プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 さとう 桜新町店@桜新町 / 豊魚鶏だし醤油ラーメン
麺処 さとう 桜新町店
豊魚鶏だし醤油ラーメン

[訪問日]
2015年6月12日(金)

[評価]★★★★☆

麺処 さとう 桜新町店 -- 豊魚鶏だし醤油ラーメン


今年の3月にオープンしたばかりの「麺処 さとう 桜新町店」。

こちらにお邪魔してきました。


「桜新町店」というからには、別店舗もあるわけです。

そう、この「桜新町店」は2号店で、本店は、本蓮沼にあるんです。


本店行かずに、いきなり2号店?

ってなわけですが、理由がありまして・・・。



とりあえず、それはさておき。



実は、こちらの店主の佐藤隆介氏。

あの有名な「麺処 ほん田」の出身なんですね。


ということは、「こうじグループ」?


・・・ではなさそうですね。

そういう情報は見つかりません。


単に「ほん田」で修行をしていたということだけみたいです。



さて、「麺処 さとう」、本店は本蓮沼にあるといいましたが、
本店の方が、オープンしたのは、2012年の12月。

わずか2年強での2号店の出店。


お若いのにすばらしいですね。



で、こちらの「さとう」。

桜新町という街にオープンしたわけですが、
立地は最高です。


「桜新町」の駅から、歩いてわずか1分程度。

桜新町のメインストリート沿いにあります。


ちょうど有名な「サザエさん通り」に入る手前に
店舗を構えています。

最高の立地です。


もともとはお蕎麦屋さんだったんでしょうか?

そこの居抜きで入っているのか、V字型のカウンターと
テーブル席もあり、全部で17席のゆったりとした空間です。

カウンターは、厨房とは対面式ではないので、
お店の人とコミュニケーションがとりづらいのは難ですね。


さて、肝心のメニューなのですが、基本メニューは4種類です。


まず、「あっさり系」と「こってり系」に分かれます。

両方とも「動物魚介」なのです。


なのですが、「あっさり系」は、鶏と魚介、
「こってり系」は豚骨と魚介というように分かれています。

で、「あっさり系」は、「醤油」と「塩」のラーメンで、
「豊魚鶏だし醤油ラーメン」、「豊魚鶏だし塩ラーメン」という
ちょっと変わったネーミングのメニュー。


そして、「こってり系」は、「濃厚魚介豚骨ラーメン」、
それと、「濃厚魚介豚骨つけ麺」ですね。

いわゆる「豚骨魚介醤油」で、「ラーメン」だけでなく
「つけ麺」があります。


この「あっさり系」と「こってり系」のそれぞれに
「特製」と「味玉」のせのバリエーションがあり、
チャーシュー盛り、メンマ、のり等のお好みトッピングも
揃っています。


もちろん、ライスもあり、チャーシュー丼、たまごかけご飯、
デザートなどもあります。


あとは、期間限定のラーメンですね。


というようなラインナップになってます。



で、実は、僕は、本蓮沼にある本店は未訪なんです。

本店をとばして2号店に来てしまったわけですが、
とりあえず、「ほん田」出身ということで、
そのDNAを感じられるラーメンが食べたいなあと・・・

そう思って、今回は、「あっさり系」をチョイス。


「塩」か「醤油」か迷ったのですが、左上の法則にのっとり、
「醤油」をいただいてみることにしました。



ということで、初めての「麺処 さとう」。

「豊魚鶏だし醤油ラーメン」、いただいてきましたので、
早速、感想の方を。



では。



まずは、ビジュアル。

麺処 さとう 桜新町店 -- 豊魚鶏だし醤油ラーメン

キレイな丼顔です。


まず目に飛び込むのは、キレイな澄んだ琥珀色のスープ。

まさにあっさり淡麗系です。


そこに、どっしりと構えるのは、割と大きめなチャーシュー。

低温調理のピンク色した肩ロースのレアチャーシューです。


その脇には、メンマ、水菜の茎部分、大きめな海苔が
立てかけられています。

中央には、どっさりと白髪ネギが盛ってあり、
その上に糸唐辛子がパラパラと。


スープの表面には、揚げネギのような茶色いものも浮いてます。



いやあ~、美味しそうです。



では、いただいてみましょう。



まずは、スープを一口。


じんわりと鶏の旨味が伝わってきますね。

それを追いかけるように魚介の豊かな風味が
広がっていきます。


まさに「あっさり淡麗」!

そして、まさに「豊魚鶏だし」って感じです。


美味しいです。


スープは、鶏と魚介からとったもので、タレには、
2種類の醤油を使用、その醤油に、ホタテ、煮干し、
しいたけなどの出汁を合わせたもののようです。


そして、このスープ、美味しいのは、もう一つあります。

表面を覆った香味油。

これがけっこう良い味出してました。


これが、玉ねぎ、にんにく、生姜、りんごなどを揚げて
香り付けした香味油のようで、すごく香ばしく美味しい。

やはり、あの茶色いものは揚げネギのようで、その香味油に
混ざっていたもののようですね。

この香味油が、スープをさらに美味しく引き立ててくれてます。


後を引くスープです。



さて、麺。


麺は、ストレートの細麺を使用。

ハリ、コシがあって美味しいですね。


食感もさることながらツルリとした喉ごしも良いです。


どうやら、本店は自家製麺のようなのですが、
こちらは、自家製麺ではないようですね。

いずれ自家製麺にしたいようなのですが、
もう少しかかるようです。


でも、美味しい麺だったと思います。



そして、具材。


チャーシュー、美味しいですね~。

レアチャーシュー、流行ですが、流行り廃り関係なく
実に美味しくできていました。

柔らかくて最高です。


メンマはシャクシャクと良い食べ応え・・・美味しい。


海苔も麺に絡めると良い感じですね。


で、珍しいのが、水菜の茎。

なんで茎だけなんでしょうね。


でも、シャキシャキとして、僕は好きでしたね。

まあ、葉っぱも欲しかったですが(笑)。


あと、嬉しいのが、たっぷりの白髪ネギ。

これは、サッパリとして良かった。

ネギの辛みも加わり薬味としては最高でしたね。



名前の通り、ほんとうにあっさりしていて食やすい。

しかも、鶏だしと魚介の奥深いコク、香味油の香ばしさ、
とても美味しかったと思います。


当然のことながら、汁完、あっという間の完食でした。



でですね、写真は撮らなかったのですが、
実は、チャーシュー盛りと味玉と白髪ネギ。

これを別皿でサービスしていただいちゃいました。


なんでかっていうと、今回、本店じゃなく
桜新町店に訪問した理由でもあるのですが・・・。

こちらのお店には、僕が日ごろからハードリピートしている
国分寺の「ムタヒロ」出身の方がいらっしゃるんです。


まあ、その人を訪ねて訪問にしたのですが、
「ムタヒロ」時代から懇意にしていただいていて、
初訪問にもかかわらずサービスしてくれたんです。

ありがとうございます。


遠慮なくいただいたのですが、チャーシュー、絶品でしたね。

メニューにも謳っていたのですが、3種類、部位、
味付けの異なるチャーシューを用意しているとのことでしたが、
まさにそれでした。

特製とかチャーシュー盛りには、ついてくるんでしょう。

レアチャーシューとはまた違い、炙ってあり、
味付けもさらにしっかりしていて香ばしく美味しかったです。

味玉は、半熟トロリの黄身で最高。


美味しかったです。

ありがとうございました。



ということで、初めての「麺処 さとう」、
とても美味しかったと思います。


知り合いもいることですし、時間を見つけては
チョクチョクお邪魔したいですね。


やっぱり、味ももちろんのこと、お店って、
「人」が大事ですからね。


「ムタヒロ」もそうだし、先日からすでに数回訪問している
「麺処 秋もと」もそうですし、「人」に会いに行くってのも
ありますからね。


そう、だから厨房とは対面式であってほしかったんです。

そこがちょっと惜しいですね。


でも、こちらにも、お邪魔することになるでしょう。



まあ、その前に、一度、本蓮沼の本店にも
行ってみたいですね。

麺処 さとう 桜新町店

●店名:麺処 さとう 桜新町店
●住所:東京都世田谷区桜新町1-13-9
●交通:田園都市線線「桜新町」より徒歩1分
●営業:[月~日]11:00~15:00・18:00~23:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック