プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
お茶の水、大勝軒@小川町 / 復刻版 カレー中華
お茶の水、大勝軒
復刻版 カレー中華

[訪問日]
2013年11月15日(金)

[評価]★★★☆☆

お茶の水大勝軒 -- 復刻版 カレー中華


「東池袋大勝軒」ののれん分け店。

神田の靖国通り沿いのビルの2階にあります。

「お茶の水」と屋号には記されていますが、最寄り駅は「御茶ノ水」よりも
都営地下鉄の「小川町」、「神保町」の方が近いです。


「東池袋大勝軒」といえば、再開発のため、2007年に閉店、
と同時に、店主の山岸一雄氏は引退しました。

ただ、復活を要望が止まず、その翌年、2代目に引き継がれ、
場所を移して新たな「東池袋大勝軒」としてスタートしました。
 ⇒ 「東池袋大勝軒」の記事


この今回の「お茶の水、大勝軒」は、「大勝軒のれん会」の中でも
一番といっていくらい若いお店です。

というのも、オープンしたのは2006年、
その翌年には、「旧東池袋大勝軒」は閉店しているので、
「旧東池袋大勝軒」の最後にDNAを受け継ぐことになったお店といっても
おかしくないわけです。


「大勝軒のれん会」の中には、意外と独自の味を追求しているお店も多く、
「この店は大勝軒なの?」という印象を受けるお店もあります。


そういう中、「お茶の水、大勝軒」の店主・田内川氏は、
「旧東池袋大勝軒」の味を忠実に再現することを心がけ、
あの懐かしい味を受け継いでいるわけです。

ですから、ここ「お茶の水、大勝軒」の基本メニューは、
「東池袋大勝軒」のそれを継承した、「もりそば」、「あつもり」、
「中華そば」、それらの派生メニューが看板になっています。


そして、ここ「お茶の水、大勝軒」には、もうひとつの看板メニューがあります。


話は飛びますが、「旧東池袋大勝軒」では、オープン当初は、
「中華そば」、「もりそば」といった看板メニューの他にも、
いわゆる中華料理店で出しているようなメニューも提供していました。

例えば、「ワンタンメン」、「タンメン」、「カレー味の中華そば」、
「餃子」、「シュウマイ」など。

これらは、「東池袋大勝軒」の幻のメニューとなっていて、
知る人ぞ知る懐かしいメニューになっているわけです。


実は、この「お茶の水、大勝軒」では、その古き良き時代の幻のメニューを
午後3時より「大勝軒クラシック」として提供しているのです。

「復刻版 ワンタン」、「復刻版ワンタンメン」、「復刻版タンメン」、
「復刻版 カレー中華」、「復刻版 餃子」、「復刻版 焼売」などです。


この中でも、現在も「東池袋大勝軒」では、「ワンタン」、「ワンタンメン」、
「餃子」、「焼売」などは提供しています。

ですので、「復刻版タンメン」、「復刻版 カレー中華」などは、
特に「お茶の水、大勝軒」でしか食べられない懐かしい味になっているのです。


さて、前置きが長くなりました。


そんなこともあり、「中華そば」、「もりそば」を注文しても良かったのですが、
「お茶の水、大勝軒」に来たからには「クラシックメニュー」を注文しないわけにはいきません。


ということで、中でも特に食べてみたいと思っていた
「復刻版 カレー中華」を注文してみました。


一体、どんな味なんでしょう?



早速出てきた「カレー中華」。


何ともシンプルなビジュアル。

ザッと見たところ、普通の「中華そば」の上に、トッピングの代わりに
「カレー」がのっていて、中央に薬味のネギがのっているという感じです。


想像していたのは、「カレー南蛮」とか、「カレーラーメン」のような
カレー味のスープのラーメンでした。

ですが、違います。


基本は、「大勝軒」の「中華そば」のようです。


ということは、スープは、「豚骨魚介」?なわけですよね。

どんな味なんでしょう?


まず、スープ、というよりカレーを一口。


いわゆる「カレーライス」にのっている「カレー」です。

トロミがあり、具には豚肉、玉ネギ、じゃがいも、人参などが
割と小さめにカットされカレールーに入っています。

辛さは、中辛程度でしょうかね。


けっこう美味しいですね。


では、麺と一緒に食べてみましょう。


麺は、大勝軒独特の自家製麺で、太麺でややウェーブがかったストレート麺。

モッチリとした麺がドロッとしたカレーによく絡まって美味しいですね。


一緒に、人参やらじゃがいもやらが絡んできて美味しいです。


食べているうちに、下の「豚骨魚介」の醤油スープと混ざってきて、
また独特の味に変化していきます。

カレーの味なんだけど、仄かに「豚骨魚介」の風味も漂ってくる感じ。


醤油は、もともとカレーには合う調味料ですから、
なんの違和感も感じませんでした。


なるほど、これが、「旧東池袋大勝軒」で出されていたものなのか・・・

と、経験こそしていないのに懐かしんだりして、
かっこう満足しました。


これらの「復刻版」の「大勝軒クラシック」は、
山岸氏に直接手解きを受けてメニューの復活にこぎつけたとのこと。


他の「大勝軒」では味わえない貴重なメニューです。


今回は、「クラシック」メニューを食べましたが、
やはり、「中華そば」、「もりそば」も捨てがたいですよね。

「東池袋大勝軒」の味を忠実に再現しようというコンセプトなわけで、
ぜひ、実際に食べてみたいですね。


次回は、この2つのどちらかにしてみようと思います。

お茶の水大勝軒

お茶の水大勝軒

お茶の水大勝軒

[データ]
●店名:お茶の水、大勝軒
●住所:東京都千代田区神田小川町3-1-5 須田ビル 2F
●交通:都営新宿線「小川町」より徒歩4分/都営新宿線「神保町」より徒歩5分/丸の内線「淡路町」より徒歩5分/JR中央線「御茶ノ水」より徒歩6分
●営業:[火~日]11:00~22:00
●定休:月曜



【今回の記事は面白かったですか?】

▼面白かった方
 ⇒ 下記リンクから応援クリックをお願いします。
 
 ラーメンブログランキング



【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■カレーらーめん [ 東京/カレー+醤油(豚骨+魚介) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック