プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
らーめん まる玉 両国本店@両国 / まる玉らーめん
らーめん まる玉 両国本店
まる玉らーめん

[訪問日]
2015年11月10日(火)

[評価]★★★★☆

らーめん まる玉 両国本店 -- まる玉らーめん


鶏白湯のお店として有名な両国の「らーめん まる玉」。


「鶏白湯のパイオニア」とも言われている人気店です。



「鶏白湯」というと、今ではいろんなお店でも提供していますし、
専門店もたくさんありますから知らない人は少ないと思います。


ですが、この「鶏白湯」が流行りだしたのは、ここ10年くらいのこと。


もともとの発祥がどこなのかといわれると難しいのですが、
京都・一乗寺の「天天有」とか「天下一品」もその部類に入るのかも、
ここらへんがけっこう歴史ありますよね。


ただ、流行りだしたのはごく最近のことで、それまでは、
そこまでメジャーではなかったジャンルですでね。


それが、2005年くらいから静かなブームになってきたというわけです。



で、そのブームの先駆けとなったのが、この「らーめん まる玉」なんです。




この「らーめん まる玉」がオープンしたのは、2001年。

埼玉県の川口市にわずか6坪のお店を夫婦2人で開店したのが最初。


世界で通用するラーメンを作りたいという思いから、
世界中で食べられている「鶏」と「塩」に着目し作り出したのが、
「まる玉」の「鶏白湯」の原点になっているようです。


その思いが通じたのか、今では、アジア圏を中心に
海外店舗14店舗を展開するまでの大きなお店に成長しています。


国内展開もしていますが、面白いことに海外の方が多いという・・・。


ちょっと変わった店舗展開をしている「まる玉」ですが、
その人気が途絶えることはありません。


あの「神の舌を持つ男」として知られるラーメン評論家・石神秀幸氏が
最もプッシュするくらいのラーメン店ですからね。



先ほども触れましたが、発祥は、埼玉県の川口市。

その「川口西口店」を本店としていたのですが、2002年には「両国店」をオープン、
2008年には「川口西口店」を閉店し、本店機能を「両国」に移行しました。


なので、現在は、「らーめん まる玉 両国本店」となっているわけです。




さて、そんな「らーめん まる玉 両国本店」。



場所は、両国駅から歩いて5分程度。

京葉道路沿いにあります。


近くにパーキングも多いので、車でもいいかもしれません。



目印は、○の中に「玉」という字が書かれたオレンジ色のロゴマーク。

このマークが、ちょっと朽ちた感じの板張りの建物に掲げられ、
けっこうインパクトのある店構えです。



店内は、L字型カウンター10席と4人掛けテーブル席が1卓。


割りとこじんまりとした店内です。



で、メニューなんですが、これがとてもシンプル。


基本的には、「まる玉らーめん」という塩味の鶏白湯のみ。

これに、各種トッピングをのせたものがラインナップされています。


「角煮入り」、「チャーシュー入り」、「あおさ入り」、「青ネギ入り」、
「味玉子入り」、「生からし入り」というラインナップです。

で、これ以外に追加トッピングとして、「角煮」、「チャーシュー」、
「青ネギ」、「あおさ」、「味玉子」、「レモン」というのがあり、
これらを組み合わせるて、いろんなバリエーションを作ることができます。


「レモン」ていうのが面白いですよね。



ザッとメニューはこんな感じです。




さて、ということで、実際にいただいてみようと思うのですが、
実は、今回、「まる玉」自体、訪問するのが初めてなんです。


長い宿題店になってしまいました・・・。


なので、いろいろと魅力的なトッピング類があるのですが、
ここは、やはりチョイスすべきは、基本となるメニュー、
ってことになるでしょうね。


そんなわけで、「鶏白湯の先駆け」、「まる玉らーめん」を
いただいてきました。



「神の舌を持つ男」の石神秀幸氏も絶賛するというラーメン。


一体どんな味がするのでしょう。


楽しみですね。




では、早速、感想の方を。




まずは、ビジュアルからです。

らーめん まる玉 両国本店 -- まる玉らーめん

割りと小振りの器で登場。

パッと見、ものすごくシンプル・・・
っていうか、普通のラーメンのビジュアルとは違います。


まず、黄色い・・・。

そして、グリーンが占める割合が多い。


黄色と緑色のコントラスト。

そこに孤島のようにチャーシューが浮かんでる感じ。


普通のラーメンとは違う印象ですよね。



で、よく見ると・・・。

らーめん まる玉 両国本店 -- まる玉らーめん_アップ

グリーンのものは、半分は、たっぷりの万能ネギ。

そして、半分は、あおさのり。


黄色い部分は、当然のことながらスープ。


そのスープにやや縮れた細麺がしなやかに盛られています。


で、チャーシューは、バラのロール。



シンプルだけど、特徴的なビジュアルのラーメンです。




では、いただいてみます。



まずは、スープです。



鶏のみをボロボロになるまで強火で煮込まれたスープは、
鶏の旨味、コクを併せ持つ濃厚なスープ。

ほんのりと感じる塩加減は、強すぎず弱すぎず、絶妙なバランス。


キレもあって美味しいですね。


さすがパイオニアという感じです。



麺は、低加水の細麺。


ザクザクとした食感が良いですね。



そして、万能ネギとあおさのりが、上手い具合に麺とスープに絡み、
濃厚でキレのあるスープと絶妙なハーモニーを奏でてくれます。


あおさのりは、磯臭いということはなく、サッパリと、そして、
良い意味でねっとりと絡んできます。


独特の美味しさがありますね。


万能ネギのシャキシャキ感も良いです。

濃厚なスープの良い口直しになります。



チャーシューは、バラのロール。


しっかりとした塩味がついていて、やわらかいのだけれど、
肉厚感も感じられる美味しいチャーシューです。

個人的にもう少しやわらかくても良いかなとも思いましたが・・・。


でも、美味しいですね。



全体的に、濃厚なコクがあるのですが、あっさりもしていて、
飲んでいて飽きがこない。

最後まで飲みきれる「鶏白湯」スープ。


また、細麺というのが良いんですよね。



豚骨ラーメンの鶏バージョンって感じがしますし・・・。



いやいや、美味しいと思います。


あっという間の完食です。


麺量も多くないので、替え玉してもいいかなと思ったくらい。




基本的には、「まる玉らーめん」をベースにしたトッピング違いでの
メニューの構成になっているので、いろんなバリエーションが楽しめそうです。


なので、今度は、何かトッピングを加えて試してみたいですね。



個人的に「レモン」が気になるのですが。


両国本店でもかまわないのですが、新橋にも最近支店ができてますし、
今度はそちらにお邪魔してもいいかもしれないですね。


とにかく、いろいろと試してみたいです。

らーめん まる玉 両国本店

[データ]
●店名:らーめん まる玉 両国本店
●住所:東京都墨田区両国2-11-1
●交通:JR総武線「両国」より徒歩5分/都営大江戸線「両国」より徒歩10分
●営業:[月~日]11:30~14:00・17:30~21:00(売り切れ次第終了)
●定休:不定休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 東京/鶏(白湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

シンプルで美味しそうですね。
味で勝負って感じ。
緑はたっぷりネギだけと思いきやあおさのりも入っているんですね。
シンプルでとっても美味しそう(*^_^*)。
2015-11-11 水 15:18:35 | URL | b&m #- [ 編集]

>B&Mさん
コメントありがとうございます。
あおさのりが意外に合うんですよね。
磯臭くないし、中々美味しかったです。
2015-11-16 月 22:19:38 | URL | ZUCKY #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック