プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
中華そば ムタヒロ@国分寺 / ムタタ醤油の極煮干そば(2016年6月限定)
中華そば ムタヒロ
ムタタ醤油の極煮干そば(2016年6月限定)

[訪問日]
2016年6月10日(金)

[評価]★★★★☆

中華そば ムタヒロ -- ムタタ醤油の極煮干そば(2016年6月限定)


国分寺に3店舗、西国分寺に1店舗、大阪福島に1店舗を
展開している「ムタヒログループ」。

ラーメン店だけでなく、大阪名物「串揚げ」のお店も
同じく国分寺で営業しています。


そして、昨年は、海外にも進出、韓国ソウルにも「鶏そば ムタヒロ」を
オープンしました。


しかも、今年は、国立に新店をオープンすることも発表しました。

どうやら、今度は「肉中華そば ムタヒロ」ということで、
これも楽しみですね。

そして、さらに、もう1店舗出すみたいですね~。


いやいや、勢いが止まりませんね。


こんなに増えると、毎月全店(大阪除く(笑))食べに行くのが大変です。




さて、そんなムタヒロなんですが、毎月、月替わりで提供しているのは、
このブログをご覧になってくれている方であればご存知のこと。

いろいろとアイデア、趣向を凝らした創作麺を出してくれています。


そして、この「「限定麺」を毎月食べ歩くのが、僕の恒例行事。



そのムタヒロの限定なのですが・・・



実は、4月からイベント形式での限定になっています。


どういうものかというと・・・



まず、4月。

「新人王決戦」。


ムタヒロの新たなホープたち4人が創作麺を提供し、その提供数を競い、
一番提供数が多かった人が「新人王」になるという。

で、しかも、このときには「牛」をテーマにしていました。



で、翌月の5月。

「店長決戦」。


1号店から3号店の店長が創作麺で競い合うというもの。

これも提供数で競い合うもので、一番多い人が優勝。

このときのテーマは、「担々麺」でした。




さて、ここまでで、「新人王」、「店長王」が決まりました。



ちなみに、「新人王」、「店長王」は誰なのか・・・


紹介しておきます。



まずは、「新人王」。


主に1号店常勤の1号店副店長でもある若手ホープの「つるちゃん」。



そして、店長戦を制したのが、3号店の店長の墨谷店長。

当然、3号店常勤。


ムタヒロ店長の中でもムタヒロ歴が一番長い方です。





そして、6月。

今月ですね。



今月は、この「新人王」、「店長王」をムタヒロのツートップである
「ムタ&ヒロ」が迎え撃つというもの。


つまり、「新人王」対「店長王」対「ムタさん」対「ヒロさん」という
ムタヒロの「限定麺頂上決戦」になっているんです。

限定頂上決戦ポップ

ついに、4月から続いている限定麺勝ち抜き合戦もクライマックスを
迎えようとしているわけです。



この「頂上決戦」で優勝するとどうなるのか・・・


ちょっとわかりません・・・。



ですが、新人さんにしろ店長さんにしろ、ムタヒロ創業者の2人に勝てれば、
自信もつきますからね。


面白い企画です。




ハイ。

その「頂上決戦」である6月の限定。


それが、まさに本日からスタートしたわけです。




楽しみですよね~。

もちろん、僕は初日から訪問してきましたが・・・。




で、今回の最終テーマなんですが・・・


なんと「ご当地ラーメン」という・・・。



これまた難しいテーマです。


ご当地をインスパイアすればいいのか、それをアレンジして創作すればいいのか。

なんともあいまいなテーマではあるのですが、創りにくそうでもあるし、
コンセプトさえ決まれば、面白そうなのができそうですし。



楽しそうですね。




ということで、初日からお邪魔してきたわけですが、今回は、店舗順に
廻っていこうかなと思いまして・・・




まず、最初に、本店である1号店の「中華そば ムタヒロ」に訪問してきました。




今回の1号店は・・・


本来であれば、1号店常勤の「つるちゃん」が新人王になっているので、
「つるちゃん」の限定が1号店でいただけると思っていたのですが・・・。


ここは、やはり創業店ですから、創業者であるムタさんが使わなければ・・・。



ということで、今月は、1号店でムタさんの作った限定麺をいただけるということです。



今回、ムタさんが考えた「ご当地ラーメン」が何かというと・・・


「青森煮干し」。


まあ、ムタさん的には、当然のジャンルですね。

なんたって「中華そば ムタヒロ」は「煮干し」の店ですから。



で、この「青森煮干し」に何か創作的なアレンジを加えているのか、
そのままのインスパイアで構成してくれるのかが、興味あるところです。




ということで、「ムタヒロ限定頂上決戦」。

まずは、1号店から攻めてきました。





では、早速ですが、感想の方を。




まずは、ビジュアルです。

中華そば ムタヒロ -- ムタタ醤油の極煮干そば(2016年6月限定)

最近では、このどんぶりが定着しつつあるムタヒロ雷文模様のどんぶりで登場。

このどんぶりだと、伝統ある「青森煮干し」の雰囲気が出ますね。


模様が、ややポップではありますが(笑)。


青森の名店「長尾中華そば」を彷彿とさせるビジュアル。

特にアレンジを加えていない純粋な「ご当地」の再現といった感じ。


なんか、マジメでムタヒロっぽくない(笑)。


ま、それは、冗談として・・・



まず、目に付くのは、濃厚そうなスープ。

中華そば ムタヒロ -- ムタタ醤油の極煮干そば(2016年6月限定)_アップ

いわゆる「セメントスープ」というのでしょうか、半ばグレーな感じで、
中が見えない不透明なスープです。

表面には、油が一回しかけてあります。


そして、その中に沈むのが、ほとんど見えないですが、中太のストレート麺。


トッピングには、シンプルにチャーシューとメンマという布陣。


チャーシューはバラが4枚ものっています。

メンマは、穂先メンマですね。


あとは、たっぷりの薬味のネギ。



シンプルでいいですね~。




では、いただいてみましょう!




まずは、スープ。



セメントのような色をした濃厚スープをレンゲで一口・・・。


ん?


あれ?


なんかサッパリしてる。



もっと、まったりとしたくどいスープなのかと思ったら、全く違う。

意外にもサラリとして、すごく飲み口が良い。



「極煮干」ということなので、当然、煮干しは大量に使っているのでしょうけど、
そこまで、ニボニボとしていない。

むしろ、動物のコクの方を最初に感じたぐらい。


そう、豚も感じるし、鶏も感じるんですよね。

その上に、煮干しの程好い香ばしさが被さってくるような感じ。



いや、美味いっすね、これ。


正直、青森煮干し、初めてなですが、意外な美味さです。



本店の店長のカジさんに聞いたところ、いろいろと教えてくれました。


ま、全部は話せませんが、ちょっとだけ。


まず、ベースになっているのは、鶏だそうです。

本場だと、ここに豚も入ってくるんですが、ムタヒロさんは、
鶏だけのようですね。


ですが、スープを炊くときに、一緒に「背脂」も入れて炊いてるようです。

それとか、これは正直ビックリしたので、あえて伏せておきますが、
●●も一緒に入れてスープを炊いてるそうです。

こうすることで、でんぷん質が出て、甘味も増し、スープが白湯に
なっていくそうです。


ここに数種類の煮干しを加えてるんですね。


1つは、普段からムタヒロさんで使っている伊吹イリコ。

そして、青森煮干しといえば、定番の煮干しは「ひらこ」。

この「ひらこ」を加えているのだそう。


それから、ちょっとわからないのですが、「焼き干し」も
入ってるような感じがしたんですけどね~。


ちょっと、そういう香ばしさを感じたのですが気のせいでしょうか?


とにかく、この煮干しの風味もクセなく、むしろ香りよく、
そこに動物系のコクもしっかりと加わった美味しいスープですね。


油には、ラードを使っているそうで、仕上げに一回しかけてたんですね。

このラードのせいで、けっこう豚も感じることができました。



醤油も青森の醤油を使っているそうで、けっこう甘味を感じる醤油ですね。




美味しいスープです。




そして、麺。



麺は、この限定のために打ったという中太ストレートの丸麺。


モチモチした食感で、スープを絡めるというより、吸い込みながら
持ち上げてくるような感じで、相性が抜群でしたね。


これは、普段使っている、太縮れ麺や平打ち麺では出せない味、食感でしょう。


これのためにわざわざ麺を用意した甲斐があったってもんです。



美味いです。




具材も、シンプルながら、しっかりと活躍していました。



チャーシューは、やわやわのトロチャーシュー。

箸でほぐれるほどのやわらかく美味しい煮豚です。


穂先メンマは、いつものメンマ。

やわらかく美味しいです。


ネギも、ザックザクで歯切れがよく美味い。


ま、たしかに具材も美味しいですが、今回は、やはりスープと麺ですね。




今回も限定巡りで連食しようと思っていたので、完飲は控えようと思ってたのに、
ついつい汁完してしまいました・・・。


美味しかったと思います。





とにかく、僕が想像していた以上の美味しさだったので、ビックリしました。

青森煮干しは初めてですし、「長尾中華そば」が池袋に出店していたときも
食べそびれてましたので・・・。


なので、今回は、良い経験をさせていただきました。



そして、また1つ美味しい味を覚えました。


ぜひ、本場で食べてみたくなりましたね。



それと、セメントの「極ニボ」ではなく、清湯の青森煮干し、
これもぜひとも食べてみたいと思いましたね。


カジさん、そのうち、限定でやってください!




ということで、ムタヒロ、6月の限定巡り、「限定頂上決戦」の最初は
牟田さんの限定「ムタタ醤油の極煮干そば」でした。



「限定頂上決戦」、中々面白い戦いになりそうですよ。




さて、この後、引き続き2号店「鶏そば ムタヒロ」に行ってきたのですが、
そちらの方のレポは、また次回にします。


2号店は、新人王の限定です。



これも良かったですよ。


では、次回に。

限定頂上決戦ポップ

中華そば ムタヒロ -- ムタタ醤油の極煮干そば(2016年6月限定)_ポップ

中華そば ムタヒロ

[データ]
●店名:中華そば ムタヒロ
●住所:東京都国分寺市南町3-15-9
●交通:JR中央線「国分寺」より徒歩1分
●営業:[火~土]11:30~15:00・18:00~23:00/[日・連休最終日]11:30~15:00・18:00~21:00
●定休:月曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 青森/鶏+煮干(青森煮干らーめん) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック