プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
はつね@西荻窪 / タンメン(チャーシュー入)
はつね
タンメン(チャーシュー入)

[訪問日]
2015年12月2日(水)

[評価]★★★★★

はつね -- タンメン(チャーシュー入)


西荻窪では、ダントツの人気を誇る、老舗「はつね」。


創業が1961年、すでに半世紀以上も経っているわけですから
大の老舗ですよね。

現在の店主の方は2代目なのだそうですよ。



この「はつね」、人気のある大行列店であるにもかかわらず、
「ラーメン本」などで見ることはできません。

なぜかというと、取材拒否のお店なんです。


それでも、地元のみならず、遠方からも訪問があるほど、
常に人気のトップの座を守り続けている名店。


僕も、以前からお店のことは知っていとて宿題店にしていたのですが、
中々訪れる機会がなく、というか、腰が重かっただけなんですが、
ようやく訪問してきました。




さて、そんな「はつね」なんですが・・・。

先ほどから出ているように、「西荻窪」の商店街のど真ん中、
駅歩1分という最高の立地にあります。


風貌、佇まい、何もかもが「老舗」の風格を思わせ、
周りの喧騒などいざ知らず、この「はつね」の周りだけが
時間が止まったかのような独特の雰囲気を醸し出しています。


そして、そこには、常に行列。

開店から閉店まで、ほとんど行列が途絶えることはありません。



それが半世紀以上も続いているのですから、すごいですね。



店内は、厨房を目の前に6席のカウンターが並んでいるだけの
驚くほど狭い空間です。


2代目のご主人と、おそらく、その奥様と思しき女性の方の2人での切り盛り。

とにかく、無駄のない手際のいい調理には感心させられます。



メニューは、数種類あるのですが、極めてスタンダードなもの。


「ラーメン」、「ワンタン」、「ワンタンメン」、「タンメン」、
「もやしそば」、「チャーシューメン」、「焼豚ワンタンメン」
の7種類のみ。

あと、「タンメン」、「もやしそば」に関しては、プラス350円で
「チャーシュー入」にもできます。

なので、実質、9種類ですかね。


それでも、とてもわかりやすいメニューです。



そして、この中でも、ほとんどの人が注文するほどの名物があります。


それが、「はつね」自慢の「タンメン」です。


普通の「ラーメン」なども美味しいようなのですが、
「はつね」に来たら、この「タンメン」を一度は食べないことには、
「はつね」に来たことにはならない。


と、まあ、勝手に僕が言っているだけですが、そのくらい
ほとんどの人が注文する看板メニューなわけです。


「タンメン」もいろいろと食べてきましたが、そこまで違いの出る
「タンメン」ってどんなんだろう・・・。


そう思っちゃいますよね。



であれば、注文すべきは、「タンメン」ただひとつ。

もう最初から、ターゲットを決めてのピンポイント訪問です。



で、とりあえず、「タンメン」を注文したのですが、両隣の人が、
揃って「タンメン」の「チャーシュー入」を注文していたんです。


それが、ものすごく美味しそうで、思わず「チャーシュー入」に
変更しちゃいました。



なので、注文したのは、「タンメン」の「チャーシュー入」。


どれだけ美味しいのか・・・。


とても楽しみです。




ということで、初訪問の「はつね」。

看板メニューである「タンメン」の「チャーシュー入」を
いただいてきましたので、感想の方を。





では、まずはビジュアルを。

はつね -- タンメン(チャーシュー入)


たっぷりの野菜が山のように盛られ、中々のボリューム感。


ファーストインパクトが強いでね~。

はつね -- タンメン(チャーシュー入)_アップ

そして、その盛られた、キャベツ、もやし、人参の山に
立てかけるように盛られたロースチャーシュー。

5枚も立てかけられています。

そして、中央に、小さめのものがのっています。

「タンメン」自体には肉は入っていないようです。


「チャーシュー入」にしなかったら、「肉なし」でしたね。

でも、肉がなくてもすごく美味しそう・・・。


麺は、見えにくいですが、中細の縮れタイプ。

けっこうモッチリしていそうです。




それよりもですね~・・・。



正直、ビックリしたんです。

何がって、このスープですよ。


ビックリするほど透明なんです。


これまでにも、いろんな透明なスープの塩ラーメンなど
いただいてきましたが、そんなの比ではありません。


まるで、ただの「お湯」です。


黄金色とかではなく、「無色透明」なんです。


出汁をとったり、タレを混ぜたりしたら、透明でも、
多少は濁ったり、色が付いてしまうのは仕方のないこと。


でも、そのどちらもない。

全くの、純度100%といっていいくらいの透明感。



すごいです・・・。

本当に味がするんだろうかと思ってしまうほどです。



作っているのを観察していたのですが、最初に中華鍋で
野菜を炒めます。

そこにスープを投入し、炒めたものを煮ます。


同時に、麺も茹でて、麺があがったら、麺を入れ、
そこに炒めて似た野菜のスープを入れます。


いたってオーソドックスな作り方。


でも、オーソドックスだからこそ、スープに濁りが出たり、
色が付いたりするはずなんですが・・・。


余計な油分も浮いていません。



不思議です・・・。

これが。「はつね流」の秘伝の調理法なんでしょうかね?




まあ、とりあえず、いただいてみましょう。



薄くも濃くもない絶妙な塩加減、じ~んと染み渡る塩清湯。

おそらくベースは鶏だと思うのですが、そこに野菜の甘味が
絶妙なバランスで溶け込んでくる。


なんて美味しいんでしょう!


というか、なぜ、あの「お湯」みたいなスープに、これだけの
旨味が詰まっているのかが不思議でなりません。


これは、マジックです。



なんか、だまされてる感じ。


それほど、美味い・・・。



化調? 無化調?


このスープは、明らかに化調です。

でも、そんなことは関係ないです。


無化調だから良いという、昨今のラーメン評がナンセンスに思えてくる。


要は、使い方次第ですよね。



とにかく、美味い。




で、この美味しいスープにマッチした野菜トッピング。


炒め、煮ているにもかかわらず、やわらかくしなってしまうのでなく
シャキシャキ感がたっぷりある美味しい野菜。


熟達したご主人ならではの、炒め加減、煮込み加減だからこそなせる業。


そんな感じの味と食感です。



そして、この野菜とスープがあってこそ、さらに引き立つ麺。


この絶妙な塩スープをしっかりと運んでくれる中細縮れ麺。

モッチリした食感とのど越しが最高です。



スープ、トッピング、麺、それぞれのバランスが絶妙です。



そして、忘れてはいけない、わざわざ注文しなおしたチャーシュー。

350円増しは高いかなとも思ったのですが・・・


トッピングして良かったです。


チャーシューのブロックから必要枚数をその都度スライス。

そして、スライスしたチャーシューに包丁で切れ目を入れていく。


これによって、チャーシュー自体の味プラス、スープの味も染みこみ
素晴らしい味わいに。


肉厚感といい、やわらかさといい、申し分ないですね。




そこそこのボリュームだったのですが、あっという間の完食です。



いやあ~、美味かった。


これまで、食べたタンメンの中ではダントツ、右に出るものなし。

っていうか、比べることすら申し訳ない。


そんな感じです。



これは、また食べたい。

何度でも食べたくなる。


中毒性がありますね。



半世紀以上、行列の絶えない店として活躍してきたのがわかります。



普通のラーメンも美味しいようなので、それも試したいですが、
やはり「タンメン」ですね。


この「タンメン」をもう一度、もう二度、何度でも食べたい。


ちょっとハマりました・・・。



今まで宿題店にしていた僕がアホに思えてきます。


再訪必至です。

はつね

[データ]
●店名:はつね
●住所:東京都杉並区西荻南3-11-9
●交通:JR中央線「西荻窪」より徒歩1分
●営業:[月・水~日]11:00~17:00頃/[土]11:00~16:00頃
●定休:日曜・祝日・第1月曜・第3月曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■たんめん [ 東京/塩(鶏) ]
Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-12-03 木 03:57:15 | | # [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-12-04 金 03:25:14 | | # [ 編集]
こんにちは、はつねが大好きで何度も通っているリピーターです。御主人のそばにいるのは奥さんです。お母さんって失礼ですよ。原稿直して下さい。よろしくお願いいたします。
2016-03-30 水 21:25:04 | URL | Mai #- [ 編集]

>Maiさん
コメントありがとうございます。
そうだったんですね。
知らなかったとはいえ失礼なことを書いてしまいました。
後ほど訂正しておきます。
ご指摘ありがとうございました。
2016-03-31 木 07:33:13 | URL | ZUCKY #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック