プロフィール

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
らーめん 改@蔵前 / 貝塩らーめん
らーめん 改
貝塩らーめん

[訪問日]
2016年5月19日(木)

[評価]★★★☆☆

らーめん 改 -- 貝塩らーめん


今年の2月にオープンしたばかりの新店「らーめん 改」。


青梅の名店「いつ樹」や、その系列の「五ノ神製作所」出身の
店主さんが独立したお店です。


「いつ樹」、「五ノ神製作所」出身店主のお店ということで、
オープン当初から話題になっていました。


なので、けっこう混んでいるだろうと、落ち着くのを待ってからの
ようやくの訪問となったわけです。



さて、「いつ樹」、「五ノ神製作所」というと思い浮かぶのが「鮮魚」。

それぞれ系列店、扱っている「食材」は違いますが、一貫しているのが
「鮮魚」を食材にしたラーメンやつけ麺を提供しているということです。


そういうお店で修行を積んで独立したということは・・・

やはり、その系統なのでは・・・


そう思いますよね。


実は、その通りなのです。


その通りなのですが、この「らーめん 改」は、「魚」ではなく「貝」を
使ったラーメンが看板のお店なんですね。


屋号も、おそらく「revolution」と「貝」をかけてるんですね。

中々洒落てます。




ということで、その「らーめん 改」。



場所は、都営浅草線、都営大江戸線が乗り入れる「蔵前」が最寄。


駅から歩いて5分程度、「国際通り」沿いにあります。



蔵前近辺も、地味にラーメン屋さんが増えてきましたよね。

それでも、まだまだ、ラーメン屋さんが育っている場所でもないかな。


そんな立地環境にあって、「らーめん 改」さん、オープン当初から
話題を呼んでいて、人気も高く素晴らしいですね。



お店は、奥に向かって長細い造りで、厨房を前にしたカウンター9席のみ。

内装は、モダンな感じで良い雰囲気です。


とても清潔感がありますね。


店主さんご夫妻で切り盛りされているようです。




メニューはというと・・・。


先ほども書いたとおり、「貝出汁ラーメン」がメインです。



ただ、「貝」だけでなく、「煮干し」もラインナップされています。


ですが、やはり、メインは「貝」。

しかも、「塩」です。


その「貝塩らーめん」と「煮干らーめん」の2つが基本になっています。


これに、「味玉」、「チャーシュー」、「全部入り」という
トッピングでのバリエーションが加わります。


もちろん追加トッピングも、「チャーシュー」、「味玉」、「のり」、
「竹の子」などを用意しています。


ご飯ものは、普通の「ライス」以外に、「めんたい子ご飯」、「炊き込みご飯」、
「チャーシューご飯」があります。


面白いのが、「貝油のあえそば」というのがあるのですが、替え玉として
食べられるようですね。


あとは、「限定」もありますし、「ビール」もあります。



基本的には、「貝塩」と「煮干し」というシンプルな構成です。




ということなのですが、当然なのですが、ここへ来た目的は、
屋号にも記されている「貝」のラーメンをいただくことです。


ですから、迷うことなどありません。



しっかりと、「貝塩らーめん」をチョイス。

デフォでいただいてきました。



なんか、最近「貝」が流行りだしてますからね。


けっこう楽しみにしてたんです。





ということで、早速なのですが、感想の方を。




まずは、見た目から。

らーめん 改 -- 貝塩らーめん

シンプルな白い高台丼で登場です。


見た感じは、それだけでは「貝」っぽくはなく、普通の「塩ラーメン」っぽい。


ですが、香りが、かなり「貝」です(笑)。



では、細かく見てみます。

らーめん 改 -- 貝塩らーめん_アップ

まず、スープなのですが、一応、清湯のようなのですが、軽く濁った感じですね。

この濁り方が、なんとなく「貝」を思わせる濁り方で、なんていっていいのか、
表面がちょっとテカっているような独特な濁り方なんですね。


そこに、まるで手打ち麺かと思わせるような縮れた平たい太麺が・・・。


そして、たっぷりのワカメに低温調理した方ロースチャーシューが2枚。

メンマの代わりに、竹の子が2つのってます。


薬味には、三つ葉。


割と独特なトッピングですよね。


面白いです。




では、いただいてみましょう!




まずは、スープから。


レンゲで一口・・・。



う~ん、これは、まさしく「貝」です!

まあ、香りからして「貝」だったのです、ものすごい「貝」の風味。


「貝」全開って感じです。

けっこう強烈です。



「貝」は、まず、感じるのが「アサリ」。

正直、自分の舌で感じられるのは「アサリ」くらいですかね。


でも、けっこういろんな「貝」を使っているようです。


軽く聞いたところによると・・・


「アサリ」、「ハマグリ」、「ホタテ」・・・

「干し貝柱」などの乾物ものや昆布も。


しかも、魚介オンリーかと思ったのですが、ベースには「鶏」も使ってるよう。


でも、動物系は、ほとんど感じなかったですね。



とにかく、「貝」の風味というか、「磯」の香りが押し寄せてくる感じ。

「塩味」が、「潮味」に感じるような・・・。



確かに、「貝」の旨味がすごく出ているんですが、その分、生臭さも
一緒になって出てきちゃってる感じもしました。


もしかしたら、人によっては苦手な人もいるかも。




でも、個人的には、ソコソコ好きですね。


美味しいです。





麺は、自家製麺。


これは、けっこう美味しかった。



最初、手打ち麺かと思うほど歪な太さで・・・。


でも、手打ちではありませんでした。



ただ、麺を茹でる前にかなり手揉みして、潰してたんで、
手打ちっぽくなったんでしょうね。


モチモチ感がたっぷり、コシもあり美味しい麺です。

相当縮れた麺が、スープもしっかりと持ち上げてくれます。




そして、具材。



まず、けっこうヒットだったのが、ワカメ。


このワカメ、先ほどの「貝出汁」の生臭さを和らげてくれるんですね。


ワカメを口にすると、ワカメの香りの方が勝って、程よく調和してくれます。



なので、ワカメと麺と一緒に食べて、スープを飲めば良いかも。




で、低温調理された豚肩ロースのレアチャーシュー・・・。


これは、正直、惜しかったですね。

美味しいんですが、脂身が固く、ちょっと食べにくかったかな・・・


味加減は良かったですね。



あとは、竹の子。


最近、竹の子をのせるところ、多くなりましたよね。


これは、もうバッチリ。

サクサクとした食感と、程良い塩味で申し分なかったです。



薬味の三つ葉もサッパリとして良いですね。





さて、ということで、「らーめん 改」の「貝塩らーめん」、
いただいたわけですが、確かに美味しいとは思うのですが、
やはり、好みは分かれるでしょうね。


もっと、「貝」のえぐ味がとれて、生臭くなければ相当美味しかったんですけどね。



美味しかったのですが、期待していた以上ではなかったです。



最近、「貝出汁」が多くなってきましたけど、僕はあまり食べてません。

なので、他の「貝出汁」もいただいてみて、今回のとも比べてみたいですね。



とにかく、今後の、更なるブラッシュアップに期待したいです。

らーめん 改

[データ]
●店名:らーめん 改
●住所:東京都台東区蔵前4-20-10 宮内ビル 1F
●交通:都営浅草線・都営大江戸線「蔵前」より徒歩5分
●営業:[月~日]11:00~15:00・17:30~21:00頃
●定休:不定休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 東京/鶏+貝(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック