プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
鶏そば ムタヒロ 2号@国分寺 / トムヤムクンつけそば(2015年2月限定)
鶏そば ムタヒロ 2号
トムヤムクンつけそば(2015年2月限定)

[訪問日]
2015年2月7日(土)

[評価]★★★★☆

鶏そば ムタヒロ 2号 -- トムヤムクンつけそば(2015年2月限定)


多摩地区を代表する人気店となった「ムタヒロ」。

「国分寺」にそれぞれコンセプトの違うラーメン店を3店舗を運営。
どれもが人気があり、ネットのランキングでは、上位を独占するほど。

先月は、大阪にも進出し、早くも人気が爆発しているようです。


ということは、昨日の記事でも触れたこと。



さて、その「ムタヒロ」、各店で毎月の限定麺を提供しているのですが、
2月の限定の提供も昨日6日からスタートしました。


その毎月の限定を欠かさず食べに行ってる僕なわけですが、
早速昨日も訪問してきました。


まず昨日は、1号店「中華そば ムタヒロ」に訪問。


「ニボカレーつけ麺」をいただいてきました。

とても美味しかったです。
 ⇒「中華そば ムタヒロ/ニボカレーつけ麺」の記事



で、今日は、毎月恒例の「ムタヒロ限定巡り」の2日目。

2日目は、2号店の「鶏そば ムタヒロ」に訪問です。


今月は、3店舗ともに「つけ麺」ということなのですが、
2号店は一体どんな「つけ麺」なのかというと・・・


なんと「トムヤムクン」です。

「トムヤムクンつけそば」。



「トムヤムクン」といえば、知ってる人は多いはず。


好みはかなり分かれると思いますが、その名前は有名。

何しろ、フランスの「ブイヤベース」、中国の「フカヒレスープ」、
と並ぶ「世界3大スープ」の1つですからね。


南国の暑気を払うために編み出された、タイの辛いスープ。


そう、辛いんです。

そして、辛いだけではない、タイ独特のスパイシーな味が
人によっては敬遠されがちなのも確かです。


でも、今回の「ムタヒロ」の「トムヤムクン」は、
そういうエスニックな味を苦手とする人にもなじめるよう
アレンジしてマイルドなものにしているということです。


さて、一体、どんな「トムヤムクン」なんでしょうね。


いただいてきましたので、早速感想の方を。



では、では。

まずは、ビジュアルを。

鶏そば ムタヒロ 2号 -- トムヤムクンつけそば(2015年2月限定)

つけ汁は、いかにもって感じの辛そうな色してますね。

これが、「ムタヒロ流トムヤムクンスープ」なわけですね。


オレンジ色したスープの中には、真っ赤な唐辛子が2本。

グリーンのものは、パクチーかと思いきや三つ葉です。


唐辛子は、タイの唐辛子を使ってるようなのですが、
「プリッキーヌ」なのかな?

けっこう辛そうな色をしています。


オレンジ色したスープは表面だけで、中は白いですね。

普通はココナッツミルクを使うんですが、どうなんでしょう?



で、麺の方。


麺は、いつもの2号店の平打ち中太のピロピロ麺ですね。

その上には、まず目に飛び込んでくるのが「海老」。
「海老」が2尾、ドカンとのっています。

隣には、殻付きのアサリが3つ。


逆サイドには、ぶつ切りにした鶏の胸肉、そして、ナッツ。


真ん中にはスライスレモンが3枚あって、その上には
三つ葉と糸唐辛子がのっています。


なんとなく雰囲気でてますよね。


「トムヤムクン」のビジュアルを「つけ汁」と「麺のトッピング」で
分けながら上手に表現しています。



さて、お味はどうなんでしょう?


では、いただいてみます。

まずは、麺を一口スープにつけていただいてみます。


うん!

美味しい!


とてもマイルドでサッパリしています。


確かに辛くもあり、やや酸味もあるのですが、
とてもマイルドになっています。


いわゆる「タイ料理」のクセみたいなものは全くないです。

上手くアレンジしてますね。



つけ汁のスープは、基本的には、「鶏そば ムタヒロ」の鶏出汁。

そこに、甘海老の頭などを煮込んでとったもの。


ここら辺は、「トムヤムクン」のベーシックな作り方ですよね。


で、ここに和出汁を混ぜているんですね。

鰹節でとった出汁です。


あまり鰹節は前面には出てこないのですが、これが隠し味になって
非常に食べやすくしてくれています。


それと、中の白色のスープ。


普通は、ココナッツミルクですよね。

でも、ココナッツミルクもけっこうクセがあるということで、
なんと「豆乳」を使っているみたいです。


これがマイルドな味の秘密ですね。


しかも、クセのあるパクチーなどは排除しているので、
本当に食べやすいんです。


つけ汁の中には、「しめじ」が入っています。

通常の「トムヤムクン」も「きのこ」は入っているのですが、
普通は、「ふくろ茸」という丸っこいマッシュルームみたいなのが
入ってるようです。


とてもよく「トムヤムクン」っぽくしてるのですが、
細部はいろいろなアレンジを加えていますね。



逆に言えば、本物の「トムヤムクン」を好きな人には、
「こんなのトムヤムクンじゃない!」
と言われてしまいそうですが、そこは料理の自由なとことろ。

こういうアレンジを加えて食べやすくしてもいいと思います。


実際に、辛くて酸味があるのは「トムヤムクン」っぽい。

それをさらに和出汁や豆乳などでマイルドになっているので
食べやすく美味しく仕上がっています。



ムタヒロのピロピロ平打ち麺との相性もいいですね。

スープと麺がしっかり絡みます。


トッピングされている具材も秀逸。


海老はプリプリ、あさりはプニプニで美味しい。

鶏の胸肉は、ミディアムレアな感じで柔らかく
歯に絡みつくようで良いですね~。

表面に振りかけてあるペッパーも刺激的で良いです。


ナッツは、カリッとした歯応えももちろん、
ココナッツミルクを使っていない部分のカバーにもなってるのかな?


パクチーの代わりになっているであろうグリーン。

三つ葉なのでパクチーとは全く違いますが、
その分、クセはなくサッパリとして美味しいですね。


スライスレモンもサッパリとして、酸味が増して良いです。
カットレモンでも良かったかな?

その方が絞りやすかったし・・・。



それと、別皿で魚醤がついてきます。

鶏そば ムタヒロ 2号 -- トムヤムクンつけそば(2015年2月限定)魚醤

お好みでということだったのですが、最後の方に入れてみたのですが、
そこまで大きな変化は感じられませんでした。

まあ、それはいいでしょう。



とりあえず、食べやすくしたものの「トムヤムクン」という
ちょっととっつきにくいスープだったのですが、
食べ始めてみたら、あれよあれよとあっという間の完食でした。


美味しかったと思います。


最後は、ムタヒロの鶏スープで「スープ割り」。

しっかり身体も温まり、美味しくいただきました。



もしかしたら、「トムヤムクン」という名前だけで
敬遠してる人もいるかも。

だとしたら、気にする必要は全くないですね。


酸味の効いた辛いスープのつけ麺と思ってもらえればいいと思います。

変な先入観で食べようとしていないのだとしたら、
心配ご無用なので食べてみることをオススメします。


美味しくいただけますよ。



さて、明日は、「ムタヒロ限定巡り」3店舗目。
3号店の「まぜまぜ ムタヒロ」です。


3号店は、「味噌系」のつけ麺らしいです。


「味噌」には目がないので楽しみです。

いただいてきたら、またレポします。

鶏そば ムタヒロ 2号 -- トムヤムクンつけそば(2015年2月限定)メニュー

鶏そば ムタヒロ 2号

[データ]
●店名:鶏そば ムタヒロ 2号
●住所:東京都国分寺市本町2-3-6 タリホービル 1F右
●交通:JR中央線「国分寺」より徒歩3分
●営業:[月・火/木~土]11:30~15:00・18:00~23:00/[日・祝]11:30~21:00(スープ・麺終わり次第終了)
●定休:水曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■つけめん(トムヤムクン) [ 東京/鶏+海老+香辛料(創作系トムヤムクン) ]
Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント

これも・・・美味しそう^^。
桜の花の器もお洒落^^。
ナッツが入っているんですね。
2015-02-08 日 06:46:23 | URL | B&M #- [ 編集]

おはようございます。

タイ料理、苦手です。
パクチーはもう、だめ><
パクチーが入っているだけで、食べれるものも食べれなくなるの。
でもこれは、パクチーも入ってないのね。
私でも食べれるかな?
応援P☆
2015-02-08 日 10:37:59 | URL | mari #MByLbG9. [ 編集]

>B&Mさん
コメントありがとうございます。
ナッツの食管がまた良かったんです。
タイ料理っぽくなくて、クセもなく美味しかったです。
2015-02-08 日 22:55:30 | URL | zucky #- [ 編集]

>mariさん
コメントありがとうございます。
そうなんです。
タイ料理、トムヤムクン、パクチー、香辛料・・・
みたいなイメージで敬遠されがちですよね。
作った方も気にしてました。
でも、トムヤムクンっぽいけど、タイ料理のようなクセは全くなくて美味しかったですよ。
パクチーも入ってないですし。
2015-02-08 日 22:57:56 | URL | zucky #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック