FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
世田谷中華そば 祖師谷七丁目食堂@祖師ヶ谷大蔵 / 世田谷中華そば
世田谷中華そば 祖師谷七丁目食堂
世田谷中華そば

[訪問日]
2021年2月7日(日)

[評価]★★★☆☆

世田谷中華そば 祖師谷七丁目食堂 -- 世田谷中華そば


京王線沿線屈指の人気店「柴崎亭」。


「柴崎亭」といえば、店主の石郷岡三郎さんが、和食出身という、
その豊富なキャリア・知識・技巧を凝らして創る、その創作性豊かな
「限定麺」がラーメンファンの中で人気の大行列店です。

もちろん、レギュラーメニューも激ウマです。

ちなみに、僕は、そんな「柴崎亭」のレギュラーがとても好きで、
レギュラーしか食べませんが・・・


みなさんご存知だとは思いますが、「柴崎亭」について詳しいことを
知りたい方は、下記リンク先の記事を参照いただければと思うのですが・・・
 ⇒ 「柴崎亭@つつじヶ丘 / 中華そば」の記事



さて、そんな「柴崎亭」。


これまでにも、いろんな出身店を輩出したり、系列店(謎多い店も)も
出してきましたが・・・



現在は、梅ヶ丘の「SHIBASAKITEI+(旧・柴崎亭 梅ヶ丘店)」、国領の
「いしかわや」などを展開しています。



そして、今回、新たなブランドを立ち上げたんです。



それが、今回お邪魔した


「世田谷中華そば 祖師谷七丁目食堂」


というお店。



なんでも、三郎店主の趣味が高じてオープンした店という話も。

ただ、究極の「ワンコインラーメン」を提供することもコンセプトにした
「柴崎亭」っぽさがしっかりと出た新店です。



まだ昨年の10月にオープンしたばかり。

機会があったので、やや遅くなりましたがお邪魔してきました。




場所は、小田急線「祖師ヶ谷大蔵」から歩いて2分の好立地。


もともと「こましょう」という名店があったところ。



例によって「柴崎亭」っぽく、大きな看板は出ていませんが、しっかりと
屋号が刻まれた白い暖簾と提灯が掲げられているのでわかると思います。


木調の外観で、「和」な雰囲気を醸し出すお店で。




店内は、奥に伸びていて、左側に厨房。


そこを囲うように逆L字型の広々としたカウンター席が9席あります。


これまた「柴崎亭」らしく、調味料、ティッシュなどは置いてなくて。




そして、メニュー。



メニューは、極めてシンプルです。


基本は2種類のみ。


「世田谷中華そば」と「祖師谷塩そば」の2つだけ。

ものすごくシンプルです。


ただ・・・


普通と違うところが・・・


一応、レギュラーメニューとして「祖師谷塩そば」とありますが、これ、
日替わりでレシピが替わるんです。


つまり、「祖師谷塩そば」なんですが、その日によって内容が違うという
斬新なメニュースタイル。


これ以外にも「限定麺」を出したり・・・


「世田谷中華そば」だけは、レシピ固定のようですね。


それと、「世田谷中華そば」のみ限定で「焼豚増し」にもできます。


あとは、ご飯もので「炙り焼豚丼」。



以上です。



シンプル過ぎます。


で、「祖師谷塩そば」はさすがに素材等の関係で違いますが、「世田谷中華そば」は、
ワンlコインの500円という・・・



ホント、あかわらずな考えられない値段設定です。




こういうメニュー構成ですと、やはりみなさん、「祖師谷塩そば」がお目当て?

そんな気がしますが、これ、食べだしたら毎日食べないといけないですよね。


すごいことですけどキリがない。



それに最初は、基本をいただきたいですからね。



そんなこともあって、いつものことですが、僕は基本の「世田谷中華そば」を。


また、機会があったら「祖師谷塩そば」もいただこうかな・・・と。




ということで、「世田谷中華そば 祖師谷七丁目食堂」の「世田谷中華そば」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう。





まずは、見た目から。

世田谷中華そば 祖師谷七丁目食堂 -- 世田谷中華そば

茶色で縁取られたグレーの「和」の雰囲気たっぷりのどんぶりで登場。


そして、パッと見は、「柴崎亭」ならではのシンプルで美しいお顔。


このシンプルさ、美しさは、ホント素晴らしいです。





では、細かく。

世田谷中華そば 祖師谷七丁目食堂 -- 世田谷中華そば_アップ

まずは、スープ。


やや厚めの油が張ったスープ。

キレイな透き通った醤油ブラウンの清湯スープですね。


ブラウンなのに、底が見えそうです。



で、その中には、まさに「柴崎亭」といった具合の美し過ぎる麺線の
ストレート細麺が盛られています。


トッピングもシンプル。


メンマは、材木型の太いメンマが2本。

その下には、小松菜が置かれています。


そして、メインは、直前まで網で炙られていた豚肩ロースの炙りチャーシュー。

これが、こんがり焼き目をつけていて美味しそうなんです。


しかも相当分厚い。


薄めのステーキみたいな感じ。


コイツは豪華ですね。


シンプルだけど中身は濃くしっかりしている。




さすがな感じです。


そして、美味しそうです。





では、早速いただいてみましょう!




まずはスープを一口。



お、なんか独特の風味ですね。


これは、煮干しがメインなんでしょうか?

節も感じられなくはないのですが、何ともいえない独特な風味で、
その素材を特定するのが難しそう。


動物系は入ってない魚介出汁のみなのは間違いないでしょう。


油のせいもあるのでしょうか?

ほんのりと甘味を感じる醤油スープで、なんとなく鰤の煮魚、
あるいは、ニシンの煮魚のような味わいを感じられます。


これ、僕だけなんでしょうかね?



でも、たしかにそんな感じが・・・


一口飲んで、

「これって、鰤?」

みたいに感じたくらいですから。



とにかく、複雑な旨味、風味で、一言では言い表せない。


ただ、ちょっとクセを感じるかな?



ま、美味しいのは間違いないです。





で、麺。


麺は、スルスルっとした啜り心地。


とっても滑らかです。



で、噛むと、サクパツッとした低加水の麺で歯切れが良い。

しっかりとスープに馴染んで、持ち上げ、スープと一体となって
とても美味しいですね。


とにかく、食感が良いです。




そして、シンプルなトッピング。



メンマはサクッと食感で、噛むと味が染み出て美味しい。


小松菜もシャキッとして、良い箸休めになってますね。



さあ、そして、メインともいえるトッピングのチャーシュー。



これが、秀逸で!


豚肩ロース肉の炙りチャーシュー。



提供前まで網で炙っていて、しっかりと焼き目もついてるくらい。


当然のことながら香ばしくて。



で、何よりも、この厚みがちょっとした小振りのステーキのような
感覚で食べ応えがすごい。


肉感はもちろん、ジューシーで噛めば噛むほどに美味しくなる。


チャーシューとしては大判なので、トッピング全体はシンプルだけど、
中身が濃いです。


このチャーシューは「柴崎亭」にはない味ですね。




これだけで十分なほどの内容です。




美味しかったです。



しっかりと完食しました。



ただ、美味しいと思いますが、ノンアニなので仕方ないですが、
「魚」が強く感じられ、動物ベースも欲しかったなというのが
正直なところですが。


でも、美味しいですよ。



あとは、好みの問題だと思いますが。



好きな人にとってはものすごい美味しいと思います。





さて、とりあえず、デフォの「世田谷中華そば」、いただきましたが、
やはり気になるのが日によって替わる「祖師谷塩そば」ですよね。


当然、日によっては、好きな素材のものとそうでないものとがあります。


なので、告知を見てタイミングを見て、ぜひ、「祖師谷塩そば」も
食べにお邪魔したいですね。


さすがに毎回は食べられないですし。



楽しみに中身をチェックしていきたいと思います。





ご馳走様でした!

世田谷中華そば 祖師谷七丁目食堂

[データ]
●店名:世田谷中華そば 祖師谷七丁目食堂
●住所:東京都世田谷区祖師谷1-9-14
●交通:小田急線「祖師ヶ谷大蔵」より徒歩2分
●営業:[月~木]11:00~16:00/[日]11:00~15:00
●定休:金曜・土曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/煮干 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント