FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
拉麺 梅太郎@航空公園 / らーめん
拉麺 梅太郎
らーめん

[訪問日]
2021年3月6日(土)

[評価]★★★★☆

拉麺 梅太郎 -- らーめん


所沢の「航空公園」にある「拉麺 梅太郎」。


以前から一度お邪魔したいと思っていたのですが、機会が得られず未訪。

今回、ついではありますが、所用で近くまで行ったのでお邪魔してきました。




さて、この「拉麺 梅太郎」。



なんでお邪魔したかったのかというと・・・



聞くところによると、店主さんが、あの伝説の環七ラーメン「土佐っ子」の
出身だとかいう話でして。


「土佐っ子」といえば、1980年~1990年にかけての環七ラーメンブームで
一世風靡したお店。


いわゆる「ホープ軒」の系統にあたるお店なのですが・・・


背脂チャッチャ系のとんこつラーメンで、他に類を見ないほどの背脂チャッチャで
当時は、車で飛ばして食べに行ったものです。



その「土佐っ子」も、いろいろと分裂していって、今ではなくなってしまい、
常盤台近くにある「下頭橋ラーメン」がその後継店なのではと言われてますが・・・


その辺は定かではありません。



それとか、千葉県の我孫子にある「てらっちょ」とか。



ま、とにかく、分裂後は、一体誰が後継者として引き継いでいるのか、
謎が多いお店ではあるんです。



そんな「土佐っ子」の出身であるという、今回の「拉麺 梅太郎」の店主さん。


環七ラーメンブームをリアルタイムで体験してきている僕としては、
俄然興味が沸いてくるわけでして。




そんな「拉麺 梅太郎」なわけですが・・・



創業は、2012年。



すでに9年の歳月が経ってはいますが、けっこう若いお店です。


で、店主さんも意外に若めな方で。



「あれ?」

「こんな若い方が「土佐っ子」で修行?」


しかも、2012年創業って。

「土佐っ子」がなくなって20年近く経ってるのに・・・


どうやって「土佐っ子」で修行したの?

時間軸が合わないのだけど。


もしかしたら、「土佐っ子」の何らかの後継店で修行したのかな?


そんなことも思わせたり。




ま、ちょっと疑問符も多いのですが、それは置いておいて。


実際には美味しいラーメンが食べられれば良いのですからね。






では、お店について。




先ほども言いましたが、2012年の創業。



屋号の「拉麺 梅太郎」は、坂本龍馬の変名「才谷梅太郎」からとったようで、
やはり、「土佐っ子」出身ということも関係しているんでしょうかね。





場所は、西武新宿線の「航空公園」から歩いて16分のところ。

ちょっと遠いですね。


「さいたまふじみの所沢線」沿いにあるのですが、この通りは、そのまま
上っていくと「所沢街道」に直結、西東京の方に出る道。


でもって、「航空公園」の真ん前で、公園の無料駐車場もあるので
車で行くのも便利かもしれないですね。


お店の前に軽自動車であれば止められるスペースが1台分あります。



バス便もあります。



ま、いずれにせよ、車が便利かもしれないですね。




お店は、白地に黒で屋号が刻まれた大きな看板が掲げられているので
すぐに見つけることはできるでしょう。




で、店内。


店内は、入ると左側にまっすぐ厨房が伸びていて、そこを囲うようにして
逆L字型のカウンター席が10席あります。


このコロナ禍のご時勢、しっかりと衝立も立てられ感染防止対策も
しっかりとしています。




そして、メニュー。


メニューは、先ほどから言っているとおり、基本「背脂チャッチャ系」の
「とんこつ」です。



で、基本は、「らーめん」。

これにバリエーションとして、「味玉」、「もやし」、「のり」、「○得」
といったものがあります。

これらはすべて醤油味の「背脂チャッチャとんこつ」です。


これ以外に、「味噌らーめん」、「味噌バターコーンらーめん」もあります。

さらには、「辛 細切りねぎチャーシューめん」、「辛口ホルモンらーめん」
というのもあります。


これらも基本的に「背脂チャッチャ」ですね。


それと限定で「所沢背脂醤油らーめん」というお茶出汁の清湯らーめんも
あるみたいですね。



基本的に、「半ライス」がサービスでついてくるのですが、有料になりますが、
「おかわり半ライス」、「おかわりライス」もあります。


ご飯ものはこれ以外にはありません。



あとは、追加トッピング各種と「ビール」ですね。



意外と種類ありますね。


ただ、全てが、基本的に「背脂チャッチャ」という・・・




そして、僕がチョイスしたのは・・・



ま、初めてですからね。


当然のことながら基本中の基本の「らーめん」をデフォで。


「味噌らーめん」も人気のようで、魅力的だったんですが、それはまた
次回のお楽しみということで、今回が「らーめん」で。




さて、ということで、「土佐っ子」出身ということで、あの懐かしい味が
味わえるのか、あるいは、オリジナルに昇華したものをいただけるのか。



楽しみですね。





ということで、「拉麺 梅太郎」の「らーめん」、いただいてきました。



早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

拉麺 梅太郎 -- らーめん

黒の凰が描かれたシックなどんぶりに盛られての登場。



そして、パッと見た感じ、とにかく目に飛び込んでくるのは、きめ細かい
大量の背脂。


背脂チャッチャ系だと、けっこう背脂が飛び散っていて汚いイメージが
あるのですが、ここのは意外にキレイに盛られていますね。


それだけでなく全体的な盛り付けもキレイで、ちょっと意外な感じです。





では、細かく。

拉麺 梅太郎 -- らーめん_アップ

まず、スープ。



今も言ったように、表面にはたっぷりの背脂。


でも、その背脂もしっかりと濾してあってきめが細かい。


で、スープ自体は、とんこつ白湯なので、背脂の白さと相まって
醤油感はほぼなしですね。


トロッとクリーミーな感じです。




そして、麺はこういうスープですから、ほぼ見えません。


ですが、程良くウェーブのかかった中太麺。

もっちりと弾力性がありそうで美味しそうな麺です。



トッピングには、まず、たっぷりのもやしが盛られています。


で、そこに立てかけられるように大きな豚バラロールの煮豚が。

案外厚めのカット。


でも、実はこれホロホロでヤバイやつなんです。



右上には、クタクタとしたメンマが盛られていて、トップにはたっぷりの
刻みネギが盛られています。


そして、見た目では全くわからないのですが、中華鍋で炒めたこれまた
たっぷりの挽き肉が中のほうに紛れているんですね。



そう、だから、穴あきレンゲもついてきてるんですよ。




これは美味しそうです。





では、いただいてみましょう!





まずは、スープから一口。



すごい・・・背脂の甘味がたっぷり。


でも、決してベタベタとした感じはなくクリーミーでソフト。

揚げ玉を食べてる感じの食感で。


そして、とろりと豚骨の旨味も溢れ出ていて。



背脂&豚骨の「豚攻撃」なのですが、決して臭みはないです。



でもって、この旨味の応酬に加えて、キリッとした醤油の塩味も広がって。


飲むほどに醤油の味が広がってきて、豚骨との相性が抜群ですね。




で、このスープ、背脂チャッチャであることは間違いないですし、
確かに「土佐っ子」を思わせるものもあります。


ですが、全体的な味の印象は、「土佐っ子」とかよりはマイルドで、
すごく落ち着いた感じの味の印象ですね。


見た感じも「土佐っ子」とは違うし、味も攻撃的ではないし。


いろいろと踏襲しながらもオリジナルな味に仕上げているようですね。




美味しいです。




こんなスープですから、当然、麺との絡みは抜群です。


啜るたんびにスープが纏わり付いてきて。

で、一緒に背脂もくっついてきて。



麺は、モッチリと弾力性のある食感で。


噛めば噛むほど纏ったスープの味と一体となってより美味しくなる。



そして、さらに、スープの中に紛れている挽き肉も絡んできて最高なんですね。

プツプツとした食感がモチモチ食感と一緒になって。


スープを飲んでも挽き肉が一緒になって口に飛び込んできて。


イイ感じで挽き肉が活躍しています。



当然、もやしのシャキシャキとした食感も麺と絡んで最高。


ボリュームもあって食べ応えがありますね。




でもって秀逸なのが「豚バラロール」。


これ、見ため以上にホロホロの柔らかさで。

橋で掴もうとするとすぐに解れてしまって。


ものすごく柔らかい。


だもんですから、チャーシューとして食べるというより麺と絡めて
一緒に口に頬張って食べて。



しっかりと味も染み込んだ煮豚なので最高に美味しいですね。


こりゃチャーシュートッピングも良いかもしれません。



で、メンマはシャクシャクと、ネギはザクザクと好食感。




麺を啜り終わったら、穴あきレンゲでたっぷり挽き肉をすくって。


一応健康のために汁完は控えましたが、後引くスープの美味さに
ついつい負けて飲み干してしまいそうになりました。


あっという間の完食です。




冒頭の方では、「土佐っ子」出身というようなことを触れましたが、
店主さん、「味噌らーめん専門店」での修行経験もあるらしく、
なので、実は「味噌らーめん」も人気のメニューなようです。


当然、背脂はのってるのですが、これも美味しそうですね。



ぜひ、次の機会があったら「味噌らーめん」をいただいてみたいですね。




美味しかったです!




ご馳走様でした!

拉麺 梅太郎

[データ]
●店名:拉麺 梅太郎
●住所:埼玉県所沢市若松町827-1
●交通:西武新宿線「航空公園」より徒歩17分
●営業:[月~木]11:00~14:30/[金・土]11:30~14:30・18:00~21:30
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■豚骨醤油らーめん [ 東京/背脂豚骨 ]
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

初めまして!訳あってラーメン食べ歩きが出来ずその欲求を埋めるかのように(笑)いつも楽しくブログを拝見させていただいてます。
いつもありがとうございます!
自分が思ってた土佐っ子は池袋の
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016969/
こちらのお店だと思ってたんですがここは本家の土佐っ子とは系譜がまた違うんですかね?
気を悪くされたら本当に申し訳ないです。純粋に池袋の土佐っ子って土佐っ子じゃないの?と疑問に思っただけなのです。
自分の住んでいるところのレポが多くこれからも微々たるものですが応援しています!
2021-03-09 火 21:51:35 | URL | 名無し #- [ 編集]

>名無しさん
コメントありがとうございます。
また、いつも読んでいただいてるみたいでありがとうございます。
「土佐っ子」については諸説あって、僕も真実は知りません。
ただ、知っていることはザッとですが、下記URLの記事にまとめています。
http://ramenotakuno1.blog.fc2.com/blog-entry-853.html
池袋の「土佐っ子」も関係はしているようですけど、詳しくは知りません。
食べたこともないですし。
ただ、本物の環七常盤台にあった「土佐っ子」の味は鮮明に憶えてますよ。
今となっては食べれて良かったです。
2021-03-09 火 22:55:43 | URL | zucky #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント