プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
らーめん 山頭火 渋谷店@渋谷 / しおらーめん
らーめん 山頭火 渋谷店
しおらーめん

[訪問日]
2015年12月20日(日)

[評価]★★★☆☆

らーめん 山頭火 渋谷店 -- しおらーめん


ご存知、旭川ラーメンの有名店「らーめん 山頭火」。

今となっては、「有名店」というより「有名チェーン店」
と言った方が言い当ててるのかな?


ものすごく久しぶり。

偶然、通りかかったので懐かしくて訪問しちゃいました。



「らーめん 山頭火」といえば、かなり思い出深いお店です。


僕が、ちょうどラーメンを食べ歩くようになった頃なんですが、

「恵比寿に旭川の美味いラーメン店が出来たぞ!」

という噂を聞きつけ、行列に並んで食べに行った記憶があります。


そう、今は無き、「らーめん 山頭火 恵比寿店」です。


「らーめん 山頭火」の東京進出第一号店ですね。

東京進出というより、支店第一号が「恵比寿店」だったと思います。


ちょうど、現在の「繋」が入っているテナントに「山頭火」は
ありました。

連日、行列ですごかった・・・。



1988年に北海道の旭川で誕生した「らーめん 山頭火」。

「醤油」と「味噌」しかなかった「旭川ラーメン」に、「塩」という
新風を吹き込み、あっという間に有名店となり、その噂は、
東京までも聞こえてきていました。


当時は、北海道に行かないと食べられない貴重なお店。

それが、1994年に恵比寿に支店がオープン、喜び勇んで訪問したものです。


今でこそ、恵比寿というとラーメン激戦区として有名ですが、
当時は、この「山頭火」、「香月」、「一風堂」、「恵比寿ラーメン」、
このくらいしかなく、今とは顔ぶれが全く違っていました。


唯一残っているのが「一風堂」。


そんな時代だったわけですが、その恵比寿をラーメン激戦区に
押し上げた立役者の一つが、「山頭火」といっても過言ではないです。


そのくらい、「山頭火」の存在は大きかった・・・。


それが、今では、一大企業、大規模展開のFCチェーン店に
なってしまいましたからね・・・。

ちょっと悲しい気がしないでもないのですが・・・。




さて、そんな思い出深いお店「らーめん 山頭火」。



今回は、渋谷店にお邪魔しました。


「らーめん 山頭火 渋谷店」といえば、東京進出第二号店。

「恵比寿店」無き後、「五反田店」とともに、古き良き
「山頭火」のブランドを守ってきたお店です。


おそらく守ってきたと思うのですが・・・(笑)。



場所は、渋谷の明治通り沿い。


白地に黒の筆文字で、逆さから書かれた屋号のロゴが、
よく目立つので、見つけやすいと思います。



店内は、1階と2階に席があり、1階にはカウンター9席、
2階にはカウンター12席があります。



メニューは、いろいろと増えましたね~。

けっこう豊富です。


まず、「山頭火」といえば、代表メニューは「しおらーめん」。


当初は、「しおらーめん」は限定メニューとなっていて、
1日に提供される数が限られていたので、そういう意味でも
とてもハードルの高いメニューでした。


でも、今は、普通のレギュラーメニューとして存在しているようです。


その他に、「しょうゆらーめん」、「みそらーめん」、「辛味噌らーめん」
がラインナップされています。

そして、これらの味のらーめんを「チャーシューめん」にもできますし、
「特選とろ肉らーめん」にもできます。

さらに、全て、「ちびらーめん」、「大盛りらーめん」にもできます。


また、「つけ麺」、「赤辛つけ麺」などもあります。

昔は、こんなのなかったですけどね。
時代ですね。


他にも、「とろみ醤油」なるもの、限定の「担担麺」というのも
ありました。


あとは、、サイドメニューや一品もので、「とろ肉別盛り」、
「ねぎめし」、「ライス」、「香味玉子」、「餃子」、
ドリンク類では、「ビール」がおいてあります。


いろいろと時代を経て変わったんですね。



僕の世代だと、「山頭火」といえば、「しおらーめん」。

それしか思い浮かばないほど、イコールで結ばれてましたから。

実際、旭川の本店の創業当時は、「しおらーめん」しか
メニューになかったようですしね。



さて、ということで、どのくらいかな、10年以上は経つかな?
久々の「山頭火」。


先ほども言いましたが、「山頭火」といえば、「しおらーめん」なわけで、
今回もチョイスしたのは、もちろん「しおらーめん」。


25年前の全盛期に味わった「あの味」。

そのころと変わっていないのか。


それともクオリティーダウンしてしまったのか。


不安ながらも楽しみにいただいてまいりました。



ただ、当時の味、もう忘れてしまってると思いますが・・・(笑)




ということで、「山頭火」の「しおらーめん」、久々にいただいてきましたので、
感想の方を書いていこうと思います。



それでは!





まずは、ビジュアルです。

らーめん 山頭火 渋谷店 -- しおらーめん

懐かしや、この小振りで丸っこいどんぶり。

これ、小さいけど、意外と中身はボリュームあるんですよね。

らーめん 山頭火 渋谷店 -- しおらーめん_アップ

そして、まず目に飛び込んでくるのが、中央の赤いヤツ。

これぞ「山頭火」の「しおらーめん」のトレードマークの「カリカリ梅」。


これがなかったら「山頭火」の「しおらーめん」じゃない!

そのくらいの存在感。


で、スープ。

これも、当時は、旭川ラーメンとしては、掟破りの白湯とんこつ。


博多ラーメンなみの白湯スープ。

パッと見、九州とんこつっぽいですよね。

キクラゲなんかものってるし・・・。


そして、メンマにナルトものってます。


さらに、これも「山頭火」のトレードマークの1つ。

「とろ肉チャーシュー」です。


豚の頬肉を使ってるようなのですが、これも「売り」の1つ。

ただ、今回のは、1枚はしっかりとしたものがのってますが、
あとは、切れ端がのっかっています。

普通は、しっかり2枚のってるんですけどね。

ちょっと残念。


で、その上には、白ゴマ。


あとは、薬味のネギ。



ビジュアル的には変わってないですね~。


美味しそうです。




では、いただいてみます。


まずは、スープ。


ん~、懐かしい!

「山頭火」の「しおらーめん」のスープだ。


一見、白濁としていて、トロミがありそうなですが、
飲んでみると、サラリとした飲み口で、すごく口当たりが良い。


でも、とんこつのコクもしっかりとある。


塩味のバランスも良く、けっこう後を引くスープ。



懐かし美味い!



麺は、中細の縮れ麺。

旭川ラーメンといったら、この麺ですよね。


そして、当然、旭川ラーメン御用達の「加藤ラーメン」の麺。

旭川ラーメンの代名詞みたいなモンですからね。


低加水、歯切れの良い麺ですね。


美味しいです。



そして、具。


メンマ、ナルト、キクラゲは、まあ、コメントする必要もないかな。


それよりも、やはり、チャーシューですよね。

このチャーシュー、やはり、美味しいですね。


「とろ肉」・・・。

とはいっても、トロトロなわけはないのですが、味がしっかりとしみて、
やわらかく美味しいチャーシューです。

「とろ肉」という名前が合っていますね。


本当は、2枚のってるのですが、今回は、1枚と他切れ端2つだったので
ちょっと残念だなと思っていたのですが、意外や意外、この切れ端が、
ものすごく味がしみていて美味しいんです。

味としては、予想外で良かったですね。


でも、見た目も気にする僕としては、やはり残念かな。



あとは、トレードマークの「カリカリ梅」。


これは、サッパリして、「塩とんこつ」の後味をスッキリさせてくれます。

良い口直しですよね。


一個といわず、自由に食べられるように常備してくれてもいいんですけど(笑)。




さて、久々の「山頭火」の「しおらーめん」、美味しく完食しました。


で、昔とどれだけ変わっていたか・・・。


正直わかりません。

あの頃の味を踏襲しているのは間違いないです。


ですが、なんていうんでしょう・・・。

所詮、チェーン店と化してしまった今、レシピをもとに
タレでも作れるラーメンになってしまったことは事実。

創業当時、あるいは、恵比寿に進出してきた当時の
店主の「心のこもった味」とは、おそらく違うんでしょうね。

均一化された味。


ここでしか食べれない味ではなくなってしまったのは残念ですね。

まあ、仕方ないですね。


「山頭火」というブランドをどんどん浪費し、拡大してきた結果です。


もしかしたら、「山頭火」の旭川本店で修行して独立した「風来居」、
こちらの方が、本来の「山頭火」に近いのかも。

作りも、チェーン化した「山頭火」より丁寧だし・・・。

「風来居」の方が、継承したものにせよ、「山頭火」のブランドを
大切にしているような・・・。


そんな気もしました。



ただビジネス的には成功しているし、味が、均一化されたとはいえ、
あの「山頭火」の味を日本はおろか海外でも味わうことができるのだから
これはこれで「良し」とすべきでしょうね。


「山頭火」にしても「一風堂」にしても、すごいと思います。

ただ、「一風堂」の方が、一歩先に行ってるような気もしますが・・・。



今度は、久々に、五反田店にでも行ってみましょうかね。


「らーめん 山頭火 五反田店」。

ここも懐かしいです。

らーめん 山頭火 渋谷店

[データ]
●店名:らーめん 山頭火 渋谷店
●住所:東京都渋谷区渋谷3-13-7
●交通:JR山手線・他各線「渋谷」より徒歩6分
●営業:[月~木・日] 11:00~28:00/[金・土] 11:00~29:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 北海道/豚骨(旭川らーめん) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック