プロフィール

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺屋 さくら井@三鷹 / らぁ麺(醤油)
麺屋 さくら井
らぁ麺(醤油)

[訪問日]
2016年12月18日(日)

[評価]★★★★★

麺屋 さくら井 -- らぁ麺(醤油)


先月の17日にオープンしたばかりの新店「麺屋 さくら井」。


遅まきながら、訪問してきました。



正直、あまり前情報もなく、突如、住宅街にオープンした感のあるこのお店。


ただ、知らなかったのは我ばかり、知っている人は知ってるんですね。


オープン初日から待ちが出るほどで、わずか1ヵ月足らずで、瞬く間に行列店へと
変わっていってしまったほどです。



それもそのはず、この「麺屋 さくら井」の櫻井店主は、赤羽の人気店
「麺処 夏海」で修行をされていたそうで・・・。


「麺処 夏海」といえば、名店「麺処 ほん田」のセカンドブランドとして
2012年にオープンしたお店。



で、櫻井店主が、まだ「夏海」に在籍中から独立することは知られていて、
「ほん田」のブログでも告知されていたんですよね。

知りませんでした・・・。



であれば、知っている人も多いはずですし、期待は高まりますよね。




そんな期待の新星「麺屋 さくら井」。



場所は、中央線の「三鷹」にあります。


三鷹は、櫻井店主の出身地のようですね。

凱旋出店というわけです。



ただ、「三鷹」とはいっても、お世辞にも立地の良いところではないです。


「三鷹」の北口を降りて、三鷹通りを井の頭通りに向かって直進。


井の頭通りとの交差点をさらに直進し、2つ目の路地を左に折れて
まっすぐ行った突き当りの道路沿いにあります。


まさに住宅街の一角。


この周りだけ、若干、お店が立ち並んではいますが、基本、住宅地。


駅からは、徒歩15分近くあるのでは?



そんな、やや不利な立地環境にありながら、みなさん、このお店目指して
集まってくるんですね。


常に行列が絶えないようです。



僕が、訪問したときも、オープン時で、すでに20人弱の列ができてましたし。



今から、この調子だと、将来が期待できますよね。

櫻井店主、まだまだ若そうですし。

20代じゃないかな?



前途有望です。




お店は、外見は、コンクリート打ちっぱなしの外壁に、小窓が2つ、
あとは、入り口のガラスのドア。


暖簾などはかかっていなく、「麺屋 さくら井」の表札とA字の立て看板のみ。


ちょっと無機質な感じで、住宅街ということもあってか、ラーメン店の
雰囲気は全く感じられません。



知らなかったらわからないんじゃないかな?


でも、行列が目印になりますけどね。




そして、店内。



席は、厨房を前に逆L字型の広々としたカウンター席が8席。


席数こそ少ないですが、広々とした空間で、すごく居心地の良い店内です。



厨房は、基本的に、櫻井店主のワンオペ。

アシスタントが入ることもあるようですが、基本ワンオペのようです。




メニューは、わかりやすいです。



基本は、3種類のみ。


「らぁ麺(醤油)」、「らぁ麺(塩)」、「煮干らぁ麺」の3つ。

これに、「味玉」、「特製」といったトッピングバリエーションがあります。

「煮干らぁ麺」のみ、「味付き替え玉」というのがあります。


もちろん、追加トッピングも各種揃えています。



それと、「炊き込みご飯」。



お酒も、基本的なものは揃えてますね。




こんな感じのメニュー構成です。




さて、こんな中、僕がチョイスしたのは・・・。



迷うことなく「らぁ麺(醤油)」です。


基本ですからね。



しかも、デフォで。



まずは、基本メニューをデフォでいただく。


最近の僕の傾向です。




ということで、話題の新店「麺屋 さくら井」の「らぁ麺(醤油)」、
いただいて参りましたので、早速ですが、感想をレポしていきましょう!




まずは、見た目から。

麺屋 さくら井 -- らぁ麺(醤油)

美しい・・・


ややグレーがかった白の「和」を感じるどんぶりに盛られた丼顔は・・・。

とても美しいです。



見とれていないで、細かく・・・(笑)。

麺屋 さくら井 -- らぁ麺(醤油)_アップ

スープは、透き通ったキレイな清湯醤油。

表面に浮く鶏油がまぶしいです。


その中を泳ぐ麺の、なんとしなやかなこと・・・

まるで、枯れ山水の庭の模様のようにキレイな流線形を描いています。



その上にのる具材たち。


彩がキレイです。


低温調理した豚肩ロースのピンクレアチャーシュー。


反対側には、見た目から食感が想像できそうなメンマ。

そして、小松菜。


どんぶりサイドには海苔。


中央には、刻みネギ。



非常にシンプルではあるのですが、隙がないです。


計算されているのか否か、レンゲの置き方すら美しい。



これは、まず、見た目の美味しさにやられましたね。




では、いただいてみましょう!




まずは、スープ。



あ、これは、美味い・・・。


予想以上かも。



鶏が主体になっていて、ほんのりと魚介も香るんだけど、それだけではない
非常に複雑な味。


でも、それが、1つにまとまって、口の中に染み渡ってくる。


優しい、そして、まろやか。


まさに鶏の旨味が、そまんま伝わってくる感じ。


しかも、醤油はキリッと立っていて、最高のバランス。




すごく美味しいです!




お店のポップによると、鶏は、はかた地鶏のガラと大山鶏の丸鶏をベースに、
豚骨、煮干し、昆布、椎茸などを合わせているようですね。


ただ、この合わせている鶏以外のものと鶏とのバランスが抜群。



そして、醤油は、濃口、生揚げ、再仕込みなど6種類をブレンドしてるよう。


どういった配合なのかはわからないのですが、まろやか、かつ、キレのある
芳醇な味になっています。






そして、麺も美味しい!



中細のストレート麺を使ってるのですが、艶やかで、しなやかで、
サクサクとした歯切れの良い食感は、食べていて気持ちが良い。


スープもしっかりと絡めとってくれて口に運んでくれる。



美味いなぁ・・・。





具材のクオリティーも最高!



特にチャーシュー。



低おpん調理した肩ロースは、ピンク色したレアチャーシューなんだけど、
恐ろしいほど柔らかい。


噛むと、肉の旨味が溢れんばかり。


実に美味しい!



メンマは、予想どおりのコリコリさ、小松菜は、サッパリと良い箸休め。


それぞれが、役割を果たし、総合的にベストな一杯となっている感じ。




これは、ヒットかもしれないですね。



夢中で食べて、あっという間の完飲完食でした。


ヤバイ美味さだったなぁ・・・。



似た系統としては、大森で、やはり瞬く間に行列店になってしまった「麦苗」が
思い浮かぶんですけど、個人的には、こっちの方が好きかも。


比べるのもおかしいし、両方とも美味しいんですけど、強いていえば・・・
って感じですかね。



とにかく、ホントに美味しくいただきました。




これは、他のメニューも絶対にいただかないといけないですね。


特に「塩」は、絶対に食べたいな・・・



自宅からも割りと近いし、これは、通う価値がありますね。


すごく良いお店ができたと思います。



っていうか、これから、もっと化けそうな気もしますし、楽しみです。




とりあえず、近々、「塩」を食べに再訪します。




いやぁ~、美味しかった~!

麺屋 さくら井_表札

麺屋 さくら井

[データ]
●店名:麺屋 さくら井
●住所:東京都武蔵野市西久保2-15-27
●交通:JR中央線「三鷹」より徒歩12分
●営業:[月・木・金・土]11:30~14:30・18:00~21:00/[火・日・祝]11:30~14:30
●定休:水曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック