プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 秋もと@市が尾 / 鶏と鰹の醤油らーめん(一周年特別限定・おまけ付き) + 地鶏と烏賊の炊き込みご飯
麺処 秋もと
鶏と鰹の醤油らーめん(一周年特別限定・おまけ付き) + 地鶏と烏賊の炊き込みご飯

[訪問日]
2016年5月15日(日)

[評価]★★★★★

麺処 秋もと -- 鶏と鰹の醤油らーめん(一周年特別限定・おまけ付き)


田園都市線の行列店「麺処 秋もと」。


市が尾という、ラーメン店があまり育たない場所で、
常に行列を作っている人気店。


美味しければ、場所など関係なく人は集まるという良い例。


これは、僕が毎回言っていることです。


その「麺処 秋もと」が、5月9日を以って、オープン1周年を迎えました。


いやいや、おめでとうございます!


早いですね~。

もう1年ですか!


っていうか、逆に言えば、まだ1年しか経ってないの?

とも言えますよね。



なんでかって・・・


すでに、田園都市線、というより、神奈川県を代表するお店として
不動の地位を築きつつあるんですから。


たったの1年で、これはすごいことです。


本物であるが故の当然の結果でしょう!


すごいです。




で、その「麺処 秋もと」のオープン1周年を記念して、本日5月15日、
限定100食で、「一周年特別限定ラーメン」が提供されました。


当然、僕は、訪問しました。



っていうか、行かないわけがありません。

この周年祭の限定ラーメンを前に、すでに104食もの「秋もと」のラーメンを食破。


「自称日本一「麺処 秋もと」のラーメンを食べている男」を名乗っているのですから。


当然ですよね。



ということで、今回は、「麺処 秋もと」の「一周年特別限定ラーメン」を
いただきに行ってきましたので、そのレポをしていきたいと思います。



先ほども言いましたが、すでに、「秋もと」は神奈川県を代表するお店。

こういった周年祭が混まないわけがありません。


100食限定で足りるの?

そんな感じもしますし・・・。


なので、僕も、早々とお店に訪問です。

麺処 秋もと -- 一周年特別営業立て看板

到着したのが7時。

そのつもりはなかったのですが、まさかポール?



と思いきや、なんと、すでに並んでいる人一人・・・。


すごい・・・

早朝5時半から並んでいたそうです。

麺処 秋もと -- 一周年特別営業立て看板

お店のオープンは、11時。

4時間待ちですね。


まあ、僕にとって4時間待ちは、待ったうちに入らないので、全く平気。



で、途中で、スタッフの方が整理券を配り始めてくれたのですが・・・

僕は、整理券2番。

麺処 秋もと -- 一周年特別営業日_整理券2番

この整理券は記念にいただけるということで・・・



ってなことで、オープンまでしばし待ちです。





さて、今回のラーメンなのですが、実は、事前情報でどんなものを出すのかは、
秋本店主からは聞いていました。


それに、段階的に、のせるトッピングなどを食べさせてもらったり、
ラーメン自体も試食させてもらったりもしていたのですが・・・。


それが激ウマだったんですよね。


試食させてもらってた事は、特にブログにも上げてなかったのですが、
もう本番が済んだんでバラしても大丈夫だと思うのですが・・・。


とにかく美味かった・・・。


ただ、あくまでも、試作段階で、完成品ではないので、本番は楽しみで
仕方がなかったわけですが・・・。



で、今回の限定ラーメンの特徴ですが・・・

一言でいえば、「素材にこだわった」プレミアムなラーメン、
ということが言えるでしょうね。



というのも、「麺処 秋もと」のラーメンの凄さについて、僕が当初から
思っていたことが、あるんです。


それは、

「普通の素材」で「劇的に美味しいもの」

にしていること。



最近、いろんな店で、どんな高級素材を使っているとか、いろいろと
うん蓄が多いですよね。


そうすると、どうしてもその素材に注目してしまう。

厳選素材を使えば、自然と美味しいものが作れるのか。


ある意味、錯覚をしてしまうところがあります。



でも、どんな素材でも、美味しいものを作り出すことができる。

それこそすばらしいことですよね。


「弘法筆を選ばず」とは、このことでは?


まさに、「秋もと」のラーメンは、それ。

今の流行というか、みんながやっていることのアンチテーゼ。



「秋もと」で使っている素材は、極普通のもの。


スープに使っている丸鶏も特にブランドものではないし、
鰹節、煮干しも普通のもの。

タレに使っている醤油も同じく。

チャーシューに使っている豚や鶏も、普通に肉屋に売ってるもの。


そういう素材で、激ウマなラーメンを作り、行列店にしてしまったんですから・・・。



そんな、「麺処 秋もと」が、素材にこだわったらどうなるのか・・・。


間違いなく美味しいものが出来上がるのが目に見えてますよね。



それが、今回の「一周年特別限定ラーメン」なんです。



で、、その今回の「麺処 秋もと」の「一周年特別限定ラーメン」なんですが、
「秋もと」の味のコンセプトでもある「鶏と鰹」この2つを極めたものとして、

「鶏と鰹の醤油らーめん」

という名前がつけられてます。


シンプルに「鶏と鰹」というネーミングを持ってくるところなど、
やはり自信の程が伺えますね。


そして、今回は、サイドメニューとして、

「地鶏と烏賊の炊き込みご飯」

も提供されてます。





さて、ということで、そうこうしているうちに、時間も経ち、
なんと開店20分前にして、70人の行列になっていました。


その行列を考慮してくれた秋本店主。


時間を繰り上げてオープンしてくれました。




ということで、そんな今回のプレミアムなラーメン。


しっかりといただいてまいりました。



まあ、どれだけ美味しかったか。

それを伝えきれるかどうか・・・。





とりあえず、レポしていきます。





まずは、ビジュアルから。

麺処 秋もと -- 鶏と鰹の醤油らーめん(一周年特別限定・おまけ付き)

いつもの白地に黒で「麺処 秋もと」のロゴが入った丸い多用丼で登場。

サイドにもデザインが施された洒落た和風な有田焼きどんぶりです。


丼顔はというと・・・。

麺処 秋もと -- 鶏と鰹の醤油らーめん(一周年特別限定・おまけ付き)1_アップ

シンプルなだけど、ゴージャスな感じの美しい盛り付け。

「秋もと」ならではの、「見た目」にもこだわる精神は、ここにも表れてます。


琥珀色の清湯醤油、細麺がキレイにそよいでいます。

表面の油には鶏油、普段は凝った香味油を使っているのですが、
今回は、あえて質の良い鶏油のみしているようですね。


その上には、高級そうな豚の肩ロースのレアチャーシュー。

そして、脇には、ワンタンが2種。


メンマはあえてのっておらず、後は薬味のみ。


この薬味も普段とは違いますね。


トレードマークの紫玉ネギは、刻みではなくスライスされています。

そして、ネギは、九条ネギのようですね。



シンプルで、美しいです。

そして、ヨダレが出るほど美味しそう・・・。




では、いただいてみます。



まずは、香りを楽しみましょう。

鰹と醤油の芳醇な香りが、鼻腔を刺激します・・・。


ヤバイ。

まず、香りでやられてしまいそうだ・・・。



では、一口。


あ~、なんて美味しいんだろう・・・。

正直、細かい解説なんて必要ないというか、するだけ無駄というか。


ただ、「美味しい」に尽きる・・・。


そんな感じ。



あえて、言うのであれば、このスープの出汁のバランスが絶妙。


使っているのは、地鶏、鰹節、煮干し、昆布などなわけですが、
この素材のの配分がすばらしいですね。


7割がた魚介のようなんですが、魚介自体も、鰹節と煮干しの
バランスが最高。

割と煮干しを多めに使っているようなんですが、それでも、メインは鰹。


これぞ、「節系」といわんばかりの「鰹節」の味がじんわりと口の中に
広がっていきます。


そして、控えめながら、それを下支えするように鶏の旨みが伝わってくる。


このバランス感覚、天性のものでしょうか?



美味すぎです!



今回、鰹節は、枕崎の指宿山川産「一本釣り二年物極上枯れ節」、
枕崎産「一本釣り荒本節」が使われています。

煮干しは、「伊吹イリコ」、「九十九里イリコ」。


鶏は、「大山地鶏」など3種類の地鶏をブレンドして使っているようです。



そして、このスープに合わせている醤油も、いつもとは別物。

割と濃い口のキレのある醤油ダレは、6種類の醤油をブレンドしているようです。



で、特筆すべきは、スープの温度管理。


この沸騰し具合で味の感覚が変わってしまうので、そこを微妙に調整しながら
醤油ダレと合わせていく。


まさに職人技です。



やはり、美味すぎです!


ヤバイ!




そして、麺。


今回は、麺も普段使っていない麺。

「春よ恋」小麦を使用した香り豊かな麺を使用してるようです。


ストレートの細麺なのですが、普段、「塩」で使っている細麺より
やや太めの細麺。

中細まではいかないですが、やや太め。



この麺ののど越し、食感、全て文句なしの美味さ。


たまらない歯ごたえですね。


そして、ツルツルっと啜ったときに持ち上がってくるスープ。

この持ち上げも最高で、麺の香りとスープの旨みが、これまたバランスよく
口の中に広がっていきます。




なんども言いますが、美味い(笑)!


もう、これしか言えねえぇって感じ(笑)。



そして、具材。


まずは、チャーシュー。

ピンクのレアチャーシュー。


表面を焼いた後、低温調理でキレイなレアチャーシューに仕上げてます。


このチャーシューが美味い!

味付けや調理もさることながら、「肉自体」が美味い。


やわらかく、肉の旨みが、味付け、調理をより引き立てています。


今回の豚は、九州・霧島山麓の高級SPF豚肩ロースを使用。

この肉、脂が美味しく臭みもない高級豚。


だから、肉そのものが美味しい。

なので、味付けはシンプルに、レアな状態で肉を楽しむ。


まさに、打ってつけの調理法で提供してくれてます。


確か味付けは、塩、胡椒だけだったような・・・。



次に、ワンタン。


今回は、特別に普段のワンタンとは別に新しく作ったもの。

肉ワンタンと海老ワンタンの2種類をのせています。


「海老ワンタン」は、プリプリの海老が一尾入っていて、それを包み込むように
海老ペーストもたっぷりと入っています。

そして、隠し味、というか、すぐにわかりますが、大葉が入ってるんですね。


なので、プリプリ食感とともに清涼感も漂いとても美味しい。


「肉ワンタン」は、肉汁たっぷりのジューシーなもの。

ここに軽く生姜も効かせていてサッパリとしてるんですね。


で、こっちにも隠し味が。

まず、サクッとした食感で違いが気づくのですが、「長芋」が
入ってるんですね。


なので、ソフトな肉の食感の中に、サクッとした食感も混ざり、
アクセントになり、味を引き立ててくれてるんですね。


とても美味しいです。




そして、薬味も普段とは違います。


まず、トレードマークの紫玉ネギ。

今回は、スライスしています。


スライスすると、また食感が違って良いですね。

香りも良いですし、玉ネギの辛さが普段よりも伝わってくる。


そして、「九条ネギ」。


深い緑色した「九条ネギ」。

見た目的にも、紫玉ネギとともに彩を添えてくれます。


柔らかく、風味も豊かで、独特のぬめりも最高。

魚介系スープにはピッタリ合いますね。


今回、魚介を強めにしているようなので、相性は抜群です。



そして、ラーメンに夢中で、最後まで食べるのを忘れてしまっていた
「地鶏と烏賊の炊き込みご飯」。

麺処 秋もと -- 地鶏と烏賊の炊き込みご飯

実は、この炊き込みご飯、ちょっとトラブルがあったようなのですが、
僕がいただいたものは、ラッキーなことに、そのトラブルを感じさせない
美味しいものだったんです。


地鶏のソフトな肉食感と烏賊のプチッとした噛み応え。

それぞれの風味も閉じ込め、味がしっかり沁みたご飯は美味しい。


30食限定だったので、しかも、トラブルがあったものだったので、
僕は、ちゃんとしたものを食べれてラッキーでした。

麺処 秋もと -- 一周年特別営業立て看板_アップ

麺処 秋もと -- 鶏と鰹の醤油らーめん(一周年特別限定・おまけ付き) + 地鶏と烏賊の炊き込みご飯


いやあ~、美味かった~!


いろいろと解説してしまいましたが、正直、後から思い出して、
書き連ねているだけで、食べてるときは、こんなこと思ってもいない。


もう夢中で食べてただけって感じです。


美味いもの食べてるとき、いちいち頭使ってなんかいられないし(笑)。

本当に美味いものは、「感じる」もの。



そんな感じで、夢中で啜って、あっという間の完飲完食でした。


やっぱり、秋本さんが、厳選素材でラーメンを作るとこうなるんですね。

さすがです。



それにしても、今回は、採算度外視の原価率でしょうね。

相当お金がかかってると思います。


今回は、1杯1,000円だったんですが、本当なら1,500円以上にしないと
採算が合わないほどの贅沢な素材だったんじゃないですかね~。


採算が取れなくても、この価格で販売するところなどは、
秋本さんのお客さんへの感謝の気持ちが伝わってくるようですけどね。



僕にしてみれば、美味しいラーメンに「感謝」なのですが・・・。




ということで、こんな激ウマラーメン、滅多に食べられないので、
食べられるのであれば、もう一杯食べたい。


そう思って、間に合うのであれば、もう一回並んじゃおう。


そう思い、店を出て、行列最後尾に行くと、なんとギリセーフ。

まだ間に合いました。



整理券84番。

麺処 秋もと -- 一周年特別営業日_整理券84番

またここから3時間ほど待って、しっかり、2杯目もいただいてきました!


2杯目も最高に美味かったです。

麺処 秋もと -- 鶏と鰹の醤油らーめん(一周年特別限定・おまけ付き)2

それと、忘れるところでしたが、今回は、「おまけつき」だったんですが・・・。

実は、今月21日から「麺処 秋もと」がラーメンスタンプラリーに
参加するんですよね。

で、そのステッカーが販売されるのですが、それを先行して1枚ずつ
プレゼントしてくれたんです。



それが、これ。

麺処 秋もと -- ラーメンラリー

麺処 秋もと -- ラーメンラリー_シール

僕は、2回食べたので、2枚ゲットしましたが・・・。




ということで、「麺処 秋もと」の「一周年特別営業」、無事終了です。


秋本さん、これからも美味しいラーメンをお願いします!


おそらく、僕は、年とってラーメンが食べられなくならない限り、
「自称日本一「麺処 秋もと」のラーメンを食べている男」で
あり続けると思いますので。

麺処 秋もと -- 一周年特別営業日_暖簾

麺処 秋もと -- 一周年特別営業日_アップ

麺処 秋もと -- 一周年特別営業日

[データ]
●店名:麺処 秋もと
●住所:神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1157-1 東急ドエル市ヶ尾アネックスビル 1F
●交通:東急田園都市線「市が尾」より徒歩2分
●営業:[火・水・金~日]12:00~15:00・18:00~22:00/[木]12:00~15:00(スープがなくなり次第終了)
●定休:月曜・木曜午後




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック