プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
とりそばや 俊@蔵前 / とりそば
とりそばや 俊
とりそば

[訪問日]
2015年12月21日(月)

[評価]★★★★☆

とりそばや 俊 -- とりそば


蔵前に、今年の2月にオープンしたばかりの「とりそばや 俊」。

オープンしたばかりといっても、大分時間は経ってしまってますが・・・。



こちらの「とりそばや 俊」さんには申し訳ないのですが、
本当は、別のお店に訪問しようと思って浅草橋近辺に行っていたのですが、
残念なことに、そのお店が臨時休業。


思わず振られてしまい、「さて、どうしよう」と思っていたときに
見つけたのが、この「とりそばや 俊」。

正直、あまり事前情報を持ってなかったので、かなり偶然。


でも、これも何かの縁と、訪問してみることにしたわけです。

それに訪問した人によれば、けっこう評判も良いようですし・・・。



そんなことで、初めて訪れた「とりそばや 俊」。


1番の最寄は、都営浅草線の「蔵前」。

駅からは、歩いて4分程度という好立地です。


ちょうど蔵前橋通り沿いにあります。



入り口の引き戸も窓もガラス張りという開放感のある店構え。


店内も広々としたスペースで、まっすぐに伸びたカウンター席10席のみ。

厨房もけっこう広いのですが、店主さん一人で切り盛りされているようです。



こちらの店主さん、脱サラをしてラーメン店を志したのでしょうか、
白髪交じりの初老の男性の方。


どちらかのお店で修行していたわけではなく、製麺機メーカーが主催する
ラーメン屋養成の「大和麺学校出身の肩のようです。


すごいですよね。

今どき、ラーメン屋の学校があるんですから。


でも、けっこう、出身者、多いんですよね。


けっこう、門戸が広がってます。




さて、そんな「とりそばや 俊」。


こちらで扱っているメニューなのですが、これがものすごい潔さ。



なんと、「とりそば」のみ。

正確に言うと、「とりそば」と「とりそば」の大盛り、そして、
ドリンクとしてビールだけを置いてます。


すごい潔さですよね。


まさに屋号の通り。

本当に「とりそば」だけなんですから。


にもかかわらず、それが券売機を使って販売しているという・・・。


券売機、余白ばかりです・・・(汗)。

口頭注文のほうが経費がかからなくていいのに・・・。



ということなので、注文するのは、否が応でも「とりそば」、
ということになるのです。


しかも、この「とりそば」、仕込んだ数だけしか提供しないそうで、
大体、1日50食程度だとか。


なので、通し営業で、12時から営業しているのですが、
閉店時間はまちまちのようです。


早いときだと、15時くらいに閉店してしまうこもあるようです。


体力的なこととか、一人営業だからだとか、理由はあるようですが、
なんとなく「こだわり」を感じますよね。



ちょっと期待しちゃいます。



ってなことで、チョイスするのは、「とりそば」の1品しかないので、
例に漏れず、僕も「とりそば」を普通盛りでいただいてきました。



なんとなく美味しそうな予感です。



では、いただいてきましたので、感想の方を。




まずは、ビジュアルからです。

とりそばや 俊 -- とりそば

白いトレーにのせられ、白い器で登場です。



パッと見、シンプルではあるのですが、豪勢です。


豪勢なのにシンプル・・・

矛盾してますが、そういう印象の見た目なんです。

とりそばや 俊 -- とりそば_アップ

まあ、見てもらえばわかると思うのですが、スープは、
薄い色合いの清湯醤油。

透き通ったキレイなスープです。


そこには、ストレートの中細麺が泳ぎ、鶏チャーシューと
薬味の刻みネギとカイワレのみ。


これだけです、


シンプルですよね。


でも、そのシンプルな具材の鶏チャーシューが5切れものってます。

だから、豪勢なんです。


鶏チャーシューはモモ肉でしょう。

5等分に切り分けられ、器の表面いっぱいに敷き詰められてます。


皮は、照り焼きだれを塗りオーブンで焼いたもの思われ、
こんがりと焦げ目がついています。



美味しそうですね。



では、早速いただいてみます。



まずは、スープを一口。



すんごい優しい味。


塩味も程よく、鶏の旨味たっぷりで、じんわりと染み入ってきます。


これは、予想していた通り、美味しいですね。



お店の薀蓄によると・・・


スープは、大山鶏を使用。

最初にガラを炊いて一度目尾スープをとり、そこへ大山鶏の胸挽肉を投入、
旨味を抽出、さらに、野菜も加え、甘味も引き出しているとの事です。


そして、タレには白しょうゆを使用。

そこへ、鶏、帆立、昆布などを加え、スープを引き立てるように
調整しているとの事。



いやいや、やはり、いろんなこだわりを持って作ってますね。


美味しいはずです。



そして、麺は、自家製麺。


歯ごたえが良いツルシコタイプ。

食感も良く、スープとの相性も良くて美味しい麺です。




で、もしかして、これがメイン?

そうも思わせるような鶏のチャーシュー。


これも大山鶏で、照り焼きダレを塗って焼き上げたもののようです。



割と薄口の白しょうゆダレなのですが、この照り焼きの
鶏チャーシューの味が次第にしみてきて、より味に厚みが出てくる感じ。


トッピングとしてだけでなく、全体の味へも一役買っている
美味しい鶏チャーシューです。



で、提供されたときに、店主さんから、

「味の濃い薄いありましたら調整しますので、おっしゃって下さい」、
「途中で柚子胡椒を入れて見て下さい」

というアナウンスがありました。


味の方は、極力いじらないでいただきたかったので、
デフォルトのままにしました。

で、味変の「柚子胡椒」。

こちらは、試してみました。


ピリッとした辛味が加わって、アクセントになって良いですね。


少量ながら、薬味のカイワレ、ネギも、サッパリと良い役目をしてます。




全体的にすごくアッサリとしながらも、鶏の旨味も味わえて
美味しい「とりそば」でした。


あっという間の完食です。



こちらのお店の情報を知らなかったので、失礼ながら、意外な発見。

すごくラッキーな気分です。



今度は、ぜひ、別のメニューも・・・

と、言いたいところなのですが、メニューは「とりそば」のみでした・・・。



「とりそば」のみでも、いろいろとこだわりがあり美味しいのですが、
いかんせんこれでは寂しい。


この一品だけでは、相当な数のリピーターを獲得しなければ、
経営的にも難しいはず。

1日に50食程度では、やっていけないのでは?


余計な心配かもしれないですが、続けるのであれば、
もっと中毒者が出るほどのリピート製のあるメニューにするか、
もう少しメニューを増やすか。

なにかしらテコ入れをしていかないとキツイような気も・・・


美味しいだけに、ぜひ、がんばってほしいですね。

とりそばや 俊

[データ]
●店名:とりそばや 俊
●住所:東京都台東区鳥越2-2-1
●交通:都営浅草線「蔵前」より徒歩4分
●営業:[月・火・木~土]12:00~19:00頃(仕込み量終了まで・約50食)
●定休:水曜・日曜・祝日




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-12-22 火 02:27:01 | | # [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック