プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
鶏そば ムタヒロ 2号@国分寺 / カニニ秋の鍋風そば(2015年11月限定)
鶏そば ムタヒロ 2号
カニニ秋の鍋風そば(2015年11月限定)

[訪問日]
2015年11月6日(金)

[評価]★★★★☆

鶏そば ムタヒロ 2号 -- カニニ秋の鍋風そば(2015年11月限定)


さて、前回に引き続き、毎月の「ムタヒロ限定巡り」です。


まずは、一応、「ムタヒロ」について。


国分寺に「中華そば ムタヒロ」、「鶏そば ムタヒロ」、
「まぜまぜ ムタヒロ」のラーメン店3店舗と「串あげ ムタヒロ」という
串揚げ屋を運営しているのが「ムタヒログループ」。

今年は、店主・牟田さんの出身地である大阪にも凱旋出店、
さらには、6号店にあたる「味噌中華そば ムタヒロ」を
西国分寺にオープンするなど、本当に勢いが止まらないんです。


そんな「ムタヒログループ」が毎月月替わりで提供しているのが
各店の限定創作麺。


これを毎月食べ歩くのが、僕の恒例行事となっているのですが、
今月も、その「ムタヒロ限定巡り」の時期がやってまいりまして、
今月の限定解禁の初日から回っているわけです。



で、1軒目に訪問してきたのが、1号店の「中華そば ムタヒロ」。


今月の1号店は、「煮干しと鴨」のコラボレーション。

「和洋折衷」ならぬ「和中折衷」とでも言うのでしょうか?
「和食」と「中華」のコラボといった感じのメニューです。

早速いただいてきたわけですが、確かに「和食」と「中華」のコラボ、
「煮干し」を包み込むような「鴨」の旨味が最高の一杯でした。
 ⇒ 「中華そば ムタヒロ / 煮ぼぼ鴨中華そば」の記事



さて、そして、2軒目です。

今回は、連食です・・・。


2軒目は、ムタヒログループの中でも、一番好きで、
最も通っている2号店の「鶏そば ムタヒロ」です。



今月の2号店の限定麺は・・・。



今回は、贅沢ですよ。

贅沢な素材をたっぷり使った、採算度外視の贅沢ラーメン。


その名も

「カニニ秋の鍋風そば」

です。



なるほど、「蟹」ですね。

「蟹」は贅沢だ・・・。


つまり、「蟹出汁ラーメン」ってわけですね。


実は、今年の3月にも2号店では、限定で「カニラーメン」を
提供しています。


そのときは、味は、味噌味でした。
 ⇒ 「鶏そば ムタヒロ 2号 / ムタヒロ流 味噌にカニラーメン」の記事


これも美味しかったですね~。

ちなみに、先月発売になった「ラーメンWalker2016」で、
「名店が作る限定麺」という企画があります。

「ラーメンWalker」を持ち込んで提示すれば注文できるという
コラボ企画です。

それに「中華そば ムタヒロ」も参加しています。

「ムタヒロ」は、来年の5月から3ヶ月に渡って3種類の限定麺を
提供していく予定なのですが、その第二弾として、
この「ムタヒロ流 味噌にカニラーメン」を再びいただけるんですね。

6月の日曜日だけ、1日20杯という数量限定なので、気をつけないと
食べ逃しちゃいますね。


ちなみに、第一弾は、5月で、「カボチャの担々麺」、第三弾は、7月で、
「海の中華そば」というのが提供されます。

この2つも、実は「鶏そば ムタヒロ」で提供されていた限定麺なんです。

どちらも絶品でしたよ。
 ⇒ 「鶏そば ムタヒロ 2号 / 冬のクリーミーかぼ担々」の記事
 ⇒ 「鶏そば ムタヒロ 2号 / 海の中華そば~いかの香りたっぷり~」の記事


なので、再び食べられるのがうれしくて、今から楽しみなんです。


っと、大分話が反れましたが、今回は、その今年の3月に出していた
「ムタヒロ流 味噌にカニラーメン」に続く「カニラーメン」なわけです。



なのですが・・・



確かに、「蟹」を使ったラーメンなので、「カニラーメン」なのですが、
今回の限定麺のテーマは、実は、もっと別のところにあるんです。


たまたまベースになっているのが、「蟹出汁」というだけであって、
「蟹」もその食材の1つに過ぎない、大きなテーマが・・・。


それが、メニュー名にもある

「秋の鍋」

なんですね。


この「秋の鍋」というのが、メインテーマで、これからの季節には
まさに打ってつけの季節感たっぷりの創作麺なんです。



では、一体、どんな風に「秋の鍋」を表現しているのでしょうか?

いただいてみないと分かりませんね。



ということで、早速いただいてきました。


「ムタヒロ限定巡り」、連食2軒目の「カニニ秋の鍋風そば」。


それでは、感想の方を。




まずは、ビジュアルです。

鶏そば ムタヒロ 2号 -- カニニ秋の鍋風そば(2015年11月限定)

中々のインパクトです。


「渡り蟹」が、おそらく1/2杯はあるでしょう、丼顔の約半分を
占めています。

ファーストインプレションがすごい・・・。



では、細かく見てみます。

鶏そば ムタヒロ 2号 -- カニニ秋の鍋風そば(2015年11月限定)_アップ

スープは、清湯醤油ですね。

けっこう油分が厚そうですね。


麺は、ちょっとしか顔を出していませんが、普段の平打ちではなく、
中細のストレート麺を使用しているようです。


で、具材。

これがポイントですね。


まず、目に入ってくるのが「渡り蟹」。

おそらく1/2杯はありますよね?


そして、その下にはたっぷりの水菜。

で、この水菜に埋もれて見えないのですが、この下には、
たっぷりの白菜が入っています。


そして、丼表面の中央には、表面が炙られた「油揚げ」、
その脇には、なんと「タラの切り身」が盛ってあります。


これ以外には、キノコたちがたっぷりと入っています。

「しめじ」と「エノキ」ですね。


あとは、薬味のネギ。



こんな感じです。



ここまで見てきて、なんとなく「あーあー」って思った人もいるかも。


そう、具材が「鍋」の具材なんですよね。



キノコみたいに秋の旬ものも入れた「鍋料理」なんです。


なるほど、それで「秋の鍋」なんですね。

「カニラーメン」ではあるのですが、テーマは「秋の鍋」ってのが
わかりますよね。



面白いです。

そして、美味しそうです。




では、いただいてみましょう!



まずは、スープから。


レンゲですくって、一口飲もうと思ったのですが・・・。


・・・熱い。

これは、熱くて飲めない。

うっかり口にしてたら火傷をするところでした。


ものすごい熱々です。

この表面の厚めの油分のせいでしょう。


熱さが閉じ込められています。

ラードなんでしょうかね?


明らかに普段の「鶏油」とは違います。


店長のニムさんに聞いてみたら、「カニ油」を使ってるそう。


「カニ油」ってこんなに熱さを閉じ込めちゃうんだ。

それとも「カニ油」のせいではなく、単純に熱々に煮込んで
提供しているのかな?


いずれにせよ、まさに「鍋料理」顔負けの熱さ。

具材とかだけでなく、こういうところでも「鍋」を表現している。


中々凝ってますね~。



味はというと・・・


スープは、しっかりと蟹の出汁が効いています。

ベースには2号店の「鶏スープ」が入っているのでしょう。


鶏のコクと蟹の風味がバランスよく合わさっています。

醤油味というのが、これまた良いですね~。


やや甘みも感じる熱々の蟹と鶏出汁醤油スープ・・・。



美味しいです。


さすがです。



では、麺をいただいてみます。


麺は、中細のストレート麺。

加水は低めなのかな?


けっこう醤油スープを吸って茶色くなっています。


食べてみると、けっこうモチモチ。

そこまで加水は低くなさそうですね。


スープがしみこみ、持ち上げもよく、モチモチ食感。

それでいて、歯切れも良く、喉越しも良い。


美味しい麺です。

熱いけど、フーフーしながらズルズルいっちゃいます。



で、「秋の鍋風」の具材。


これ、麺を除いたら、ホント、「鍋」ですよね。

麺は、まるで〆の「麺」みたい・・・。


「タラの切り身」・・・。

これは、「鍋」には欠かせないですよね~。

ホクホクと美味しいです。


なんか、この「タラの切り身」は、作る日によって、
別の具材に変わるようですね。

「気まぐれの一品」となっています。

僕のときは「タラ」だったんですが、けっこうラッキーです。


そして、たっぷりの白菜。

これも欠かせない「鍋」の具材ですよね。


これも熱々でホクホク。

半生でシャッキリしたものも美味しい。


キノコは、今の季節は旬。

「しめじ」は香りも良いし、プニプニとした食感も良い。

エノキは、歯に挟まるけど、これまた欠かせません。


どちらも美味しいです。


「油揚げ」がちょっと意外でしたが、けっこう合いますね。

本当は、「焼き豆腐」と行きたいところですが、そこは、食べやすいように
ラーメンに合わせてアレンジしたのかな?

これも美味しいです。


そして、メインの「渡り蟹」。


実は、あまり食べれるところはありませんでした。

食べにくいというのもありますが、ちょっとだけほじって食べましたが、
むしろ、これは「追い鰹」ならぬ「追い蟹」ってなもんで、
「蟹出汁」の役割なんでしょうかね?


それでも、十分。

美味しくいただけました。


水菜、ネギといった薬味もサッパリ最高。

ネギは、今回は、薬味というよりは、「鍋」の具材かな?

しっかり醤油がしみて美味しかったです。


で、今回の「カニラーメン」には、普段と同じように、薬味がついてきます。

「柚子胡椒」か「おろし生姜」のどちらかを選べるのですが、
僕は毎回「柚子胡椒」なんです。

なので、今回も「柚子胡椒」。

鶏そば ムタヒロ 2号 -- カニニ秋の鍋風そば(2015年11月限定)_薬味柚子胡椒

この「柚子胡椒」を2/3ほど食べたところで投入。

柚子の香りと胡椒のピリ辛が効いて最高の味変ですね。



今回も、連食で、次があるのでスープは控えようと思ってたのですが、
また大部分を飲んでしまいました・・・。


熱さに負けず、ズルズルとあっという間の完飲です。



とても美味しかったです。


これも、ぜひリピートしたいですね。


今度は、生たまごをトッピングしたいかな・・・。



ということで、美味しくいただきました。




さて、これで、「ムタヒロ限定巡り」、2軒終了です。


残るは、3号店の「まぜまぜ ムタヒロ」のみ。


ここのところ、スマッシュヒットが多い3号店。

実は、今回の限定もけっこう期待大なんです。


僕が期待していてやまなかった味付けのまぜそばなんです。


たぶん、というか、間違いなく美味しいと思います。


楽しみ~。


っていうか、美味しかったんですけどね(笑)。




ということで、この日3軒目になる「ムタヒロ限定巡り」。

今回は、同日3軒連食、3号店が最後です。


早速、レポしたいところなのですが、またまた長くなってしまったので、
3号店のレポも次回ということにします。



では、また次回。

鶏そば ムタヒロ 2号 -- カニニ秋の鍋風そば(2015年11月限定)_メニュー
しかし、このメニューの写真・・・

鶏そば ムタヒロ 2号

[データ]
●店名:鶏そば ムタヒロ 2号
●住所:東京都国分寺市本町2-3-6 タリホービル 1F右
●交通:JR中央線「国分寺」より徒歩3分
●営業:[月・火/木~土]11:30~15:00・18:00~23:00/[日・祝]11:30~21:00(スープ・麺終わり次第終了)
●定休:水曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■蟹らーめん [ 東京/醤油(鶏+蟹) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック