プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
郭 政良 味仙 東京神田店@神田 / 台湾ラーメン
郭 政良 味仙 東京神田店
台湾ラーメン

[訪問日]
2016年10月18日(火)

[評価]★★★★☆

郭 政良 味仙 東京神田店 -- 台湾ラーメン


今年の8月にオープンした「郭 政良 味仙 東京神田店」。


みなさんご存知だと思うのですが、「味仙」といえば、何といっても
「台湾ラーメン」発祥のお店として有名ですよね。


東京でも、「台湾ラーメン」は食べられますが、それらは、全てインスパイア。

本場「味仙」のものとは違います。



本物は、やはり、名古屋の「味仙」でなければ食べられない。



ですが、名古屋、遠いですよね~。


僕ら関東の人間には、中々いける場所ではないです。



ですが、中々いけるお店ではなかったのが、「味仙」の方から、
東京にやってきてくれました!


なんと「味仙」、東京進出です!



嬉しいですよね~。


わざわざ名古屋まで行かなくても、本場の味を楽しむことが
できるようになったわけですから。



となれば、混むのは避けられません。


案の定、オープン直後は、ものすごい行列。

普通の行列ではなかったです。



並んでも、そう易々と食べられるような行列ではありませんでした。


なので、しばらく様子を見ることに。




で、そろそろ落ち着いたかなと思い行ってみると・・・


予想通り、行列に並ぶことなくすんなりと入店できました。


ラッキーです。




そう。


そんなこんなで、今回、ようやく訪問してきたのが、「味仙」東京進出一号店、
「郭 政良 味仙 東京神田店」というわけです。



僕個人としては、名古屋の本場のものを一度も食べた経験がなかったので、
ぜひとも食べてみたいと思っていたのですが・・・

名古屋に行かずして食べられちゃいました!



でも、本当は、名古屋まで行きたいんですけどね。




さて、そんな「味仙」なんですが・・・。




今回、東京に進出してきた「味仙」の屋号をよ~く見てみると・・・
「郭 政良 味仙 東京神田店」というようになっています。



「郭 政良 味仙」、これ、聞いたことありますか?


実は、僕は、初めてでした。



「味仙」といえば、「味仙」なので、「郭 政良」ってのは何だ?

って感じです。



でも、本物の「味仙」のようですし・・・。




もう、こうなったら、調べないと気がすまないのが僕の性分でして・・・。

ってなことで、少々調べてみました。




なので、少々、話は逸れます。



まず、「味仙」というのは、名古屋市昭和37年に創業したのは、
よく知られていること。


本店は、「今池」というところにあります。


それが、「中国台湾料理 味仙 今池本店」です。

このお店こそが、あの「味仙」であって、「台湾ラーメン」発祥のお店です。



でも、今回、東京神田にオープンしたのは、「郭 政良 味仙」。


ちょっと違いますよね。



なぜ違うのか。


少々解説しましょう。




まず、「味仙」の創業者で、現在も店主を務めるのが、郭明優さんという台湾人の人。


で、この郭明優さんが賄い料理として出していたのがキッカケで生まれたのが、
「台湾ラーメン」なわけですね・・・。



この郭明優さんが経営するのが、まずは、「味仙 今池本店」。

それと、支店にあたる「JR名古屋駅店」、「中部国際空港店」。


合計3店舗が、郭明優さんが経営するお店。



ですが、実は、「味仙」は他にもグループ店がたくさんあるんです。


ざっとあげると・・・

・矢場店
・下坪店
・八事店
・藤が丘店
・名古屋駅店
・大名古屋ビルチング店
・日進竹の山店
・焼山店


そして、今回オープンした「東京神田店」です。


けっこうあります。




では、これらのお店は、本店系列とどう違うのか。



とりあえず、答えから言っちゃいましょう。


実は、「味仙」は、創業者の郭明優さんのお店なのですが、彼が経営するのは、
先ほど上げた3店舗のみで、他は、彼を長男とする5人兄弟で運営してるんです。


つまり、先ほど上げたグループ店は、郭明優さんの兄弟が運営してるんです。




で、長男の郭明優さん以外は、長女、次男、次女、三男の4人。


長女は、
・矢場店
・下坪店

次男は、
・八事店

次女が
・藤が丘店
・名古屋駅店
・大名古屋ビルチング店

三男が
・日進竹の山店
・焼山店


を、それぞれ運営してるんです。



ですから、本物であることは間違いないんです。




で、今回、東京にオープンした「郭 政良 味仙」。



このお店を運営するのは、誰なのかというと・・・



これは、三男で、末っ子に当たる郭政良さんのお店なんです。


このお店、グループ店として「日進竹の山店」を本店に、「焼山店」を支店があり、
正式な屋号は、「郭 政良 味仙」なのだということです。



そして、今回、東京にグループ初の進出を果たしたのが、三男・郭政良さんが
運営する「郭 政良 味仙」だったというわけです。



なので、「郭 政良 味仙 東京神田店」なんですね。



これで、合点がいきましたね(笑)。



ま、創業者の本店系列ではなく、グループ店の支店の1つとしてオープンしたので、
やや本物感は薄れはしますが、ただ、本物であることに間違いないはありません。




ハイ。


かなり、しょっぱなから脱線しましたが、これで、「味仙」についても
ご理解いただいたでしょう。





では、本題です。



ということで、今回、初めて「味仙」自体に初訪問したわけですが・・・。



今回の東京神田店。

当然のことながら、「神田」にあります。



JRの神田駅からは、歩いて2分程度という好立地。

周りにも飲食店が立ち並ぶ大通りに面した立地です。



ビルのテナント1階部分に入っているのですが、大きな黄色い看板、
大きな「台湾ラーメン」の写真が目印。


すぐにわかるでしょう。




店内は、けっこう狭いです。


奥に長細く、左手に厨房があり、その前にカウンター席が5席。

奥に進むと、壁に向かったカウンター席5席が右側にあり、左側には、
4人卓が2つ、2人卓が1つあります。


狭いとはいいつつも20人は入れるのですから、十分でしょう。




そして、メニュー。



基本は、「台湾ラーメン」。

「チャーシュー麺」、「ラーメン」、「チャーハン」などもあるけど、
メインは「台湾ラーメン」を基本にしたバリエーション。


「味仙」は、ラーメンじゃなく、「中国台湾料理」なのですが、
こちらは、ほぼ「台湾ラーメン」の店といってもおかしくない内容。



その「台湾ラーメン」も「アメリカン」(辛さ控えめ)、ニンニク無しなど
バリエーションがあります。


それと、これは、「郭 政良 味仙」のオリジナルで、他の「味仙」には
存在しないメニューがあります。


それが「台湾ラーメン(塩)」だということ。


「台湾ラーメン」は、基本的に醤油味ですからね。



面白いですね。





さて、ということで、かなり前置きが長くなりましたが、当選のことながら
いただいてきたのは「台湾ラーメン」です。


「郭 政良 味仙」のオリジナルという「塩」も興味があったのですが、
まずは、デフォでしょう。


基本をいただかないことには始まりません。



ってなことで、初めての「味仙」。

初めての本場「台湾ラーメン」。


しっかりと味わってきました。




それでは、ようやくなんですが(笑)、感想をレポしていきます!





まずは、見た目からです。

郭 政良 味仙 東京神田店 -- 台湾ラーメン

なんか、かなり小振りなどんぶりに盛られての登場です。


大き目の受け皿に小さめのどんぶり。

ホント、ご飯茶碗を一回り大きくしたくらいの小ささです。


「郭 政良 味仙」のロゴがしっかりと印字されています。


当然、中は真っ赤(笑)。




では、細かく。

郭 政良 味仙 東京神田店 -- 台湾ラーメン_アップ

細かくとはいっても、細かく書きようがないビジュアルなんですよね。


醤油ラーメンの上に盛られた「台湾ミンチ」と「ニラ」と「ネギ」。

これだけです。



ですが、この「台湾ミンチ」が、辛そうで、美味そうで・・・

たまらないですね。



麺は、中細のストレート麺を使ってるようですね。





では、いただいてみましょう!




まずは、スープを一口。



ん~!


やっぱり、辛いっすね~!

唐辛子とニンニクの味が、口いっぱいに広がっていきます。


唐辛子とニンニク・・・


最強コンビですね。



これは、やっぱり美味い!


台湾ミンチの辛さがピリピリと口を舌を攻撃してきます。




でも、美味い!



というのも、ただ辛いだけじゃないですから。




鶏ガラをベースにした醤油ラーメンがベースになってるわけですが、
その鶏のコクもしっかりと出ているし、旨味もある。


辛さの中に甘味も感じる。


辛さいんだけど、スープを飲むレンゲが止まらないんですね。


これは後を引きます。



これぞ、旨辛スープ!


これが、本場の「台湾ラーメン」なのね。




そして、麺。



麺は、モッチリとしてコシのある麺で中々美味しい。


まあ、麺よりもスープが主役って感じなので、この程度で十分。

美味しくいただけます。



スープの中には、もやしも入っていて、シャキシャキ感も味わえる。



何しろ、鷹の爪の辛さとニンニクのパワーが全開した味で、それでいて、
しっかりとした旨味も感じられるこの「台湾ラーメン」はクセになりそう。


辛いんだけど、箸もレンゲも止まらない。


ってか、止めたら、次に進めなくなりそう(笑)。

これは、一気に食べるに限る。



そんなこともあり、辛いながらも一気に完食。



大変、美味しかったです。



正直、後が怖い一杯。


ニンニク臭炸裂なんだろうな・・・。

人と合う前には食べられませんね。



でも、気にしなくていいときは、ガッツリ行きたい一杯です。


また、ぜひお邪魔したいですね。


そのときは、「郭 政良 味仙」オリジナルの「塩」をいただきたいです。


そして、いつか、名古屋の今池にある本店中の本店にも行きたいですね。

郭 政良 味仙 東京神田店

[データ]
●店名:郭 政良 味仙 東京神田店
●住所:東京都千代田区神田鍛冶町3-3-21 1F
●交通:JR山手線・他各線「神田」より徒歩2分
●営業:[火~日]11:00~15:30・17:30~23:00
●定休:日曜・祝日




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■その他 [ 名古屋/台湾らーめん ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック