プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
ソラノイロ NIPPON 東京ラーメンストリート@東京 / ベジソバ(ビーガン)
ソラノイロ NIPPON 東京ラーメンストリート
ベジソバ(ビーガン)

[訪問日]
2015年7月17日(金)

[評価]★★★★☆

ソラノイロ NIPPON -- ベジソバ(ビーガン)


もはや全国区、説明する必要もないくらい有名になってしまった
宮崎千尋氏率いる麹町の名店「ソラノイロ」。


「一風堂」、「五行」などで修行を重ねた宮崎氏が、2011年6月、
麹町に本店をオープンさせ、「ベジソバ」というニュージャンルで
一躍有名になったのは、ついこの間のことです。


そして、その2年後に同じ麹町に2号店にあたる「salt & Mushroom」をオープン。


さらに2年後の今年6月に3号店をオープンしました。



で、今回お邪魔してきた「ソラノイロ NIPPON」こそ、その3号店なわけです。

しかも、東京一番街の東京ラーメンストリート内への出店です。



先月、一部店舗の入れ替えがあった「東京ラーメンストリート」。

こんな感じで。

東京ラーメンストリート

ちょうど、「麺や 七彩」の跡地への出店なわけですが、
ちょっとビックリですよね。


3号店をオープンするという噂は聞いていましたが、まさか「ラースト」に
オープンするとは思っていませんでした。


しかも、「ソラノイロ NIPPON」ですからね。

すごいネーミングです。




で、今回オープンした「ソラノイロ NIPPON」。

なんというか、宮崎氏の野望が見え隠れしますよね。



なぜかって・・・



日本の陸の玄関口「東京」。


そこにある「東京ラーメンストリート」。

その中に「NIPPON」という屋号で出店。


これは、明らかに、ターゲットは日本人だけではないですよね。

世界が視野に入っているのがわかります。


この屋号だけでなく、メニューなどを見ても、
その間口を世界へ広げているのが伺える今回の出店です。




そんな「ソラノイロ NIPPON」。


今回は、どういうコンセプトなのか。


「ソラノイロ」といえば、本店、1号店を通してみても、ベースにあるのは
「ベジタブル」、野菜ですよね。

この基本コンセプトは、崩さないでしょう。


では、その基本コンセプトを崩さずに、どう違ったコンセプトを
打ち出してくるのか。



実は、それが、先ほど言った「世界を視野に」ということでしょう。

だから、日本の陸の玄関口の東京駅に「NIPPON」という
名前を引っさげてのオープンなわけです。



では、メニューにはどう反映されているのか。


メニューを見てみましょう。


まずは、1番の看板である「ベジソバ」。

ただし、この「ベジソバ」、ビーガンです。

つまり、「ベジタリアン」用ということですね。

詳しくは、後ほど。


それと、玄米麺を使った「玄米麺ベジソバ」。


そして、2枚看板として「江戸式中華そば」。

これは、いわゆる、鶏、豚、魚介を使った、東京ラーメン。


これの「味玉」、「ゆず」、「辛」といったトッピング違いでの
バリエーションを揃えています。


また、「ビーガン担々麺」、「沖縄式角煮塩ラーメン」といった
変り種も・・・。

「季節の限定ラーメン」というのもありました。


あとは、麺を玄米麺に変更できたり、各種トッピングや、
ご飯もの、ドリンク類などですね。



さて、ここで、お気づきになったかどうか。


今回の2枚看板の「ベジソバ(ビーガン)」と「江戸式中華そば」。


この2つこそが、「NIPPON」という屋号、東京駅、世界視野、
これらを物語ってますよね。



まず「ビーガン」。



最近では、「新横浜ラーメン博物館」でも「ベジタリアン」の外国人や
宗教上、肉を食べられない外国の方向けに、「野菜のみ」で作った
ラーメンを、出店店舗各店が提供しています。


なぜかというと、「ラー博」自体が、海外からの観光客の
観光スポットになっているから。


それと同じことですよね。


もともと「ベジソバ」という新しいジャンルを切り開いた「ソラノイロ」。

このお店こそが、「ビーガン」をやるべきお店でもあるわけです。


その「ソラノイロ」が「東京ラーメンストリート」に出店し、
「ビーガン」をやるわけですから。

誰がターゲットかわかりますよね。


加えて、2枚看板として、あえて「江戸」とネーミングした「中華そば」も
提供いていくという・・・。



これは流行るような気がします・・・。




さて、そんな「ソラノイロ NIPPON」。


先ほども言いましたが、いろいろとメニューはあります。



ですが、やはりお目当ては1つです。


「ソラノイロ」の1番の看板である「ベジソバ」、これを「ビーガン」にしたら・・・。


やはり、これは食べてみたいですよね。



なので、まずは、ビーガンのベジソバを迷わずチョイス。

他のメニューは、いずれゆっくりといただくとして、やはり「ベジソバ」です。




ということで、「ベジソバ(ビーガン」をいただいてきました。


もともとが野菜をコンセプトにした「ベジソバ」、これをさらに
「ビーガン」にするとどうなるのか。




ではでは、感想の方を。




まずは、ビジュアルから。

ソラノイロ NIPPON -- ベジソバ(ビーガン)

まぁるいオレンジ系のカラーの器に盛られて登場。

丼のう縁には「ソラノイロ NIPPON」のロゴが・・・。


スープは、元祖「ベジソバ」よろしくオレンジ色に染まってますね。

でも、見ただけではわからないですが、香りが全く違います。
それはとりあえず置いておいて・・・


そのスープの底にかすかに見えるのは、やはりオレンジ色した麺。

これは、元祖「ベジソバ」と同じかな?


その上には、温キャベツ、人参の千切り、スッキーニ、トマト、
薄切りの蓮根を揚げたものなど、数種類の野菜が盛られています。

その上には、丸く豆乳ソースがかけられています。
日の丸NIPPONを表現してるようです。

そして、バジル和えした麦ものっていて、丼の縁には赤い柚子胡椒が
添えられています。


スープの表面には、スライスしたフライドガーリックもありますね。


まず、見た目から「動物系」は全くありません。

まさに「ビーガン」、野菜のみですね。


とても美味しそうです。




では、いただいてみましょう。



まずは、スープを。



かなりあっさりしてます。


ベジブロス、つまり野菜の出汁をベースに人参のグラッセのピュレを混ぜ込んだスープ。

野菜は、どんなのを使ってるんでしょう?


たまねぎ、ねぎ、大根、にんじん、なす、いろんなのが入ってるんでしょうね。


動物系のコクなどはないですが、まろやかな甘味と旨みが広がります。


実は、ここが元祖「ベジソバ」との大きな違いなんですよね。

本店で出している元祖「ベジソバ」は、ベースになっているスープは、
熊本産の「天草大王」という地鶏を胴から足の先、尻尾の先まで使い、
その他、豚ゲンコツ、いわし、昆布、鯖節などの魚介もブレンドしたもの。


つまり「ベジブロス」ではなく、「動物魚介」なんです。


ですから、見た目はカラフルなんですけども、提供されたときの香りは、
動物魚介系の中華そばの香りがするのが元祖「ベジソバ」。


でも「ビーガン」は、それがない。


味も香りも「ベジタブル」。

それだけあっさり感も違います。


やや、物足りなさは感じるものの美味しいです。



タレには、ポリチーニ、しいたけ、昆布にフランス産のゲランド塩を
使っているようです。


ほのかな塩味が心地良いですよね。


香味油には、米油でにんにくを揚げた油。

スライスしたガーリックは、その香味油を作ったときのものですね。


ほんのりガーリックも香り、いい感じですね。




そして、麺。


これは、おそらく元祖「ベジソバ」と同じだと思います。


パプリカを練りこんだ中太平打ちのストレート麺。

加水率35%と、割と普通の加水率ですが、モチモチとして
独特の美味しい麺です。

最初見たときは、オレンジ色で「ギョッ」としましたけどね。




で、具材。



これが、野菜だけですからね。


普通の人にとっては味気ないといえば味気ない。


でも、美味しいですよ。


蓮根は、素揚げじゃないですね。

何かつけて揚げてると思うのですが、ちょっとわかりません。
でも、やや甘味も感じサクサクと美味しいです。

ズッキーニもサクサクでしたね。


トマトも、酸味が加わりグッド。


人参、キャベツは、さらに甘味を加えてくれてシャキシャキと美味しい。


フライドガーリックも香ばしくて良いです。


押し麦のバジル和えも中々、そこまでの味変は感じませんでしたが
良い感じです。

赤い柚子胡椒、これは、バッチリ味変効果ですね。


ピリッと、そして柚子のさわやかさが味を引き締めます。




いやぁ~、美味しかったです。


全て野菜だけとは、信じられないですね。

とても美味しかったです。


ここまでできるんだ~って感じです。



これなら、ベジタリアンターゲットのみならず、女性にはピッタリ。


すでに、「ソラノイロ」といえば、女性には人気のラーメン店なわけですが、
さらに女性ファンが増えそうですね。



で、僕はというと・・・


とても美味しいですし、大好きなのですが、本店の「ベジソバ」、
あっちの方が好きですね。

やはり、ベジと動物、両方感じたいです。


気分や体調によって変えるのも良いかもしれないですけどね。



とりあえずは、とても美味しかったです。

ソラノイロ NIPPON

ソラノイロ NIPPON

東京ラーメンストリート

[データ]
●店名:ソラノイロ NIPPON 東京ラーメンストリート
●住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F 東京ラーメンストリート
●交通:JR・地下鉄各線「東京」より徒歩1分
●営業:[月~日]10:30~23:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■ベジソバ [ 東京/べジブロス(塩) ]
Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント

こんばんは。

ラーメンストリート、ここ、行ってみたいんだよね。
全てが野菜だけなのにそんなに美味しいんだ!
体にもめっちゃ、よさげですね!

2015-07-17 金 20:32:25 | URL | mari #MByLbG9. [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック