プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 秋もと@市が尾 / 特製醤油
麺処 秋もと
特製醤油

[訪問日]
2015年5月21日(木)

[評価]★★★★★

麺処 秋もと -- 特製醤油


今月の9日にオープンしたばかりの「麺処 秋もと」。

僕も早速お邪魔してきました。



実をいうと、個人的に、新店というのは、積極的に訪問することは
少ないんですよね。

とはいっても、話題のお店は、つい訪問してしまうのですが・・・。


で、今回の「麺処 秋もと」、そこまで話題にはなっていません。

でも、大型新人なんです。


というのも、こちらの「麺処 秋もと」の店主・秋本博樹氏なんですが、
僕が足繁く通っている国分寺の「ムタヒロ」出身の方なんです。

正確に言うと、2号店の「鶏そば ムタヒロ」の店長、
本店の「中華そば ムタヒロ」の店長を経て独立した方。

さらに。

秋本さんのキャリアは、「ムタヒロ」だけではありません。


「ムタヒロ」の前は、「さっぽろ 純連 恵比寿店」の店長、
「純連 恵比寿店」はオープニングからのスタッフです。

さらに、さらに、「純連」の前は、なんと熊本ラーメンの老舗「桂花」で
修行をされていました。


「桂花」⇒「純連」⇒「ムタヒロ」。

つまり、

「とんこつ」⇒「味噌」⇒「鶏/煮干し」

という、様々なジャンルのラーメンを経験されてきたスペシャリスト、
そういう方なんですね。


「ムタヒロ」時代は、そのキャリアのほとんどを「鶏そば ムタヒロ」に
費やしてきました。


僕も毎月のように、このブログで「ムタヒロ」の限定麺を紹介していますが、
そのほとんどを秋本さんが創作してきました。

その創作アイデア、味のセンスなど申し分のない職人的な
技の持ち主なんです。


特に、「味噌」は、絶品です。


そういう方のお店。

なんで話題にならないかが不思議です・・・。

僕が気づいてないだけかな?




ところで、そんな秋本さんが独立して店を出すという話を聞いたのは、
昨年の暮れのこと。

1月いっぱいでムタヒロを去り、独立するという・・・。


ちょっと淋しい気もしました。


なぜかって、僕がこれまで食べてきた「ムタヒロ」のラーメン、
おそらく200杯は下らないと思うのですが、その半分以上を
秋本さんが作ってきたんです。

そして、その味には心底惚れこんでいたわけです。


そりゃあ淋しくなりますよね。



でも、新しくお店をやるのはわかっていたし、オープンを
楽しみにしていたわけです。



と、まあ、こんな経緯もあって、今回は訪問してきたわけです。




さて、その「麺処 秋もと」。


どこにあるかというと・・・。


東急田園都市線の「市が尾」にあります。


都道府県でいうと、神奈川県横浜市なんで、これまでの国分寺とは
かけ離れた場所にあります。


これまでの常連さんにとっては遠い場所ですね。


もちろん、僕の場合も、「ムタヒロ」のようにはいかないですが、
通うつもりでいるので、そう考えると、ちょっと遠いかな・・・。



でも、沿線、立地的には、駅前、徒歩2分という場所なので最高ですね。



お店は、カウンター6席のみの小さなお店です。

清潔感のある店内は好感が持てますね。


今のところ、秋本さん1人のワンオペ。

忙しそうです。



メニューはというと・・・


ザックリ言うと、醤油ラーメン、塩ラーメン、つけ麺。

この3種類です。


今現在は、「塩」はまだ始まっていません。

「つけ麺」も、つい先日始まったばかり。


で、メニュー名としては、ラーメンは「特製醤油」と「醤油」、
それと始まってないですが「特製塩」と「塩」のみ。

「つけ麺」は、「特製つけ麺」と「つけ麺」の2種類。

麺類は、これだけです。

シンプルでわかりやすいですね。


トッピングには、チャーシュー、味玉、のり、ネギ、メンマがあります。


ご飯ものは、「肉めし、「白めし」。

ドリンク類とおつまみ盛りもありますね。


あと、気になったのは、食券券売機の「限定」というボタン。

おそらく、今後定期的に提供していくんでしょうね。


で、これを毎月食べにくることになるのかな?


と、こんなメニュー構成です。



味のコンセプトは・・・。


ムタヒロ時代に「鰹出汁の清湯をやろうと思ってる」とは聞いていましたが、
そのとおりで、「丸鶏と鰹のスープ」の淡麗系。


もろ僕の好みですね。


以前、ムタヒロで秋本さんが作った限定麺でいただいたことがあるのですが、
「二ヒヒ香味カツオ特製そば」というメニューがあります。

これは、「鰹出汁」のみだったのですが、メチャクチャ美味かった。

これに丸鶏も合わせたものなわけですよね。


きっと美味しいでしょうね・・・。



さて、余談はさておき、実際にいただいてみましょうかね。


今回は、初めてです。

まずは、ラーメンの方からいただいてみましょう。


「塩」はまだ提供開始していないので、今回は「特製醤油」を
いただくことにしました。



ということで、3ヶ月半振りの秋本さんのラーメン。


どんな仕上がりになっているのでしょう。


いただいてきましたので、感想の方を。



では、では。



まずは、ビジュアル。

麺処 秋もと -- 特製醤油

お~!


いつもながらキレイな盛り付け。

ひとつひとつの仕事が丁寧ですよね。


中身こそ違いますが、「ムタヒロライク」なビジュアルですね。

丸い器いっぱいにきれいに盛られた様は、まさにそんな感じ。


レンゲの置く場所、置き方、これすら盛り付けの一部といわんばかりの
キレイな配置。


あいかわらずです。



中身を見てみます。


スープは、醤油ブラウンな清湯淡麗スープ。

表面は、厚めの香味油で覆われていて、熱さが逃げません。


中央に並べられた豚バラチャーシュー3枚と鶏チャーシュー1枚。

キレイに並んでいます。

その右上には、味玉、その下には、2つのワンタンがのっています。


左上には、細めのメンマが盛られていて、そのサイドに大きな海苔が2枚
立てかけられています。


薬味には、万能ネギとレッドオニオンのみじん切り、そして水菜が
もってあります。


麺は、隠れて見えませんが中太の平打ち麺。


もう、見るからに美味そうです。

間違いないですね。



間違いないとは思うのですが、とりあえず、いただいてみます。


まず、スープを一口。


・・・やっぱり、間違いなかったです。


美味いです!


芳醇な香りが鼻をかすめ、スープの美味さが口いっぱいに広がります。


ベースの丸鶏のコク、そしてまろやかさ、そこに覆いかぶさるように加わってくる
鰹出汁の香りと味。


で、なんといっても、この丸鶏と鰹のバランスが絶妙。


両方の良いところを引き出したすばらしい味です。


そして、醤油のキレが抜群。

美味いっす・・・。



表面の香味油は、熱さを逃がしません。

なんの油でしょう?


聞くのを忘れましたが、鶏油・・・だけではないはず。

鶏油を何やらアレンジしたものでしょうね。



もう、一口のスープでノックアウトですね。
レンゲが止まりません・・・。



では、麺をいただいてみましょう。


中太の平打ち縮れ麺。

「鶏そば ムタヒロ」平打ち麺を何となく彷彿とさせますが、それよりも
モッチリしていますね。

平打ちといっても、やや丸みを帯びていて、ピロピロ感はないです。

加水率がやや高めなのかな?


表面は、キラキラしてツルッツル。


スープとの絡みも抜群、一口啜ると、美味しいスープとともに
口の中にツルツルッと滑り込んでくる。

口当たり、食感、のど越し、みんな最高ですね。



そして、具材。


まず、バラのチャーシュー。

表面をこんがりと焼き上げた焼き豚ですね。

表面の焼けて焦げた部分が分離して、スープに溶け込み、
麺を啜ると香ばしいお焦げの部分が一緒に口の中に。


これも美味いです。


そして、鶏チャーシュー。

こちらは、低温調理したもので、しっとりと美味しい。


どちらも、やわらかく美味しいです・・・。

麺と絡めて食べると最高ですね。


メンマは、細身でコリコリとしながらもやわらかく良いですね。

麺との相性が良いので、麺と一緒に食べるのが良いでしょう。



で、次に、ワンタン。


このトッピングは意外でしたね。

まさかワンタンがくるとは想像していなかったので・・・。


でも、食べてみると、これが美味しい。

中の餡が生姜を練りこんであってすごくサッパリしてるんですよね。

皮の部分もツルツル、ピロピロで良いですね~。


このワンタン、1つの味変にもなるので、最初から食べるのは、
お勧めしないですね。


途中まで食べた後に、このワンタンを食べると、生姜風味が広がり、
ちょっとした味変になるので良いと思います。

最初から食べちゃうと、生姜の味に負けて、本来のスープや
他の具材の美味しさがぼやけちゃうので。



そして、味玉。


8割がた茹で上げた味玉は、味がしみていて美味しいです。

半熟ジェル状も良いですが、このくらいの茹で具合も良いものです。

あとは、好みですね。



海苔は、スープにしみこませて、麺と絡めて食べる。

もちろん、グッド!



で、薬味のれっどオニオン、ネギ、水菜。


こいつらが良い仕事をしてくれます。

香味油で覆われたスープ。


暑さを逃がさない反面、オイリーに感じる人もいるかもしれません。

そこで、この薬味たち。


サッパリと中和してくれます。


オニオンの食感も良いですよね。



いやぁ~、美味かった~!

夢中で啜りまくって、あっという間の完飲完食でした。



やはり間違いなかった。


秋本さんのラーメンは美味い!



本当のこというと、今回は、「つけ麺」も連食するつもりでいました。


でも、あきらめました・・・。


なぜかというと、けっこう待ってるお客さんがいらしたんで。


大行列とまではいかないまでも、常に4~5人は並んでいる状態。

仕方ないので、次回に持ち越しにしました。



冒頭にも書きましたが、「麺処 秋もと」、そんなに話題になっていません。


でも、大型新人です。

それは、間違いありません。


話題になっていなくても、味は嘘をつかないですから。



それに、丁寧な接客。


ラーメン職人としては、ベテランの秋本さん。

ムタヒロでも、その力は、すぐに発揮して、ムタヒロファンとしてだけでなく
秋本さんのラーメンファンを多く増やしていたわけです。

それでも、ムタヒロで学んだのであろう1つのことがあります。


それが、「笑顔」という最高の接客術。

「ムタヒロイズム」ですね。


彼は、それを忘れずに、しっかりと自分のお店にも活かしていました。



きっと盛り上がってくると思います。



その証拠に、徐々に認知されてきているのか、常に満席状態、
外待ちの出てくるようになっています。


楽しみなお店ですね。


僕も、自宅や職場からは離れていますが、がんばって訪問します。


まずは、デフォメニュー制覇。

あとは、そらく登場するである限定メニューの制覇。


パーフェクトを狙っていきたいと思います。


とりあえずは、近々、「つけ麺」を食べにお邪魔します。



また、楽しみが増えました。

麺処 秋もと_暖簾

麺処 秋もと

[データ]
●店名:麺処 秋もと
●住所:神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1157-1 東急ドエル市ヶ尾アネックスビル 1F
●交通:東急田園都市線「市が尾」より徒歩2分
●営業:[火~日]12:00~15:00・18:00~22:00(スープがなくなり次第終了)
●定休:月曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント

特性醤油味に満足したみたいですね。=^・^=
ワンタンが入っているなんてお得感ありますよね。
嬉しいですよね。
2015-05-22 金 10:39:13 | URL | b&m #- [ 編集]

本当においしそう!
しかも、具がいっぱい!
文章を読んでると、マジで、よだれがでてきちゃいました(笑

応援です~♪
2015-05-22 金 14:14:30 | URL | mari #MByLbG9. [ 編集]

>B&Mさん
コメントありがとうございます。
ワンタンはうれしいですね。
生姜風味で美味しかったです。
2015-05-23 土 00:17:54 | URL | zucky #- [ 編集]

>mariさん
コメントありがとうございます。
よだれでちゃいましたか?(笑)
ぜひ食べに行ってみてください。
ちょっと遠いですが、味は間違いないですよ。
2015-05-23 土 00:19:36 | URL | zucky #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック