プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 懐や -FUTOKOROYA-@鷺沼 / 特製しょうゆらーめん(細麺)
麺処 懐や -FUTOKOROYA-
特製しょうゆらーめん(細麺)

[訪問日]
2016年1月11日(月)

[評価]★★★★★

麺処 懐や -FUTOKOROYA- -- 特製しょうゆらーめん(細麺)


昨年のミュランガイド・ビブグルマンにも掲載された「麺処 懐や」。

常に行列が途絶えない超人気店。


ここ最近、訪問したくて仕方がなかったお店の一つです。



そんな「麺処 懐や」。


創業したのは、2013年2月。

まだ、創業から2年強しか経ってないんですね。


にもかかわらず、ビブグルマン掲載・・・

すばらしいです。


それもそのはず、こちらの店主、あの「神奈川淡麗」の名店である
海老名の「中村屋」で修行されての独立とのこと。


正直、これを聞いただけでも、なんとなく味が想像できて、
涎が出てきちゃいそうですよね。



場所は、東急田園都市線「鷺沼」から歩いて2分程度のところ。

駅近ではありますが、駅前というわけではなく、ちょっと路地に入った
隠れ家的な雰囲気のところにあります。


店内は、カウンター6席のみこじんまりとしたお店。

木目調の落ち着いた店内は、すごく清潔感があり良いですね。



メニューは、基本的には、2種類のみ。

「しょうゆらーめん」と「塩らーめん」の2種類。


これが基本です。


これのバリエーションとして、「特製」というトッピング増しのもの、
そして、「小らーめん」という麺半分の小盛りのものがあります。


さらには、この全てのメニューが「細麺」と「平打ち麺」から
好きな麺を選ぶことができます。


基本は2種類ですが、バリエーションとしては豊富ですね。


でも、味は、「しょうゆ」か「塩」かという潔さ。

「つけ麺」もありません。


トッピングも、追加トッピングとしては、「海苔5枚」と
「味玉」があるだけです。


サイドメニューとしては、ご飯ものが数種類。

「味玉ごはん」、「ネギチャーシューごはん」、「ごはん」の
3種類のみ揃えています。


あとは、おつまみのメンマとビールですね。



と、まあ、こんな感じのメニュー構成です。


味としては、二者択一なわけですが、麺の選択とかも考えると
どうしようか迷ってしまうところです。


味も、「中村屋」出身ということであれば、「塩」を食べてみたい、
そんな気持ちにもなるのですが、どうやら人気があるのは、
「しょうゆ」のようですし・・・。


迷った挙句、普段なら初訪であれば、デフォで頼むところを、今回は、
「特製」で「塩」をいただいてみることにしました。


麺は、「細麺」をチョイス。



ってなことで、「特製塩らーめん」の「細麺」をチョイスしたのですが、
先ほども言ったように、どうやら「しょうゆ」が人気のようなんですよね。


周りのお客さんが、みんな「しょうゆ」なんです。


「これは、「しょうゆ」を頼むべきだったかな?」

と思い、店主さんに、

「まだ「しょうゆ」に変更できますか?」

と聞いたところ、大丈夫そうだったので、土壇場で「しょうゆ」に
変更してもらいました。



ということで、結果的に「特製しょうゆらーめん」の「細麺」を
いただくことになりました。


けっこう優柔不断なもので・・・。



ここ最近ずっと楽しみにしていた「麺処 懐や」。

昼営業のみなので、しかも行列店ですから、ハードル高いんです。


ようやく訪問することができました。

「ようやく」、です。




ってなことで、初訪の「麺処 懐や」。


いただいてきましたので、感想の方を。




まずは、ビジュアルから。

麺処 懐や -FUTOKOROYA- -- 特製しょうゆらーめん(細麺)

割とオーソドックスな中華そばという印象ではありますが、
盛り付けがキレイですね~。


僕の美的感覚にピッタリです。

好印象~!


まずは、「神奈川淡麗」を王道で行くような、清湯淡麗醤油スープ。

透き通っていて美味しそうです。

麺処 懐や -FUTOKOROYA- -- 特製しょうゆらーめん(細麺)_アップ

麺は、細麺を選んだのですが、ややウェーブがかかったストレート麺です。


そして、このトッピングの配列。

これは、間違いなく、場所を決めてありますね。


手前にチャーシューが斜めに3枚重なり合うように並べられ、
その左上には、メンマをキレイに揃えて、その脇にはほうれん草、
これもキレイに揃えて盛られています。

で、その脇には味玉、逆サイドの縁に海苔。


もう、この配置は決まっているはず。


そういう美しさを感じます。


正直、この見た目だけでも最高と言いたくなります。


盛り付けごとに具の配置が違ってたりするラーメンとは、
ここらへんからして違いますね。


メンマの上には、ブラックペッパー、ほうれん草の上には削り節、
細かな盛り付けも好印象です。



美味しそうです。




では、いただいてみます。


まずは、レンゲでスープを一口。




あ~、美味い・・・。

この滋味深いやさしい味わいは一体なんでしょう・・・。


細かいこと抜きにして、美味しいです。


ベースになっているのは、鶏。

その鶏のコクのあるスープに、ほんのりと加わる魚介の風味。


絶妙です。

このバランスが引き出す、コクと旨味。

あっさりしながらも奥が深い味。



美味くて、スープだけで何口もいっちゃいます・・・。


ヤバイな、これ。



では、麺もいただいてみます。


ストレートの細麺。

けっこうザックリくるタイプの食感で、最高の歯ごたえですね。


風味もしっかりと楽しめて美味しい。


これは、ズルズルといっちゃいます。


スープの運びも良く、相性抜群です。



偶然なんですが、店主さんの麺の湯切りを見てたのですが、
なんかブツブツとつぶやきながら、念を込めているような、
そんな湯切りをしてたんですよね。

魂を込めているというか・・・。


それを見ていて、美味しいんだろうなぁと思っていたのですが、
やはり美味しかったです。




そして、具。


特製トッピングの主役でもあるチャーシュー。

提供前に炙ってから盛り付けられるロースチャーシュー。


やや薄めのカットではありますが、けっこう大判。


やわらかく、香ばしいし、味もしっかりとしみていて、
美味しいチャーシューです。


これが、三枚は中々贅沢。



メンマは、食感というよりも味が印象的。


ブラックペッパーが振ってあるので、アクセントのある味で、
いわゆる甘じょっぱいメンマの味とは異なる印象。

独特で美味しい。

単にブラックペッパーをかけてるだけなのに、これだけで変わるもんですね。


青菜には、軽く削り節がかけてあります。

これも、ただの青菜というより削り節の風味が加わり美味しい。

青菜系に削り節は相性良いですからね。


味玉も程よい味付けでトロリとした半熟黄身が最高。




スープ、麺、具材、どれもがつけ入る隙のない美味さ。

あっという間の完食でした。



いやぁ~、美味かった・・・。


今回は、「しょうゆ」の「細麺」をいただいたのですが、
これは、メニューコンプしたくなりますね。


まず、「塩」。

コイツを試したい。

しかも「細麺」で。


で、そのあとは、それぞれの味を「平打ち麺」でいただきたい。


どれも甲乙つけがたいほど美味しいはず。



それにしても、田園都市線、侮れないですね~。


この沿線、食べつくしたわけではないですが、田園都市線沿線の
二子玉川以北西の神奈川県では、個人的には、「麺処 秋もと」、
そして、この「麺処 懐や」、この2軒が双璧をなす2強ですね。


どちらも美味い。


通ってる数では、群を抜いて「秋もと」の方が多いですが、
「懐や」も時間さえ許せば、通ってみたいラーメン店ですね。



必ず再訪したいと思います。

麺処 懐や -FUTOKOROYA-

[データ]
●店名:麺処 懐や -FUTOKOROYA-
●住所:神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-3-12
●交通:東急田園都市線「鷺沼」より徒歩2分
●営業:[月~土]11:30~15:00頃(スープがなくなり次第終了)
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 神奈川/鶏+魚介(神奈川淡麗系) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック