プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
覆麺 智@神保町 / 味玉覆麺
覆麺 智
味玉覆麺

[訪問日]
2014年4月11日(金)

[評価]★★★★★

覆麺 智 -- 味玉覆麺


神保町にあるカウンター7席のお店。

前から訪問しようと思っていたのですが、ようやく訪問できました。


このお店、元は一条流がんこ総本家の一条氏が店主をされていて、
店名も「覆麺」という名前でした。

一条流がんこラーメンについては、また別の機会に触れるとして・・・。


オープンは、2009年で、当時は店主をはじめ店員さんも覆面をしていて、
日本語が話せないというユニークな設定のお店でした。

遊び心たっぷりです(笑)。


この覆面をかぶっての営業が、約1年半続き、ようやく覆面をはずしたのですが、
それが、一条流がんこ総本家の一条氏と現店主の及川氏。

現在は、現店主の及川氏の名前の一字をとって「覆麺 智」
という屋号で営業しています。


このお店、屋号や設定コンセプトなどがユニークなだけではなく
いろいろと面白い試みをされています。

とりあえずは、それらを紹介してみましょう。


まず、メニューについて。

メニューは、基本的に「日替わり」メニューです。

基本となる「覆麺」という清湯醤油ラーメンと「まぜそば」。

これらを基本に曜日ごとにメニューが変わっています。

店内に、模造紙に書かれて掲示されているのですが、
内容は、下記の通りです。

月曜:覆麺・まぜそば・つけそば(正油)
火曜:塩ラーメン・まぜそば
水曜:悪い奴・まぜそば
木曜:覆麺・まぜそば
金曜:覆麺・まぜそば・つけそば(塩)
土曜:鶏と秋刀魚(薄口正油)or鶏と鯛(塩)・まぜそば

ちなみに、秋刀魚(薄口正油)と鶏と鯛(塩)は隔週で変わります。

水曜日の「悪い奴」というのは、「がんこラーメン」も
「悪魔」と同じなのでしょうか?

ちょっと興味あります・・・。


それと、限定メニューもあり、月ごとに変わっているようです。


さらに、火曜の「塩ラーメン」の出汁も月ごとに変えています。

それも店内に貼りだされています。

ちなみに、内容は下記の通り。

1月:ムール界
2月:白貝
3月:ホッキ貝
4月:あさり・本蛤
5月~11月:未定
12月:大和しじみ

といった具合です。


かなり複雑です・・・。


ただ、複雑なのは、まだまだ続きます(笑)。


もう1つユニークなのが、メンバー制をとっていること。


以前は、入会できる曜日が決まっていて、その日に訪問してメンバーになると
その後は、どの曜日でも訪問できるといったものでした。

ですが、現在は、メンバーでない人でもいつ訪問してもOK。

ただしメンバーには、「覆麺」を注文して、完食するか、
スープを8割がた飲み干した人がなれるようなしくみになっています。

完食、あるいは、スープを8割がた飲み干すと、店長さんが、
スーッと銀色の丸いシールを貼った黒いカードを差し出してくれます。


これです。

覆麺 智 -- メンバーズカード


これで、晴れて「覆麺 智」のメンバーになれるわけです。

メンバーになると、いろいろなトッピングサービスを受けられます。


どんなトッピングサービスかというと、

・青とうがらし(1杯)
・辛みそ(10杯)
・もやし
・生玉子
・のり
・気持ち

という洒落混じりのトッピングサービスです。

各種、現金50円でもトッピング可能なのですが、
メンバーだと、これが無料になります。


さらに、このメンバーになると、今度は、「昇段」というのがあります。

「昇段」というのは、一番最初にメンバーになったときに
銀シールが1つだったのを4つまで増やすことができたり、
金シールや星シールにバージョンアップしたりすることができます。

銀シール4つまでは、サービスは変わりないのですが、
金シールや星シールになると、先ほどトッピングが2つまでOKになり、
それか味玉をつけることができるようになります。

ちなみに、味玉は、現金100円でもOKです。


で、この昇段の方法なのですが、「覆麺」注文のときだけ可能で、
食券と一緒にメンバーズカードを提示して「昇段」と言います。

すると、味を聞かれるので、好みの味を伝えます。

この「好みの味」によって「昇段」が決まるわけですが、
1つは、「正油の味の濃さ」で、もう1つは「辛みその辛さ」。

これらをデフォルトを基準に2倍~5倍まで指定できます。

それを、完食するかスープ8割で「昇段」ができます。


「正油」での段位が、初段~5段、「辛みそ」での段位が、1辛~5辛。

メンバーになった時点で、すでに「初段」、「1辛」の段位になっています。


それと、4段、4辛まではサービスが変わらないので、要は、5段、5辛に
トライするかどうかってことですね。

トライして昇段すると、5段は金のシール、5辛は星シールを
もらうことができます。


というのが、メンバー制と昇段のシステムです。


かなり複雑。

説明するのが大変です。


ですが、かなりユニークですし、常連客を増やすにjは、面白いやり方ですよね。


店長の方もフランクに話しかけてきて、会話も楽しめるお店です。



ということで、かなり前置きが長くなりましたが、「覆麺 智」については
これを説明しないことには話を進められないので、仕方がありません・・・。

ようやくですが、いただいたラーメンの感想などを書いていきます(汗)。


さて、今回、僕は、初訪問だったので、何もわからずに
単純に「味玉覆麺」を購入。

早速いただいてみました。



では、まずは見た目から。


かなり大きな器です。


いかにも塩っ辛そうな濃い琥珀色の清湯醤油スープ。

ストレートの細麺の上には、たっぷりのもやし、中央には揚エシャロットが。

トッピングには、バラのロールチャーシューが2枚とメンマ。
そして味玉に薬味のネギ。

スープには、粗挽きの肉も浮いています。


では、スープを一口。


美味い!

濃い口の醤油味で、キレも良くとても美味しい。

ただ、味が濃いだけではなく動物系、魚介系の出汁も
しっかりと出ていて深い味がします。

暖簾に「出汁処」と書かれていたのがわかるような気がします。


スープは、豚骨、鶏、それに魚介を合わせたもので、
若干、甲殻類系の風味もあったので店長に聞いてみると、
「甘エビ」も少々使っているとのこと。

そういえば、食券を出したときに
「甲殻類のアレルギーは大丈夫?」
って聞かれてました。

こういうことだったんですね。

で、後から、店長に出汁のことで話を聞いたら、
普段は「甘エビ」は使っていなくて、この日だけ特別だったようです。

けっこう、気まぐれで味に変化をつけてるみたいですね。


そして、麺。

細いストレート麺なのですが、けっこう固茹でです。

なので、シコシコした食感がかなり好みでツボにはまりましたね。
ツルッとした口当たりも最高です。

ちなみに、麺の量も、普通のラーメンにしては多い
200gからのスタートするサービスになっています。

もちろん、別料金で、大盛り、特盛りもできます。


トッピングなのですが、チャーシューが絶品。

バラのロールチャーシューが2枚ついてくるのですが、
やわらかすぎて箸でつかめません。

トロトロです。

仕方ないので、レンゲで食べました。


もやしはシャキシャキとしさっぱり、揚エシャロットも香ばしい。

味玉もジェル状の半熟黄身で美味しいです。

スープと一緒にすすう粗挽きの肉も美味しいです。


とても美味しいラーメンでした。


当然のことながら完食したので、晴れてメンバーになれました。

ですので、次回からいろいろな特典サービスを
受けることができます。

これは、再訪しないわけにはいかないですよね。


というより、かなりツボはまった美味しさだったので、
リピート確定です・・・。

覆麺 智

覆麺 智

[データ]
●店名:覆麺 智
●住所:東京都千代田区神田神保町2-2-12
●交通:都営新宿線「神保」より徒歩3分
●営業:[月・火・木・金]11:00~20:00/[水・土・祝]11:00~17:00(スープ終わり次第終了)
●定休:日曜(不定休あり)



【今回の記事は面白かったですか?】

▼面白かった方
 ⇒ 下記リンクから応援クリックをお願いします。
 
 ラーメンブログランキング



【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+豚骨+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック