プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
ラーメン専門店 天天有@一乗寺(京都府) / 煮卵中華そば 並
ラーメン専門店 天天有
煮卵中華そば 並

[訪問日]
2015年3月29日(日)

[評価]★★★★☆

中華そば 天天有 本店 -- 煮卵中華そば


大阪・京都のラーメン食べ歩きツアー。

2日間でしたが、いろいろと訪問してきました。


主に老舗を中心に回ってきましたが、いよいよ最後です。


最後に訪問したのは、一乗寺にある「中華そば 天天有 本店」。

このお店も、「ますたに」、「天下一品」と並ぶ
老舗ラーメン店です。


かなり有名ですね。


系統としては、「天下一品」に通ずるものはあるのですが、
はっきり言って全く違います。

共通するのは、「鶏白湯」で、鶏と野菜をじっくり煮込んで
抽出したスープだとういこと。


創業も同じ昭和46年なので、どちらが先に、この「鶏白湯」という
濃厚スープを作り始めたかはわかりませんが、「鶏白湯」としては、
元祖の部類に入るのではないでしょうか?


で、今、言ったように、「天天有」の創業は、昭和46年。

今では激戦区と呼ばれる一乗寺で屋台からスタートした老舗。



なのですが・・・。


この「天天有」というお店、けっこう複雑なんですね。

ちょっとまたうん蓄になってしまいますが、
「天天有」を知っていただくのに、簡単に解説しておきます。



まず、京都には「2つの天天有」があるんです。


1つは、今回訪問した一乗寺にある「天天有 本店」。

もう1つは、京都を中心にチェーン展開している「天天有」。


この2つです。


で、この2つ、本当に「2つの天天有」なのであれば問題ないのですが、
「2つであって2つでなく」、「1つであって1つでもない」、
複雑な関係なんです。




地元の人たちにとって「天天有」というのは、一乗寺にある
「天天有 本店」しかありえません。


でも、僕達を含め、京都圏外の人たちにとっては、
「天天有」というのは、チェーン展開している「天天有」
という認識が強いです。


赤地に黒丸、その中に白い字で「天天有」と書かれたロゴ、
これがチェーン展開している「天天有」なんですが、
ご存じないんですか?


そして、僕ら関東人は、この「天天有」が関東に進出してきたとき、
「京都から有名老舗店が東京に出店してきた」と騒ぎ、
これこそ「天天有」だと思っていたのです。


ですが、実は、違っていたんですね。

あえて「本物」という言葉を使わせていただきますが、
「本物」の「天天有」は、このチェーン化されたお店ではなく
一乗寺にある「天天有」こそが「本物」の「天天有」なんです。



一体、どういうことなのか・・・



京都を中心に展開しているチェーン店「天天有」。

現在9店舗をを展開、東京にも2店舗ありますし、なぜか本店を
沖縄の那覇においています。


これが、僕が元々知っていた「天天有」。

この「天天有」は、外食企業の「㈱未来」という会社が
運営しています。



そして、この「天天有」のホームページを見てみると、
本店は沖縄で京都の一乗寺ではない・・・

一乗寺の「天天有」のことは、全く紹介されていない。

でも、チェーン展開している「天天有」の創業した年は
昭和46年と謳っていて、一乗寺の創業と同じ。

でも、このチェーン化した「天天有」の1号店がオープンしたのは、
平成に入ってから・・・

全く老舗でもなんでもない・・・


あれ?
おかしい・・・


このチェーン化した「天天有」は、一乗寺の「天天有」と
関係があるのかないのか?

本店は、一乗寺にあるはずなんだけど・・・

この「天天有」は、一乗寺にある「天天有」とは違うのだろうか・・・



もう気になりだしたらとまらない性格なので調べました。

そして、わかったこと。


どうやら、㈱未来という会社が、営業権の譲渡というのでしょうか、
一乗寺の「天天有」の屋号、レシピごと使用することを許可され、
同じだけど別の「天天有」をオープンし、チェーン展開していった。


ただし、元々の「天天有 本店」も本家として存続する・・・


ですから、「天天有」という名前でチェーン展開している「天天有」、
本家本元の「天天有」の2つがあるということです。


「同じだけど違う、違うけど同じ」という複雑な関係が
こんな経緯で生まれたわけです。



ただ、これは、後からお店で食べてるときに聞いた話なのですが、
「天天有 本店」が言うには、「

「以前「天天有 本店」で働いていた人に「暖簾分け」をした」

ということでした。


そして、その人がチェーン展開していったということです。


なるほど・・・。

でも、実際には、「暖簾分け」というよりも何かしら
「営業権」などの権利にまつわるものの譲渡が行われたのでは?
そんな風に思えてなりません。

もし、「暖簾分け」ということであれば、本家である
一乗寺の「天天有」についての説明や、暖簾分けしてできた店なのだ
ということなどがもっと謳われていていいはず。

なのに、そんなことはなく、あたかもチェーン化している「天天有」が
創業昭和46年の歴史ある老舗であるかのごとく謳っている。

でも、実際は、創業46年のなのは、本家である一乗寺の「天天有」で
チェーン化した「天天有」ではない。


この「暖簾分け」されたという「天天有」からは、本家に対する
リスペクトは微塵も感じられない。


だから、「暖簾分け」などというきれいなものではないのでは?


そんな風に思ってしまったわけです。



これと似た形態のケースがいくつかあります。


例えば、喜多方ラーメン「坂内」。

ここも、喜多方にある「坂内食堂」からチェーン展開する許可を得て
㈱麺食という会社が運営しています。

なので、チェーン店としての「坂内」と本家の「坂内食堂」の
2つが存在しています。


また、今回のツアーでお邪魔した「ますたに」。

ここも似てますよね。


チェーン展開こそしていないですが、東京にある「ますたに」は、
白川の「ますたに」から営業の許可を得て営業しているだけで、
暖簾分けと入っても厳密には暖簾分けではないので、白川の「ますたに」は、
東京の「ますたに」の本店であるわけではなく、別の「ますたに」として
存在しています。


これらと似たケースなのではないかと思っています。



でも、この2つは、本家へのリスペクトがしっかりとあるんですよね。

ここが違います。



なんか複雑ですよね。

なんで、こんなややこしくするんでしょう?



さてさて・・・

結局、長くなってしまいましたが、僕にとっては、
「天天有」は一乗寺にあるお店が「本物」であって、
チェーン化したものは「似て非なるもの」、
「天天有」であって「天天有」ではないお店だと思っています。


そんなこともあって、「天天有」に行くなら、
「一乗寺の本店」と決めていました。


東京にも「天天有」のチェーン店はあります。

京都でも、四条などの歓楽街にもあります。


でも、そんなのには目もくれず一乗寺の「天天有 本店」、
ここしか目に入っていませんでした。


実際に、味の方も、このチェーン化した「天天有」と
一乗寺の「天天有 本店」はまるで別物という噂。


であれば、なおさらのこと、「本物」を食べたい。



そんなこともあって、今回のラーメンツアーでは
はずせない1店だったんです。


そこにようやく訪問することができました。




ということで、本題に戻ります・・・



「天天有 本店」。


先ほどから触れている通り、創業昭和46年の老舗。

ラーメン激戦区の一乗寺にあります。


通称「ラーメン街道」と呼ばれる「東大路通」にあります。

アクセスでいうと、「叡山電鉄」の「一乗寺」から歩いて7分程度。


営業は、夜のみです。



店内は、カウンター9席、6席のテーブルが1卓、
6席の座敷というか小上がり卓が2つという内容。



メニューは、基本は、鶏白湯の「中華そば」。

これに煮卵、温泉卵、チャーシューなどをのせた
トッピングのバリエーションでの構成になっています。

とてもシンプルです。


それそれ、並、中、大と麺の量が選べます。


そして、麺の種類もストレート麺(通常)と平麺から
選べます。

あとは、硬さなどの茹で加減、タレの濃さ、ネギの量
をリクエストすることができます。

また、各ラーメン、背脂、一味唐辛子を入れた
「こってり」にもできるようになっています。



僕が注文したのは、当然「中華そば」。

ただ、煮卵も美味しそうだったので、煮卵を付けた
「煮卵中華そば」を並で注文しました。

内容は、麺も通常、こってりにもせず、全てデフォで。


初めてですからね。



さて、ということで、ようやくたどり着いた実食の感想です。



まずは、ビジュアルです。

中華そば 天天有 本店 -- 煮卵中華そば

ちょっと想像していたのとは違いますね。


鶏白湯というので、もっと白いスープを想像していたのですが、
むしろ濁った黄金色のスープです。

そこにロースチャーシューが2枚、けっこう味付けしてありそうな
色の濃いメンマ、大量の九条ネギ、半熟の煮卵、ってな感じです。


僕が知っている「鶏白湯」とは違うので、どんな味がするか
すごく楽しみです。



ということで、いただいてみましょう。


まずは、スープを一口。


ものすごい鶏の旨味。

こってりこそしていないけど、かなり濃厚。
これは野菜のせいでしょうかね。

やや甘味も感じるのですが、あっさりといただける。


これは美味しいですね~!


そして、とても不思議なのですが、「鶏白湯」で、
しっかりと「鶏」の旨味やコクを感じられるのですが、
食べてるときの感覚が、「豚骨ラーメン」を食べているのと
似た感覚があるんです。

スープを飲んだ後の感覚もそうですし、麺を啜った後の感覚もそう。

何て言うんでしょう、「鶏の味の豚骨ラーメン」って感じ。

「豚骨」は一切使ってないはずなんですけど・・・。


不思議で、とても美味しいです。



そして、麺。


麺は、ストレートの細麺。

しっかりとコシがあり、シコシコとした麺は美味しいですね。

特に麺を売りにしているお店ではないのですが、
とても美味しいしっかりとした麺です。


具材のチャーシューは、柔らかくもしっかりと肉を感じさせる
美味しいチャーシューですね。

メンマは甘辛く煮てあって美味しい。


両方とも、このスープに合ってます。


煮卵は、見てわかる通りの半熟具合。

マズイわけがありません。


そして、やはり主張が強い九条ネギ。


今回のツアーで、どれだけ九条ネギを食べたんだろう?


しっかり薬味ではなく「具材」としていただきました。



そして、卓上には「紅生姜」が常備されているのですが、
途中から、これを入れて食べるのがお店の方のオススメ。


ということで、「紅生姜」を投入。


たしかに美味しいです。

そして、再度確認。


やっぱり、「鶏だけど豚骨ラーメンっぽい」。

「豚骨ラーメン」に途中から紅生姜を入れたときと
同じような味の感覚なんです。

あれ、美味しいですよね?


これも同じです。


絶妙な味変で、すごく美味しくいただきました。




いやぁ~、美味しかったです。


「鶏白湯」だけどサラサラしたスープは、格別。

「天下一品」と通ずるものがあるといったのは間違いでした。


明らかに違います。


僕はまだ「天天有」のチェーン店は未食なのでわからないのですが、
おそらく、イメージとして、チェーン店とは共通するものが
あるのではないかと思います。

あっちは、明らかなトロトロの鶏白湯っぽいですからね。



チェーン店と本店とは、全く味が違うという噂ですが、
どうやら本当っぽいですね。

本店を食べてしまうと、チェーン店の方は敬遠してしまいそう、
そんな気もしていたんですが、これは比較する意味でも
食べた方がいいかもしれないですね。


今度、東京にある支店を食べてみようと思います。



さて、ということで、2日間に渡る、というか、2日間だけでしたが、
大阪・京都のラーメンツアー、充実した2日間でした。

2日目は雨に降られてしまい残念な思いもしましたが、
ラーメンは美味しくいただきました。


今回は、基本的に老舗が中心になりましたが、
もし次回があれば、もっと新進気鋭の美味しいラーメン店も
食べ歩いてみたいですね。

でも、もう1回、この老舗を回りたいという気持ちもあります。


やはり、美味しかったですし、京都という土地柄、
歴史も感じたいというか・・・


とりあえず、また京都にはきたいのですが、その前に、
喜多方を食べ歩きたいですね。


近々計画を立てようと思ってます。

喜多方の御三家、食べに行きたいです。

中華そば 天天有 本店

[データ]
●店名:ラーメン専門店 天天有
●住所:京都府京都市左京区一乗寺西杉ノ宮町49
●交通:叡山電鉄叡山線「一乗寺」より徒歩7分
●営業:[月・火・木~土]18:00~26:30/[日・祝]18:00~25:30
●定休:水曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 京都/鶏(白湯べジポタ・京都らーめん) ]
Trackback:(0) | Comments:(10)
コメント

こんばんは。
ここんところ、応援だけで、コメントできなくてごめんね。

zuckyさんも、自分が興味をもったものには、とことん、追求するタイプですね(笑
そういうところ、私と似てるかも(笑
ラーメン界のこと、複雑だね~~。
読んでいても、私にはチンプンカンプンですが(^^;
でも、興味のあることって、調べるのは、楽しいっていうことは、凄く伝わっています♪

今日のもおいしそうだね~。
何度も言うようですが、九条ネギが、たまらないよ~~(^◇^)

応援です~♪
2015-04-04 土 20:17:46 | URL | mari #MByLbG9. [ 編集]

>mariさん
コメントありがとうございます。
僕のクドイ蘊蓄は気にしないでください。
自己満足ですから。
自分の頭の中にインプットできればそれでよし、そのための備忘録みたいなもんです(笑)。
基本的にオタクなもんで・・・。
2015-04-05 日 10:08:50 | URL | zucky #- [ 編集]

大阪、京都ラーメンツアー充実した二日間だったようですね(^ ^)
美味しいラーメンを食べれることの幸せはやっぱりお腹と舌が一番わかっていますよね。
またのツアー計画楽しみにしています。
2015-04-05 日 10:15:26 | URL | B&M #- [ 編集]

>B&Mさん
コメントありがとうございます。
個人的な趣味ではありますが充実してました。
次は、喜多方です!
2015-04-06 月 07:11:50 | URL | zucky #- [ 編集]

おはようございます~♪

充実した日々が過ごせてよかったですね。
今度は喜多方のほう、楽しみですね。

いつもありがとう♪
またくるね♪
2015-04-06 月 07:19:16 | URL | mari #MByLbG9. [ 編集]

応援。
今週も頑張っていきましょう(#^.^#)
2015-04-06 月 09:49:59 | URL | b&m #- [ 編集]

>mariさん
コメントありがとうございます。
喜多方、すごく楽しみです。
早いとこ計画を立てないと・・・
2015-04-07 火 07:14:47 | URL | zucky #- [ 編集]

>B&Mさん
昨日は、月曜から呑みに行ってしまいました。
今週は長そうです。
がんばりましょう!
2015-04-07 火 07:15:44 | URL | zucky #- [ 編集]

天天有で検索かけたら、ここがヒットしたので
見させてもらったら、凄いことが書いてあったの
で、古い記事に今更ですいませんが、
思わず書き込みを。
今日、一乗寺へ食べにいったんですが、
非常に美味しかったです。煮卵最高でした。
しかし、この暖簾分けの屋号の問題記事が・・・
何かどっかで似たような・・・と思ったら!
うち、地元が東海地方なのですが、名古屋に
「若鯱家」というカレーうどん屋が
ありまして、本家で働いてた人が、どうやら
勝手に無関係な若鯱家をチェーン展開させて、
本家の屋号を裁判で剥ぎ取って「鯱乃家」に
変えさせたと言うのを思い出しまして、ひょっと
したら、天天有も、同じことが起きたのでは!?
と思って少し書き込みさせてもらいました。
2017-05-03 水 21:55:11 | URL | くろうど・ちえり・ぱみゅぱみゅ #zmNmh0Y. [ 編集]

>くろうど・ちえり・ぱみゅぱみゅさん
コメントありがとうございます。
なんか複雑みたいなんですよね。
機会があったらチェーンの方も食べてみてもらいたいのですが、全く違います。
一応、本店の方が言うには、暖簾分けをしたといってるのですが・・・
いろいろとあるんですね~。
記事、読んでくれてありがとうございました!
2017-05-04 木 22:30:06 | URL | zucky #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック