プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 秋もと@市が尾 / キノコの鰹味噌つけ麺(2016年9月24日(土)/25(日)・数量限定)
麺処 秋もと
キノコの鰹味噌つけ麺(2016年9月24日(土)/25(日)・数量限定)

[訪問日]
2016年9月24日(土)

[評価]★★★★★

麺処 秋もと -- キノコの鰹味噌つけ麺(2016年9月24日(土)/25(日)・数量限定)


かなり頻繁に訪問してるにも関わらず、久々の登場となる「麺処 秋もと」。

TWでは、日々登場してるんですけどね。


久しぶりなので、「麺処 秋もと」について、一応に解説しておきます。




ということで、「麺処 秋もと」。



田園都市線「市が尾」という、ラーメン店不毛の街を
常に行列を作る人気ラーメン店のある街に変えてしまったのが、
何を隠そう「麺処 秋もと」。



2015年5月にオープン。


そこから約1年半、レギュラーメニューも、常にブラッシュアップをし続け、
常に新しい味を提供してくれました。


前回、このブログに登場したときにも、こんなコメントをしました。

「今の「秋もと」のスープはこれまでの中で最高の出来だと思ってます」

みたいな・・・。


ですが、訂正します。


一番美味しいのは、まさに「今」です。

常に進化しているので、そのときの「今」が一番なわけです。



「醤油」、「塩」、「つけ麺」、どれを食べても間違いないです。




そして、このレギュラー以外にも、いくつも限定を出しています。


まずは、「鰹味噌つけ麺」と「鰹油そば」。

ここから派生して「麻~辣~鰹味噌つけ麺」。


で、一周年の直前に急遽提供され始めた「海老塩~辛~油そば」。


どれもが絶品でした。



一周年を記念して行われた限定ラーメンのイベントでは、これまでは、
あえて使ってこなかったブランド食材を大いに使用した「プレミアラーメン」を
提供してくれたのですが、これまた絶品。


食材にこだわらず、「普通の食材」で、「美味しいラーメン」を作ってきただけに、
そこに「ブランド食材」が加わったら、どんな味になるかは想像つくかと思います。



そして、今年は、昨年は残念ながら提供されなかった「冷やしらーめん」が、
満を持して登場。


「周年記念ラーメン」に近い食材プラス、新たに「鶏節」も使った「冷やし」は、
これでもかというくらいの「節感」を帯びた醤油スープを味わえた逸品。

彩りなどを含めた見た目、味、スープ、麺とのバランスを考えたトッピング。

そういったトッピングの選び方には、まさにセンスを感じさせるものがありました。


美味すぎて、24回も食べてしまいましたし(笑)。




さて、そして、何より、「麺処 秋もと」といえば、「これ」ですよね。


もはや、「秋もと」の代名詞になりつつあるほど、大好評だったのが「味噌」。

まだ、記憶に鮮明に残っています。


2~3月の冬季水曜限定に「秋もと・味噌ラーメンの日」としてやっていたのですが、
「純連」出身というキャリアを裏付けるかのような「味噌」は、もしかしたら、
レギュラーメニューよりも集客したのでは?


そんな風にも思えるほどの人気振りでした。

マジ、美味かったです。


水曜日に来れないお客さんのために、日曜日にも3回ほど開催、
合計12回「味噌ラーメンの日」を開催したのですが・・・


僕は、12回パーフェクト、しかも、18回食べました(笑)。



今年も、間もなく始まるんでしょうね、「味噌の日」。

今季は、さらに長い期間「味噌」を楽しめるはずです。


楽しみです。




と、まあ、こんな感じのお店が「麺処 秋もと」なわけです。




ということで、ここからが本題です。



先ほど触れたように、今年も、期待される「味噌の日」なのですが・・・

それを前に一足早く「味噌」を使った新しい限定の情報が届いたんです。



今回は、それを目的に訪問したというわけです。



「冷やし」以来の新作なので、こうしてブログにも登場。



ってなわけです。




その限定というのが・・・


「キノコの鰹味噌つけ麺」。




今回、ゲリラ的にこの土日のみ数量限定で提供されるという
新しい「限定」の「キノコの鰹味噌つけ麺」。




もう、僕的には、メニューの名前見ただけで美味しいんですけど・・・(笑)。



「麺処 秋もと」の限定の中でも、おそらく一番人気である「鰹味噌つけ麺」に、
旬の食材である「キノコ」がドッキングしたもの・・・


というのは、容易に想像できます。


ですが、まあ、おそらく、そんな単純なものではないでしょう。



きっと美味しくアレンジしてくれてるはずです。



「鰹味噌つけ麺」だけでも激ウマですからね。


ものすごく楽しみです。




ということで、数量限定で提供される「キノコの鰹味噌つけ麺」なんですが、
早速いただいてまいりました。


もう、美味かったのは言うまでもないことなのですが、一応、レポしていきましょう(笑)!




それでは!





まずは、見た目からです。

麺処 秋もと -- キノコの鰹味噌つけ麺(2016年9月24日(土)/25(日)・数量限定)

「秋もと」のロゴがゴールドで印字された多用丼に麺、そして、
二周りほど小さい黒い器につけ汁が盛られて登場。


今年の初めくらいからかな?

「つけ麺」の器が「皿」から「黒どんぶり」に変わったのは。


高級感があって、見た目的にカッコいいですね。



そして、丼顔はというと・・・

麺処 秋もと -- キノコの鰹味噌つけ麺(2016年9月24日(土)/25(日)・数量限定)_アップ

これまでの「鰹味噌つけ麺」と、ほぼ同じ。

なんですが・・・



あくまでも、パッと見で、良く見ると違っているところが多々みられます。



では、細かく。




まずは、麺から。

麺処 秋もと -- キノコの鰹味噌つけ麺(2016年9月24日(土)/25(日)・数量限定)_麺

こちらは、特に触れることもないでしょうかね。


基本的には、「つけ麺」での「麺」は、全く同じ。


中太の平打ちを手揉みして縮れさせた麺。


これが、たっぷりと盛られ、その上に刻み海苔が盛られている。


「秋もと」の「つけ麺」の定番の盛り付けです。



麺肌がツルツルで美味しそうです。




次に、つけ汁。

麺処 秋もと -- キノコの鰹味噌つけ麺(2016年9月24日(土)/25(日)・数量限定)_つけ汁

問題は、こちらですね。


パッと見は、これまでの「鰹味噌つけ麺」のそれと同じに見えるのですが・・・。

微妙に違うんです。



まず、味噌のつけ汁。

これは、変わりないです。


他に、水菜、刻み紫玉ネギ、刻みネギの薬味。

これも、変わりないです。



ただ、知っている人は気づいたはずですが、「鰹味噌つけ麺」の
味のポイントともなる「黒酢」がかかっていません。

これは、味を左右する大きな違いかも。



そして、今回は「キノコの~」となっているとおり、つけ汁には、
たくさんのキノコが沈んでいます。


そのキノコの重量のためか、汁がナミナミと注がれているようで、
いつもよりも汁の量が多く見えます。


その汁の表面から、いくつかのキノコが顔を出しているのも伺えます。



おそらく、表面状は見えませんが、中には、ブロックチャーシュー、
細切り鶏チャーシュー、メンマが入ってるのだと思います。



とにかく、濃厚そうな「味噌」。


美味そうです。





では、いただいてみましょう!



まずは、一口、麺をつけ汁につけて・・・


ズズズッと。



とりあえず、一言。


美味い!

とりあえず、細かいこと抜きにして、美味い!


正直、これ以外の感想を細かく口にするのがバカらしいくらい、
「美味いものは美味い」としか表現できないというくらい美味い。


やっぱり、間違いなかった・・・。



ただ、これじゃ、レポにならないので、一応、細かく。



まず、味の第一印象は、まさに「キノコの鰹味噌つけ麺」というくらい、
「キノコの香り」が占めていました。


ファーストインプレッションは、「キノコの香り」。


この香りは、たまらなく食欲を掻き立てる。



秋本さんのツイートによると、9種類のキノコを使っているようです。

ホワイトマッシュルーム
エリンギ
霜降りヒラタケ
生椎茸
舞茸
白舞茸
エノキ
ぶなしめじ
ぶなじめじ(白)

この9種類だそうです。


この9種類のキノコをブレンドして、軽くバターでソテーしたものを
鰹味噌つけ汁にぶち込んであるんです。


そう。

バターでソテーしてあるんですよね。


キノコの香りとバターのコクが折り重なって口に広がってくるんです。


で、このバターの分量のバランスが抜群。



「味噌バターラーメン」というのがありますが、あれ、一歩間違うと、
バターがくどくて美味しくなくなるんですよね。

だから、今回のキノコのバターソテーでも、バターの量には
気を使ったと思うんです。


僕的には、ちょうどいい、ジャストなバランスでいただけたと思ってます。

くどくなく、しっかりとコクが加わり、キノコの香りを盛りたてる。



さらに言えば、ここにもう1つアクセントが加わってるんです。



それが、「山椒」。


食べていて、ややスパイシーな印象を受けたんです。

その答えが、「山椒」だったみたいなんですね。


バターソテーしたキノコのコクが、スパイシーな山椒でサッパリと中和される感じ。


そして、さらにバランスが整えられる。



絶妙な味付けセンスですね。



美味すぎです!



で、それに追い討ちをかけるがごとく、鰹と鶏が浮き出てくる。


そして、濃厚な味噌の味が絡んでくる。



今回、使っている鰹を多少変えてみたとか。

味噌が強いので、そこまで違いは感じなかったのですが、ベースでは
生きているんでしょうね。




キノコの香り、バターのコク、山椒のスパイス、これらを感じながら
食べていると、今回、なぜ、「黒酢」を入れなかったのがわかるような気がします。


「黒酢」はなくていいですよね。


その代わりを担ってくれるものがいろいろと入ってます。

特に「山椒」、「黒酢」の代わりになっているのでしょう。



キノコのプニプニの食感もたまらなく良い。

キノコ以外の、普段のブロックチャーシューなどの具材も美味しい。


そして、ここでも生きている紫玉ネギ。



つけ入る隙がないな、これは。



メチャクチャ美味いです!


ヤバイ!



麺は、いつものことながら、ツルモチ食感で最高だし・・・




もう、食べ出したら止まらない、あっという間の完食でした。




そして、最後は、やはり、これ。

麺処 秋もと -- キノコの鰹味噌つけ麺(2016年9月24日(土)/25(日)・数量限定)_白飯

こいつで〆ないといけませんね。



残ったつけ汁に白飯を投入!

麺処 秋もと -- キノコの鰹味噌つけ麺(2016年9月24日(土)/25(日)・数量限定)_ご飯割り

キノコ、チャーシュー、ネギ、ご飯、そして、味噌ダレ。

もう間違いない美味さ。



久しぶりの「鰹味噌つけ麺」に旬の「キノコ」を織り交ぜた「秋もと」の「秋味」。


しっかりと堪能させていただきました。



ちょっと下品ですが、食べた後にこみ上げてくるゲップも美味いです。




美味すぎたので、2日目も食べに行きます(笑)。





さて、そして、いよいよ「味噌の季節」に突入ですね。

今年の秋冬も楽しみです、「秋もとの味噌」。



今季は、期間が長いから、50杯くらいは食べれるかな?

麺処 秋もと_暖簾

麺処 秋もと_2016縦

[データ]
●店名:麺処 秋もと
●住所:神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1157-1 東急ドエル市ヶ尾アネックスビル 1F
●交通:東急田園都市線「市が尾」より徒歩2分
●営業:[火・水・金~日]12:00~15:00・18:00~22:00/[木]12:00~15:00(スープがなくなり次第終了)
●定休:月曜・木曜午後




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■つけめん(味噌) [ 東京/鶏+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック