プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
函館塩ラーメン 五稜郭@八幡山 / ラーメン + たまご(味付)
函館塩ラーメン 五稜郭
ラーメン + たまご(味付)

[訪問日]
2015年6月15日(月)

[評価]★★★★☆

函館塩ラーメン 五稜郭 -- ラーメン + たまご(味付)


「北海道ラーメン」といえば、「札幌」、「旭川」、
「函館」というのが思い浮かびます。

そして、「北海道」という極寒の土地柄、
熱々のこってり系が多いです。

そんな中、北海道でもやや温暖な気候のせいか
あっさりし系が主流のご当地ラーメンがあります。


それが、有名な「函館ラーメン」。

しかも、味は、「塩」。


その「函館塩ラーメン」に特化した塩ラーメン専門店、
それが、今回お邪魔した「函館塩ラーメン 五稜郭」です。


こちらの店主、函館出身の方のようで、幼少のころから
「函館塩ラーメン」に慣れ親しんできたようです。

そのオールドスタイルの懐かしい「函館塩ラーメン」を
多くの人に食べてもらいたく、オープンしたとのこと。



オープンは、2013年の3月。

すでに2年強が経ちます。


もちろん存在は知っていました。

ただ、初訪問。


一応、宿題店にはしていたのですが、中々足が向かずに
未訪のままだったんです。



で、今回ようやく訪問したのですが、それには理由があります。


なんと、6月28日で移転しまうというのです。



現在、「五稜郭」は、京王線の「八幡山」にあります。

しかも、駅徒歩1分という最高の立地。


にもかかわらず、移転してしまうというのです。


移転先はどこかというと、「荻窪」。

まだ、これ以外は未定のよう。


まあ、移転とはいっても、同じ都内なので、
いくらでも訪問はできます。

ですが、せっかくですから、創業した店舗で
一度は食べておきたいじゃないですか?


なので、あわてて訪問してきたというわけです。

ギリギリセーフという感じですね。




さてさて、この「五稜郭」。


先ほども言いましたが、「函館塩ラーメン」の専門店。

その扱っているメニューは、本当に潔いです。


麺類は「ラーメン」のみ。

塩ラーメンとも書いてありません。


なぜかというと、函館では、「ラーメン=塩」だから。


この「ラーメン」にメンマ増し、チャーシュー増し、
玉子付というトッピングだけ。

とてもわかりやすいです。


これにご飯ものとして「いかめし」というのがあります。


後は、ビール。

これも北海道限定のクラシック缶。

さらに、「ガラナ」という北海道では定番の
炭酸飲料も置いています。


とにかく、麺類に関しては、「ラーメン」のみ。



なので、注文するのは、必然的に「ラーメン」、
ということになるわけです。


季節限定で「冷やし」もありましたけどね。



でも、もちろん注文したのは、「ラーメン」。

玉子付でお願いしました。



ということで、移転前の「五稜郭」、いただいてきましたので、
早速、感想のほうを。




では、まず、ビジュアルから。

函館塩ラーメン 五稜郭 -- ラーメン + たまご(味付)

オールドスタイルの「函館塩ラーメン」。

まさにそんな感じです。


底まで透けて見えそうな澄んだ黄金色のスープ。


トッピングには、豚のモモ肉のチャーシューが2枚。

やや太目のメンマとお麩。


薬味の刻みネギ。


玉子付にしたので、キレイな白い玉子も。


お麩というのは、珍しいかなと思いがちですが、
昔ながらの「函館塩ラーメン」では定番の
トッピングみたいなんですよね。


とにかくシンプルで、スッキリ感満載のラーメンです。

ここまでスッキリ感があるのはなんでかな・・・

そんなことを思ったんですけど、気づいたのですが、
油分がほとんどないんですよね。

だから、よりスッキリしたように見えるんです。


こいつは美味そうです。



では、早速いただいてみましょう。



まずは、スープを一口。



・・・美味い。


なんてやさしい味なんでしょう。

塩分も程よく、美味しい。


油分がほとんどないので、すごくスッキリしている。


動物系、とんこつでしょうね、それをベースに、
昆布等の乾物からとった出汁は、バランスが取れていて
美味しいです。


使っている塩はわかりませんが、塩ダレにはホタテの貝柱が
たっぷりと使われているようですね。


ゆっくりと煮立てた澄んだとんこつスープに
乾物系の出汁、ホタテの旨味を詰め込んだ塩ダレ。


とても美味しいスープですね。



麺は、ストレートの中細麺。

ツルツルとした口当たりは最高ですね。


この麺なのですが、「出口製麺」という製麺所の
麺を使っているそうです。


この「出口製麺」。

函館のラーメン店のほとんどがここの麺を
使っているという「函館ラーメン文化」と共に
歩んできた老舗製麺所。


「五稜郭」では、麺にも「函館」の味を求めて
その「出口製麺」から空輸して使っているようです。


北海道小麦を100%した小麦の風味を活かした
美味しい麺です。



そして、トッピング。

シャクシャクとした食感のメンマ。

やわらかく煮込まれた薄味ながら味のしみた
豚のモモ肉チャーシュー。

このチャーシューが美味い!


で、函館では当たり前だというお麩。

何の飾り気もないお麩ですが、出汁の効いた
美味しい塩スープをたっぷり吸って美味しいトッピングに。

麺と絡めると美味しいです。


玉子は、塩味で半熟とろ~り黄身の美味しい玉子。


ネギは、サッパリ度を増してくれ、薬味として最高。



サッパリ、あっさりと、あっという間に完食完飲です。


とても美味しかったです。



いまだに本場の「函館塩ラーメン」というのは未食です。

でも、この「五稜郭」の塩ラーメンをいただいて、
なんとなく想像がつきました。

こんな感じのやさしい味なんでしょうね。


ただ、やっぱり本場に行って食べてみたいですけどね。


いつか実現させたいですが、それまでは、
「函館塩ラーメン」を食べたくなったら、「五稜郭」、
ここにきて食べることにします。


とりあえず、移転前にお邪魔出来て良かったです。


この次に訪問するときは、荻窪に移転してからですね。

そのときを楽しみにしています。

函館塩ラーメン 五稜郭

●店名:函館塩ラーメン 五稜郭
●住所:東京都杉並区上高井戸1-1-7
●交通:京王線「八幡山」より徒歩1分
●営業:[月・水~金]12:00~15:00頃・18:00~21:00頃/[土・日・祝]12:00~19:00頃
●定休:火曜(祝日の場合は営業)




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 北海道/豚骨+魚介(函館らーめん) ]
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

プチご無沙汰しました。

これはビジュアルもいいし、とってもおいしそう!
透き通ったスープがなんともいえないね。
移転は荻窪なの?!
やったーーー!!!
移転してきたら、絶対に行く!(^◇^)

応援です~♪
2015-06-17 水 14:35:50 | URL | mari #MByLbG9. [ 編集]

>mariさん
コメントありがとうございます。
忙しそうですね~。
このお店、荻窪に移転してきたら、ぜひ、行ってみて下さい。
美味しいですよ!
2015-06-17 水 17:52:59 | URL | zucky #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック