プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
らーめん 熊祥@西国分寺 / らーめん
らーめん 熊祥
らーめん

[訪問日]
2015年10月25日(日)

[評価]★★★☆☆

らーめん 熊祥 -- らーめん


西国分寺にある、ちょっと洒落たラーメン店「らーめん 熊祥」。

「くましょう」ではなく、「くまよし」と読みます。


国分寺界隈のラーメン店の中でも、中々の高評価の人気店です。


場所は、西国分寺から歩いて8分程度。

府中街道から国分寺の駅方面に向かう交差点を曲がって
すぐのところにあります。


白を基調にした和モダンで瀟洒な建物で、外壁に「らーめん 熊祥」と
大きく書かれています。

ただ、この壁の屋号は、現在、自動販売機が2機も置いてあって
見えなくなってますが・・・

その代わりに、自販機に屋号が書かれているのですが、
ちょっとカッコ悪いですよね。

せっかくのお洒落な外観が台無しって感じがしなくもないですが・・・。


まっ、それはひとまず置いておいて・・・。


ちょっとラーメン店っぽくないお洒落な雰囲気のお店ではあります。



店内は、まっすぐに伸びたカウンター9席と奥に4人掛けのテーブル席も
1卓用意されています。

そして、これもお洒落なお店の理由のひとつなのですが、こちらのお店、
オープンテラス席があるんです。


元々は、ガレージだったのをオープンテラス席に改築したのだと思いますが、
木製のラティスで仕切られ、4人掛けのテーブル席が2卓あるんです。


中々洒落てます。



メニューはというと・・・。


これがまた、かなりバリエーションに富んだ内容になってます。

淡麗醤油、豚骨醤油、とんこつ、油そば、つけめん・・・

まず、ジャンル的に種類がいろいろとあります。


メニュー名をジャンル別に細かく見てみますと・・・

「らーめん」⇒あっさり醤油
「かなでらーめん」⇒あっさり醤油(カニ出汁)
「みやびらーめん」⇒醤油豚骨
「とんこつ」⇒豚骨
「つけめん」⇒豚骨 or 醤油
「あぶらそば」⇒汁なし
「こがね家」⇒醤油豚骨(家系)
「くましお」⇒塩
「火つけ」⇒辛いつけめん

と、まあ、こんな感じです。


しかも、メニューによって麺を使い分けてるんです。

細麺、太麺、平打ち麺。


こだわりがありますね。


ただ、良く言えばバリエーションが豊富と言えますが、
悪く言えば、統一性がなく、何が看板なのかわからない。


でも、ひとつ良いところがあります。


コスパがものすごく良いんです。

「つけめん」、「こがね家」、「くましお」、「火つけ」、
この4つ以外は、全て600円という安さ。

以前までは、550円でした・・・。


これは、最高ですね。

カニ出汁の「かなでらーめん」とか原価高そうですけどね。


すばらしいです。



そして、もちろん、トッピング類も充実しています。

「チャーシュー」、「炙り角煮」、「ネギ」、「味玉」、
「めんま」、「レタス」、「バリ辛高菜」など。


おつまみ、サイドメニューとしては、「餃子」、「角煮」、
「チャーシュー」、「サラダ広之(サラダのことだと思います(笑)」、
ご飯ものとしては、「くまめし」というのがあります。

あとは、ドリンク類ですね。


麺類だけでなく、トータルでバリエーション豊かで充実してますね。



これだけ、多いと目移りしてしまうし、何が看板なのかわからないので、
なおさら基本メニューをチョイスしたくなっちゃいますよね。


なので、僕が選んだのは、もちろん「らーめん」。


まずは、ここからですよね。



ということで、西国分寺の人気店「らーめん 熊祥」。

いただいてきましたので、感想の方を。



初訪です。


ではでは。




まずは、ビジュアルから。

らーめん 熊祥 -- らーめん

けっこう濃い口っぽい感じの淡麗清湯醤油スープ。

表面は割りと厚めの油で覆われてますね。

らーめん 熊祥 -- らーめん_1_アップ

麺は、細麺のストレートを使っています。


具材には、大き目のロースチャーシュー、メンマ、ほうれん草、
そして、「八王子ラーメン」よろしく、たっぷりの刻み玉ネギが
盛ってあります。

丼サイドには海苔も。


けっこうあっさりしていそうで美味しそうです。

僕の好みのタイプですね。



では、いただいてみましょう。


まず、スープから一口。



けっこう、見た目が濃い口醤油っぽいスープだったのですが、
そんなことはありません。

すごくあっさりとしていて、なおかつ旨味がたっぷりの芳醇なスープ。

ほんのりと甘みも感じ、すごくやさしい味わいのスープです。


美味しいです。


スープのベースは、豚骨のようですね。

それに魚介を合わせているのかな?


魚介といっても、煮干し、節系よりも、むしろ、貝系を感じます。

この甘みが貝の甘みなんでしょうね。

ホタテ、アサリ、ハマグリなどから出汁をとっているようです。



麺はというと・・・


ストレートの細麺。


ツルツルとしたのど越し、サックリとした歯ざわりが良いですね。

けっこうスルスルと啜ってしまいます。


中々、美味しいですね。



そして、トッピング類。


割と多めに盛られたメンマは、しっかりと煮込まれていて、
味もしみていて、なおかつ、シャクシャクとした食感とやわらかさが良いです。

ほうれん草は、麺と絡めて食べると最高ですね。



で、チャーシュー。


コイツは美味かったですね。


ジューシーで肉の旨みが詰まったロースチャーシュー。

箸で摘まむだけで崩れるほどの柔らかさ。

味付けもよく、美味しいチャーシューでした。



あとは、海苔に刻み玉ネギ。


海苔は、まあ、普通に美味しいです。


で、刻み玉ネギですね。

これが、良いアクセントになっていて最高に美味しい。

玉ネギというと「辛味」を感じることが多いですが、むしろ甘く、
シャキシャキとした食感もとても良かったですね。


「八王子ラーメン」っぽく美味しいラーメンです。



あっという間の完飲完食です。

国分寺というと、「ムタヒロ」がメインで、最近ですと、
西国分寺にも「ムタヒロ6号店」がオープンしたので、
そちらも通い詰めていたのですが、また1つ良い店を見つけました。

っていうか、もっと早くに訪問しておけば良かったです。


そこまで、素晴らしく美味しいというわけでもないのですが、
普通以上に美味しく、しかも、何となく居心地が良いお店なんですよね。


メニューも豊富ですし、何回か通ってみようかなとも思ってます。



ところでなんですが、先ほどから「八王子ラーメン」という言葉が出てますが、
どうやら、この「熊祥」というお店、「八王子ラーメン」と全く関係なくも
なさそうなんですよね。


話は約10年ほど遡りますが、、この「熊祥」、元々は2007年に
西新宿に創業したんです。


で、そのときのお店の「看板メニュー」が「八王子ラーメン」だったんですね。

なぜかというと、店主の方が、「八王子ラーメン」に関わりがあったようなんです。


今でもあるのですが、八王子に「おがわ屋」というお店があります。

このお店の店主の方というのが、元は、青梅線の東中神にあった「みんみんラーメン」
というお店をやっていたらしく、その店主と「熊祥」の店主は知り合いで、
「みんみん」オープンのときに「熊祥」の店主が手伝っていたそうなんです。

ですから、そのときから、「熊祥」の店主は「八王子ラーメン」に
深く関わっていて、経験も積んでいるようなんです。


そんなことから、「熊祥」のオープン時は「八王子ラーメン」が
看板メニューだったというわけですね。


ただ、この西新宿の「熊祥」は2007年の3月にオープンして、
その年の7月には閉店してしまったんです。


で、そのときに、「熊祥」は西国分寺に移転したという噂がありました。


ですが、同時に、「熊祥」側の告知によると、

「西新宿店」は閉店したけど「西国分寺店」は営業中

だという。


で、調べたところ、西新宿の「熊祥」は2007年3月にオープンし7月に閉店、
西国分寺の「熊祥」は2007年の5月にオープンし、現在も営業中。

ということのようです。

移転ではなく、ほぼ同時期に西新宿と西国分寺に2店の「熊祥」が
オープンしてたんですね。


一方で、西国分寺の「熊祥」は、元々「こがね家」という「家系」だったという
話もあります。

それが、2007年くらいに急に「熊祥」という屋号に変わって営業していたというんですね。



これが、どいうことか。

もし、「熊祥」が個人店ではなく資本系のお店だとすれば、西新宿は、
もと喫茶店のようなので、そこを買い取って業態変更し、西国分寺は、「こがね家」という
「家系」のお店を買い取り、そこのコンセプトを変えて新装オープンしたのかもしれません。

でも、「こがね家」時代も「熊祥」に変わってからも西国分寺の方は店主の方が
同じらしいんですよね。


そう考えると、西国分寺の「熊祥」の店主の個人店とも考えられるし・・・。

もしかしたら、「こがね家」の店主が「熊祥」に店名を変え、メニューも一新するにあたり、
それに先駆け西新宿にもお店をオープンし、一勝負打って出たのかもしれません。

でも、美味く行かず新宿のみ閉店させ、西国分寺に絞ったとか・・・。


とにかく、よくわかわんのです。


ただ、西国分寺の「熊祥」のメニューも、基本は西新宿の「熊祥」のメニューがベース。

そこに、西国分寺の「熊祥」に「家系」のメニューがあるのは、「こがね家」時代の
メニューを復活させ、「こがね家」というメニューとして「家系」を提供しているから。


その証拠に、2012年に「こがね家復活!」という告知で、新たにメニューに
「こがね家」を加えています。

あとは、これ以外にも新たにメニューを加え、現在のメニュー構成になったのでしょうね。


整理すると・・・

・「熊祥」は、元々は、西新宿と西国分寺にあった。

・それが、西新宿は閉店、西国分寺店だけが残った。

・で、この西国分寺の「熊祥」は、元々は「こがね家」という家系の店で、
 そこが「熊祥」に変わった。

・メニューは、「家系」から「八王子系」に移行。

・しかし、最近、「家系」時代のメニューも「こがね家」として復活させ、
 「家系」と「八王子系」、そしてオリジナルメニューが混在する形になった。

・ただし、このお店が資本系なのか個人店なのかはわからない。


と、こういうことになるのでしょう。


半信半疑で書いてることなので、信憑性はないですが。



まっ、とりあえずは、結果として、いろんなメニューを美味しくいただける
西国分寺の人気店として活躍している、ということだけが事実。


そして、僕らお客としては、その事実のみが大切なことで、
今後も美味しいラーメンを提供していただければオッケーなんですけどね。





ちょっと、余計な話が長くなりました・・・。

気になり始めたら調べないと気がすまない性分なもので・・・。



とにかく、美味しいお店なので、機会を見つけて、他のメニューもいただきに
訪問してみようと思ってます。

らーめん 熊祥

[データ]
●店名:らーめん 熊祥
●住所:東京都国分寺市西元町2-17-11
●交通:JR中央線「西国分寺」より徒歩8分
●営業:[月~日]11:30~22:00
●定休:不定休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/豚骨+魚介+貝 ]
Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント
今日も美味しそうですね。
ラーメン画像に元気を貰っていますよ。
夏場はあまり食べなかったんですが気温が下がってきてからはラーメンが食べたくなり。
最近食べていますよ〜〜体重が心配ですよ〜〜。
2015-10-25 日 17:28:15 | URL | b&m #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック