プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
大塚屋@市ヶ谷 / 辛味噌ラーメン
大塚屋
辛味噌ラーメン

[訪問日]
2015年12月14日(月)

[評価]★★★★☆

大塚屋 -- 辛味噌ラーメン


濃厚豚骨味噌ラーメンの名店として愛されていた「麺処 くるり」。

市ヶ谷の店舗を本店に、高田馬場、お茶の水の3店舗を展開していました。


その「くるり」が今年の8月末日をもって、急遽全店閉店・・・。


なんとも急な、そして、悲しいニュースでした。


「くるり」の濃厚味噌は大好きでした。

残念ながら、お茶の水店のみ未訪門のまま閉店してしまったのですが、
本店、高田馬場店は、何度となく足を運んでいました。


やはり、とても残念でした。



ですが・・・


「安心してください。完全になくなったわけではないですから。」

ってなことで、全店閉店したのも束の間、閉店から4日後には、
本店があった市ヶ谷の店舗のみ、屋号を変え、メニューも変え、
心機一転、リニューアルオープンしたわけです。



それが、今回お邪魔した「大塚屋」です。


高田馬場、お茶の水はなくなったままなので、100%リニューアルではないですが、
市ヶ谷の本店だけでも帰ってきてくれて良かったです。




さて、その「大塚屋」。


ご存知の方も多いと思いますが、「くるり」の創業者の方が、
大塚健二さんという方。


その大塚さんの苗字をとって「大塚屋」。


まさに、心機一転、新たなスタートというわけです。



お店は、黒い木調の店構え、「くるり」のときと同様、看板も何も無し。

頼りにするのは、行列のみ。

店内も逆L字型の7席の狭いカウンター席のみ。


店舗改装など全く無し、まるっきり「くるり」のときのまま、
看板ももともとついてないので、ただ、メニューを変えただけの
リニューアルオープン。


どうりで、閉店4日後にオープンできたわけです。




そして、扱うメニュー。

これも変わりました。


が、全く新しいメニューにしたわけではありません。


これまでのメニューの中から、ある一品にメニューを絞り、
その専門店として再スタートしたのです。


その絞り込んだものこそ、「辛味噌」。

つまり、「辛味噌専門店」として再スタートしたわけです。


同じく濃厚ドロドロ系の味噌。

でも、「辛味噌」のみという・・・



で、その「辛味噌」も、「辛味噌ラーメン」、「辛味噌つけそば」のみ。

あとは、「小ライス」、「味玉」、「麺大盛り」というものだけ。


本当に、トッピングすら削ぎ落とし、シンプルに「一品」に
集中した、本当の「辛味噌専門店」になったようです。


そのときのスタッフ事情によっては、「つけそば」提供はなしの
「辛味噌ラーメン」のみのときもあるようです。


分かりやすくていいですけどね。



ということなので、メニュー選択は、二者択一。

迷う余地は、ほとんどありません。



で、僕はというと、今回は最初ですし、「ラーメン」を
いただくことにしました。



先ほども言いましたが、これまで、「くるり」には何度となく訪問。

でも、実は、「辛味噌系」は、未食のままだったんです。


なので、「辛味噌ラーメン」を食べるのは初めてなんです。

ある意味、新鮮です。



さて、「辛味噌ラーメン専門店」の「大塚屋」として
新しく生まれ変わった「くるり」。


「くるり」時代の「辛味噌」を経験していないので、比較はできないですが、
どれだけ美味しい「辛味噌」をいただけるのか楽しみです。



ということで、その「辛味噌ラーメン」をいただいてきましたので、
早速、感想などを書いて行きたいと思います。



ではでは。



まずは、ビジュアルです。

大塚屋 -- 辛味噌ラーメン

これまでと全く同じく放射線状の凹凸が入った艶消しの黒い器。

そこには、まさしく「辛味噌」という感じのオレンジ色した
ドロドロのスープが・・・。

大塚屋 -- 辛味噌ラーメン_アップ

麺は見えにくいですが、今まで同様の太麺のようですね。


トップには、たっぷりの白髪ネギが盛ってあり、そこにはラー油が
かけられています。

その下には、もやしとニラを炒めたものが盛ってあります。


で、表面上は見えないですが、このもやしの下には、ブロックチャーシューが
5個ほど隠れているんです。


見た目の色からいって、けっこうな辛さが予想できますね。


でも、ゴマペーストのようなものも見られ、ただ辛いだけではなさそう。



美味しそうです。



では、いただいてみましょう。


まずは、ドロドロのスープから。



この粘度、やはり「くるり」のスープって感じですね。

変わりありません。

健在です。


ドロドロなので、飲むというより食べるという感覚のほうが近い。

そんなスープ。


確かに「辛味噌」というだけあって、辛さは感じるのですが、
そこまでの激辛ではありません。

むしろ、非常に食べやすい程度の辛さ。


味噌の感覚というのは、辛さに負けてあまり感じないですが、
ゴマの風味が良く、辛いけれど、マイルドさも感じるくらい。


ベースになっている豚骨のコクがしっかりと下支えしているので、
辛さだけではないんですね。


「くるり」系の「辛味噌」は初めてなのですが、美味しいです。


やはり、さすがです。



麺は、極太といってもいいくらいの太麺。


スープがドロドロなので、これでもかってくらいに絡んできます。

さすがに啜るとはねそうなので、紙エプロンを着けちゃいました。


麺のモチモチ感、もやしなどの適度なシャキシャキ感、
白髪ネギのピリ辛感がそれぞれ絡み合って美味しい。

食べ進むと、下に隠れているブロックチャーシューが顔を出す。


適度にやわらかく肉厚感もあり美味しい。

まあ、個人的には、ブロック状よりも普通のチャーシューが
好きなんですけどね。


でも、このドロドロの辛味噌にしっかりとマッチングして美味しい。


白髪ネギと麺が絡んでくると、ドロドロスープに紛れて、
どっちがどっちだか分からなくなる。

なので、区別もつかないまままぜこぜで口にガツガツと放り込む。


スープの辛さ、ラー油の辛さ、ネギの辛さ、いろんな辛さが
入り混じって美味しいです。


これは、ライスが合いますね。

頼むべきだったかな?



ま、それはいいとして、ガツガツとあっという間の完食です。


スープ完飲・・・とか言う前に、スープがあまりにもドロドロなので、
麺を食べ終えると自然にスープもほぼなくなってるという・・・。



とても美味しかったです。


辛味噌専門ではありますが、「大塚屋」として戻ってきてくれて
良かったです。


やはり、このドロドロ系の味は忘れられないですからね。



今度は、「辛味噌つけそば」も試してみたいですね。



そして、軌道にのったら、高田馬場、お茶の水なのかは分かりませんが、
また数店展開してくれるとうれしいです。


でも、市ヶ谷だけの方が安定していいのかな?



とにかく、大塚屋としての再スタート、良かったです。

大塚屋

[データ]
●店名:大塚屋
●住所:東京都新宿区市谷田町3-2トゥービル 1F
●交通:有楽町線・南北線「市ヶ谷」より徒歩5分/JR中央線・都営新宿線「市ヶ谷」より徒歩10分
●営業:[月~土]11:00~15:30・17:00~21:00
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■辛味噌らーめん [ 東京/豚骨 ]
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

食べるスープに、行列だけを頼りに訪れるお店、、、うーん、そそられます。

風邪が悪化したのでまた病院に行くのですが、食欲だけはあるのが救いです(>_<)
2015-12-16 水 04:42:19 | URL | あんりょ☆ #- [ 編集]

>あんりょ☆さん
コメントありがとうございます。
看板がないのは、不便ですけどね・・・。
風邪、治りましたか?
ラーメン食べて、元気になってくださいね!
2015-12-20 日 16:01:49 | URL | ZUCKY #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック