プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
頑者@本川越 / つけめん
頑者
つけめん

[訪問日]
2014年6月23日(月)

[評価]★★★★★

頑者 -- つけめん


以前からず~っと宿題店になっていた「頑者」の本店。

ようやく行って来ました。


このブログを始める前に「ラー博」では食べたことがあり、
その美味しさも知っていましたので、いつか川越の本店に
行ってみたいと思っていました。

自宅から電車で30分くらの距離なので、
逆に中途半端な距離、しかも下るので足が遠のいてました・・・。

それと、常に行列を作っているということで、
あまり並ぶの嫌でしたしね。


ということもあり、平日のアイドルタイムを狙って
行って来ました。


場所は、一番近いのが西武新宿線の「本川越」。

JR「川越」や東武東上線「川越市」も使えますが、
「本川越」からなら、歩いて2分くらいです。

最高の立地ですね。


さて、「頑者」は、美味しいのはもちろんのこと、
なんで、ここまで人気があって有名なのか。


それは、、現在の「つけ麺」人気の火付け役となったのが、
この「頑者」だからです。

有名な話ですよね。


「つけ麺」業界には2大エポックメイキングがあります。

まずは、「東池袋大勝軒」の山岸氏が「中野大勝軒」にて
「つけ麺」を考案したこと。

そして、もう1つが、「頑者」が、それまでの「つけ麺」スタイルに、
「極太麺×濃厚つけダレ×魚粉」という新しい要素を
取り入れたこと。

中でも、今では当たり前になっている「魚粉」を
スープに入れたのは「頑者」が初めてなんです。


もともと、「ひかり食品」という製麺所の長男として
生まれ育った店主の大橋英貴氏。

幼いころから製麺に携わってきたので、
こういった麺が誕生したのは必然だったのかもしれないですね。



で、これらに影響を受けたお店が、次々と後発することによって、
現在に至る「つけ麺ブーム」に繋がるわけです。

今となっては、「つけ麺」もブームは去り、
あるのが当たり前のような感じになってきていますが、
考案した「大勝軒」、進化させた「頑者」、
この2つの功績は大きいです。


そんな「頑者」です。

人気があるわけです。

創業から20年経っても、人気が衰えないのは、
ある意味「大勝軒」以上とも言えますね。



ということで、そんな「頑者」の川越本店に行って来ました。


ここは、営業時間が、11:30~16:20という短時間です。
夜営業はありません。

なので、平日のオープン30分以上前からでも
行列ができています。

というか、できていました。

アイドルタイムを狙っていったのですが、
正確に言うと、オープンに合わせて行ったけど並んでいたので、
時間をおいて14時過ぎに再訪したのが正確なところです。

しかも、このお店、カウンター12席なのですが、
完全入れ替え制をとっています。

仮に、たまたま待ちの人が8人しかいなくて、
12席全てが埋まらなくても、8人を全員入れた後は、
途中入店はできません。

8人が食べ終わった後、次に待っている人が12人まで
入店できるようにしています。

なので、慌しさがなく、ゆったりした気分で食べられるんですよね。


さて、メニューなのですが、基本的は3つだけ。

「ラーメン」、「つけめん」、「辛つけめん」の3種類で、
これにチャーシュー増しのものがそれぞれあるだけです。

シンプルでわかりやすいです。



ということで、そろそろいただいた感想など・・・。


僕が注文したのは、もちろん「つけめん」です。

デフォルトのまんま。

ここはデフォルトのまんまで十分なんです。


写真だとわかりにくいですが、つけ汁には、
1/2半熟玉子、ナルト、短冊切りしたチャーシュー、メンマ、
海苔、魚粉、薬味のネギなどがしっかり入っています。


ちょっとサンプル写真とかとは違って、魚粉も溶けちゃっていて、
チャーシューや玉子も沈んで見えないのが残念ですが、
これで十分なのです。


麺は、もちろん極太のストレート麺。


すごく美味しそうです。



では、いただいてみます。


極太麺を一掴み、つけ汁につけていただいてみる・・・。



美味い!



豚骨、鶏などの動物系をベースに魚介を合わせたスープ。

確かに濃厚です。

ただ、ちまたによくある「ドロ系」の濃厚とは全く違い、
濃厚なのですが、あっさりとしているんです。

しかも、醤油のキレが良い。


だから、全くしつこくない。


この濃厚さを真似て「濃厚スープ」のつけ麺を出すお店が
増えていったわけですが、全然違いますね。


最高に美味いですね!



麺のモチモチとした食感も最高。

まるでうどんのようです。


また、スープに溶け込んだ「魚粉」の風味がたまらない。

魚臭さなど微塵もなく、節系の良い風味のみ。


あっという間に完食です。


このスープですから、スープ割りで最後まで飲み干したかったのですが、
スープ割りはやっていないんですよね。

レンゲもないので、濃いまんま丼を持ってスープを飲む。


全部は濃いのでやめときましたが、飲んでしまいたいくらいでした。



いや~本当に美味しかったですね。


今まで足が遠のいていたのがバカみたいです。

電車で30分で行けるのですから、これからは頻繁に行きたいです。


並んででも食べる価値はありますね。



これまでにも、美味しい「つけ麺」は食べてきました。

「とみ田」、「道」、「一燈」、「風雲児」・・・。
みんな美味しかったですが、個人的には「頑者」の方が
好きかな・・・。

特に、「とみ田」よりは確実に好きですね。


ま、これらも、みんな「頑者」があったからこそ、
それぞれの味に辿り着いたのだと思うし。


やはり、いろんな意味ですごいですね。


また食べに行きます!

頑者

頑者

[データ]
●店名:頑者
●住所:埼玉県川越市新富町1-1-8
●交通:西武新宿線「本川越」より徒歩2分
●営業:[月~土]11:30~16:20(スープ・麺終わり次第終了)
●定休:日曜




【今回の記事は面白かったですか?】

▼面白かった方
 ⇒ 下記リンクから応援クリックをお願いします。
 
 ラーメンブログランキング



【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■つけめん(醤油) [ 東京/鶏+豚骨+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック