プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
京都たかばし 本家 第一旭@京都(京都府) / 特製ラーメン
京都たかばし 本家 第一旭
特製ラーメン

[訪問日]
2015年3月28日(土)

[評価]★★★★☆

京都たかばし 本家 第一旭 -- 特製ラーメン


大阪・京都のラーメンツアー初日。

場所を京都に移して、この日、2軒目です。
2軒目だけど3食目ですが・・・。


で、まずは、京都の駅前から攻めて行きたいと思いますが、
最初に訪問したのが、「京都たかばし 本家 第一旭」。


「本家 第一旭」の創業は1953年。

やはり、京都の中でも相当の老舗の部類に入ります。


そして、お隣には、京都一の老舗「新福菜館 本店」があり、
比較されることが多いです。


というのも、2つとも同系統の「京都ラーメン」ということ、
歴史の差こそあれ、両方とも京都を代表する老舗ということ、
そんなこともあって比較されることが多いのでしょう。


で、この「本家 第一旭」。

この記事では、店舗名を「京都たかばし 本家 第一旭」と
書いていますが、一般的には、「本家 第一旭 たかばし本店」と
言われることの方が多いと思います。

ただ、正式には、「京都たかばし 本家 第一旭」が正しいようです。

店舗運営上の理由で、店舗の呼び名が変わっていったようです。


ここからは、ややこしいのですが、軽く解説しておきます。

ちょっと本筋からそれますが・・・


まず、「本家 第一旭」は、チェーン展開をしています。

ほとんどがFC店なのですが、直営店もあります。
で、本店と言われる店舗は、間違いなく「たかばし」にある「本家 第一旭」です。

その中の直営店というのが、元々は「本店」を含めて4店舗あったようです。

「たかばし本店」、「寺田店」、「南インター店」、「直営亀岡店」、
この4店舗です。

このうち、「南インター店」と「直営亀岡店」は、その後、外食産業の
「クーデションカンパニー」という会社で運営されているようになります。

そして、この「クーデションカンパニー」運営の「第一旭」は、店舗名を
「たかばしラーメン」と変え営業しているようですね。

ですので、「南インター店」と「直営亀岡店」も現在は、
「たかばしラーメン」と変わっています。


ということから、本店直営のお店は、「たかばし本店」と「寺田店」、
この2つのみとなってしまいました。

ところが、「寺田店」というのは、「たかばし本店」の代表の方の
弟さんが運営するお店なんですね。

で、この兄弟が仲違いをしてしまったようで、分裂してしまいます。

そして、それぞれが独立採算での運営になっていき、同じ「第一旭」であって、
違う「第一旭」になってしまったわけです。

ですから、「たかばし本店」にとって、「たかばし本店」と名乗る必要もなく
「京都たかばし 本家 第一旭」でよくなったわけです。


一方、この「寺田店」は、「第一旭」のFC店の本部として機能していたようで、
このFC店は「元祖 第一旭」と名乗っていて、「大ちゃん」というキャラクターも
持っています。

なので、「元祖 第一旭 ○○店」というところもあれば、
「大ちゃんラーメン」といっているところもあり様々です。

ただ、現在は、FCの本部は「寺田店」ではないようです。


なんかすごくややこしいです。



整理しますと、

「本家 第一旭」
 ⇒ 「本家 第一旭 たかばし本店」 ⇒ 総本山
 ⇒ 「本家 第一旭 寺田店」 ⇒ 「たかばし本店」の代表の弟の店

これらは、それぞれ独立採算。

「元祖 第一旭」
 ⇒ 「本家 第一旭 寺田店」を本部にしたFC店(現在は違う)
   「大ちゃん」というキャラクターを持ち、店舗名にしているところもある

「たかばし」
 ⇒ 「クーデションカンパニー」という外食産業が運営するFC店
   元々は、直営店だった「南インター店」、「直営亀岡店」もここで管理。


とまあ、こんな感じになるわけです。


なので、「たかばし本店」というのは、「寺田店」との区別だけに使われてるだけ。

しかも、「たかばし本店」にとってみれば、同じ「本家 第一旭」でも
それぞれが独立しているので、「本家 第一旭」というのは1つだけで、
あえて「たかばし本店」という必要がないということなのでしょう。


つまり、いろんな紆余曲折を経て、いろんな店舗が発生しましたが、
「本家 第一旭」はひとつだけということでしょう。



ふぅ~・・・


軽くと言っておきながら、また長々と薀蓄を語ってしまいました・・・。


結局何がが言いたいかというと、「第一旭」を名乗っていても、
本物の味を味わえるのは、「本家 第一旭」だけということ。

実際に、味はバラバラのようですし・・・。

なので、「第一旭」といったら、京都駅前の「たかばし」に
行かなければ意味がないよってことですね。



ハイ。

では、本題に戻りましょう。


こんな事前学習もしながら、「本家 第一旭」に行ってきたわけです。


で、この「本家 第一旭」、京都駅から歩いて5分程度のところにあります。

「新福菜館 本店」の隣りにあります。


このお隣同士のラーメン屋、京都ラーメンの系統としては似てますね。
いわばライバル同士が隣り合ってるようなものです。


そして、「新福菜館 本店」もそうなのですが、朝から営業していて、
「朝ラー」ができるお店です。

しかも、「新福菜館 本店」が朝の7:30から営業しているのに対し、
「本家 第一旭」は、なんと朝5:00から営業しています。


すごいですね。



で、メニューはというと・・・



基本は、「ラーメン」です。

これのトッピング違いでの構成ですね。


1番の看板メニューが「特製ラーメン」という大盛、肉増しのもの。

あとは、「メンマラーメン」、「チャーシューメン」、「ミニラーメン」、
「肉なしラーメン」などです。

呼び方こそ違いますが、「新福菜館」とバリエーションは
似ていますね。

また、高校生までは「学割ラーメン」というのもあります。


あとは、サイドメニューの餃子「、「焼豚」、「メンマ」、
「キムチ」、「ライス」やドリンク類ですね。


席は、カウンター3席、テーブル7卓、28席分あります。



ということで、ここへきたら、注文すべきは、もう決まってます。


「特製ラーメン」です。


ベースは同じ「ラーメン」なので、「ラーメン」でも良かったのですが、
折角ですから看板のメニューをと思い注文しました。



では、またまたようやくですが、いただいた感想などを。



まずは、ビジュアル。

京都たかばし 本家 第一旭 -- 特製ラーメン

第一印象・・・

デカイ・・・。

写真だけだとわかりにくいですが、他のメニューの器よりも大きいです。

「特製ラーメン」というのは、「麺大盛、チャーシュー増し」のものを
指すようですね。


「新福]菜館」の「ラーメン」にもパッと見、似てますね。


スープは、濃い茶色の清湯スープ。
けっこう表面に脂が浮いていてオイリーな感じですね。

「新福菜館」は、ほぼブラックに近い色合いですが、
こちらは、茶色っぽさが目立ちます。


ギッシリと敷き詰められたチャーシューの上には、たっぷりの九条ネギ、
そして、もやしがのっているのも似ています。


でも、印象は、よく似た感じです。



では、いただいてみましょう。


まずは、スープを一口。


けっこう濃厚な醤油味ですね。

出汁は、豚骨がメインで鶏は入ってないようです。
ものすごくコクがあって美味しいです。

ただ、ちょっと脂っぽいかな?

あくまでもオイリーでコクのあるスープという感じ。


でも、美味しいですよ。



そして、麺。


麺は、中太のストレート麺。

スープの色が染みて茶色くなってますね。


でも、元は、かん水少なめの白っぽい麺みたいですね。


まあ、普通に美味しいです。


チャーシューは、薄めにスライスしたバラ肉。

薄切りのせいか、スープがしみていて美味しいですね。


薄切りなので、麺と絡めて食べるとより楽しめます。


九条ネギも、ここまで来ると薬味というより「具」ですね。

甘味がありシャキシャキとして良いです。

もやしも同様。



けっこうな量でしたが、何だかんだと完食してしまいました。

スープは途中でやめましたが・・・。

豚骨のコクのあるスープで美味しかったのですが、
ただ、やはり、脂っぽかったので、ややしつこい。


そんな印象はありましたね。


でも、普通のレベルよりは、美味しかったと思います。



さて、まずは、「本家 第一旭」に訪問しました。

とても美味しかったのですが、やはり本命は、お隣です。


「豚骨醤油系ラーメン」の老舗双璧の「新福菜館 本店」。

「新福菜館 本店」の方が歴史は古いですしね。


また、同系統といっても、同じではありません。

むしろ全然違います。


どんな感じに違うのか・・・


ということで、「新福菜館 本店」、にも行ってまいりましたので、
次回は、「新福菜館 本店」をレポをしていきます。

京都たかばし 本家 第一旭

[データ]
●店名:京都たかばし 本家 第一旭
●住所:京都府京都市下京区東塩小路向畑町845
●交通:JR東海道本線・他各線「京都」より徒歩5分
●営業:[月~水・金~日]5:00~26:00
●定休:木曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 京都/鶏+豚骨(京都らーめん) ]
Trackback:(0) | Comments:(5)
コメント

私ネギ好きで(^ ^)

九条ネギをこんなに食べれるなんてなんて幸せな(^ ^)

行った甲斐がありましたね。
2015-03-31 火 09:55:28 | URL | B&M #- [ 編集]

おはようございます。
やっぱ、京都のラーメンはこれやね!
九条ネギがた~~っぷりとのってる!
これに限るわ!
私は、もともと、関西なんで、九条ネギで育ちました。
今、東京でも九条ネギは入るけど、いまいちなんだよね・・・
輸送で味おちてんのかな?
九条ネギが入ると、くどい味でも、さっぱりといける。
やっぱ、おいしそうやな~~。
あ、なんか、関西弁になってしまってる(^^;
んでもって、九条ネギの話になってた・・・(^^;
ごめんね。

応援です~♪
2015-03-31 火 11:34:33 | URL | mari #MByLbG9. [ 編集]

>B&Mさん
コメントありがとうございます。
またまた、レス遅くなりました・・・。
九条ネギの量は、京都はハンパないですよ。
どこでも必ず九条ネギでしたね。
美味しかったです。
2015-04-02 木 07:24:44 | URL | zucky #- [ 編集]

>mariさん
コメントありがとうございます。
またまた、レス遅くなりました・・・。
やっぱり、関西出身だと九条ネギは好きなんですね。
京とラーメンは必ず入ってましたね。
しかも、大抵大盛り。
甘くてシャキッとして美味しいですよね。
2015-04-02 木 07:27:00 | URL | zucky #- [ 編集]

近藤製麺と手をきつたのか?40年近くかよってたけど、黄色の看板が、白黒になった時、還暦のとうじのだいがくせいの、おもいでも、終わった。もう行くこともなあ~ 今も変わらぬ藤の本店で昔をしのぶかな~やまさんちょっと遠いけど頑張っていくか(涙)
ほんま悲しかったです(ノ_・。)
観光客相手のみせにならざるをえないのはわかるけど、くじようねぎの話なんかどうでもええねん
若い頃ホステスやって手、朝ラーメン食べた思い出 時代は終わったんやね さよなら
麺も味も変わったのは私らにはすぐわかったよ
2016-05-15 日 06:24:50 | URL | きゃべじん #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック