにラー油を張っているようなスープですね。


淡い薄い醤油カラーのスープに、オレンジ色の油が浮いています。


同時に白胡麻も散りばめられていて。



そして、トマトの原型をとどめた濃厚そうなトマトソースものっています。


ただ、薬味のネギに隠れてしまって見えにくいですが、けっこう濃厚そう。



で、麺は、「Red」のほかと同じ麺。


黒胡麻を練りこんだという中太麺。

ややウェーブがかっていて、すでに、これは「Red」のデフォも麺。



そして、その上には、挽き肉がたっぷりのって、その脇には、先ほどの
濃厚トマトがのっています。



で、どんぶり上部にはメニューリニューアル後からデフォでのるようになった
「人類みな麺類」看板のドデカく分厚いチャーシュー。


下部には、太い材木メンマが2本のっています。




先ほども言いましたが、一番辛さを感じそうなビジュアルですね。


でも、担担麺には見えないですが(笑)





とりあえず、いただいてみましょう!




まずは、スープから。



うん。


やはり、けっこう辛味を感じますね。


ベースの貝出汁薄口醤油スープの旨味が感じられる中、ピリッとした
辛味が程良い刺激を与えてくれて美味しいかも。


ただ、想像していたよりは辛くなく、トマトソースがけっこう濃厚で、
そちらの方に味が奪われていっている感じがしないでもない。


貝出汁薄口醤油スープの旨味、辛さ、トマトの味、このバランスが
もう少し取れていたらもっと美味しかったのかもしれないですね。



そういう意味では、ベースのスープとラー油の辛さが一番バランス良く、
互いを引き立てあっていたのは「担担麺 原点」なのかな・・・



この「macro」も「micro」に比べると美味しいのですが、ちょい惜しですね。




でも、白胡麻も香って、美味しいことは美味しいです。




麺は、変わらずモッチリとした食感でスープとの絡みも良く美味しい。

ただ、やはり黒胡麻の風味はあまり感じられないですけど。


食感は良いです。




で、挽き肉もジューシーで、ラー油とともに担担麺を感じさせる要素で、
麺と絡めて食べると最高ですね。


挽き肉自体をレンゲですくって食べても美味しい。



そして、やはり、主役はこれに奪われちゃうのかな。


分厚いチャーシュー。



この肉の美味さがいろんなことを帳消しにしてくれる。


コイツはマジで美味いですよ。




今回は、トマトソースも絡んでくるので、また違った味わいも。



結局は、このチャーシューに帰結しちゃいますね。


ま、それだけの存在感なので仕方ないですね。





ただ、正直、前回の「担担麺 micro」よりはまだ良かったかな。


もちろん美味しく完食はしましたが、「人類みな麺類」の元の味を
知っている人にとっては、「Red」はちょっと首を傾げるところは
あるかもしれないですね。



一応、「原点」、「micro」、「macro」と全ていただいたのですが、
やはり、「人類みな麺類」としてではなく、オリジナルの「担担麺」を
いただいてみたかったですね。


屋号を「人類みな麺類 Red」として、関連付けてしまったので、メニューも
同じように関連づけざるを得なかった。


それはわかります。


ただ、コンセプトが先行しすぎちゃったかな。




屋号が「人類みな麺類」ならば、単純に東京2号店としての「赤坂店」
として普通に「人類みな麺類」のメニューをいただくか・・・


あるいは、「担担麺専門店」として「人類みな麺類」のメニューと関係なく
美味しい「担担麺」をいただける店として営業してほしかった。



なんかどっちつかずになっちゃってるんですよね。



ちょっと残念かな。




どうやら「人類みな麺類 ●●●」として3号店の出店をするようですが、
どうなるんでしょうね。



もちろんいただきに行くと思いますが、僕は恵比寿の「東京店」、
これがあれば十分ですけどね。



そのくらい「人類みな麺類」は美味しいですから。




ま、期待はしています。





とりあえず、ご馳走様でした!

人類みな麺類 Red

人類みな麺類 Red

人類みな麺類 Red

[データ]
●店名:人類みな麺類 Red
●住所:東京都港区赤坂3-13-14
●交通:千代田線「赤坂」より徒歩2分
●営業:[月~日]11:30~29:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




[ ■醤油らーめん ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント