プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
ZUND-BAR@本厚木 / 塩らーめん(淡麗)
ZUND-BAR
塩らーめん(淡麗)

[訪問日]
2016年8月14日(日)

[評価]★★★★☆

ZUND-BAR -- 塩らーめん(淡麗)


神奈川淡麗系の代表格として有名な「ZUND-BAR」。

長らくの宿題店だったのですが、ようやく機会を得まして訪問してきました。


この「ZUND-BAR」。

ご存知の方も多いとは思うのですが、あの名店「中村屋」の創業者である
中村栄利氏の実兄である中村宏尚氏が経営するお店。


「中村屋」といえば、神奈川淡麗系というジャンルを確立したお店として、
また、栄利氏の「天空落とし」という湯切りパフォーマンスなどでも有名なお店。

そして、「ZUND-BAR」は、この中村栄利氏の実兄の中村宏尚氏が創業したお店として
知られているのですが、正確には、ちょっと違います。


正確には、中村栄利氏がプロデュースし、パティシエだった兄の宏尚氏が
経営しているというのが正確なところです。


1999年に、若干22歳で「中村屋」を創業した中村栄利氏は、2001年になると、
丹沢山系東端に位置する大山(通称:阿夫利山)の天然水をスープに使うという
新しいコンセプトをもとに「ZUND-BAR」をプロデュースし、兄の宏尚氏に
その経営を任せたというわけです。


丹沢山系大山(通称:阿夫利山)の天然水がコンセプトということから
お店の場所は、神奈川県厚木市、七沢温泉郷にあります。

東名厚木ICから約10kmぐらいある辺鄙な場所、電車でも、小田急線本厚木駅から
バスに乗らないと来れないという不便な場所でありながらも、この地を選んだのは、
綺麗な水にこだわったからということです。


さらには、2003年には、恵比寿に「AFURI(阿不利)」をオープン。

このお店が、「ZUND-BAR」の姉妹店で、そのコンセプトが同じなのは、
その屋号からも容易に想像できますよね。

すでに、都内5店舗横浜1店舗の計6店舗を展開するまでになっていて、
今となっては、この「AFURI」の方が一般的には有名かもしれないですが、
その源流となっているのが、今回訪問した「ZUND-BAR」なわけです。



さて、そんな「ZUND-BAR」。


先ほども触れたように、非常に不便な場所にあります。

お店には駐車場が30台分も用意されているのですが、そのことからもわかるとおり、
アクセスとしては、車で行くのが一番便利。

電車でのアクセスだと、小田急線本厚木駅からバスで行かなければなりません。



お店は、元々民家だったところを改装した一軒家レストラン。


山道を登っていくと、2箇所ほど「ZUND-BAR」という道路看板が出ているので、
近くまで行けばわかりやすいです。



お店は、黒いモルタル塗装に包まれたシックな建物。

パッと見は、全くラーメン店には見えません。


店内も、また同じ。


高い天井の下に広がる空間は、まるで「BAR」のよう。

内装や照明もおしゃれでくつろげる空間。


カウンター7席、テーブル席22席あるのですが、全てがステンレスでできていて、
無機質でありながらもオシャレなセッティングになっていて、個性豊かに
作り上げられています。


スタッフも、全員、黒のユニフォームで揃えられていて、オシャレです。



そして、メニュー。


まず、ベーシックになっているメニューが2つあります。


それが、「塩らーめん」と「醤油らーめん」。

これに、トッピングバリエーションでの「煮玉子」、「炙りチャーシュー」、
それぞれをトッピングしたラーメンがあります。

これがベースのメニューです。


さらに、このベーシックなメニューは、「淡麗」と「まろ味」の
2種類のスープか選ぶことができます。


「淡麗」が「ZUND-BAR」基本のスープで、これに「鶏油」を多めに使ったものが
「まろ味」ということになっています。


そして、この基本のメニュー以外にも、まず、「ZUND-BAR CLASSIC」という
創業当時に提供していたメニュー。

「柚子らーめん(塩or醤油)」、「柚子辣湯麺(醤油)」、「雲呑らーめん」
というものもあり、期間限定の「大葉香る梅かけそば」、「冷やし柚子塩麺」
というのもあります。


また、つけ麺もあります。


「つけめん 甘露」、「つけめん 柚子露」、「つけめん 辛露」という
冷たいつけめんもあります。


この他、ご飯もの、ビール、追加トッピングも揃えていますし、
元パティシエという宏尚氏ならではのデザート、スウィートも豊富。

中でも、ソフトクリームは名物のようです。



こんな感じのメニュー構成で、意外と豊富な構成になっています。




さて、こんな中、僕が選んだのは・・・。


今回が初訪ということもあり、基本の「らーめん」をいただくことに。


で、場所が場所だけに、中々訪問できないので、「塩らーめん」と
「醤油らーめん」を連食でいただいてきました。


スープは、「淡麗」を選択。


とりあえずは、「ZUND-BAR」の「基本」をいただくことに。




ということで、前置きが長くなりましたが、初訪の「ZUND-BAR」。


基本の「淡麗スープ」の「らーめん」、まずは、「塩らーめん」。

こいつをいただいてきましたので、感想の方をレポしていきたいと思います。




それでは!



では、まずは、見た目から。

ZUND-BAR -- 塩らーめん(淡麗)

当然、前情報で知ってはいたのですが、その情報通り、ステンレスの器で登場。


ステンレスの受け皿、ステンレスの丸い多用丼。

一瞬、「冷たいラーメン」なのかと思ってしまう器です。


でも、しっかり「温かいラーメン」でした。



で、その丼顔。

ZUND-BAR -- 塩らーめん(淡麗)_アップ

スープは、黄金色の透き通った淡麗清湯。


麺は、博多ラーメンを彷彿とさせるストレートの極細麺。

キレイに流線形を描いて盛られています。


トッピングには、デフォルトで1/2の半熟味玉がセンターに1つ。

メンマは、メンマというよりも「竹の子」といってもおかしくない
細切りにしたもの、チャーシューは、大きめなバラロールのチャーシューが
しっかりと炙られ、1枚盛られています。


グリーンには、水菜が盛られていて、彩を添えています。

あとは、海苔が1枚。


シンプルではありますが、充実した内容ですね。



美味しそうな丼顔です。




では、いただいてみましょう!




まずは、スープを一口。



丹沢山系の天然水を使って作ったというスープは、クリアかつあっさりとした味で、
やや鶏油の甘味を感じるもの。

鶏をベースに、節系の魚介をバランスよく合わせた上質スープは、
美味いの一言につきますね。


動物系のコクと、魚介のすっきりした味わいが美味しいです。


鶏油の甘味に加え、チャーシューの油も溶け出して、その甘味も加わり、
より甘さを感じたのは気のせい?


それにしても、美味しいスープですね。



最近は、πウォーターを使ったりと、使う水にこだわるお店が増えてますが、
自然の天然水を使い、美味しいスープを作るというコンセプトは、
「ZUND-BAR」が初なのではないでしょうか?


やはり、水が美味しいとスープも美味しいです。



麺は、全粒粉を含んだストレート極細麺。


博多ラーメンを思わせる極細麺は、加水率低めで、ザクザクした食感。

しっかりとスープも吸って美味いです。


のど越しもスッキリとして良いですね~。



トッピングは、何と言ってもメインのバラロールのチャーシュー。


提供毎に七輪で炙って出すというチャーシューは、表面の油が溶け、
甘味が加わるのと同時に、香ばしく、肉感もしっかりとして美味しい。

肉汁たっぷり、ジューシーなところも良いです。



メンマは、細切りにした竹の子といった感じ。

コリコリとした食感と、細いので、麺と絡めて食べられるのも
良いとことろ。

コリコリ、ザクザク食感が一緒に味わえて美味しいです。


味玉は、半分ながらもついてるだけでラッキーなのに、ジェル状の黄身が
口の中にトロリととろけて美味しいです。


水菜は、シャキシャキとスッキリ口直しにピッタリ。



いや~、美味しかった。


あっという間の完食です。

美味しくいただきました。



姉妹店の「AFURI」は、もちろんいただいたことがありますが、そのときは、
「柚子塩らーめん」をいただいたので、基本的には、味は違うわけですが、
まさに「AFURI」そのものといった感じで、その源流をしっかりと感じました。


ただ、そのコンセプトに見合うだけの環境、お店の雰囲気、様々な要素を含め、
トータルで「ZUND-BAR」の方がおいしく感じましたね。

やはり、食べ物って「味」だけではなく、「見た目」や「環境」なども
必要なんだなと改めて思いました。




さて、ということで、まずは、「塩らーめん(淡麗)」をいただいたのですが、
もう1つ「醤油らーめん(淡麗)」を連食してきました。


こちらも同じく美味しかったのですが、こちらのレポは、また次回の記事で。

ZUND-BAR_看板

ZUND-BAR

[データ]
●店名:ZUND-BAR
●住所:神奈川県厚木市七沢1954-1
●交通:小田急線「本厚木」より七沢・広沢寺温泉行バスで約30分「七沢病院入口」より徒歩7分
●営業:[月~金]11:00~21:00/[土・日・祝]9:00~21:00
●定休:水曜(祝日の場合は営業)




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 神奈川/鶏+魚介(神奈川淡麗系) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック