プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
ラーメン 龍の家 新宿小滝橋通り店@新宿 / とんこつ 純味
ラーメン 龍の家 新宿小滝橋通り店
とんこつ 純味

[訪問日]
2015年6月1日(月)

[評価]★★★☆☆

ラーメン 龍の家 新宿小滝橋通り店 -- とんこつ 純味


「ラーメン 龍の家」。

最近では、日清からカップ麺も出ているので一気に一般の人にも
名前が広がったんじゃないでしょうか?


もとは、福岡県久留米市を本店に、熊本、大分、福岡に
博多とんこつラーメンの店舗を展開しているのが「ラーメン 龍の家」。

そのほとんどが九州地区で、しかも半分が熊本県内、
しかも、発祥は久留米市、でも、博多ラーメンという
変わった店舗展開をしています。


店主の方が久留米出身、それでいて、発祥が久留米なので、
「久留米ラーメン」と間違える人が多いですが、そうではなく、
列記とした「博多ラーメン」のお店です。



創業は、1999年。


創業当初は、1店舗のみの運営に特化していたようなのですが、
2002年に2号店をオープンすると、その後は、多店舗展開に移行、
現在では、9店舗となっています。

また、「龍の家 らーめん息吹」というセカンドブランドとして、
モールなどのテナントを中心に5店舗ほど展開しています。

こちらは、テナント用の「セカンドブランド」にしているだけで、
提供しているラーメンはほぼ同じもの。

このセカンドブランドも、全て九州地区です。



店主は、梶原龍太氏。

屋号の由来は、梶原氏の名前のようですね。


この方、「博多 一風堂」出身。


「博多 一風堂」出身で独立されている方は、けっこういらっしゃします。

ただ、梶原氏の場合、他の出身の方とはちょっと違ってまして、
それについては、また後で触れますが、一応「一風堂」出身ということです。


はい。

先ほど、「久留米ラーメン」ではなく「博多ラーメン」という、
その理由は、この「一風堂」出身ということでも明らかで、
単に「龍の家」の本店が久留米にあるだけなんです。

「龍の家」の基本となっているのは、「一風堂」であって、
「博多ラーメン」なんです。

百聞は一軒に如かず、食べてみればすぐにわかることなんですけどね。




さて、先ほども言いましが、「龍の家」が展開しているのは、
九州地区が中心になっています。

全9店舗中8店舗までが九州です。


ただ、その中で1店舗のみ、九州以外に展開している店舗があります。


それが、今回、僕が訪問した「新宿小滝橋通り店」というわけです。



「新宿小滝橋通り店」は、2009年のオープン。

なので、割と若いお店ではあります。


僕も、名前は知っていたのですが、訪問するのは初めてです。


お店の目の前を通ること、数知れず。

いつも素通りしていました。


当然、「一風堂」出身ということも知っていたので、
食べに行っても良かったのですが、なぜか立寄らなかったんですよね。


で、今回、カップ麺が発売になったのがきっかけで、なんとなくですが、
訪問してみる気になって初訪にいたったというわけです。



で、場所なんですが、新宿の小滝橋通り沿いにあります。


アクセスとしては、「西武新宿」も「新宿」も、いろいろと使えるので
便利な場所に位置しています。

ですが、周りには、競合店が犇めいていて、かなりの激戦区です。


でも、オープンしてまもなく丸6年ですから、すごいですね。

中々やります。



メニューはというと・・・。


基本は、2種類のみ。

当然のことながら「博多とんこつラーメン」です。


で、この2種類というのが、「とんこつ こく味」、「とんこつ 純味」。



・・・なんか、どこかのメニューに似てますよね。


「とんこつ こく味」、「とんこつ 純味」。

「赤丸新味」、「白丸元味」。


そう。

「一風堂」のメニューに似てるんです。


「コク味」は「赤丸新味」と同じく、マー油、辛味入り。

「純味」は「白丸元味」と同じく、いわゆるベーシックなとんこつ。


似てますね。

っていうか、言い方を変えてるだけのコピーといってもおかしくない。

さすが、「一風堂」出身。


で、この2つのトッピングバリエーションと焼き飯、餃子などの
一品料理もあります。


麺に関しては、「ハリガネ/バリカタ/カタ/ふつう/やわ/ばりやわ」の
6種類の茹で方から選べます。


ただ、この「麺のかたさ」なんですが、券売機に目立たないように
書かれているだけで、すごくわかりにくかったです。



それと、この2種類のラーメンの他に1つ限定のメニューもありました。


これが、「新宿小滝橋通り店」にしかないメニューのようでして、
「つけ麺 もつ」というものです。

これ、けっこう推しているようでした。



ただ、今回は初訪だったので、この3種類の中から僕が選んだのは、
ベーシックな「とんこつ 純味」。

これを「ハリガネ」でお願いしました。


「こく味」の方が、おそらく好みだとは思ったのですが、まずは基本ということで。



さて、ということで、九州以外では、ここ新宿でしか食べられない
「龍の家」のとんこつラーメン。


先ほども言いましたが、ちょっと「一風堂」を彷彿とさせるメニュー。

味は一体どうなんでしょうね。



いただいてきましたので、感想の方を。



ではでは。





まずは、ビジュアル。



真っ赤などんぶりに「龍の家」の銀ロゴ。

目立つ器ですね。


白濁としたスープは、とてもマイルドそうな印象。

油分も少なめですね。


麺は、極細ストレート・・・と思いきや、そこまでは細くない細麺。
博多ラーメンならではって感じですが、やや太目の麺ですね。



具材には、たっぷりのキクラゲと刻みネギ。


そして、パッと見、「絶対美味いだろ!」って感じの
味のしみこんでいそうな豚バラチャーシュー。



ものすごくシンプルです。




では、いただいてみましょう。



まずは、スープを一口。


ん~、ミルキーですね~。

マイルド!


とんこつの臭みはほとんど感じられない。

とても飲みやすいスープです。


印象としては、やはり、かなり「一風堂」を彷彿とさせますね。


普通に美味しいと思います。


豚の頭骨を20時間以上煮込んでとったスープ。

それでも、下処理がしっかりしているため臭みはなく、これなら老若男女、
受け入れられる「とんこつラーメン」ですね。



そして、麺。


普通の博多ラーメンよりは、やや太めに感じる麺ではありますが、
加水率少なめの細麺ストレートは、パッツンパッツンでいいですね。

そして、歯にまとわりつくような感触。


「ハリガネ」で頼んだので、その食感は、僕の好みの通り。



キクラゲはコリコリ、ネギはサッパリ、博多ラーメンって感じです。



そして、チャーシュー。

見た感じ美味そうだったチャーシュー。


実際に食べてみると・・・。



あ~やっぱり美味い!

味がしみて、トロットロです。


このチャーシューは、標準レベルを超えてますね。

ヤバイです!

これなら、チャーシュー増しにしてもOKですね。


麺と絡めて食べると最高です。



美味しく完食しました。



さて、美味しく完食はしたものの、かなり普通だったのも
否めないのが正直なところ。

普通というか、やはり「一風堂」に似すぎって感じですね。


で、これが、味だけではなく、接客とか、そういうところも似てたりする。

元気で明るい。

悪いことではないですよね。
っていうか良いことなんですけどね。




ところで、冒頭で、こちらの店主の方が「一風堂」出身だけど、
ちょっと他の出身者とは違うようなことを書きました。



それが、どういうことかというと・・・・。


実は、こちらの店主の方、「一風堂」出身とはいっても、
3ヶ月関、働いただけなんですよね。

いわば、修行というより、研修。


なので、「一風堂」で腕を磨いたというよりは、
ノウハウのみを習得したという感じ。


だから、「龍の家」が「一風堂」に似ているのは、
修行で得たものをお店に反映させているというよりは、
どちらかというと「形から入って真似している」感じが
強いんですよね。

これを悪いといってるわけでは、決してありません。


「龍の家」の店主の梶原氏は、心底、「一風堂」の
河原成美氏をリスペクトしているようですし、尊敬している店を
真似て悪いことなんかありませんからね。


ただ、本当のことを言えば、しっかりと修行をした上で、
上辺だけではなく、本質から真似てもらえたらもっと良かったのにとは、
正直思います。


真似ではなく、本当の「龍の家」よいうものを食べてみたかった。


わずか3ヶ月の研修のような修行でここまでできたのだから、
きっと本物を食べさせてくれたのではないかと思うので・・・


だって、実際に、人気店としてここまでお店を広げて
繁盛させているのですからすごいですよ。


きっともっと美味しいラーメンを食べさせてくれてたはずです。



っていうか、ほとんど修行なしで、ここまでこれたということは、
これがオリジナルといってもイイのかな?



とりあえず、お客さんにとっては、これが「龍の家」の味で、
美味しく食べてるわけですからOKですよね。

それに、いちいち、店主の出自を気にしてなんかいないでしょうし、
そんなのお客には関係ないですから。




ただね、個人的には・・・。


やはり、他にも「一風堂」で修行を積んで独立したお店も
たくさんあるわけで、その人たちと同じように「一風堂」出身って
言ってしまうのは、やっぱりね・・・。



でも、美味しかったのは確かです。

だから、良いと思います。


おそらく、今後も未食メニューを食べに行くと思いますし、
特に、「新宿小滝橋通り店」限定の「つけ麺 もつ」は
食べてみたいですしね。


とりあえずは、今度は、「とんこつ こく味」を試してみます。


九州の味も試してみたいですね。

ラーメン 龍の家 新宿小滝橋通り店

[データ]
●店名:ラーメン 龍の家 新宿小滝橋通り店
●住所:東京都新宿区西新宿7-4-5 藤野ビル 1F 
●交通:JR各線「新宿」より徒歩7分/西武新宿線「西武新宿」より徒歩5分
●営業:[月~日]11:00~24:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■豚骨らーめん [ 博多・長浜/豚骨 ]
Trackback:(0) | Comments:(10)
コメント

ラーメン通のzuckyさんの拘りもありますからね。
龍の家が一風堂に似ている・・・。
ま~私にとっては美味しければいいかなって(#^.^#)
2015-06-02 火 11:22:07 | URL | b&m #- [ 編集]

こんにちは。
昨日は、さすがに照明合わせでくたびれてしまい、来れなくてすみませんでした。

一風堂、阿佐ヶ谷にあったんですよね。
いつの間にか、なくなってました。
好きだし、近かったので、よくいってたんだけどな~。
ここ、一風堂で研修されたのですね^^
よくわからないけれど、私は美味しければいいかな~?
でも、zuckyさんは、それなりにこだわりがあるのもわかる、うん!
応援です~♪
2015-06-02 火 14:35:12 | URL | mari #MByLbG9. [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-06-02 火 18:32:23 | | # [ 編集]

>B&Mさん
コメントありがとうございます。
たしかに美味しければいいですよね。
というか、それに尽きるのかも。
2015-06-02 火 22:25:48 | URL | zucky #- [ 編集]

>mariさん
コメントありがとうございます。
一風堂、阿佐ヶ谷にもあったんですね。
知りませんでした。
やっぱり、最終的には、食べる人が気に入ればいいわけで、出身とか関係ないですよね。
2015-06-02 火 22:27:23 | URL | zucky #- [ 編集]
> 了解しました。
2015-06-02 火 22:30:55 | URL | ZUCKY #- [ 編集]

おはようございます。
応援です~♪
2015-06-03 水 09:11:05 | URL | mari #MByLbG9. [ 編集]

応援=^・^=
2015-06-03 水 14:17:22 | URL | b&m #- [ 編集]

>mariさん
今日もありがとうございます!
2015-06-03 水 21:55:36 | URL | ZUCKY #- [ 編集]

>B&Mさん
いつもどうもありがとうございます!!
2015-06-03 水 21:56:22 | URL | ZUCKY #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック