プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
味噌中華そば ムタヒロ@西国分寺 / ミソソ台湾ラーメン(2016年6月限定)
味噌中華そば ムタヒロ
ミソソ台湾ラーメン(2016年6月限定)

[訪問日]
2016年6月11日(土)

[評価]★★★★☆

味噌中華そば ムタヒロ -- ミソソ台湾ラーメン(2016年6月限定)


さて、今月もスタートしている「ムタヒロ限定巡り」。

限定スタート初日に1号店から3号店まで訪問、それらのレポは、
すでにブログの方にアップしてきました。


そして、2日目には、残りの1軒となる西国分寺にある6号店
「味噌中華そば ムタヒロ」にお邪魔してきてるのですが、
そちらの方のレポがまだアップしてませんので、今回は、そちらの方を。



いきなり、「ムタヒロ」だとか「限定巡り」だとか書かれていても、
何がなんだかわからない人もいるかと思われますので、一応簡単に解説を。


このブログを見ていただいてる方には、ホント、くどくなってしまい
申し訳ないのですが・・・



「ムタヒロ」というのはですね・・・。



国分寺に3店舗、西国分寺に1店舗、大阪福島に1店舗を
展開している「ラーメン店グループ」。

ラーメン店だけでなく、大阪名物「串揚げ」のお店も
同じく国分寺で営業しているのがムタヒログループです。


昨年は、海外にも進出、韓国ソウルにも「鶏そば ムタヒロ」を
オープン。


しかも、今年は、国立に新店をオープンすることも発表。

どうやら、今度は「肉中華そば ムタヒロ」ということで・・・


そして、さらに、もう1店舗出すみたいなんですね。



そんな感じの乗りに乗ってるグループなんです。



で、そのムタヒロが、毎月展開しているのが、「限定麺」。

そして、その限定を食べ歩くのが、僕の趣味なわけです。




ということで、冒頭につながっていきます・・・(笑)。

今月も、その「限定巡り」をしているというわけです。




さて、その今月の限定麺なのですが、ここ数ヶ月続いている、
ちょっとしたイベント形式の続きになっています。


今回を含め、4月からのムタヒロの限定は、イベント形式になっていて、
3ヶ月リレーしての「限定対決」になっているんです。



まず、4月が、ムタヒロの若手ホープ4人での「新人決戦」。

このときは、「牛」をテーマに、限定麺を創作し、その勝利を収めたのは、
1号店常勤、副店長のツルちゃんこと鶴田くん。



そして、続く5月。


5月は、1号店から3号店までの各店長による「店長決戦」。

このときは、「担々麺」をテーマに対決。


この勝負を制したのは、3号店の墨谷店長。



そして、さらに、6月。


今月です。



今月は、このそれぞれの決戦を勝ち抜いた「新人王」、「店長王」を
ムタヒロ創業者のムタ&ヒロが迎え撃ち、4者で対決するという
「ムタヒロ限定頂上決戦」になっているわけです。



そして、今回のテーマは・・・


「ご当地ラーメン」という難しいテーマですよね~。



ということで、「限定頂上決戦」にふさわしい難しいテーマで
接線を繰り広げてるわけですが・・・

ってか、まだ始まったばかりだから、接戦かどうかわからないですけど・・・(笑)。




とりあえず、冒頭でも書きましたが、初日から食べ歩いているわけで、
今月も、初日に国分寺3店舗、2日目に西国分寺1店舗と合計4店舗、
すでに食べ終えてます。



で、1軒目、2軒目、3軒目のレポは、すでに完了してるのですが、
その続きで、今回は、4軒目のレポというわけです。


一応、すでにアップしている記事を紹介しておきますと・・・



今回は、1号店から順に廻っていまして、まずは、1号店に行ったわけですが、
 ⇒ 「中華そば ムタヒロ / ムタタ醤油の極煮干そば(2016年6月限定)」の記事


今回の1号店は、ムタヒロ創業者の一人、店主であり社長でもある牟田さんが、
青森のご当地ラーメンである「青森煮干し」ででの直球勝負。


正統派「青森煮干し」です。


店主の貫禄を出してきた感がありますね。




そして、2軒目に廻ってきたのが、2号店の「鶏そば ムタヒロ」。
 ⇒ 「鶏そば ムタヒロ / 徳島ラーメン(2016年6月限定)」の記事



今回の2号店は、通常は、1号店に常勤している新人王ツルちゃんの
限定を提供しています。


今回、新人王ツルちゃんが選んだのは、四国徳島の「徳島ラーメン」。

「徳島ラーメン」というと、卵黄と豚バラののった甘辛い豚骨醤油が
真っ先に思い浮かぶのですが、今回は、それをムタヒロっぽくアレンジしたもの。


「茶系」と「黄系」の融合。

うまくアレンジしてます。




そして、3軒目にお邪魔したのが3号店の「まぜまぜ ムタヒロ」。
 ⇒ 「まぜまぜ ムタヒロ / GKMラーメン(2016年6月限定)」の記事

今回の3号店は、「店長決戦」で見事勝ち抜いた3号店店長の墨谷店長の限定。


そして、彼が選んだのが、ご当地ラーメンであるのは間違いないのですが、
むしろ、「B級グルメ」色が強い「牛乳カレー味噌ラーメン」。


かなりマニアックです。

本場、青森でも5軒しか食べれる店がないというのに・・・。



これが、かなりジャンク・・・。

だけど、ハマリそうな美味さ。

面白いです。




さあ、そして、いよいよ、ラストです。



ラストは、西国分寺の6号店「味噌中華そば ムタヒロ」。

実は、限定麺を出すのは3回目という6号店なんですが、今回は、ムタヒロの創業者、
牟田さんとともにツートップンの一人である新井博道さんの限定。


「ムタヒロ」の「ヒロ」の方ですね。



その新井さんが、今回選んだご当地ラーメンは・・・。


名古屋発祥の「台湾ラーメン」です。


この「台湾ラーメン」を「味噌中華そば ムタヒロ」バージョンで
アレンジしたものを提供してくれてます。



つまり、簡単に言っちゃえば、味噌味の「台湾ラーメン」ということです。

なんたって、「ミソソ台湾ラーメン」ですから・・・(笑)。


わかりやすいネーミングですね。



でも、正直、僕の好みとしては、けっこうど真ん中なんですよね。


「味噌ラーメン」大好き、「台湾ラーメン」も大好き。

その2つが合わさってるわけですから!



けっこう楽しみにしていたんです。




ということで、「ムタヒロ限定頂上決戦」、最後にいただいたのは、
新井さんの作品で「味噌中華そば ムタヒロ」の「ミソソ台湾ラーメン」。



どんな味だったんでしょうね~。





では、早速、レポしていきたいと思います。




まずは、ビジュアルです。

味噌中華そば ムタヒロ -- ミソソ台湾ラーメン(2016年6月限定)

1号店、3号店同様に「ムタヒロ雷文」の藻湯が入ったどんぶりで登場。

このどんぶりも、すっかり定着してきましたね。



そして、その見た目はというと・・・

まさしく「台湾ラーメン」です。



かなり、オーソドックスな「台湾ラーメンの顔」をしています。

味噌中華そば ムタヒロ -- ミソソ台湾ラーメン(2016年6月限定)_アップ

スープの表面は唐辛子で真っ赤。

中央には、唐辛子で炒めた豚挽き肉がこんもりと盛られています。

その下には、もやしとキャベツがたっぷり。


スープ表面には、お決まりのニラが散りばめられています。


まさに「台湾ラーメン」のビジュアルですよね。


ただ、調理法は、本来の「台湾ラーメン」とは違っていたようですが。

これについては、また後で。



それと、元々のサンプル写真にのっていた挽肉を囲っていた豚スラ。

これがなくなってるんですよね。


単純ですけど、そこにオリジナリティを感じてたりもしたんですが・・・。

ま、大きな影響はないのでいいのですが・・・。



とにかく、美味そうであるのには違いありません。


間違いなく美味いと思います。



なので、いただいてみましょう!




まずは、スープから一口・・・。



旨辛~!

これは、大好きな味です。


想像してた通りで良かった・・・。



「台湾ラーメン」というと、普通は、鶏ガラ醤油ラーメンがベース。

そこに挽肉、もやし、ニラなどを唐辛子で炒めたものをのせる。
それによって辛みが加わるわけです。


ですが、今回の「ミソソ台湾ラーメン」は、まず、ベースが違います。

ベースは、6号店の「鶏豚骨の味噌ラーメン」。

この時点で、すでに、辛みを加えたスープになっていて、
どちらかというと「辛味噌ラーメン」っぽくなっています。


そこに、湯通ししたもやしとキャベツを盛り、その上から、
唐辛子で炒めた挽肉を盛っています。


で、ニラを散りばめているわけでね。



僕も素人なので適当なことは言えないのですが、ちょっと造り方の工程が
違うようではあるのですが、ま、食べてみれば、「台湾ラーメン」なわけで、
しかも美味いのですから文句なしですよね。


しかも、コクのある「味噌」がベースなんですから、なおさらです。


もやしのシャキシャキ感、にんにくの効いた辛い挽肉。

そして、ニラ。


ウマウマです。



で、麺は、いつもの中細ストレート麺。

ツルツルとしたのど越しにモチモチ食感。


辛い味噌スープもしっかり吸ってくれて美味しいです。



辛さは・・・

個人的には、辛いうちに入らないですね。


ちょうど良いです!



それにしても、一応汗をかきかきの完食なのですが・・・。



で、実は、この「台湾ラーメン」、ライスがついてきます。

味噌中華そば ムタヒロ -- ミソソ台湾ラーメン(2016年6月限定)_ご飯

ってことは、お約束ではあるのですが、最後は、若干スープを残しつつの
ご飯を投入ですよね。


辛味噌、辛挽肉、この中にライス投入。

味噌中華そば ムタヒロ -- ミソソ台湾ラーメン(2016年6月限定)_ご飯割り

不味いわけがありません。


これをやらなければ食べ終えられないくらいのお約束の〆。


一滴一粒残さずの完食です。



美味かったです。


正直、手のkんだことはやっていない、一番ストレートな味なんですが、
一番、ストレートに美味しさが伝わってきました。

個人的にけっこう好きなんで、リピートしたいですね。



ただ、やっぱり、豚スラが欲しかったかな・・・


って、まだ言うかって感じなのですが・・・。




さて、ということで、今月の「ムタヒロ限定巡り」、とりあえずは、
一通り食べ終えました。


今回は、「限定頂上決戦」ということもあり、面白い対決になりそうですよね。

みなさん、いろいろとアイデアを凝らしていて、甲乙つけがたいです。


一体、誰が頂点に立つのやら。

そして、頂点に立った人は、どんなメリットを得られるのやら(笑)。


楽しみですね。



ところで、実は、今月、来月とラーメンウォーカーとのコラボで、
日曜限定で、もう一つの限定がいただけるんですよね。


本当は、先月から始まっていたんですが、先月は、通常の限定と
ドッキングした形になってしまいましたが、今月からは、しっかりと
日曜限定で始まっているようです。


今月は、以前、2号店で出していた「蟹味噌ラーメン」。


これも、近々いただいてこようと思ってます。


いただいたら、また感想をアップしたいと思います。



なんか、楽しみが尽きないなぁ!!

味噌中華そば ムタヒロ -- ミソソ台湾ラーメン(2016年6月限定)_メニュー

味噌中華そば ムタヒロ看板

味噌中華そば ムタヒロ

[データ]
●店名:味噌中華そば ムタヒロ
●住所:東京都国分寺市西恋ヶ窪2-6-5
●交通:JR中央線「西国分寺」より徒歩1分
●営業:[月~水・金~日]11:30~15:00・18:00~21:00
●定休:木曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■その他 [ 名古屋/台湾らーめん(味噌味) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック