プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
NARUMI-IPPUDO 新横浜ラーメン博物館@新横浜 / 限りなく透明に近いポークコンソメヌードル(期間限定)
NARUMI-IPPUDO 新横浜ラーメン博物館
限りなく透明に近いポークコンソメヌードル(期間限定)

[訪問日]
2015年4月29日(水)

[評価]★★★★☆

NARUMI-IPPUDO 新横浜ラーメン博物館 -- 限りなく透明に近いポークコンソメヌードル(期間限定)


前回に引き続き、「NRUMI-IPPUDO」です。


約3ヶ月振りの「新横浜ラーメン博物館」なわけですが、
目的は、5月10日で「ラー博」を卒業する「NARUMI-IPPUDO」。

すでに、「NARUMI-IPPUDO」には、1度訪問していて、
メインのメニュである「黄金に煌めく超絶~コンソメヌードル~」は
いただいてきています。
 ⇒ 「黄金に煌めく超絶~コンソメヌードル~ / NARUMI-IPPUDO」の記事

そして、今回は、未食であるもう1つの看板メニューである
「「まさか・・・!」のコクと深み~ベジタリアンヌードル~」をいただきに
「ラー博」に行ってきたわけです。
 ⇒ 「「まさか・・・!」のコクと深み~ベジタリアンヌードル~ / NARUMI-IPPUDO」の記事



昨日の記事でも触れましたが、「NARUMI-IPPUDO」は、
その名前からもわかると思うのですが、あの「一風堂」の
河原成美氏のプロデュースによるお店。


テーマは、「フランス×日本」。

フランスの「ブイヨン」をべースにした「コンソメスープ」に
日本の「和だし」を合わせるとどんな味になるのか。

これをテーマに河原氏がプロデュースしたのがこのお店です。



そして、いわゆる「コンソメ」と「和出汁」を融合したメニュー、
さらに、肉類を使わず野菜だけで「コンソメ」を再現したメニュー、
この2種類をいただいてきました。


で、この2つで終わるはずだったのですが・・・。


今回「ラー博」に行ってみると、なんと、「卒業ラーメン」なるものが
期間限定で販売されているではないですか!



限定ものに弱い僕としては、ぜひ、いただきたいということで、
それもいただいてきちゃいました。


そのメニューというのが・・・


「限りなく透明に近いポークコンソメヌードル」

というもの。



ポーク?

コンソメ?


ポークは、もちろん「豚」のことですよね?


でも、「コンソメ」って普通は「牛」から作るものですよね。

それを「豚」を使って作ったということ?


一層興味が沸いてきました。

これは、「NARUMI-IPPUDO」、最後ですし、
ぜひいただいておかなければいけませんよね。


一体、「ポークコンソメ」って、どんな味なでしょう?

ものすごく楽しみです。



ということで、「限りなく透明に近いポークコンソメヌードル」、
いただいてきましたので、感想の方を。




まずは、ビジュアルを。

NARUMI-IPPUDO 新横浜ラーメン博物館 -- 限りなく透明に近いポークコンソメヌードル(期間限定)

なるほど。

「限りなく透明に近い・・・」、そんな感じですね。


これまでの2種類のメニューは、透き通ってはいましたが、
琥珀色した茶色っぽい透明なスープ。

いかにも「コンソメ」って感じのスープでした。


ですが、今回のは、ちょっと違います。


どちらかというと「金色?」っぽい感じです。

これは、「豚」から出汁をとっているせいなんでしょうかね?


でも、透き通っていて美味しそうです。



麺は、中細のストレート麺。

これまでのものと同じもののようですね。



トッピングには、大きな豚バラのチャーシューが横たわっています。

そして、その上部には、ほうれん草、トマトのコンキャッセ(みじん切りのこと)、
小ネギの刻んだもの、レンゲで見えないですが、豚のそぼろ、
こんな感じのものがのっています。



では、スープをいただいてみましょう。



一口・・・。


あっ、コンソメっぽいですね~。

たしかにコンソメの味がします。


ただ、「豚」って感じは否めません。

美味しくないということではなく、「豚」を感じるということです。


明らかに「牛」はそこにはいないんですよね。


でも、「コンソメ」て感じはします。



美味しいです。



とても新鮮ですね。

けっこう、アトを引いちゃう美味しさです。


まあ、肉類を使わずに、野菜だけで、「コンソメ」を再現しちゃうのですから、
「豚」があれば十分なのかもしれないですよね。


でも、逆に、「豚」の個性が出すぎちゃう可能性もありますし、
だとしたら、肉無しの野菜だけの方が近づけやすいような気もするのですが、
この「ポークコンソメ」は、「豚」を感じさせながらも、強調しすぎず、
ちょうど良いバランスで仕上がっています。


素晴らしいですね。



そして、麺。


中細のストレート麺で、他のpメニュー同様にコンソメに合うように
フランス産のフランスパン専用粉を使用したもの。

モッチリしながらもコシのある美味しい麺です。



具のほうれん草、トマトもサッパリしていて良いですね。

もちろん、小ネギも。


あとは、ドカンと横たわったバラ肉のチャーシュー。

やはり、「ポークコンソメ」なわけですから、豚チャーシューですよね。

塩で味付けされていて、程好いやわらかさで美味しいですね。


そして、豚そぼろ。

豚のミンチと玉ネギなどを和えたもの。
これも良いですね。

麺と絡めながら、スープと一緒に口に流し込む。



美味しいです。


「ポークコンソメ」という「豚」から「コンソメ」を作るという
料理の技術的なことなどは関係なく、純粋に美味しい一杯でした。


あっという間の完食です。

この日、2杯目とは思えないスピード完食です。



ということで、「NARUMI-IPPUDO」、まもなく「ラー博」卒業なのですが、
最後に、この限定ラーメンも食べられて良かったです。


おそらく、ここで出されていたメニューは、今後、食べられるかどうか
わかりませんからね。

けっこう企画色が強い店舗でしたし・・・。


ちなみに、この「限りなく透明に近いポークコンソメヌードル」、
2回に期間を分けての限定販売になります。


1回目が、4月23日(木)~30日(木)まで。
2回目が、5月7日(木)~10日(日)まで。


チャンスを逃さないように。



ということで、「NARUMI-IPPUDO」、卒業前に訪問できました。

良かったです。



でですね、卒業前の「NARUMI-IPPUDO」も目的だったのですが、
実は、今回、もう1つ目的がありまして・・・。


それが、2月から新たに出店している「名島亭」を食べること。

これも目的の1つだったんです。



なので、この日3食目になりますが、「名島亭」にも訪問してきました。



ということで、次回は、この「名島亭」のレポをしていきます。

NARUMI-IPPUDO 新横浜ラーメン博物館 -- 限りなく透明に近いポークコンソメヌードル(期間限定)_メニュー

NARUMI-IPPUDO 新横浜ラーメン博物館

新横浜ラーメン博物館

新横浜ラーメン博物館

[データ]
●店名:NARUMI-IPPUDO 新横浜ラーメン博物館
●住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館 B2F
●交通:JR横浜線「新横浜」より徒歩10分
●営業:[月~土]11:00~21:45/[日・祝]10:30~21:45
●定休:無休(年末年始除く)




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■その他 [ フランス/コンソメヌードル(ブイヨン+和だし) ]
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

おはようございます。
綺麗なビジュアルですね~。
フランス+日本 のラーメン、一度食べてみたいわ~。
こういうのって、絶対に女子の反応は強いと思います。
女性の人、多くなかった?
ラーメン博物館がもっと近かったらな~。

応援です~♪
2015-05-01 金 08:19:57 | URL | mari #MByLbG9. [ 編集]

>mariさん
コメントありがとうございます。
女子の反応はいいでしょうね。
店も洒落てるし。
「ラー博」でしか食べれないのが残念です。
2015-05-01 金 23:21:55 | URL | zucky #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック