FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
ラーメン 日陰@新川崎 / ラーメン
ラーメン 日陰
ラーメン

[訪問日]
2021年2月11日(木)

[評価]★★★★☆

ラーメン 日陰 -- ラーメン


先月、突如オープンした話題の新店「ラーメン 日陰」。



何が話題なのかって・・・


店主さんが、ビブグルマンに掲載された下北沢の人気店「純手打ち 麺と未来」の
店主だった方だったから。


下北沢の「麺と未来」は、現在改装中で3月半ばまで閉めていることもあり、
それが理由で噂されたのかもしれないですが、この「日陰」が「麺と未来」の
関連店であるという・・・


そんなことで、何の前触れもなくオープンしたにもかかわらず、一気に
行列店になってしまったんです。




ただ、実際のところは、「日陰」と「麺と未来」は全くの無関係。


確かに、店主さんは「麺と未来」で店主をしていました。


ですが、今回、「麺と未来」から離れ、独立されたというのが事実。



「麺と未来」は、下北沢にある「バロンデッセ」というカフェなどを
運営するデザイナーの久保寺敏美さんがオーナーの店。


その久保寺さんの誘いを受けて、自身の研究、修行の成果を出すべく
半ば「雇われ店主」のような形で「麺と未来」を切り盛りしていたのが
今回の「日陰」をオープンさせた市川誠さんというわけなんです。


もともと、市川さんは店主とはいえオーナーではなかったので、今回、
完全に独立する形で「麺と未来」を離れ「日陰」をオープンさせたわけです。


「麺と未来」の「味」は、例えオーナーが別にいたとしても、市川さんが
作り上げたもの。



なので、今回の独立に当たっては、その「麺と未来」で提供していた自身が
作り上げたメニューを引っさげてのオープンになったわけです。



逆に、現在改装中の「麺と未来」がリニューアルオープン後、どんな形で
メニュー展開するかも興味深かったり。


もしかしたら、全く違うメニューになるかもしれないですしね。




ただ、ひとつだけ言えることは、「麺と未来」の味を味わえたければ、
「日陰」に行けってことですね。



ちなみに、そんな独自のラーメンを作り上げた市川さんの出自などは、
以前の「麺と未来」の記事で触れてますので、参照していただければと
思います。


お若いのに、相当なキャリアの持ち主なんですよね。
 ⇒ 「純手打ち 麺と未来 / 塩らーめん」の記事





ということで、「ラーメン 日陰」。



先ほどから言ってるとおり、店主さんは市川誠さん。


「純手打ち 麺と未来」から、自身の味を引っさげ独立した方。




なので、細かい違いはあっても、基本的に味は「麺と未来」のもの。




で、アクセス。



場所は、最寄駅は、JR横須賀線の「新川崎」。

歩くと15分くらいはかかります。



ちょうど、県道14号線「尻手黒川道路」沿いにあります。


「大勝軒 南加瀬店」があった場所に居抜きで入ったようですね。


白地に黒文字で「ラーメン」と書かれた大きな看板が掲げられているので
わかるとは思うのですが、「ラーメン 日陰」という屋号は、暖簾に
小さく書かれているだけですので、もしかしたら見落とすかも。


しかも、この暖簾、手書きの暖簾ですし。




店内は、広々としています。



右側に広い厨房があって、そこを囲うようにL字型のカウンターがあります。


ただ、厨房前のストレート部分7席だけ。


オレンジ色のカウンターで古き良き時代の「ラーメン屋」って感じで、
「麺と未来」のような洗練された雰囲気とは間逆ですね。




さて、メニュー。


メニューは、基本的に「麺と未来」を踏襲していて「塩ラーメン」が
メインになっています。


メニュー名としては、「ラーメン」、「チャーシューメン」、「海老ワンタンメン」
の3種類のみ。

全て「塩味」です。



ですが、それぞれ、別料金で「濃口(醤油味)」、「辛口(ラー油味)」にも
できるようになってます。


ご飯ものは、「生姜丼」、「ごはん」の2種類。


飲み物は、「カンビール」のみ。




以上のようなシンプルな構成です。





で、僕いはというと・・・



もちろんデフォの「ラーメン」ですよ。


「濃口」、「辛口」も魅力的ですが、「麺と未来」踏襲であれば、まずは「塩」。

これは間違いない選択です。


「濃口」、「辛口」は次回以降ですね。





ということで、「ラーメン 日陰」の「ラーメン」、いただいてきました。



早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!






まずは、見た目から。

ラーメン 日陰 -- ラーメン

白のシンプルな半高台丼で登場。


「麺と未来」のようにお金がかかったどんぶりではないですね。



そして、パッと見た感じ。


これは、まさに「麺と未来」の「塩らーめん」ですね。

ま、細かいところは違ってますが。


ほぼ同じです。


なにしろ、「麺と未来」の最大の特徴は「麺」でしたからね。

それと「スープ」が同じであれば、ほぼ同じですよね。





では、細かく見てみましょう。

ラーメン 日陰 -- ラーメン_アップ

まずは、スープ。


キレイな黄金色の透き通ったスープです。


表面にはキラキラと鶏油が張っていて、美味しそうな塩清湯です。




で、このスープにどっかりと一際存在感をもって鎮座しているのが
まるで饂飩のような超極太手打ち麺です。


ホント太いです。


僕が食べたことのあるラーメンの中でもイチニを争うほど太いです。


で、見た感じ、周りは柔らかそうなんですが、中身は芯がありそうな
モチモチ感たっぷりの麺です。




そして、トッピング。


実は、これも「麺と未来」ではお馴染みだった豚バラ肉の「煮豚」。

これがデフォで3枚ものってます。



あとは、薬味のネギが2種類のっているだけ。



「麺と未来」のときは、メンマ、三つ葉などものってたんですけどね。

あと、ネギは白髪ネギだったし。



よりシンプルな内容にしてますね。



でも、看板であった「スープ」、「煮豚」、何よりも「麺」は同じ。




味も保障されたようなものでしょう!






では、早速いただいてみます。




まずは、スープから一口。



鶏の旨味と煮干しや鰹節などからとった和出汁を合わせたスープ。


鶏をベースに和出汁が前面に出た感じの印象のスープで、じわじわと
染み入ってくる感じです。



塩味も角がなくやさしく円やかな印象。


ただ、温度低下とともに徐々にキレも出てきて。



加えて、鶏油のコクや甘味も混ざってきて・・・




美味しいスープですね。


基本、「麺と未来」のときと同じ味ですね。




「麺と未来」と同じなのであれば、これは後から知ったことなのですが、
「塩ダレ」には「瀬戸内の花藻塩」や「鮎魚醤」なども使っているようで。


かなり、素材には拘り、とにかく、「麺」に合うように作られている
みたいですね。





その「麺」。



まさに、この麺が主役なわけですが、いつ食べてもこの迫力には驚きます。


とにかく太い。



でも、ただ太いだけではなく、外側はふわふわと柔らかく中側はしっかりと
芯があってコシの強い、もっちりとした食感の麺。


「もち姫」という小麦を使用しているようなんですが、ものすごい食感の
食べ応えのある麺で、この小麦だからこそ可能な食感の麺みたいです。


ホント、この太さですから、啜るというよりは、口の中に押し込むような感覚。



外面の柔らかさが、しっかりとスープを吸い取ってくれて、口の中で
スープと麺が一体となって美味しい。



これは他では味わえない唯一無二の味ですね。



さすがはビブグルマンをとるだけあります。




そして、唯一のトッピングである「煮豚チャーシュー」。


これが絶品なんです。



トロトロと柔らかい上に味の染みたチャーシュー。


どことなく喜多方ラーメンの「坂内食堂」のチャーシューの味を想起させる、
とにかく美味しいチャーシューです。


これがデフォで3枚。



嬉しいです。




「日陰」では「麺と未来」と違って、メンマや三つ葉はのってませんが、
まあ、プラスαぐらいで考えてみれば、チャーシュートッピングだけでも
十分かなとも思いました。



「スープ」、「麺」、「チャーシュー」だけで大満足でした。




当然のことながら、ワシワシと極太麺を口に押し込んで、あっという間の
完飲完食でした。



美味しかったです!





ぜひ、サイド訪問して、「濃口(醤油味)」、それか「辛口(ラー油味)」を
いただきたいですね。



「醤油」は「麺と未来」でも食べてるから、「辛口(ラー油味)」でも
いいかもしれないですね。


でも、順番的に「濃口(醤油味)」が次かな。




ま、いずれにしろ、時間を見つけて再訪したいと思います。






ご馳走様でした!

ラーメン 日陰

[データ]
●店名:ラーメン 日陰
●住所:神奈川県川崎市幸区南加瀬4-16-2
●交通:JR横須賀線・JR湘南新宿ライン「新川崎駅」より徒歩15分
●営業:[火~日]11:30~14:30・18:00~20:00
●定休:月曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 東京/鶏+魚介(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
尻手黒川道路は国道14号ではありません。

公開するなら記事は正確に書いて下さい。
2021-02-13 土 02:07:51 | URL | 爺 #JPG8Eu66 [ 編集]

>爺さん
コメント、厳しいご指摘ありがとうございます。
尻手黒川道路は国道14号ではなく県道14号でしたね。
失礼しました。
訂正しておきましたので。
以後気をつけます。
2021-02-13 土 18:39:32 | URL | zucky #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント