プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
まぜまぜ ムタヒロ 3号@国分寺 / ヒヤヤ冷やしおろしそば(2016年8月限定)
まぜまぜ ムタヒロ 3号
ヒヤヤ冷やしおろしそば(2016年8月限定)

[訪問日]
2016年8月7日(日)

[評価]★★★★☆

まぜまぜ ムタヒロ 3号 -- ヒヤヤ冷やしおろしそば(2016年8月限定)


さて、前回、前々回に引き続き、2016年8月の「ムタヒロ限定巡り」です。


僕が行きつけにしている「ムタヒログループ」の限定麺が
今月もスタートしています。


すでに、1号店の「中華そば ムタヒロ」、2号店の「鶏そば ムタヒロ」は、
いただいてきています。


それぞれ感想は、こちらの記事にアップしています。
 ⇒ 「中華そば ムタヒロ / 鯵冷やし中華そば」の記事
 ⇒ 「鶏そば ムタヒロ / エビ香るエビビ鶏そば」の記事

「ムタヒロ」や「ムタヒロの限定」についても、こちらの記事で触れてますので、
ご覧いただければと思います。




さて、この1号店、2号店に続く3号店「まぜまぜ ムタヒロ」。

日を翌日に改めての訪問です。



毎回、個性豊かな限定を提供してくれる3号店。

ムタヒロの中でも、個人的にお気に入りのお店の1つです。


その3号店なのですが、今回もおもしろい限定麺を作ってくれました。


今回は、

「ヒヤヤ冷やしおろしそば」

というもの。


このメニュータイトルからみると、

「あ、大根おろしを使った冷やしラーメンなのね」

って思うかもしれません。


確かにそうなのですが、ただ、そんな単純なものでもありません。


もっとおもしろい仕掛けがしてあるんです。



それが、どんな仕掛けか・・・。



とりあえず、「百聞は一見にしかず」ならぬ「一食にしかず」です。

実際にいただいてきたので、早速、感想をレポしていきましょう。




それでは、「まぜまぜ ムタヒロ」の「ヒヤヤ冷やしおろしそば」です。




まずは、ビジュアルから。

まぜまぜ ムタヒロ 3号 -- ヒヤヤ冷やしおろしそば(2016年8月限定)

どんぶりは、最近登場の率が多くなっている雷文模様のもの。

3号では、ムタヒロ雷文は登場しないんですよね(笑)。


盛り付けもキレイですね。


スライスした紫玉ネギが一際目立ちますが、カラフルで彩りもキレイです。



墨谷店長の丁寧な仕事ぶりが伺えます。




では、細かく。

まぜまぜ ムタヒロ 3号 -- ヒヤヤ冷やしおろしそば(2016年8月限定)_アップ

まず、スープ。


キラキラと表面に油の浮いた茶色い清湯醤油。

チラッと覗かせている麺は、普段の3号店の手揉みした太縮れ麺ですね。



トッピングが、また個性的です。



まず正面に豪快に盛ってあるのは、鶏モモの照り焼き。

これが3枚のっています。


右側には、茄子とピーマンが数個。

これは、両方とも揚げてありますね。



左上には、大葉の上にのった大根おろしとおろし生姜。



そして、中央には、たっぷりの紫玉ネギのスライス。




こんな感じのラインナップです。


紫、緑、白、黄色、茶色・・・

とてもカラフルでキレイですね。



こういう盛り付け、個人的なラーメン美学にマッチして大好きです。

ちょっと食べるのもったいなくなりますが・・・。




でも、いただいちゃいましょう!




まずは、スープから一口。



冷たく冷えた醤油スープ。

これは、アゴ出汁ですね。


ポップにも書いてありましたが、アゴ煮干しから出汁を
とっているようですね。


っていうか、この味は、「アゴ出汁」ですね。


なんていうのかな、なんとなく甘めに感じるんですよね。

いわゆる煮干しっぽさがなく、クセもない美味しいスープなんです。



その「アゴ煮干し」からとった清湯醤油スープ。


美味しいです。



麺は、冷たく締まっていてコシが強いのに合わせ、モッチリとして
美味しいです。


冷たいスープともしっかり絡みますね。



と、まあ、こんな感じで、最初は、「アゴ出汁」を感じながら、
冷たい醤油ラーメンを味わっていたのですが・・・。



これが、徐々に味が変わっていくんです、このラーメン。



何がどう変わっていくかというと・・・。


まず、その理由の1つとして、手前にガツンと盛ってあった鶏モモ。

これが、照り焼きになっていて、そこまで主張は強くないですが、
甘辛いタレの味を感じてくるんですね。


そして、さらに、右側に盛ってあった茄子とピーマン。

これが、なんと「揚げ出し」になっているんです。


揚げ出しというと、「豆腐」が多いですが、「茄子」もありますよね。

で、大抵、醤油やみりんなどのつゆをかけて食べるわけですが、
当然、甘味がある料理です。


それが、トッピングとしてのっているということは・・・


もちろん、甘く感じるわけです。



そう、揚げ出しがのっているため、味が徐々に甘めにシフトしていく。

そんな感じ。


照り焼き ⇒ 揚げ出し

こう来たあとに、今度は、大葉にのった大根おろしとおろし生姜。


これが極めつけですね。


大根おろしといえば、「揚げ出し」には最高に相性のよいもの、
っていうより欠かせないもの?

つまり、「揚げ出し感」が、この大根おろしで一気に加速。


甘めにシフトしつつも、大根おろしとおろし生姜で、サッパリとして、
もう、最後は、揚げ出しを食べている感覚。


なんか不思議な感じ。



食べ始めは「アゴ出汁」。

だけど、食べ終えるときは「揚げ出し」に変わっているという・・・。


洒落ですか(笑)?



不思議な「味変マジック」にかかった感じ。



これ、出汁が「アゴ煮干し」だから成立したのかなとも思います。

おそらく、別の魚介系の出汁だと、ここまで「揚げ出し」と
マッチしなかったと思うんですよね。


これは、発想の勝利ですね。



アゴ出汁を感じながら、揚げ出しの甘い味を楽しみ、大根おろしや
おろし生姜でサッパリと食べ終える。



おもしろいし、美味しいです。


すごく楽しみながら一気に完飲完食です。



ぜひとも、特別トッピングに「豆腐」を用意してほしいです(笑)!




ちなみに、この限定麺、まだ食べてない方に一応お伝えしておきます。


食べる順番を間違えると、違った味に感じますから、
気をつけてくださいね。



食べる順番は・・・



まずは、「アゴ出汁」の醤油スープを飲む。

次に、そのスープをしっかり絡めて麺を食べる。


そして、トッピングは、まず、「鶏の照り焼き」を食べる。

その後に、麺を食べるのをはさみながら、茄子とピーマンを食べる。


このとき、まだ大根おろしとおろし生姜はスープに混ぜていてはいけません(笑)。

そっと、混ざらないように食べます(笑)。


そして、最後に、大根おろしとおろし生姜を混ぜて食べます。


大葉の香りも楽しみながら、サッパリと、紫玉ネギも一緒にいただいて、
よりサッパリと最後までいただきましょう。


最後は、しっかり「揚げ出し」で終われますので(笑)。




ということで、3号店の「ヒヤヤ冷やしおろしそば」でした。



次は、ラストの「味噌中華そば ムタヒロ」です。


こちらもけっこう楽しみにしてたんですよね。



3号店にお邪魔した足で連食してきてます。


また、次回の記事で感想をレポしていきますので。

まぜまぜ ムタヒロ 3号 -- ヒヤヤ冷やしおろしそば(2016年8月限定)_メニュー

まぜまぜ ムタヒロ 3号(新)

[データ]
●店名:まぜまぜ ムタヒロ 3号
●住所:東京都国分寺市本町2-13-8
●交通:JR中央線「国分寺」より徒歩5分
●営業:[月~土]11:30~15:00・18:00~23:00/[日] 11:30~15:00・18:00~21:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■冷やしらーめん [ 東京/醤油(煮干) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック