プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
鶏そば ムタヒロ 2号@国分寺 / 徳島ラーメン(2016年6月限定)
鶏そば ムタヒロ 2号
徳島ラーメン(2016年6月限定)

[訪問日]
2016年6月10日(金)

[評価]★★★★☆

鶏そば ムタヒロ 2号 -- 徳島ラーメン(2016年6月限定)


前回に引き続き、2016年6月の「ムタヒロ限定巡り」です。

僕が行きつけにしている「ムタヒログループ」の限定麺が
今月もスタートしています。



「ムタヒロ」といえば・・・。


もう、腐るほど書いてきてるので飽き飽きかもしれないですが、
一応書いておきます(汗)。

スルーしていただいてもいいですよ(笑)。



ムタヒロとは、国分寺に3店舗、西国分寺に1店舗、大阪福島に1店舗を
展開している「ムタヒログループ」。

ラーメン店だけでなく、大阪名物「串揚げ」のお店も
同じく国分寺で営業しているのがムタヒログループです。


昨年は、海外にも進出、韓国ソウルにも「鶏そば ムタヒロ」を
オープンしました。


しかも、今年は、国立に新店をオープンすることも発表しました。

どうやら、今度は「肉中華そば ムタヒロ」ということで・・・


そして、さらに、もう1店舗出すみたいで・・・。



そんな感じの勢いが止まらないグループなんですね。





さて、そんなムタヒロ。



そんなムタヒロが、毎月展開しているのが、「限定麺」。


それを食べ歩くのが、僕の恒例行事になっているのですが、
ここ数ヶ月、ちょっとしたイベント形式になっていまして。


今回を含め、4月からのムタヒロの限定は、イベント形式になっていて、
3ヶ月リレーしての「限定対決」になっているんす。


まず、4月が、ムタヒロの若手ホープ4人での「新人決戦」。

このときは、「牛」をテーマに、限定麺を創作し、その勝利を収めたのは、
1号店常勤、副店長のツルちゃんこと鶴田くん。



そして、続く5月。


5月は、1号店から3号店までの各店長による「店長決戦」。

このときは、「担々麺」をテーマに対決。


この勝負を制したのは、3号店の墨谷店長。



そして、さらに、6月。


今月ですね。



今月は、このそれぞれの決戦を勝ち抜いた「新人王」、「店長王」を
ムタヒロ創業者のムタ&ヒロが迎え撃ち、4者で対決するという
「ムタヒロ限定頂上決戦」になっているんですね。

限定頂上決戦ポップ

そして、そのテーマは・・・


「ご当地ラーメン」という・・・。



またまた、難しいテーマです。

でも、ご当地ラーメン、たくさんありますし、楽しそうです。




ということで、その「限定頂上決戦」となっている今月のムタヒロ限定。


早速、初日から食べ歩いているわけですが、今回は、1号店から順に
廻っていこうかと思いまして、まずは、1号店に行ってまいりました。


すでに、前回の記事でレポしてます。
 ⇒ 「中華そば ムタヒロ / ムタタ醤油の極煮干そば(2016年6月限定)」の記事


1号店は、今回は、ムタヒロ創業者の一人、店主であり社長でもある牟田さんが、
青森のご当地ラーメンである「青森煮干し」で勝負してきました。


まあ、感想は、上の記事でレポしてますが、一言でいえば、美味かった。


創作色はない、正統派な「青森煮干し」を再現していて、なんかマジメな感じ。


ここへきて、店主の貫禄を出してきた感があります。




さて、そして、2軒目に廻ってきたのが、2号店の「鶏そば ムタヒロ」。



今回の2号店は、通常は、1号店に常勤している新人王ツルちゃんの
限定を提供しています。


今回のテーマは、「ご当地」なんですが、新人王ツルちゃんが選んだのは、

四国徳島の「徳島ラーメン」。



そして、メニューの名前が「徳島ラーメン」。


そのまんまやん(笑)!



ムタヒロさんらしく、なんか、名前も捻れば良かったのに。


まあ、それはいいとして、おそらく、味の方は工夫してくれてると思います。




ということで、今月の限定巡り、2軒目、新人王ツルちゃんの作った
「徳島ラーメン」をいただいてきました。



早速、感想の方を行ってみましょうかね。




それでは!




まずは、見た目から。

鶏そば ムタヒロ 2号 -- 徳島ラーメン(2016年6月限定)

ハイ。

見た目は、まさに「徳島ラーメン」って感じですね。


僕らが、というか、一般的思い浮かべる「徳島ラーメン」です。

鶏そば ムタヒロ 2号 -- 徳島ラーメン(2016年6月限定)_アップ

濃厚そうな茶色のスープに、豚のスライスが添えてあります。


センターには、もやしを敷いた上に卵黄がのっている。

薬味には、ネギ。


具材の内容的にはシンプルなんですが、これが、一般的な「徳島ラーメン」。



ですが、やや、違うところもあるんですよね。



ここで、ちょっとだけうん蓄。


「徳島ラーメン」というと、ご当地では、3系統あるんです。


どういうものかというと・・・


「茶系」、「黄系」、「白系」の3つなんです。



で、大体、「徳島ラーメン」といって思い浮かべるのは「茶系」なんです。

つまり、今回のムタヒロの限定のビジュアルのような、豚バラがのって、
卵黄がのった茶色い濃厚そうなスープのラーメン。


これが「茶系」です。


これは、スープは、基本的に「豚骨」なんですよね。



これに対して、「豚骨」ではなく「鶏ガラ」で、スープも薄い色のもので、
「もやし」がのってるものがあります。

これが、「黄系」です。


で、「白系」は、とんこつラーメンに近い感じのもの。


この3系統があります。



で、今回のムタヒロのは、さっきも書きましたが、いわゆる「茶系」。


なんですが、実は、「黄系」の要素も含まれてるんです。


それが、見た目的にも、わかるんですね。

答えを言っちゃえば、「もやし」。

「もやし」をトッピングに混ぜているところなど、「黄系」要素を
含んでいるんです。


でも、「黄系」要素を含んでいるのは、それだけではないんです。



まあ、それはいただいてみればわかること。


なので、いただいてみます。



それでは。


まずは、スープから一口。



ん~!

この濃い口の醤油味。


甘辛く濃厚な味は、まさに「徳島ラーメン」って感じです。


美味いです。


醤油は、たまり醤油でしょうかね。

そんな感じの濃い口な印象です。


そして、まさに「徳島ラーメン」なんですが、決定的な違いがありました。



これ、「豚骨」ではなく「鶏ガラ」なんです。


スープは、「鶏ガラ」、しかも「白湯」と「清湯」を混ぜたものを
使っているようなんです。



ハイ!


ここで、先ほどのうん蓄。


パッと見、「茶系」なんですが、「黄系」の要素も含んでいると言いました。

それが、まさにこれで、スープを「鶏ガラ」にしているんですね。


なるほど、なるほど。


ベースのスープには、「鶏ガラ」の「白湯&清湯」を使って「黄系」風に、
そして、味付け、見た目の雰囲気を基本的に「茶系」風にしたわけですね。


まさに、「茶系」と「黄系」のフュージョン。

地味に面白いアレンジをしてますね。


そういえば、メニューポップに「茶系と黄系のインスパイア」って
書いてありましたっけ・・・。


ツルちゃん、新人さんなのに、いろいろと勉強してるんですね。

すばらしい!



そして、味も良いです。



スープの味は、けっこう濃い口で、しょっぱめではありますが、
徳島ラーメンは、このくらいが良い。


ただ、欲をいえば、これは、「ご飯付き」にすべきでしたね。


そうすれば、もっと良かった・・・。




では、続いて、麺。



麺は、普段からの2号店のピロピロ中太平打ち麺。

本来、徳島ラーメンだと中細麺を使うところですが、ま、ここは、
ムタヒロさんらしくて良いでしょう。


スープとの絡みも良いですし、麺がもともと美味しいので、全く問題なしです。




そして、具材。


もやしが、中々良いですね~。

ゴマ油で和えているのかな?


ややゴマ油の風味がかすめて、すごく食欲を掻き立てられます。

食感もシャキシャキとして美味い。


で、豚スラ。

本当であれば、もっと溶け込んだ感じで豚バラがトッピングされてるのが
「徳島ラーメン」ですが、ここでは、添えてある感じ。

それでも、しっかりとした味付け、ややしょっぱめではありますが、
「徳島ラーメン」には欠かせないものですよね。


美味いです。



あとは、卵黄をまぜまぜして麺に絡めていただいて。

卵黄が混ざったスープもいただいて。


美味しい、美味しい。



ただ、ここへきて、やはりご飯が欲しいですね。


ご飯、必須です。


今からでも遅くないんで、ご飯付きにしてみては?

名前も捻ってみては(笑)?


ま、それはいいとして・・・



とても、美味しくいただきました。


当然のことながら、完食です!



仕方なしなのか、それとも、あえてなのかはわかりませんが、
上手く「鶏ガラ」を使い、「茶系×黄系」のフュージョンという形で、
いわゆる「徳島ラーメン」を再現してました。


美味しかったと思います。





さて、ということで、ムタヒロ限定巡り、「限定頂上決戦」ですが、
1号店、2号店と2件を巡ってきました。


次に、3号店・・・と思ったのですが、さすが、3連食が、味がわからなくなります。

なので、少し時間を空けて、お腹を落ち着かせてから行ってきました。



まあ、結果的に同じ日に3軒廻ったわけですが・・・(笑)。



ということで、3軒目の3号店レポは、また次回の記事で。


3号店は、「店長王」の限定。


これが、また面白かった。

ご当地で、「そこに行きますか!」ってところを突いています(笑)。



それでは、また次回に。

鶏そば ムタヒロ 2号 -- 徳島ラーメン(2016年6月限定)_メニュー

鶏そば ムタヒロ 2号

[データ]
●店名:鶏そば ムタヒロ 2号
●住所:東京都国分寺市本町2-3-6 タリホービル 1F右
●交通:JR中央線「国分寺」より徒歩3分
●営業:[月・火/木~土]11:30~15:00・18:00~23:00/[日・祝]11:30~21:00(スープ・麺終わり次第終了)
●定休:水曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 徳島/鶏がら(徳島らーめん) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック