プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺屋 ぬかじ@渋谷 / つけめん
麺屋 ぬかじ
つけめん

[訪問日]
2016年10月4日(火)

[評価]★★★★☆

麺屋 ぬかじ -- つけめん


渋谷のやや奥まった場所にひっそりと佇む隠れ家的お店「麺屋 ぬかじ」。


元々は、世田谷線の「上町」にあったお店なのですが、2014年8月に一旦閉店し、
同年の11月に渋谷に移転オープンしたお店です。


前々から訪問しようと思っていた宿題店の1つなんですが、移転から
2年も経ってしまいました・・・。

ようやくの訪問です。



こちらのお店、どちらのお店かは定かでないですが、都内のラーメン店で
修行を積んだ貫井宏さんがオープンしたお店。


先ほども触れましたが、当初は、世田谷の上町に2010年に創業したのを
渋谷に移転してきました。



場所は、公園通りを上っていき、ハンズ方面の交差点を左折、すぐの路地を
右に入ったところにあります。


ロケーション的には、メインストリート沿いではないので、隠れ家的な場所。



それでも、根強いお客さんたちで賑わっている人気店です。




店舗は、テナントの一階部分なのですが、ラーメン店っぽくない雰囲気で、
外にA看板が出ててはいるものの、気をつけていないと見逃すかも。



店内は、明るくて綺麗な造りで、清潔感もあり好感が持てます。



席は厨房を前にしたくの字型のカウンター9席のみ。

かなりこじんまりしてますね。



でも、すごく落ち着く空間で、意外と常連さんとか多いんじゃないかな。




メニューは、基本は2種類。


「つけめん」と「らーめん」です。

で、これのトッピングバリエーション。


「味玉」、「わんたん」、「辛」の3種類のバリエーションがあります。


あとは、追加トッピングですね。


お酒類は、ビールを置いてるのですが、面白いところだと、「箕面ビール」、
「志賀高原ビール」といった地ビールがあることですね。

おつまみも置いてるし、やはり、常連さんの憩いの場にもなってるのかも。



嬉しいのは、「生たまご」と「ごはん」が無料サービスになってること。

いろいろとバリエーションを加えた食べ方ができそうでいいですよね。



と、まあ、こんな感じのいたってシンプルなメニュー構成なんですが、
かえってこういうシンプルなところのが美味しかったりするんですよね。



で、メニュー的に二者択一なわけですが、どうやら二枚看板のよう。

どちらか迷ったのですが、今回は「つけめん」にすることに。


いろいろと情報を探ってみると、どうやら、若干「つけめん」に分があるようなので。




ということで、ようやく訪問できた宿題店「麺屋 ぬかじ」。

今回は、「つけめん」をデフォでいただいてきました。


せっかくの「生たまご」と「ごはん」の無料サービスだったのですが、
今回は遠慮しておきました。


後から、頼んでおけばよかったと後悔したのですが・・・




ま、とりあえず、メインのオーダーの「つけめん」。



早速ですが、感想の方をレポしていきたいと思います。




まずは、見た目から。

麺屋 ぬかじ -- つけめん

中々個性的な器での登場ですね。



木製の受け皿にのった小さい器につけ汁、角が丸くなった三角形の皿に麺。

あまり、見ない器での盛り付けです。

麺屋 ぬかじ -- つけめん_アップ

まず、麺なんですが・・・

麺屋 ぬかじ -- つけめん_麺

中太のストレート麺が無造作に盛られています。

その盛られた麺の周りを囲うように具材が盛られてるのですが・・・。


まず、麺の上の方には。穂先メンマが2本。

そのまま時計回りに行くと、小松菜、チャーシュー2枚、海苔の順番に、
キレイに定位置に並べられたって感じで盛られています。


美しい盛り付けです。


見た目オッケーです!(笑)



そして、つけ汁。

麺屋 ぬかじ -- つけめん_つけ汁

かなり濃厚そうな感じが・・・。



色合い的には、かなり醤油が濃そうな印象を受けます。


いわゆる動物魚介系のトロミのあるスープであることは想像できるのですが、
よくある「またおま系」とは違って見えるのは僕だけでしょうか?

もっと、なんか深みのありそうな・・・。



食べてみないとわからないですね。



ただ、このつけ汁には、薬味のネギが入ってるだけ。

具材は、麺の方に盛ってありますからね。





さあ、では、いただいてみましょうか!



僕の予想から行くと、美味いと思います(笑)。


では、まずは、麺だけを少々いただいて・・・。


滑らかな麺肌、やや甘味の感じる麺は、これだけでも美味しい。




では、つけ汁につけて・・・。



かなり濃厚で、そして、醤油のエッジの効いた、それでいてまろやかな甘味さえ感じる。


想像はしていたのですが、こいつは美味い!


しっかりとした動物系をベースに節系の魚介の風味が香り、かつ、醤油ダレの
ガツンと立った味が口いっぱいに広がります。

しかも、このトロリとした粘度は、これでもかというほど麺に絡みつき、
麺と一緒に運ばれてきます。



スープに使っている動物系は、鶏、豚の両方のようですね。


ガラ、モミジ、ゲンコツを白濁するまで炊いているようです。

ほとんど、鶏がメインの鶏白湯のようですね。


そこに、鰹節、鯖節、煮干しなどの魚介を合わせている。




いや~、やはり、想像していた通り、「またおま系」とは違った美味さ。



何ていうんでしょう、すごく醤油の濃さが出てるんですが、甘さもある、
すごくまろやかな味なんですよね。


最初、卵黄でも入れてるのかと思っちゃいました。



正直、具がなくても成立しちゃいそう。



でも、その具も美味しいんですよね。


まあ、穂先メンマ、これは、僕は個人的に好きなので美味しいと思いましたが、
さして格別なものでもないのも確か。


ですが、チャーシューは美味かった。


これは、バラのロールなんだろうか・・・

ロースのようにも思えたのですが・・・


これが、口の中に入れるとホロリと崩れる柔らかさ。

トロチャーとも違うほぐれる柔らかさで最高の食感。


煮豚のようでもあるんですが、焼いてあるような香ばしさも感じるし、
とにかく味がしっかりと沁みこんでいて美味い。


これは、秀逸なチャーシューですね。



小松菜は、ね。

まあ、口直し的な役割で、これはこれで、良しです。



具無しでも行けちゃうと思いましたが、このチャーシューはあると嬉しいですね。




麺量は、普通で200gだったのですが、あっという間に完食です。



そして、最後は、お決まりのスープ割り。


麺屋 ぬかじ -- つけめん_スープ割り

で、このスープ割りなんですが、割るスープが「らーめん用のスープ」
のようなんですね。


実は、こちらのお店、動物系は同じスープを使うのですが、魚介系スープは、
「らーめん」と「つけめん」で使い分けてるようなんです。


「つけめん」では節系メイン、「らーめん」では、煮干し、昆布などがメイン、
しかも、煮干しには「サンマ煮干し」を使ってるようです。

珍しい・・・。



で、「つけめん」でスープ割りをお願いすると、「つけ汁」の中身を少し捨てて、
「らーめん用のスープ」で割って、新しいスープとして出してくれるんです。


なので、「つけめん」としていただいた「スープ」とは、また違った味わい。


思わぬ味変で、二度美味しさを味わえました。




この「スープ割り」をいただくと、ぜひ、次は「らーめん」をいただいてみたいと、
そう思わせられてしまいます。


なので、時間を見つけて、次は「らーめん」をいただきに訪問したいと思います。


きっと「つけめん」とは違った味の「動物魚介らーめん」を
いただけると思います。



こちらも楽しみですね。



それにしても、美味しい「つけめん」でした。

麺屋 ぬかじ2

麺屋 ぬかじ_看板

麺屋 ぬかじ

[データ]
●店名:麺屋 ぬかじ
●住所:東京都渋谷区宇田川町3-12 monostep2 1F
●交通:JR山手線・他各線「渋谷」より徒歩7分
●営業:[月~金]11:00~16:00・18:00~21:00/[土・祝]11:00~17:00
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■つけめん(醤油) [ 東京/鶏+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック