プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
くじら食堂@東小金井 / 生姜醤油ラーメン(限定)
くじら食堂
生姜醤油ラーメン(限定)

[訪問日]
2016年7月15日(金)

[評価]★★★★☆

くじら食堂 -- 生姜醤油ラーメン(限定)


約1ヶ月ほど前、久々に訪問して、改めてその美味さが身にしみて
嵌まりつつある「くじら食堂」。


「くじら食堂」は、店主である下村さんが、都立家政の名店「麺や 七彩」で
3年の修行を経て2013年の9月に独立して開いたお店。


それ以来、約2年9ヶ月、その名声をほしいままにしています。


もはや名店ですね。



それも、やはり、店主自らが厨房に立ち、職人気質なまでに
こだわり続けてラーメンを作ってるからでしょう。



素晴らしいです。




場所は、中央線の「東小金井」というローカルな土地。


この駅には、「油そば」の名店「宝華」があるのでも有名ですが、
それほどラーメン店の激戦区といえるほどの場所ではありません。


駅からは歩いて2分という恵まれた立地ではあるものの、街自体が
そういうところですからね。

決して恵まれているとはいえません。



にもかかわらず、「くじら食堂」を求めて、人は集まるのです。



店は、ゆったりとしたスペースではありますが、L字型のカウンター10席のみ。

営業は、土曜日のみ昼営業で、他の営業日は夜営業のみ。


なので、仕事帰りの人や学生などや、常連のお客さんも多く、
老若男女関係なく引っ切り無しにお客さんが出入りしています。



店主の下村さんの人柄もあるのでしょう。

なんか落ち着く店なんですよね。




メニューは、「醤油」、「塩」、「醤油つけ」、「塩つけ」、「油そば」の
が5種類が基本になっていて、それぞれ、「味玉」、「チャーシュー」、
「特製」といったトッピングバリエーションになっています。

しかも、麺が無料で150g、200g、250gから選ぶことができます。


あとは、限定メニューが、その時々でろいろとやっています。

もちろん、各種追加トッピングや酒類も。



メニューは、ザッとこんなもんです。



味については、鶏清湯に魚介を合わせたダブルスープが基本。

で、前の記事でも触れてきていますが、やはり、「くじら食堂」といえば、
「麺」が美味しい。

「自家製麺」が一番の「売り」といえます。


「麺や 七彩」仕込みの下村さんの作る自家製麺なくして、
「くじら食堂」の味を語ることはでいないほど。



そのくらい麺が美味しいです。


この麺で、あの店のスープで、あそこのラーメンも食べてみたいなあとか
そんなことを思わせてくれる麺です。




で、約1ヶ月ほど前、久しぶりに訪問して、それを再確認したわけです。


前回は、夏季限定で始まっていた「冷し中華」をいただきました。


「普通の冷し中華」ということだったのですが、確かに「普通の冷し中華」で、
ですが、麺は、「くじら食堂」の麺なので、一味も二味も違ったんですね。



そして、そのときに、もう1ついただいてみたいなと思っていた
メニューがありまして・・・。


今回は、それをいただきにお邪魔したというわけです.



それが、今回いただいてきた「生姜醤油ラーメン」です。



「生姜醤油」といえば、「長岡のご当地ラーメン」を思い浮かべますが、
どうやらそれとは違うようなんですよね。


とても楽しみにしておりました。



ということで、「くじら食堂」の限定「生姜醤油ラーメン」、
いただいてきましたので、早速感想の方を。





まずは、ビジュアルから。

くじら食堂 -- 生姜醤油ラーメン(限定)

パッと見は、普段の「醤油らー麺」とあまり変わりのない見た目。

ただ、立ち込める香りは違いますね~。


この香りは・・・。



では、ちょっと細かく。

くじら食堂 -- 生姜醤油ラーメン(限定)_アップ

まず、スープは、基本的に普段の「醤油らー麺」と同じ清湯醤油。

ただ、やや色合いが濃い目にも見えます。


そして、しっかり見てみると明らかに違うのが、「油」。


普段の「醤油らー麺」で使っている「鶏油」ではないですね。

揚げネギは油と一緒に浮いています。


この香ばしい香りは、これのせいかな?



そして、麺は、いつもの手揉みした平打ち縮れ麺。


ホント、手打ち麺かと思わせるようなランダムな太さ、縮れ。

これが美味いんですよね。


そして、メンマ。

黒胡椒がまぶしてある細切りのメンマ。

竹の子っぽさもあるこのメンマは、「七彩」譲りで、「くじら」も
常にこのメンマです。


そして、部位の違う2種類のチャーシュー。

バラとロースですね。


どちらも低温調理されているようで、ピンクがかっています。



あとは、たっぷりの薬味のネギ。



とてもシンプルですが、美味しそうですね~。

ただ、この見た目からは「生姜」は見当たらないです。


ま、トッピングに生姜とうわけでもないでしょうしね。




では、いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。



・・・生姜です。

まず感じる第一印象は、生姜のピリ辛さ。

そして、それと同時に感じるのが揚げネギの香ばしさ。


この2つが一体となって口に広がってきます。


油は、ネギ油のようですね。


スープは、鶏と魚介にしっかりと下支えされたているのでしょうけど、
それよりも生姜とネギ油のインパクトが前面に出てきてますね。



これは、美味い!


やはり、「長岡生姜醤油」ではないですね。

「くじら食堂」オリジナルの「生姜醤油ラーメン」って感じです。


味も、やや濃い目になっているようです。



これは、美味いな。


おそらく、味付けとしては、「おろし生姜」をたっぷりとスープに
ぶち込んでいるくらいなんでしょうけど、かなり美味い。


濃い目の醤油味も良いんでしょうかね。


それと、やっぱり、「ネギ油」かな。


この香ばしさとがスープの味をガラッと変えてるんですね。



かなり後を引くスープです。


美味いです。




そして、「麺」。



もう言うまでもありません。


このピロピロ感、モチモチ感。

たまらないくらいに美味いですね。



「麺」は、無料で150g、200g、250gから選べるのは前述しましたが、
僕は、個人的に大盛りというのを避けているので、150gの量でしか
オーダーしてません。

本当は、もっとたくさん食べれるんですよ。

でも、大盛りにすると、味が本来の味ではなくなると思ってるので、
大盛りにはしないようにしてるんです。


でも、この麺は、大盛りにしたくなりますよね。


ペロッと食べれちゃいそうな気がします。



本当に美味しいです。



で、具材も美味しい。


2種のチャーシューも薄味なので、他の味を邪魔することなく、
それでいて、やわらかく食べやすいので、その存在の主張を
欠くことはないうまさです。


メンマもコリコリとして美味いです。



あっという間の完食です。


最後まで、生姜とネギ油の風味を感じながら汁完。


美味しかったです。

これは、限定ではなくレギュラーにしてもらいたいな。



個人的にヒットでした。




ということで、「生姜醤油ラーメン」をいただいたわけですが、
今度は、未食の「油そば」を食べようと思ってるんですよね。

これも「ネギ油」を使ってるようなんですが、なんか美味しそうで・・・。



また、近々、ってか、早々にお邪魔したいと思ってます。

くじら食堂_暖簾

くじら食堂_2016

[データ]
●店名:くじら食堂
●住所:東京都小金井市梶野町5-1-19
●交通:JR中央線「東小金井」より徒歩2分
●営業:[月~金]18:00~25:00/[土]11:30~14:30(材料なくなり次第終了)
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+魚介+生姜 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック