FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
天然とんこつラーメン専門店 一蘭 六本木店@六本木 / 天然とんこつラーメン(創業以来)
天然とんこつラーメン専門店 一蘭 六本木店
天然とんこつラーメン(創業以来)

[訪問日]
2013年11月20日(水)

[評価]★★★★☆

天然とんこつラーメン専門店 一蘭 六本木店 -- 天然とんこつラーメン(創業以来)


久しぶりに「一蘭」を食べました。
かなり久しぶりです。


「一蘭」といえば、とんこつラーメンでは、「一風堂」と並んで有名なチェーン店でしょう。

最近では、店舗数もかなり増えて、東京でも気軽に食べることができますが、
僕がラーメンを食べ歩きを始めた1990年代は、九州に行かなければ食べられませんでした。

なので、僕が初めて「一蘭」を食べたのは、出張ついでに食べにいった
「博多店(サンプラザ地下街内)」が最初でした。

その時は、いろんな意味で感動したのを憶えています。


その後、福岡の中洲にあった「中洲川端駅上店」にも行きました。

ここは、後の2012年に「総本店」として、地上12階建ての本社ビルに
生まれ変わりましたが・・・。


この「一蘭」のとんこつラーメン。

これを「博多ラーメン」と分類していいかどうか、諸説はありますが、
九州福岡生まれの博多ラーメンスタイルなので、
一応は、「博多ラーメン」として分類しても良いのではと思ってます。


それ以上に、「一蘭」は、いろんな意味で、「ラーメン」に
新しいスタイルを持ち込んだ革命的な店と言えるでしょうね。


それが、オーダーシステム。

まず、世界初の「味集中カウンター」といって、カウンター席の両脇が
衝立で仕切られている。

席の前もすだれが下がっていて店員の顔も見えなければ、
食べてる姿を見られることもない。

しかも、店員と言葉を交わすこともない。

オーダーは、まず食券を買い、専門の用紙に味の好みを
記入してカスタマイズして店員に渡すだけ。

カスタマイズの内容は、下記の通り。

・味の濃さ(うす味・基本・こい味)
・こってり度(油の量:なし・あっさり・基本・こってり・超こってり)
・にんにくの量(なし・少々・基本・1/2片・1片)
・ねぎの種類(白ネギ・青ネギ・ミックス)
・チャーシューの「あり」か「なし」
・秘伝のたれの量(なし・1/2・基本・2倍・記入式)
・麺の堅さ(超かた・かた・基本・やわ・超やわ)

この7種類です。

替え玉も、替え玉プレートを専用のボタンの上に置くとチャルメラ音が流れ、
店員が替え玉プレートを取りに来るというシステム。


味ももちろんなのですが、このシステムが話題となり、
どうしても「一蘭」を食べてみたい。

でも、九州に行かないと食べられない。

けっこう当時はフラストレーションたまりましたね。


ただ、こういったシステムも、最初からあったわけではありません。

現在の「一蘭」になってからです。


では、現在の「一蘭」とはいつからを指すのか?


ということで、簡単に、その歴史を紐解いてみましょう。


創業は、1960年、福岡県福岡市早良区百道で創業されました。

夫妻が切り盛りする小さなラーメン店だったのですが、
常連のお客さんがたくさんいて人気のあるお店だったようです。

1966年には、小郡市へ移転して営業を続けていたのですが、
初代店主夫妻が高齢になったため廃業を考えたようですが、
常連客の希望で営業を続けていたようです。

その際に、常連を会員とした「会員制ラーメン店」として営業していたようです。


その後、「一蘭」の味を引き継ぐため、現在の「一蘭」の社長である吉富氏が、
1993年に「那の川店」を開業したのをきっかけに店舗拡大化を計り、
現在の「一蘭」に成長していったようです。


先ほどの「オーダーシステム」は、この吉富氏に引き継がれて、
「那の川店」がオープンしてから始まったようです。

「一蘭」では、この「那の川店」を「発祥の店」と呼んでいます。



さて、またまた前置きが長くなってしまいましたが、
これで「一蘭」というラーメン店については大体わかっていただいたと思います。


ただ、味についてはまだ触れてないですね。


ということで、今回、久しぶりに行ってきたのは、
関東進出の第一号店となった「六本木店」。


この「六本木店」。

2001年にオープンしたのですが、当時は、「六本木大江戸線駅上店」と
呼ばれていました。

ようやく東京でも「一蘭」が食べられるということで、喜んだものです。



では、早速お味の方を。


まず、見た目なんですが、ご覧の通り、かなりシンプルなとんこつラーメンです。

具は、チャーシューのみ。

ただし、中央に「赤いタレ」が・・・。


この「赤いタレ」が「一蘭」の味の一番の特徴でしょう。


先ほどの「オーダーシステム」で、この「赤いタレ」を除くこともできるのですが、
これを除いたら「一蘭」じゃなくなっちゃいますから。


では、今回の僕のオーダーのカスタマイズを。

基本的には、デフォルトですが、

・味の濃さ ⇒ こい味)
・こってり度 ⇒ 基本
・にんにくの量 ⇒ 基本
・ねぎの種類 ⇒ ミックス
・チャーシュー ⇒ 「あり」
・秘伝のたれの量 ⇒ 基本
・麺の堅さ ⇒ かた

こんな感じです。


本当は、にんにく、秘伝のたれは多めに、
こってり度も「こってり」にしたかったのですが、身体のことを考えて・・・。


まずは、スープを一口。


すごくマイルドなとんこつスープ。

臭みが全くなく、とても飲みやすいスープ。

まさに「一蘭」独特の「とんこつスープ」ですね。


麺は、細麺のストレート。

特別な小麦粉を独自にブレンドした「一蘭」オリジナルの自家製麺で、
のど越しもよく食べやすい美味しい麺です。


そして、「秘伝の赤いタレ」。

これが、唐辛子を基本に三十数種類の材料を調合して
何昼夜も寝かせた作った熟成のタレ。

これが、ピリッと辛くて美味しいんですよね。


臭みのないとんこつスープに、途中から混ぜて食べると、
味の変化が楽しめます。



冒頭でも言いましたが「博多ラーメン」といっていいかどうか。

「博多ラーメン」としての本来の良さを取り除いている部分もあります。

例えば、「臭さ」とか、そういう意味では、もっと美味しい
本当の「博多ラーメン」はあります。


でも、「一蘭」というラーメン自体が1つのジャンルとして確立されていて、
美味しいのは間違いのないことですし、個人的に好きなので、
これはこれで良いのでしょう。


ちなみに、「一蘭」は、プレミアムショップとして、

・天神西通り店 ~釜だれとんこつ~
・キャナルシティ博多店 ~重箱酸味~
・天神店 ~剛鉄麺~
・西新店 ~剛鉄麺~
・太宰府店 ~ラー麦麺~

の5店舗を九州で展開し、そこでしか食べられないメニューを
提供しています。


そのうち食べてみたいですね。


その前に、都内でも、いろんな店舗の「一蘭」を食べてみたいです。

天然とんこつラーメン専門店 一蘭 六本木店

天然とんこつラーメン専門店 一蘭 六本木店

天然とんこつラーメン専門店 一蘭 六本木店

天然とんこつラーメン専門店 一蘭 六本木店

[データ]
●店名:天然とんこつラーメン専門店 一蘭 六本木店
●住所:東京都港区六本木4-11-11 六本木GMビル 2F
●交通:都営大江戸線「六本木」より徒歩1分/日比谷線「六本木」より徒歩2分
●営業:[月~日]11:00~30:00
●定休:無休



【今回の記事は面白かったですか?】

▼面白かった方
 ⇒ 下記リンクから応援クリックをお願いします。
 
 ラーメンブログランキング



【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■豚骨らーめん [ 博多・長浜/豚骨 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント