プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
汁なし担々麺専門店 タンタンタイガー@蔵前 / 汁なし担々麺
汁なし担々麺専門店 タンタンタイガー
汁なし担々麺

[訪問日]
2016年11月17日(木)

[評価]★★★★☆

汁なし担々麺専門店 タンタンタイガー -- 汁なし担々麺


今年の8月にオープンしたばかりのお店「タンタンタイガー」。


こちらのお店、「汁なし担々麺専門店」なんです。


最近、「担々麺」のお店がけっこう増えましたね。

美味しいお店も数多くあります。


ただ、今回オープンした「タンタンタイガー」のように、「汁あり」のない
「汁なし担々麺専門店」というのは、ちょっと珍しいかもしれません。


いろいろと美味しいお店で、本格的な「四川汁なし担々麺」をいただけますが、
必ずといっていいほど、「汁あり」も扱ってますので。


ちょっと珍しいですよね。



そんなこともあり、気になっていたお店なんですが、遅ればせながら
お邪魔してきました。



こちらのお店、店主の方は、東山広樹さんという方なんですが、
この方は、「Cooking Maniacs」という料理を科学的に考察するブログを
書かれているんですね。

味を理論的に解釈、構築することに長けてた方。


そんな方が、なぜ「汁なし担々麺専門店」をオープンするに至ったか。

また、どちらかのお店で修行をされていたのか。


などなどの出自は定かではありませんが、かなりの食通マニアな方なのは
想像するのに難しくありません。


つまり、かなりマニアックで本格的な「汁なし担々麺」をいただける、
そんなお店なのではないかということです。



さて、そんな「タンタンタイガー」ですが、お店は、「蔵前」から
歩いて数分のところにあります。

「都営浅草線」ですね。

「都営大江戸線」の「蔵前」も利用できますし、JR総武線の「浅草橋」からも
歩いていくことができます。


ちょうど、「蔵前橋通り」沿いにあります。


以前、「鶏そば 俊」があった場所。

「鶏そば 俊」、美味しかったんですけどね。
ちょっと短命でした・・・。



店構えは、焦げ茶色の木調のシックな外観。

見た目からは、「汁なし担々麺」を想像するのは難しい門構え。
全く、中国を感じないというか・・・。

逆にお洒落な印象。



店内は、まだダークな照明で、内装もシックな感じ。


席は、奥にまっすぐ伸びたカウンター席のみ。

目の前が厨房の10席ほどのカウンターです。




そして、メニュー。


メニューは、先ほどから言っていますが「汁なし担々麺専門店」ですので、
「汁なし担々麺」と「レディース汁なし担々麺」の2種類のみ。


いずれも「汁なし」です。


これに、追加トッピングをいくつか揃えているだけのシンプルな構成。


その追加トッピングも、「汁なし担々麺」のトッピングとしては珍しい
「トマト」、「アボガド」といったものや「パクチー」、「チアシード」、
「水菜&豆苗」といった野菜類が多いです。

これ以外には、「温泉玉子」、「肉増し」といったもの。


ちなみに、「レディース汁なし担々麺」というのは、「辛さ」を
女性用にしているということではなく、麺の量を減らして野菜を多くした
ヘルシー仕様のものようです。



こんなシンプルなメニュー構成なので、チョイスするには、いずれにしろ
「汁なし担々麺」しかないわけですが、この中での味調整がいろいろと
できるようになってます。

つまり、「辛さ」と「痺れ」を、それぞれ「大・中・小」で選べるんです。



「辛さ」と「痺れ」、得意な人にも苦手な人にも助かる配慮ですね。




さて、こんな中、僕がチョイスしたのは、「汁なし担々麺」。

もう、これしかないので選びようがないわけですが・・・。


これを追加トッピングはなしのデフォルトで、「辛さ」と「痺れ」のレベルは、
「中」と「中」でお願いしました。


辛いのは好きですし、苦手でもないので、「大」でも平気なのですが、
まずは、スタンダードなところから攻めてみました。




ということで、珍しい「汁なし担々麺専門店」の「本格汁なし担々麺」。


いただいてきましたので、早速ですが、感想の方を。





では、まずは、見た目から。

汁なし担々麺専門店 タンタンタイガー -- 汁なし担々麺

白い笹船のような形をした皿状の器での登場です。


パッと見、辛そうだけど美味そうです。

そして、「阿吽」の「つゆなし」と見た目がよく似てますね。

汁なし担々麺専門店 タンタンタイガー -- 汁なし担々麺_アップ

では、細かく。


トッピングは、先ほども触れましたが、「阿吽」の「つゆなし」と似た感じ。


まずは、定番の「肉味噌」がたっぷりと盛られています。

そして、干し海老、芽菜(ヤーツァイ)、水菜というシンプルな内容。


この内容が、「阿吽」と似てるんですよね。


で、底には、たっぷりの「ラー油」が、上からは、たっぷりの「花椒が
振りかけられています。


麺は、かなり太目の縮れ麺ですね。

見ただけでモチモチ感が伝わってきます。




では、いただいてみます。



まずは、しっかりと混ぜ合わせて・・・。


一口。




いやぁ~、痺れますね~!


辛さももちろんのこと、この花椒の香りと痺れがたまらないです。

ピリピリと舌を刺激してきます。


ただ、麺は、「芝麻醤」で和えられているようですね。

胡麻の風味がしっかりとしていて、「カラシビ」の中で、やや「マイルドさ」が
加わっていて食べやすいですね。


「汁なし」で「芝麻醤」というのも、珍しいですよね。

しかも、この点でも「阿吽」に共通したところが・・・。


やはり、参考にしてるんでしょうね。



胡麻の風味も感じられ、本格的なカラシビも味わえ、美味しいです。


先ほども言いましたが、特に「花椒」の香りが良いんですよね。


店主さんにお話を聞くと・・・

「花椒」は、あらかじめ挽いたものではなく、実のまま仕入れて
お店で毎日挽いているそうです。


しかも、僕がいただいたのは、まだ実から挽いたばかりのものだったらしく、
より一層香りとピリピリとした痺れが新鮮だったようです。



美味いです!



麺は、想像していた通りのモチモチ感。

太いので食べ応えもありますし、美味しいですね~。


ちなみに、「啜り」は気をつけないと咽ます(笑)。


グワシッと口に押し込むのがいいでしょう(笑)。



そして、具材も美味しい。


肉味噌、これはもちろんのこと、干し海老もしっかりと麺やタレと絡んで
渾然一体となって口の中に収まっていきます。


本格的だなと思わせたのが、「芽菜(ヤーツァイ)」。

これ、青菜の芽の部分を塩漬けにしたもので、四川では良く使われるもの。

要は、日本の高菜のようなものです。


これが、サッパリとした感じで混ざり合って、また良い。


水菜もフレッシュで良いですよね。




美味しかったです!


適度に辛く、適度に痺れて、美味しくいただくことができました。


願わくば、ナッツ類がほしかった・・・。



でも、カラシビながらも、あっという間の完飲でした。

後で後悔したのですが、ライスも頼んで、〆れば良かったかなと・・・。



再訪したらそうしようと思います。




今後、「汁なし担々麺専門」で、ずっと続けるのかはわかりませんが、
ぜひとも極めてほしいですね。


店主さんの人柄も良さそうで、お客さんとのコミュニケーションも
しっかりととられてるようですので、常連さんも増えると思います。


けっこう入れ替わりの多いテナントなので、長く続いていただくことを
願うばかりです。



また、機会を見つけて再訪してみたいと思います。

汁なし担々麺専門店 タンタンタイガー

[データ]
●店名:汁なし担々麺専門店 タンタンタイガー
●住所:東京都台東区鳥越2-2-1
●交通:都営浅草線「蔵前」より徒歩3分
●営業:[月~金・日]11:00~15:00・17:00~22:00
●定休:土曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■担々麺 [ 東京/担々麺(汁なし) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック