FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
熊王@国領 / しょうゆ
熊王
しょうゆ

[訪問日]
2021年1月31日(日)

[評価]★★★★☆

熊王 -- しょうゆ


京王線の調布エリアでも屈指の人気店である「熊王」。

1970年創業の超老舗にして、その衰えることのない人気はすごいです。


今回、約30年振りに訪問しました。


たまたま、近辺に所用があったもので、つい懐かしくて・・・


昔は、友人と夜な夜な車で食べに行ってたんですけどね。




さて、そんな「熊王」。


改めて。



冒頭でも言いましたが、創業は1970年。


すでに50年以上も第一線で営業している超老舗人気店です。



創業者は、星野洋輝さん。


もともとラーメンの食べ歩きが好きだった星野さんが、奥様の出身地である
北海道で有名ラーメン店「味の三平」に出会ったことをきっかけに脱サラし、
調理経験がないにもかかわらずを開業したのが「熊王」の始まり。


最初は、ラーメン作りの経験のある人を雇って調理を任せご自身は、
スープ作りの研究に邁進していたとか。


そして、10年の歳月をかけて完成したスープをブラッシュアップを続け、
その味を現在まで守り続け営業しているわけです。



で、そのスープというのが、元々衝撃を受けた札幌ラーメンの「味の三平」に
インスパイアされたものなので、当然、札幌ラーメンをベースにしています。


「しょうゆ」と「しお」に関しては、注文の際に、

「ニンニク入れますか?」

と聞かれるのが特徴でもあり、名物になっていまして。


このフレーズといえば、「ラーメン二郎」の専売特許だったのかと思いきや、
実は、「熊王」の方が先に使っていたという・・・




場所は、京王線の「国領」。


創業当初は、駅のロータリーの南側にあって、赤と黄色の派手な配色の
特徴的な外観のお店でした。


最初は7席だけの小さな店でしたが、その後、隣りの土地が空いたのを機に
増築し14席のお店へと拡大しました。



その後、駅前の再開発に伴い、2013年になって移転。


ただ、同じ「国領」で、創業当初の場所から北に100mほど移った至近の場所。

しかも、自社ビルとして店を建ててしまったのですからすごいです。



そして、現在に至るというわけです。




現在の店舗は、その自社ビルの1階部分を使った店舗。

以前の派手な外装の店舗とは違って、茶色の外壁にガラス扉の一部を黒くし、
そこに白文字で大きく「熊王ラーメン」と書かれています。

茶色の外壁にも「熊王」、白地に黒で「熊王ラーメン」と書いた看板も
貼り付けてあります。



店内は、正面に厨房があり、そこを囲うように逆L字のカウンターがあります。


席は、10席あるのですが、予備の椅子もあって、場合によっては、席数を
増やしたりもしているようです。



厨房には、ご高齢の夫婦。


噂だとすでに2代目に任せているということですが、それにしては
ご高齢の方で、星野店主なのではないかとも思われるのですが・・・


ただ、星野店主は、すでに80代後半になると思われるので、本人かどうかは
わかりません。


僕も顔までは憶えてませんし。





さて、肝心のメニュー。



メニューはいたってシンプルです。


「しょうゆ」、「みそ」、「しお」、「しおバター」の4種類。

あとは、これにそれぞれの大盛り。


で、本来であれば、追加トッピングとして、「コーン」、「バター」、
「メンマ」、「もやし」、「チャーシュー(1枚)・(2枚)・(3枚)」
というのがあるのですが、現在、コロナの影響での物流停滞品薄のため
休止している状況で。



ま、いずれにしろ、シンプルな構成ですよね。



以前は、「しおバター」ってのはなかったんですけどね。




で、こちらの一番の「看板」は「しょうゆ」。


それに先ほども触れたように

「ニンニク入れますか?」

と聞かれるので、

「入れます」

と答えて、「ニンニク入り」にするのが定番。


これが、中々ジャンキーで美味いんですよね。



思い出しただけで、生唾もんです。



なので、今回も当然僕がチョイスしたのは「しょうゆ」の「ニンニク入り」。


数十年振りなので楽しみです!





ということで、「熊王」の名物「しょうゆ」をいただいてきました。



早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

熊王 -- しょうゆ

家系やラーショなどを彷彿とさせる水色のどんぶりで登場。

ただ、けっこう口径の広い大きめなどんぶりなので、家系とかとは
またちょっと違った感じですね。



「熊王」のラーメンは「札幌ラーメン」としての部類に入るのですが、
見た目は「サッポロ」を思わせるものはないです。

かなりオリジナリティーがあります。



では、細かく見てみましょう!。

熊王 -- しょうゆ_アップ

まずは、スープ。


パッと見た感じは、スタンダードな醤油清湯スープ。


表面にはしっかりと「鶏油」が張っていますね。


見た感じからは、すごいあっさり系。


でも、実は、かなりジャンキーなんです。




で、麺。



麺は、「札幌ラーメン」ではありながらも「中細ストレート麺」。


いわゆる「札幌ラーメン」の熟成縮れ麺とは違います。


加水もそこまで高くない歯切れの良さそうな麺です。





そして、トッピング。


まず一番目立つのが「グリーン」ですね。


けっこうスープの表面の1/3くらいを占めるほどいっぱい盛られています。


これが、以前までは「水菜」だったんですが、なんか違うものも入ってますね。

おそらく「わさび菜」だと思うのですが、「水菜」と混ぜて細かく刻んで
盛られているような感じです。


で、特徴的なのが、もうひとつ。

薬味のネギなんですが、刻んだ後に叩いているんですよね。


なので、けっこう千切りにしたみたいに細かいです。



で、それらに隠れて見えないのですが、けっこう大きな豚ロースのチャーシュー。

厚みもあってけっこうデカイです。



そして、メンマが5~6本添えてあります。


ちょっと「札幌醤油」っぽくないビジュアルですよね。




そして、お気づきかもしれませんが、「ニンニク入り」にしているのですが、
「ニンニク」が見当たりません。


実は、「ニンニク」はスープに溶け込んでいるんですよね。


なので、見た目上は「ニンニク」はないです。




と、まあ、こんな感じの丼顔なんですが、見た目以上にジャンキーなんです。





ということで、早速ですが、いただきましょう!





ということで、早速ですが、いただきましょう!





まずは、スープから。



けっこう初っ端からニンニクがガツンと来るんですよね!


すでにスープに溶け込んでいるので、まるでニンニクのエキスを含んだ
醤油スープって感じで。


このニンニクの風味が一気に広がりながら、ベースにしっかりと
鶏や豚の動物系の旨味が下支えしている感じで。


表面の鶏油のせいもあるんでしょうけど、コクがあって旨味もあって
それでいてジャンキーで・・・



そして、醤油味もガツンときます。


良い感じにしょっぱいんですよね。


キレというよりも程良い「しょっぱさ」が美味い。



で、この「しょっぱさ」がニンニクとの相性が良いんですよね。



「札幌ラーメン」というより、ややB級グルメっぽさも感じさせながら、
美味しく味合わせてくれる。



さすが50年以上味を守り続けてるだけありますね。



とても美味しいです!





麺がまた「札幌」っぽくないんですよね。



製麺所も地元・調布の製麺所さんを使ってるのですが、「札幌」を
感じさせない麺で。


普通なら、「西山製麺」とか「森住製麺」とか・・・


いわゆる「札幌ラーメン」御用達の製麺所を使いそうなんですが。



「熊王」は昔から違います。



でもって、麺自体も、いわゆる「熟成縮れ麺」のようなプリプリの
麺ではなく、中細のやや加水は低め、ストレートの歯切れの良い麺を
使ってるんですよね。


サクサクパツッとした感じで。



でも、これがスープにマッチして美味しい。


しっかりとスープを吸い上げて。

ニンニクの味もバッチリ纏って美味しいんです。



麺を啜ると、細かく刻まれた「わさび菜」や刻みタタキネギも麺に
絡まって一緒に吸い上げてきて。


トッピングや薬味としてというより、スープと一体化して麺に絡む
独特な存在感で良い仕事をしてくれてます。



メンマは、オーソドックスですが、シャクシャクとした食感で
普通に美味しい。


麺と一緒に食べれば文句なしです。




で、トッピングの中ではピカイチなのがチャーシュー。


とにかく味が染みこんでいて、食べるというよりも、肉をしゃぶって、
そのタレとエキスを肉から吸い出しちゃいたいくらいに味が染みていて。


肉自体も分厚く、大きくて、食べ応えがある。


ホロホロと柔らかいわけではないんですが、適度に柔らかく肉感も
じっくりと味わえて。



このチャーシューは絶品です!



物流さえ元に戻れば、チャーシュー増しは必須ですね。


チャーシュートッピングが、1枚~3枚まで選べるのもわかりますよね。


「熊王」の「ニンニク入り」に加えたもうひとつの名物でもあります。




どんぶりも大きかったし、そこそこの量があったと思うのですが、
あっという間の完食。


食べ始めたら、すでに食べてる最中に中毒になってしまってるような、
そんな風にさえ思っちゃうほど夢中で食べちゃいました。


マジ、ジャンキーな部分満載で中毒性のあるラーメンですよね。



数十年振りに食べて、またハマってしまいそうな感じで。


昔住んでいた町よりも、ずっと今のほうが近いので、また食べに
寄っちゃいそうです。


トッピングが復活したら「チャーシュー増し」を食べに来ようかな。


早くコロナが収束して、昔のままの「熊王」が食べられることを祈って。



そして、「熊王」、50年守り続けてきた味、これからも後世に残して
いってほしいですね。




久しぶりに美味しかったです!





ご馳走様でした!

熊王

[データ]
●店名:熊王
●住所:東京都調布市国領町1-44-58
●交通:京王線「国領」より徒歩1分
●営業:[月・水~日]11:00~25:00
●定休:火曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 北海道/鶏+豚骨(札幌らーめん) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント