プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
中華そば 二階堂@九段下 / 中華そば
中華そば 二階堂
中華そば

[訪問日]
2016年7月6日(水)

[評価]★★★★☆

中華そば 二階堂 -- 中華そば


今年の5月にオープンしたばかりの「中華そば 二階堂」。

東京・九段下のオフィス街の路地にポツンと赤い暖簾を提げて佇むお店。


ひっそりと、というわけでもないですが、気づいたらオープンしてました。



いろいろとネットでの評判もよく、落ち着いたら訪問してみようと思っていた
新店の1つで、今回、初訪です。



こちらのお店、「新店」とは言ってますが、実は、正確には、屋号を変えての
移転リニューアルオープンのお店だということ。



では、何ていうお店からの移転リニューアルなのか。


西新宿の都庁近く、ワシントンホテルの裏にある「麺食堂 杉本商店」
というお店をご存知でしょうか?

お恥ずかしながら、僕は知らなかったし、訪問もしていないお店。


このお店が、ビル取り壊しのため、6月末をもって閉店。

その移転リニューアル、後継店としてオープンしたのが、この「二階堂」なんです。


先ほど、まだ営業しているような言い方をしてしまいましたが、
6月末までということだったので、おそらく、すでにないのでしょう。



もともとは、1997年、「らーめん 杉」としてオープンした「杉本商店」。

2009年に、先代からの代継ぎを機に、「杉本商店」として営業していました。


今回の移転リニューアルで、なんで、屋号が「二階堂」に変わったのか、
店主は、そのまま「杉本商店」の店主が後継しているのかなどは不明。


ただ、この「杉本商店」からの移転リニューアルであることは間違いなさそうなんです。


約20年の歴史。

けっこう長いお店ですね。



さて、そんな「二階堂」。



冒頭でも言いましたが、九段下のオフィス街ど真ん中の路地にあります。


アクセスは、「九段下」から歩いて5分程度。

ちょうど、移転してしまった「九段 斑鳩」の近くにあります。



赤い暖簾、真鍮ゴールドの屋号表札。


入口ドアは木製ですが、それ以外はガラス張りで、縦に長いお店です。



席は、カウンターのみ、厨房を前にした逆L字型の10席。

店主と思しき方と他男性一人、ホール担当の女性での3人体制。


行列こそできていなかったですが、常に満席状態で繁盛してる様子でした。




メニューは、基本的には3種類。


「中華そば」、「煮干そば」、「つけそば」の3つが基本。

で、「中華そば」、「煮干そば」は、トッピングバリエーションがあり、
「味玉」、「わんたん」、「特製」の3種類のバリエーションがあります。

ただ、「中華そば」のみ「ちゃーしゅうめん」というのがあるのと、
「つけそば」に関しては、バリエーションは「特製」のみになってます。


さらに、「中華そば」と「煮干そば」では、麺の種類が違います。

「中華そば」は、細麺、「煮干そば」は、手もみの平打ち縮れ麺で、
希望すれば、それぞれ麺を変更することもできるようです。


「つけそば」は、麺の種類はわからないですが、麺量を200gと300gから
選ぶことができます。



それと、基本メニューととは別に、「THE 冷やし中華」というのがあって、
中々興味を惹くものがありました。

ご飯ものとしては、「炙り肉ごはん」というのがありました。


あとは、追加トッピング類と飲み物ですね。



前身の「杉本商店」とは、大分違うメニュー内容になっているようで
割りとスタンダードなメニュー構成ですね。




で、こんな中、僕がチョイスしたのは、基本中の基本と思われる「中華そば」。

これをデフォルトでいただくことにしました。



「杉本商店」は、いただいたことがないのですが、なんとなくですが、
美味しそうなオーラを出していたので、ちょっと楽しみですね。




ということで、初訪となる新店「中華そば 二階堂」。

ベーシックな「中華そば」をいただいてきましたので、早速、感想の方を。





まずは、見た目から。

中華そば 二階堂 -- 中華そば

雷文模様の、まさに「中華そば」って感じのどんぶりで登場。

丸い銀のトレーにのっています。


オーソドックスですが、美味しそうですね。


では、細かく。

中華そば 二階堂 -- 中華そば_アップ

スープは、これまたスタンダードな清湯醤油。

キレイな琥珀色です。



麺は、細麺という話でしたが、細麺よりやや太い中細麺って感じですね。



具材もシンプルです。

ロースのチャーシューが一枚、メンマ、薬味には、三つ葉と万能ネギ、
どんぶりサイドに海苔が一枚という内容。



シンプルでいいですね~。



それにしても、レンゲが長い・・・。

これだけ、スタンダードっぽくなかったり・・・(笑)。


ま、それはいいとして、シンプルで美味しそうです。




では、いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。



中々、いい感じのスープですね~。


鶏をベースとしたスープに、昆布、煮干し、野菜などがバランスよく
合わさっています。

すごく優しい味。


タレも、キレがありながらも、しっかりと醤油の旨味も感じられ、
後味も良い醤油味ですね。


お店の説明によると、鶏は、大山鶏の丸鶏とガラをベースに、羅臼昆布、煮干し、
椎茸、アサリを合わせているようです。


タレは、小豆島産の生醤油を中心に数種類の生醤油をブレンドして
火入れしたものを使っているとのこと。


そういえば、カウンター脇の棚に、いくつも生醤油の瓶が並べてあったっけ。



美味しいですね。


シンプルだけど、いわゆるノスタルジック系とはやや違った美味しさがあります。



麺は、加水は高くも低くもない感じで、ただ、けっこうザックリくるタイプで
個人的には好きなタイプの麺でしたね。


先ほども言いましたが、細麺というよりは、中細麺という感じ。


麺との相性も良く美味しいです。



チャーシューは、低温調理してるんでしょう、ややピンクがかっていて
むっちりとした食感が中々良いです。


味付けも良い塩梅で美味しいですね。



メンマはやや甘めですかね、海苔は、まあ、特に言うことなし。


三つ葉はサッパリして良いですね。




全体的には、正直、絶品ってほどでもないですが、美味しい仕上がりだと思います。

盛り付けとかね、もう少しキレイでも良かったかなと思いますが。


でも、美味しく完食しました。



普通に、もう一度食べたくなるラーメンではあります。

中毒性は特にないですけど。


やっぱりオーソドックスなのかな。

素材とか見ると、今っぽさも感じられるのですが、まとまりは無難。


ややノスタルジック系でもあり、共存した感じ?



どちらも味わえるという意味では面白いかも。



また食べてみたいと思うのだから、美味しいのだと思います。



機会あれば、「煮干そば」、「つけそば」も食べてみたいですね。

でも、もう一回「中華そば」を食べてみたいかな?




とりあえず、美味しいのは事実。


そして、「斑鳩」が移転していて幸いだったとも思います(笑)。

っていうか、系統も違うし、今の「斑鳩」より美味いかな・・・。

中華そば 二階堂_表札

中華そば 二階堂

[データ]
●店名:中華そば 二階堂
●住所:東京都千代田区飯田橋2-3-7 1F
●交通:東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下」より徒歩5分
●営業:[月~金]11:30~15:00・18:00~21:00/[土]11:30~15:00
●定休:日曜・祝日




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック