FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
黄金拉麺 鶏のおかげ@八王子みなみ野 / 鶏醤油らーめん
黄金拉麺 鶏のおかげ
鶏醤油らーめん

[訪問日]
2021年2月6日(土)

[評価]★★★★☆

黄金拉麺 鶏のおかげ -- 鶏醤油らーめん


昨年12月にオープンした話題の新店「黄金拉麺 鶏のおかげ」。

あの秋葉原の名店「饗 くろ㐂」の店主・黒木直人さんが全面監修したお店。


テーマは、「鶏」。


この「鶏」をメインに「くろ㐂」のメニューを踏襲した形で監修され、
様々な素材も「くろ㐂」で実際に使用しているものなどを使ったり、
かなり本格的な内容になっています。



そんな「黄金拉麺 鶏のおかげ」に遅まきながら訪問してきました。



で、まずは、一番の看板メニューである「鶏塩らーめん」をいただきました。
 ⇒ 「黄金拉麺 鶏のおかげ / 鶏塩らーめん」の記事



こちらの記事で、「黄金拉麺 鶏のおかげ」については詳しく触れているので、
参照していただければと思うのですが・・・





さて、今回なのですが・・・



上記の記事でも言ってますが、今回の「黄金拉麺 鶏のおかげ」の訪問では、
中々来れないかもしれないということで、怒涛の三連食をしてきまして。


で、まずは、一番の看板の「鶏塩らーめん」をいただき、それを記事に
したわけでして。



なので、今回は、その続きです。




ということで、今回は、2杯目にいただいた「鶏醤油らーめん」です。




「饗 くろ㐂」の「醤油」といえば、オープン当初に金曜日限定で営業していた
「紫 くろ㐂」の「鴨そば」をまず思い浮かべますよね。


で、つい先月いっぱいで終了してしまったレギュラーメニューの「醤油そば」、
これも、それまでレギュラーにはなかった「醤油」をメニュー化したことで、
「くろ㐂」ならではの「醤油そば」をいただくことができたので、とても
印象深かったです。


これが終了してしまったのはすごく残念でした。


一応、最後に一杯だけいただいてきたんですけどね。

記事にはしてないですが・・・



そんな感じで「醤油そば」を提供してきた「くろ㐂」。


そんな「くろ㐂」が、黒木大将が監修する「醤油」。



どんなものか興味ありますよね。



しかも、テーマは「鶏」なので、今まで「くろ㐂」で出してきたものとは
違う方向になるのでは思いますし。



「黄金拉麺 鶏のおかげ」では、「塩」が看板ではあるようなのですが、
「くろ㐂」を知っているファンであれば、「醤油」にも興味津々なわけです。



なので、「鶏醤油らーめん」も楽しみにしておりました。





ということで、「黄金拉麺 鶏のおかげ」の「鶏醤油らーめん」を2杯目に
いただいてきました。




早速ですが。感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

黄金拉麺 鶏のおかげ -- 鶏醤油らーめん

白と焦げ茶色の2色に分かれたシンプルなどんぶりで登場。


パッと見た印象が、どんぶりからして「くろ㐂」をイメージさせない感じで。


黒木大将が監修したものにしては、若干の違和感というか、逆に言えば、
新鮮な印象も受けるビジュアルで。


ちょっと意外な感じですね。



トッピングの内容とかは、「鶏塩らーめん」とほぼ同じではあるのですが、
全然違う印象なのも不思議ですね。






では、細かく。

黄金拉麺 鶏のおかげ -- 鶏醤油らーめん_アップ

まずは、スープ。


キレイな醤油ブラウンをした清湯スープ。


表面には鶏油が張っていて、見た感じの印象からして、「塩」よりも
「鶏感」が強そうな感じも受けます。



麺は、「鶏塩らーめん」と同じ手揉み麺。


同じくピロモチ感たっぷりで、スープとも相性良さそうで良いですね。

意外にスープとの相性は、こっちの方が良いかも。



で、トッピング。


まず、2種類の鶏チャーシュー。

これは同じですね。


「ケイジャンチキン」に「鶏ムネ肉」の低温調理。


で、どんぶりに沿ってグルッとおかれた穂先メンマも同じ。


センターにたっぷり盛られた九条ネギの白髪ネギと擦りおろし生姜。

ここら辺も同じですね。



で、違うのが、「鶏塩らーめん」にはのっていた「ローストトマト」が
なくなっています。


代わりといってはなんですが、「板海苔」が一枚のってますね。



僕の知っている中で、「板海苔」がのってる印象って「くろ㐂」には
ないんですよね。



一番初期の「塩そば」とか、「あさり味噌そば」とかに使ってたくらい、
そのくらいしか憶えがないんですけど。


もしかしたら、僕の知らない限定とかでは使われていたのかもしれないですが、
でも、割りと使ってないですよね。



なので、この「板海苔」トッピングも新鮮だったんですよね。




ま、いずれにせよ、シンプルで大体は「鶏塩らーめん」と共通点の多い丼顔。





美味しそうですね。






では、いただいてみましょう!




まずは、スープから。



思った通りというか・・・


やはり「鶏感」は強いですね。


「鶏」は国産鶏を使っていると思うのですが、具体的に何かはわかりません。



でも、鶏油も相まって、鶏のコク、旨味に溢れ出た味わいで。



そこに合わさる甘味、塩味いっぱいの醤油味。



鶏出汁とのバランスが良く、円やかで美味しい。



いわゆる「鶏と水」的な味わいもあって、僕の好きなタイプですね。




この「醤油ダレ」、「紫 くろ㐂」のときの「鴨そば」のと同じものを
使ってるらしいですよ。


贅沢ですね。


ていうか、黒木大将の意気込みが感じられます。





そして、麺は、「鶏塩」同様にピロモチ食感で最高の食感ですね。


手揉みのランダム形状が、しっかりとスープと絡んで。



「鶏塩」は手揉み麺だけではなく細麺でも食べてみたいと思ったのですが、
「鶏醤油」の方は、手揉み麺のままで十分相性が良いように思えました。




トッピングは、スパイシーな「ケイジャンチキン」が最高に合います。

鶏ムネチャーシューもほんのり塩味で、醤油スープも染みてきて
より美味しくなりますね。



九条ネギは、変わらずシャキシャキ、穂先メンマはサクサク。


海苔もスープに浸して、麺に絡めて食べれば美味しい。




で、最後は、擦りおろし生姜をスープに溶かして、甘辛サッパリと!





「鶏醤油らーめん」も2杯目にもかかわらず、あっという間の完食。


スープは、飲み干すのは我慢しました。



まだ後がありますからね。




「鶏塩らーめん」と「鶏醤油らーめん」と両方食べましたが、前者の方が
より「くろ㐂」を感じましたね。


「鶏醤油」は、ちょっとこれまで食べた「くろ㐂」にはなかったタイプ
のようにも思えました。



その分、新鮮な気もしましたけどね。




いずれにせよ、両方とも美味しかったです。





さあ、そして、今回の最後の一品です。



「汁無し鶏油そば」。


これがね、味がひとつだと思っていたら、「塩」と「醤油」から
選べるんですよね。



「くろ㐂」に「地鶏あぶらそば」というのがあったのですが、それは
「塩味」でした。



で、今回のメニューは、その「地鶏あぶらそば」に見た目からして
良く似ているんですよね。



なので、比べるわけじゃないですが、「塩味」を選んでみました。





さてさて、どんな味なんでしょうね。



これも楽しみです。


この「汁無し鶏油そば」の記事は、また次回に。





ということで、「鶏醤油らーめん」も美味しくいただきました。



とりあえず、ご馳走様でした!

黄金拉麺 鶏のおかげ_看板

黄金拉麺 鶏のおかげ

[データ]
●店名:黄金拉麺 鶏のおかげ
●住所:東京都八王子市西片倉3-1-10
●交通:JR横浜線「八王子みなみ野」より徒歩7分
●営業:[月~金]11:00~15:00・17:00~21:00/[土・日・祝]11:00~21:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント