プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺屋 悠@大久保 / 支那そば
麺屋 悠
支那そば

[訪問日]
2016年6月17日(金)

[評価]★★★☆☆

麺屋 悠 -- 支那そば


今月の1日にオープンしたばかりの新店「麺屋 悠」。


珍しく、新店に早々の訪問です。



というのも、こちらのご主人、目黒の名店「かづ屋」や高円寺の「はやしまる」で
修行された方のお店のようで、「かづ屋」、「はやしまる」は、僕も大好きなお店ですので、
早速の訪問というわけです。


「かづ屋」出身の方のお店といえば、渋谷の「らーめん 穀雨」がけっこう人気です。

僕もいただいたことがありますが、美味しかった記憶がありますし・・・。


まあ、「かづ屋」、「はやしまる」といえば、浜田山の名店「たんたん亭」出身ですから、
その味は、お墨付きですよね。

「たんたん亭系」ですと、池尻大橋の「八雲」なんか絶品ですし、そういう意味でも
けっこう期待しての今回の訪問なんです。



さて、この「麺屋 悠」というお店なんですが、場所は、大久保にあります。


最寄り駅が、JR総武線「大久保」で、歩いて1分。

線路高架沿いに歩いていき、路地を入った途中にあります。

ちょうど「らーめん 五ノ神製作所」の一本となりの路地にあります。


駅近で便利ですね。



店内は、L字型カウンター7席のみですが、スペース的にはゆったりしています。



メニューはというと・・・。


まず、ベースとなっているのが、「支那そば」。

これの「味玉のせ」がもう一つ。


あとは、「たんたん亭系」としてはずせないのが、「ワンタンメン」。


通常は、「肉ワンタン」と「海老ワンタン」の2種類があるのですが、
こちらのお店では、「肉ワンタン」のみになっています。


したがって、「肉ワンタンメンが、もう一つのベース。

これに、チャーシューをのせた「チャーシュー肉ワンタンメン」、
味噌味の「味噌肉ワンタンメン」、「辛味噌肉ワンタンメン」があります。

さらに、この3つから「肉ワンタン」を除いたバリエーションもあります。


逆トッピングバリエーションって感じですね。


あとは、カレーセットというがあり、追加トッピングもあります。




さて、こういうメニュー構成なのですが、何をチョイスしたかというと・・・。



本当であれば、「たんたん亭系」なので、「ワンタンメン」をいただくのが
セオリー的なものなのですが・・・。


今回は、あえて、「支那そば」をチョイスしました。

なぜかという、特に理由はないのですが・・・。


なんとなくです・・・。




ということで、「たんたん亭系」としては、久々の新店である「麺屋 悠」。


早速いただいてきましたので、感想の方をレポしていきたいと思います。



それでは!




まずは、ビジュアルです。

麺屋 悠 -- 支那そば

まさしく、オーソドックスな「たんたん亭系」の「支那そば」って感じです。


どんぶりこそ、「たんたん亭」や「かづ屋」とは違った模様のものを使ってますが、
その丼顔を見れば、あきらかに「その系列」であることがわかってしまう見た目です。

この「たんたん亭系」と「こうや系」は、見ただけ「その系列」ってのが
わかってしまうビジュアルですよね。



さて、細かく。

麺屋 悠 -- 支那そば_アップ

まず、スープ。


やや濁り気味ではあるのですが、清湯醤油。


麺は、ストレートの細麺。

他の系列店と同じ麺を使っているかはわかりませんが、同系統ではありますね。


具材は、デフォですので、シンプルです。


メンマ、チャーシュー2枚に海苔。

このチャーシューが「たんたん亭系」ならではの焼豚で、縁が赤くなった
すごく特徴的なロースチャーシューですよね。


そして、薬味には、二種の刻みネギ。



美味しそうです。



では、いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。


もう、店に入ったときから、「たんたん亭系」の香りが漂っていて、
その時点で、ある程度の味の予想はできていたのですが、やはり、そのとおり。

鶏豚骨の動物系をベースに魚介を合わせたスープ。


サラリとして、しかも、じんわりと染み入るスープは中々美味しい。


しっかりとした動物系の下支えもありながらも、際立つ魚介風味。

食べ進むにつれ、味がじんわりと沁みてくる。


まさに「あの味」を踏襲しています。



麺は、食感はプリプリした感覚で、ハリもあって、喉越しも
ツルッとしていて美味しい。

スルスルといけちゃいます。


ただ、調理しているところを見ていたのですが、麺茹ではテボなんですね。

「たんたん亭系」というと、平ザルでの職人的な麺茹で、麺上げも
見所の1つでもあったんです、まあ、美味しいければいいですね。


チャーシューは、これは、代々受け継がれてきているものなのでしょう。

秘伝のタレか何かに漬けられ、表面がこんがりと焼かれたロース肉は、
切ると、縁がピンク色になっている。

これが、香ばしくて、美味しいんですよね。


たまに、同じ「たんたん亭系」でも、これが固かったりすることもあって、
当たりハズレもあるんですが、今回は、普通に美味しくいただけました。


メンマは、シャクシャクとした食感で、これも良し。



最後まで美味しくいただけました。


あっという間の完食です。



ただ、やはり、「たんたん亭系」とはいっても、孫弟子ということもあってか、
やや、本家との差というのは出ているのかなという印象も。


でも、本家の「たんたん亭」も、最近は、ちょっと落ちたような気もしますし・・・。



渋谷の「穀雨」は美味しかったような記憶があるんですけどね。

でも、この系列だと、やはり「八雲」なんでしょうかね。

それか、「かづ屋」、「はやしまる」かな?



あとは、やはり、最後まで食べて、やはり「ワンタンメン」にすれば良かった・・・

そんな風にも思ったり・・・。


今度、行く機会があったら、「ワンタンメン」を試したいですね。

麺屋 悠

[データ]
●店名:麺屋 悠
●住所:東京都新宿区百人町1-23-11 土田ビル別館 1F
●交通:JR総武線「大久保」より徒歩1分
●営業:[月~土]11:30~15:00(売切れ次第終了)
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+豚骨+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック