プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
阿佐ヶ谷ホープ軒@阿佐ヶ谷 / 中華そば + 玉子(味付)
阿佐ヶ谷ホープ軒
中華そば + 玉子(味付)

[訪問日]
2014年7月2日(水)

[評価]★★★☆☆

阿佐ヶ谷ホープ軒 -- 中華そば + 玉子(味付)


阿佐ヶ谷の線路高架沿いの飲食街にある
「阿佐ヶ谷ホープ軒」。

駅徒歩2分もかからない好立地に恵まれつつ、
35年という歴史を刻んでいる老舗です。


今回は、その「阿佐ヶ谷ホープ軒」にお邪魔してきました。


ラーメン業界に「ホープ軒」と名のつくお店はいくつかあります。

「ホープ軒本舗」、「千駄ヶ谷ホープ軒」、「村山ホープ軒」、
そして、今回の「阿佐ヶ谷ホープ軒」。


これらの大元になっているのが「ホープ軒本舗」。
 
この「ホープ軒本舗」の創業者・難波二三夫氏が
10代で始めた「貧乏軒」という屋台が全ての始まりです。

この屋台が、「ホームラン軒」、「ホープ軒」と名前を変え、
103台にも及ぶ一大屋台チェーンを作ることになります。


そこから派生していったのが、「千駄ヶ谷ホープ軒」、「村山ホープ軒」
ということになります。


そして、難波氏自身は、「ホープ軒本舗」として店舗を構え、
その味を広めるにいたっているというわけです。

その「ホープ軒本舗」も吉祥寺を本店に、大塚、杉並と
若干ですが支店を構え、現在も営業しています。


では、今回の「阿佐ヶ谷ホープ軒」は、どういう関係があるのか。


中には、この「阿佐ヶ谷ホープ軒」を「ホープ軒本舗」の
支店として数える人もいますが、正確には違います。

この「阿佐ヶ谷ホープ軒」は、「ホープ軒本舗」の系列であることは
間違いないのですが、「支店」ではなく「分家」という
一段階「本家」に近い位置にある店舗なんです。


というのも、この「阿佐ヶ谷ホープ軒」は、創業者である難波氏の
末娘の方が、阿佐ヶ谷の地で35年も父親から譲り受けた味を
守り続けている由緒正しい「ホープ軒本舗」直系店なのです。

阿佐ヶ谷ホープ軒 -- 店主あいさつ


というわけで、同じ「ホープ軒本舗」の系列でも、
ちょっと違うのがわかっていただけたと思います。


さて、この「阿佐ヶ谷ホープ軒」なのですが、支店ではないですが、
直系店ということもあり、麺などは、「ホープ軒本舗」と同じく
直営工場で製麺したものを使っています。

メニューも、かなり「ホープ軒本舗」と似ているのですが、
やや違います。

オリジナルのメニューが加わっている感じです。

夏季には「冷やし中華」なんかもありますし・・・。


ただ、基本は、「ホープ軒本舗」に倣ったメニュー構成。

看板は、豚骨醤油の「中華そば」。

トッピング類もほぼ同じ、備え付けの「唐華」という調味料も同じ、
前払いという支払方法も本家に倣っているようです。


あとは、味ですよね。



ということで、「阿佐ヶ谷ホープ軒」、いただいてきた感想など。


まずは見た目ですが、まさに「ホープ軒本舗」ですよね。

ただ、系列であっても、支店ではないのが、
ここでもうかがえます。

丼が「ホープ軒本舗」とは違いますよね。


「ホープ軒本舗」は、特徴的な黄色い丼ですが、
「阿佐ヶ谷ホープ軒」は、白に赤い模様の入ったもの。

やはり、支店ではないのです。


で、中身はというと、中細の縮れ麺にもやし、
肩ロースのチャーシューに海苔。

やはり一緒ですね。


スープは、茶濁色の豚骨醤油に若干の背脂。

刻みネギも浮いてます。

ただ、スープの色がやや茶色が強いようにも思えます。



では、まずは、スープを一口。


間違いなく、「ホープ軒本舗」の味ですね。

ただ、先ほどのスープの色が茶色いのと関係あるのでしょう、
やや醤油が効いているように思えます。

つまり、味が若干濃い。

これは、悪い意味ではなく、美味しいということ。

個人的には、「ホープ軒本舗」より好きかも。


「ホープ軒本舗」独特の豚骨臭さもあまり感じられず、
いい塩加減になってます。


トッピングのもやしのシャキシャキ感は同じ、
麺の若干柔らかめのところなども似ていますね。


チャーシューも同じ肩ロースなのですが、こちらの方が
味がしみていて美味しく感じました。


味玉は、中まで茹で上がったおでんタイプ。

これも同じですね。



トータル的に、とても美味しかったです。


基本的には「ホープ軒本舗」の味なのですが、
自然にこうなったのか、あえてアレンジを加えたのか、
若干の違いは感じられました。

そして、それが個人的に好みの味だったので、
すごく良かったです。


ここは何度でも通いたいですね。



つい先日、「阿佐ヶ谷ホープ軒」の斜向かいに
「麺屋こうじグループ」の「豚骨 一燈」の支店がFCで
オープンしました。

こちらはまだ未食ではありますが、おそらく「阿佐ヶ谷ホープ軒」が
味では勝っているのではないかと思います。

これも個人的な好みではありますが。

実際に客の入りも勝っていましたし。


35年の歴史も伊達ではないですよね。

どちらもがんばってほしいですが、「阿佐ヶ谷ホープ軒」には
よりがんばってほしいなと思います。

阿佐ヶ谷ホープ軒

[データ]
●店名:阿佐ヶ谷ホープ軒
●住所:東京都杉並区阿佐谷南2-17-5
●交通:JR中央線「阿佐ヶ谷」より徒歩2分
●営業:[火~日]11:00~15:30・17:30~23:30
●定休:月曜



【今回の記事は面白かったですか?】

▼面白かった方
 ⇒ 下記リンクから応援クリックをお願いします。
 
 ラーメンブログランキング



【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■豚骨醤油らーめん [ 東京/背脂豚骨 ]
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
阿佐ヶ谷のホープ軒、子供のころから行ってました。そのころは北口の今はセントラルというスポーツジムがあったあたりに店があったように記憶してます。
2015-07-20 月 13:02:01 | URL | seitaiplusone #- [ 編集]

>seitaiplusoneさん
コメントありがとうございます。
レス遅くなってすみません。
阿佐ヶ谷ホープ、違う場所にあったんですね。
知りませんでした。
今の場所の店しか行ったことがありません。 ホープ軒の味、けっこう好きです。
2015-07-28 火 11:22:42 | URL | ZUCKY #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック