プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
ZUND-BAR@本厚木 / 醤油らーめん(淡麗)
ZUND-BAR
醤油らーめん(淡麗)

[訪問日]
2016年8月14日(日)

[評価]★★★★☆

ZUND-BAR -- 醤油らーめん(淡麗)


神奈川淡麗系の代表格として有名な「ZUND-BAR」。

長らくの宿題店だったのですが、ようやく初訪。


本厚木からバスで30分、もしくは、車で東名厚木ICから約10kmと、
中々頻繁には訪問できない場所にあることから、今回は、基本メニューの
「塩らーめん」と「醤油らーめん」を連食してきました。


で、前回の記事では、「塩らーめん」をレポしたわけですが・・・。
 ⇒ 「ZUND-BAR / 塩らーめん」の記事

この記事で、「ZUND-BAR」についても、軽く触れているので、同時に
山椒していただければ幸いです。



で、今回は、この記事の続きで、連食した「醤油らーめん」について
感想などをレポしていきたいと思います。



それでは、早速。



まず、いただいた「醤油らーめん」。

「塩らーめん」も同様だったのですが、スープが「淡麗」と「まろ味」の
2種類から選べます。


「淡麗」が「ZUND-BAR」基本のスープで、これに「鶏油」を多めに使ったものが
「まろ味」ということになっています。



で、「塩らーめん」も「醤油らーめん」も、今回は、基本の「淡麗」を
チョイスしています。




では、「塩らーめん(淡麗)」に続いて、「醤油らーめん(淡麗)」も
いただいてきましたので、感想の方を。




それでは!



では、まずは、見た目から。

ZUND-BAR -- 醤油らーめん(淡麗)

「塩らーめん」同様に、ステンレスの受け皿、丸い多用丼で登場。



で、その丼顔もそっくり。

ZUND-BAR -- 醤油らーめん(淡麗)_アップ

スープは、琥珀色の透き通った淡麗清湯醤油。

「塩」よりも、たっぷりスープが入ってます。


麺は、やはり、博多ラーメンを彷彿とさせるストレートの極細麺。

盛り方は、「塩」の方がキレイでしたね。



トッピングも全く同じ。

「塩」と「醤油」で、若干違いをつけることが多いのですが、
「ZUND-BAR」は全く同じです。


センターには、デフォルトで1/2の半熟味玉がセンターに1つ。

「竹の子」といってもおかしくない細切りにしたメンマ。


チャーシューは、大きめなバラロールのチャーシューが1枚、
やはり、しっかりと炙られています。


そして、水菜が盛られ、海苔が1枚置かれています。





「塩らーめん」と変わらず、美味しそうな丼顔です。




では、いただいてみましょう!




まずは、スープを一口。



「塩らーめん」同様に、丹沢山系の天然水を使って作ったというスープ。


スープは、鶏をベースに、節系の魚介をバランスよく合わせたもので、
動物系のコクと、魚介のすっきりした味わいも同じ。


そして、「塩らーめん」よりもまろやかな印象。


おそらく、「タレ」の違いのせいなんでしょうね。


「塩」は、コク、旨味を感じながらもスッキリとした味わいなのですが、
「醤油」は、同じく、コク、旨味を感じながらも、「醤油ダレ」の甘味、
さらには、「鶏油」の甘味も加わり、よりまろやかな味になっています。



美味しいスープですね。



「ZUND-BAR」といえば、やはり、看板は「塩らーめん」なわけですが、
「醤油らーめん」も引けをとらないほど美味しいです。


「塩らーめん」も「鶏油」のせいもあってか、甘味を感じました。

で、むしろ、「塩」にしては、甘味がありすぎるかなとも思ったのですが、
「醤油」は、この「甘味」が、とてもマッチしていて、全体的に
まろやかな味に仕上げてくれていて、逆に美味しいですね。


そして、やはり、チャーシューの油も溶け出して、その甘味も加わり、
より甘さを感じました。



美味い、美味い。





麺も、同じく全粒粉を含んだストレート極細麺。


加水率低めで、ザクザクした食感も変わりなく、醤油味のスープとの
相性も抜群ですね。。

しっかりとスープを吸って美味いです。


スルスルと入ってきて、のど越しも良い。




そして、トッピングは、「醤油らーめん」でも、やはり、メインは
バラロールのチャーシューでしょう。。


七輪で炙られたチャーシューは、表面がこんがりとして香ばしく、
肉感もしっかりとして美味しい。

肉汁たっぷり、ジューシーなのも「塩」と同じですね。



メンマも、細切りにした竹の子のようなもので同じ。

コリコリとした食感が気持ち良いです。



1/2の味玉は、ジェル状の黄身が口の中にトロリととろけて最高。


水菜は、シャキシャキとスッキリ口直しにピッタリ。





いや~、美味しかったです。


2杯目の連食なのに、あっという間の完食です。


満腹感を感じさせない美味しさで、ぺロリといただいちゃいました。



「塩らーめん」が看板の「ZUND-BAR」ですが、先ほども言いましたが、
「醤油らーめん」も全く引けをとらないほどの美味しさ。

2枚看板といってもおかしくないですね。



とても美味しかったです。



さて、今回、ようやく訪問できた「ZUND-BAR」ですが、そのコンセプト、
環境、お店の雰囲気、様々な要素を含め、すばらしいお店でした。


遠いけど、もう一度来たくなるお店です。


確かに遠かったですが、車で、3時間程度。

道も憶えたし、休日を使えば来れない場所でもないかな・・・。


なので、まだ食べていないメニューもいくつもあるので、時間をかけて
コンプリートしていきたいですね。


「AFURI」の方も、最近は、多店舗展開してきてるので、未訪の店舗があります。

そこら辺も攻めていきたいとも思いますが、やはり、源流を味わいたいです。



近々、時間を見つけて再訪したいと思います。

ZUND-BAR_看板

ZUND-BAR

[データ]
●店名:ZUND-BAR
●住所:神奈川県厚木市七沢1954-1
●交通:小田急線「本厚木」より七沢・広沢寺温泉行バスで約30分「七沢病院入口」より徒歩7分
●営業:[月~金]11:00~21:00/[土・日・祝]9:00~21:00
●定休:水曜(祝日の場合は営業)




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 神奈川/鶏+魚介(神奈川淡麗系) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック