プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
鶏そば ムタヒロ 2号@国分寺 / 鶏二郎(2016年2月限定)
鶏そば ムタヒロ 2号
鶏二郎(2016年2月限定)

[訪問日]
2016年2月5日(金)

[評価]★★★★☆

鶏そば ムタヒロ 2号 -- 鶏二郎(2016年2月限定)


昨日に引き続き、2016年2月の「ムタヒロ限定巡り」です。

昨日から、僕の行きつけのラーメン店「ムタヒログループ」の
毎月の「限定麺」の提供がスタートしました。


「ムタヒロ」について、それと、ムタヒロの「限定麺」については、
いつも書いてることなので、クドクなっちゃうといけないので、
昨日の記事を参照してもらったほうが良いですね。

すでにいただいてきた、2月限定1軒目の「まぜまぜ ムタヒロ」の記事です。
 ⇒ 「まぜまぜ ムタヒロ 3号 / まぜ三郎(2016年2月限定)」の記事



ということで、2016年2月の「ムタヒロ限定巡り」。



今回は、3店舗合同での、ちょっとしたイベント形式での限定になってます。


どういうテーマのイベントかというと・・・。


「二郎インスパイア系」です。



これも前回の記事に書いていますが、「二郎インスパイア系」を
ムタヒロ各店の味のコンセプトをベースに創り上げるという企画。


おもしろいですね~。



「二郎」といえば、基本は、「豚骨醤油」。

そして、その「豚骨醤油」という味だけにはとらわれない
「二郎」自体が一つの「ジャンル」になってるようなもの。


それを真似た、いわゆる「インスパイア系」のお店も
たくさんあります。

そこも、基本は「豚骨醤油」です。

「二郎」を真似てるわけですから、当然ですよね。



ですが、今回のムタヒロのイベントのおもしろいのは、
「二郎インスパイア」なんだけど、「味」は「ムタヒロ」
というところでしょうね。


で、実際に、3号店は、「鶏白湯」で「二郎」っぽさを出してました。

3号店は「まぜそば」なのですが、実は「鶏白湯」も出してまして、
それをもって店の個性を加えたという感じですね。



で、残るは、「煮干し」の1号店と「鶏」の2号店。


この2つが、どういう「二郎インスパイア」を創作してくれてるか。

注目したいところですよね。



ということで、残り2つ、連食してきました。



まずは、2号店です。

「鶏そば ムタヒロ」が創作した「二郎インスパイア系」の限定麺を
いただいてきました。



まずは、メニューの名前なんですが・・・。


「鶏二郎」・・・。


やはり、というか・・・

当然というか・・・


3号店が「まぜ三郎」だったから、2号店は、当然、2番目の名前が
つくんじゃないかと思っていましたが、そのとおりでした。


このイベントが始まる前は、全部に「二郎」がつくと思ってたのですが、
例えば「ニボ二郎」、「鶏二郎」とか・・・。

でも、1・2・3できたんで、こうなるかと思ってましたが。


ということは、やはり、1号店は・・・


とりあえず、それは置いておいて。



ということで、この2号店「鶏そば ムタヒロ」の限定麺「鶏二郎」。

いただいてきましたので、レポしていきたいと思います。




まずは、ビジュアルから。

鶏そば ムタヒロ 2号 -- 鶏二郎(2016年2月限定)

これは、3号店と全く同じどんぶりですね。

2号店で出されると、その大きさがわかります。


普段のよりも大きいです。


どうやら、今回の「二郎インスパイア系」のイベントのために
全店共通で買い揃えたみたいですね。


受け皿は、いつものステンレスのヤツ。


そして、中身は・・・


パッと見、「二郎」っぽくもありますが、ちょっと違いますね。

けっこう個性が出ています。



では、細かく見てみます。

鶏そば ムタヒロ 2号 -- 鶏二郎(2016年2月限定)_アップ

まず、スープ。


割と澄んだ醤油スープ。

清湯っぽいけど、やや濁りも感じる、清湯と白湯の中間くらいの感じ。


でも、やはり、「清湯寄り」ですね。


そこに盛られているのは、麺の上に、たっぷりのもやしとキャベツ。

そこに立てかけられるよう盛られているのがチャーシュー。


でも、このチャーシューが、「鶏そば」らしく「鶏チャーシュー」。

「鶏モモ肉」ですね、


皮付きの、大きいインパクトのあるものです。


そして、トップには、「背脂とにんにく」。


やはり、これがないと「二郎」ではないですからね。



でも、見た目の印象から、「二郎」を感じさせるのは、
「野菜」と「背脂」、「にんにく」だけで、それ以外は、
いわゆる「創作麺」にしか見えませんね。


割と、「鶏そば ムタヒロ」の個性を出してる感じです。




では、いただいてみましょう。


まずは、にんにくを混ぜてない醤油スープを一口。



あ、美味しい!

しっかりと鶏の旨味が凝縮された美味しい醤油スープ。


醤油味は、普段の「ガハハ鶏そば」とは違いますが、中々のキレ。

鶏油も使っていて甘味も感じますし、このまま、醤油ラーメンとして
いただけちゃいそうなくらい美味しいです。


やはり、この「ベースの美味しさ」あっての「二郎インスパイア」でないと。



では食べ進めます。



麺。

これは、3店共通の、今回のイベントのための麺。


「二郎」を彷彿とさせる太麺ストレート。

麺肌のツルッとした感じと、モチモチ食感が良いですね。


ボリューム感も抜群で、量的にも十分満足できます。



そして、具。


お店のポスターには「タンメン」と書いてありましたが、
たしかに、この「もやしとキャベツ」というのは、普通なら
「タンメン」と呼ばれるラーメンの具ですよね。

でも、今回の場合は、「二郎インスパイア」ですから。


この野菜は、主役の一つです。


シャキシャキ感、ボリューム感、ともに言うことなし。



そして、チャーシュー。


「二郎」では、チャーシューを「豚」と呼びます。

ですが、この2号店の「チャーシュー」。


これを同じように呼ぶのであれば、まさに「鶏」って感じです。


けっこうインパクトのある鶏チャーシューですよね。

皮付きのモモ肉が2つ、肉厚もあり、これは食べ応えがありますね。


実際に美味しいですし。


やわらかく、肉自体の味もさることながら、スープに浸すと
なお美味しいです。



そして、そして、こうして食べないと「二郎」を感じられない。

そうです、「背脂とにんにく」、これを十分に混ぜて食べると、
一気に味は、「二郎」っぽく早変わりしていきます。

別に「背脂とにんにく」がイコール「二郎」というわけではないのですが、
この2つを混ぜると、元の味が吹っ飛んでしまうので、一気に個性を
感じなくなってしまいます。


なので、最初は、2号店の個性を味わうのに、この2つを混ぜずに、
気をつけて食べていたのですが、やはり、最後は、この企画の
「二郎インスパイア」を感じないことには食べ終えられません。


っていうか、「背脂とにんにく」、混ぜれば単純に美味いですし。


今回も、全部デフォでお願いしたので、背脂、にんにく、
両方ともさほど量は多くなかったので、僕にとっては適量でしたね。


程好く脂っぽく、にんにくの臭く、とても美味しかったです。


それに、背脂、にんにくを混ぜても、けっこう「鶏」を感じましたし。


「鶏そば ムタヒロ」のラーメンとしても、最後まで美味しく
いただくことができました。



今回も、汁完は勘弁してもらいましたが、美味しく完食です。




さて、ということで、2016年2月の「ムタヒロ限定巡り」。

2軒目終了です。



あとは、1号店「中華そば ムタヒロ」のみ。

1号店は、「煮干しの二郎」です。


一体、どんな創作がされているんでしょうね。



もうすでにいただいてきてはいるので、分かってはいるのですが、
中々おもしろい、というか、ものすごくお店の個性を打ち出した
工夫がされていて、美味しく仕上がっていましたよ。



ということで、この1号店のレポは、次回ということにします。


とりあえず、美味しかったということだけお伝えしておきます。

鶏そば ムタヒロ 2号 -- 鶏二郎(2016年2月限定)_メニュー

鶏そば ムタヒロ 2号

[データ]
●店名:鶏そば ムタヒロ 2号
●住所:東京都国分寺市本町2-3-6 タリホービル 1F右
●交通:JR中央線「国分寺」より徒歩3分
●営業:[月・火/木~土]11:30~15:00・18:00~23:00/[日・祝]11:30~21:00(スープ・麺終わり次第終了)
●定休:水曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■二郎系 [ 東京/醤油(鶏・清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック