プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
らぁ麺 やまぐち 辣式@東陽町 / 麻婆まぜそば プチライス付き
らぁ麺 やまぐち 辣式
麻婆まぜそば プチライス付き

[訪問日]
2015年10月26日(月)

[評価]★★★★☆

らぁ麺 やまぐち-辣式 -- 麻婆まぜそば プチライス付き


先日、遅ればせながら訪問してきた「らぁ麺 やまぐち 辣式」。

あの高田馬場、西早稲田の行列店「らぁ麺 やまぐち」の2号店です。


「らぁ麺 やまぐち」といえば、2015年のミシュラン東京の
ビブグルマン部門にも選出され、その認知度は、さらに広がりつつあります。


その「やまぐち」が2号店を出すというので、早く訪問したかったのですが、
間違いなく混んでいるだろうと思い、落ち着くころを見計らって、
先日、ようやく訪問してきたわけです。



今回の2号店「らぁ麺 やまぐち 辣式」・・・。


出店するのに選んだ場所は・・・東西線の「東陽町」。

本店からはやや遠ざかりました。


もっと近い立地であれば良かったんですけどね。


ただ、「高田馬場」から1本、同じ路線だし、駅から徒歩2分程度と
便利な立地なので良いのかな?



店内は、逆L字になったカウンター11席のみ。

黒を基調とした壁、木調のカウンターというシックな雰囲気のお店です。




で、今回の2号店「辣式」のコンセプト・・・


前回の記事でも触れましたが、ズバリ、「辛い麺料理」です。



「辣式」は、「らつしき」と読むのですが、なんとなく想像がつきますよね。

「辣」は「辣油」、「麻辣」の「辣」です。


つまり、「辛いもの」ということですね。


辛いもの好きな山口店主が、ずっと作りたかった辛い麺料理をコンセプトに
オープンしたのが今回の2号店。



ですから、当然メニューは、「辛い麺料理」です。


その「辛い麺料理」のシンボル的なメニューとなっているのが、
「麻婆まぜそば」というメニューです。



これは、今年の3月に高田馬場の「らぁ麺 やまぐち」で出していたものを
ブラッシュアップさせたもの。

このときは、おそらく実験的要素が強かったんでしょうかね。

期間限定という形でのリリースでした。



ですが、今回は、この「麻婆まぜそば」をメインとしたメニューを
本格的に提供していこうということでの出店なわけです。



ということは、2号店にきたら、まずいただくべきは「麻婆まぜそば」、
ということになるのです。



ただ、今回の2号店は、「辛いもの」がメインなのですが、
それと同時に高田馬場では提供していない「塩らぁ麺」も
ラインナップしてるんですね。


屋号に「辣式」と名打ってるわけですから、もちろん、
「辛い麺料理」が中心となるのでしょう。

ですが、「辛いもの」だけだと、当然好みが分かれますから、
そこを配慮してのことなのでしょうか、「塩らぁ麺」を出すことで
バランスをうまくとっていますね。


それに、本店では提供していない「塩らぁ麺」を出すことで、
それぞれのお店の差別化を図ることもできますから、これはこれで面白いです。



で、先日初めて訪問したとき、僕がチョイスしたのは、この「塩らぁ麺」。
 ⇒ 「らぁ麺 やまぐち 辣式 / 塩らぁ麺」の記事


というのも、先ほども触れましたが、「麻婆まぜそば」は、
本店で限定販売していたときに、実はいただいてるんですね。


もちろん、メチャクチャ美味しかったです。


ですが、今回の2号店のオープンにあたり、この「麻婆まぜそば」は、
大体味が想像できました。



ですが、「塩らぁ麺」については、未知の世界だったので、
まず、こちらを食べてみたいと思いチョイスしたわけです。



2枚看板ではあっても、本来のお店のコンセプトからいったら、
「麻婆まぜそば」を咲きにいただくべきだったんですけどね。


でも、2回目に訪問したときでいいかなと思いパスしました。



で、今回、2回目の訪問です。


なので、迷わず、「麻婆まぜそば」をチョイスです。



で、メニューは、この「麻婆まぜそば」と「塩らぁ麺」が
基本メニューなのですが、トッピングバリエーションはあります。


今回は、「麻婆まぜそば」のみを紹介しますが、まずは、デフォルト。

これにプチライスが付いたものがあります。


あとは、「温泉たまご付き」、「パクチー付き」、
この両方プラスチャーシュー付きの「特麻婆まぜそば」があります。


「温玉」のせれば、マイルドで美味しいでしょうけど、
本来の辛い味が楽しめないから、これはパス。

「パクチー」は、あまり得意でないのでパス。


結局、デフォにプチライス付きをチョイスしました。

この手のまぜそばは、ライスは必須ですから、これだけははずしませんでした。



ということで、「らぁ麺 やまぐち 辣式」、2回目の訪問は、
これこそメインである「麻婆まぜそば」をプチライス付きで
いただいてきました。



では、感想の方を。




まずは、ビジュアルです。

らぁ麺 やまぐち-辣式 -- 麻婆まぜそば プチライス付き

見るからに辛そうですね。


基本的に、本店でいただいたときのもをベースにしたビジュアルです。

やや違うところもありますが・・・


ちょっと比べてみましょうか?

これが、今年の3月に本店で限定で提供していたときのもの。

らぁ麺 やまぐち -- 麻婆まぜそば プチご飯付き(数量・期間限定)

チャーシューが違うくらいでしょうかね。


あとは、大体同じようです。

らぁ麺 やまぐち-辣式 -- 麻婆まぜそば プチライス付き_アップ

太麺がどっしりとたっぷりの麻辣とともに底に沈んでいます。


その上には、これまたたっぷりの挽肉を和えた「麻婆餡」が
麺を覆っています。

豆板醤と辣油と・・・


赤いです・・・。



で、薬味に白ネギの笹切りと糸唐辛子、万能ネギがパラパラと。


サイドには、ブロック状のバラチャーシューが6個ほど。

これが、限定のときと違いますね。


限定のときは、まるでロースハムのような薄切りの
ピンクロースチャーシューでした・・・。



そして、全体には、たっぷりと「花椒」が振りかけてあります。



これはやっぱり辛そうです・・・。




では、いただいてみましょう。



まずは、しっかりと混ぜて・・・。


そして、一口、啜ってみる・・・。



すごい・・・

豆板醤と挽肉で和えた麻婆餡が花椒の痺れと辣油の辛さが、
鼻から、口から入ってきて・・・


辛いです!


でも、美味いです!



豆板醤の故郷ともいわれる本場、四川の郫県(ピーシェン)豆板醤、
四川漢源花椒面をたっぷりと使った本格的な四川麻婆。


これは美味いです。


やっぱり、これは病みつきになる美味さですよね。



なるほど、本格的にこの味で店をオープンしたくなるのが
わかるような気がします。



辛いけど、痺れるけど、次々と麺を啜っちゃいます。



で、唯一のトッピングになるブロックチャーシュー。

これが、食べにくそうだなと思っていたのですが、意外にも食べやすい。


やわらかいし、麺ともけっこう絡んでくる。


美味しいですね。



ただ、前のロースハムのようなチャーシューの方が好きですね。

より食べやすいですし、味の絡みも良いです。



でも、ブロックも美味しいですけどね。



で、何だかんだと、あっという間に麺を食べ終えてしまいました。



そして、麺を食べ終えたら、ここからはお約束ですよね。


このプチライスの出番です。

らぁ麺 やまぐち 辣式 -- 麻婆まぜそば プチライス付き_プチライス

これを、残った麻婆餡に投入です。

「台湾まぜそば」の追い飯よろしくぶっこんでしまいます。

らぁ麺 やまぐち 辣式 -- 麻婆まぜそば プチライス付き_追い飯

これを、さらによく混ぜて。


あとは、レンゲで一粒残さず食べきって、キレイに完食です。




美味しかったです。




で、食べて終えて気づいたのですが・・・


なんか麺を啜れてたんですよね。



どういうことかって?


いや、前は、あまりにも辛くて咽ちゃって啜れなかったんですよ。


でも、今回のは啜れてるんですよね。



どうりで、次々と食べれちゃうわけです。


もしかして前のときよりも辛くない?

・・・のかな?



美味しいんですが、もしかしたら、前のほうが辛かったのかも。


そんな気がしてきました。



個人的には、あの咽るような辛さが好きだなぁ・・・。


やっぱり実験段階とはいえ、ブラッシュアップする前の
初期段階のものの方が作りたいものを作っていたのかな?

だから、味も、微妙に違ってるのかも。



そんな気もしました。




あとは、作り手の問題?


スタッフの方には申し訳ないのですが、山口店主本人が
作っているものではないので、本来の味になっていないのかも。


いくら正確なレシピを元にしていても山口店主が作っていないとね~。



これが、2号店とか出しちゃうと嫌なところなんですよね。



まっ、仕方ないですね。



それでも、ある程度のクオリティーは維持してるわけですし、
OKということにしましょう。


実際に美味しかったですし。




ということで、「らぁ麺 やまぐち 辣式」、シンボルメニューである
「麻婆まぜそば」、美味しくいただきました。


またお邪魔してトッピングバリエーションを試してもいいんですけど、
それよりも、新しい「辛い麺料理」を開発して欲しいですね。


まさか、「麻婆まぜそば」で終わりってことはないと思いますので。



それを期待しつつ、それまでは、いろいろとバリエーションを
楽しんでみようと思います。

らぁ麺 やまぐち 辣式

[データ]
●店名:らぁ麺 やまぐち 辣式
●住所:東京都江東区東陽4-6-3 栗林ビル 1F
●交通:東西線「東陽町」より徒歩2分
●営業:[月~水・金~日]11:30~15:00・17:30~21:00
●定休:木曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■汁なし麺 [ 東京/麻婆まぜそば(創作系) ]
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
これ・・・・美味しそう(*^_^*)。
食べたい!!
辛さもいい感じみたいだし(*^_^*)
2015-10-27 火 10:41:19 | URL | b&m #- [ 編集]

>B&Mさん
またまたレスがおそくなりました。
しかもたくさんコメントいただいてるのに・・・。
申し訳ないです。
この「麻婆まぜそば」は美味しいです。
辛くて痺れますが、そこが四川風で美味しいです。
ニュージャンルですね。
2015-10-31 土 08:45:23 | URL | ZUCKY #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック