プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 秋もと@市が尾 / 味噌ラーメン 別バージョン『鶏と鰹の清湯スープ』(2016年冬季「味噌の日」12月27日(火)限定)
麺処 秋もと
味噌ラーメン 別バージョン『鶏と鰹の清湯スープ』
(2016年冬季「味噌の日」12月27日(火)限定)

[訪問日]
2016年12月27日(火)

[評価]★★★★★

麺処 秋もと -- 味噌ラーメン 特別バージョン『鶏と鰹の清湯スープ』(2016年冬季「味噌の日」12月27日(火)限定)


久々の登場となる市が尾の「麺処 秋もと」。

このブログには、丸々2ヶ月振りの登場ですね。


ブログには、登場してないですが、僕が一番通っているお店で、
訪問回数最も多いお店の1つなのは間違いないです。


ツイッターには、日々アップしてるのですけどね。



その「麺処 秋もと」。


今や、田園都市線を代表する名店となってしまい、もはや、行列に並ばずして
食べることができなくなってしまったほどです。


そのくらい美味しいですし、人気があります。



久々の登場ではあるのですが、「麺処 秋もと」については、何度も
記事にしていますので、お店の詳細については、そちらの記事を
参照してもらうと助かります。
 ⇒ 「麺処 秋もと」について書いてある記事はこちら



さて、現在なんですが、前回の「秋もと」の記事が、まさにそれだったんですが、
冬季限定として、「味噌ラーメン」が提供されています。


毎週水曜日と隔週日曜日(原則なので変更もあり)の「味噌の日」のみの提供です。



作冬も2月~3月の2ヶ月間だけ「味噌の日」を開催していて、12回だけ
開催しています。


ですが、今季の冬は、10月26日からスタートしていて、すでに13回も
開催しています。


もちろん、僕は、作冬の「味噌の日」は、パーフェクト。

12回の開催で、18杯食べました(笑)。


で、今季の冬の「味噌の日」も、当然、パーフェクト。

13回の開催で、すでに、26杯食べています(笑)。



もう、とにかく、「秋もと」の「味噌ラーメン」は中毒性があって、
リピーターがものすごい数います。

僕もそうなんですが、今年は、1日に2回食べるという人が続出していて、
すごいことになっています。



さて、そんな「麺処 秋もと」なんですが、12月27日(火)が今年最後の営業。



なのですが・・・

その最後の最後の営業日に、秋本さん、やってくれました・・・。



普段と曜日は違うけど、最後の営業日を「味噌の日」にして、
しかも、普段の「味噌ラーメン」とは違う限定の別バージョンを提供するという・・・。


なんと、最終日に「味噌の限定」ですよ。


またまたフリーク泣かせのことをしてくれます。



そんなことをしたら、行かないわけには行かないじゃないですか!




ということで、多くの「秋もとファン」が今年最後の営業に詰め掛けたわけです。




当然、僕もお邪魔しないわけがありません。


なんたって「味噌の限定」ですからね。



喜び勇んで行ってきましたよ(笑)!




ってなことで、今回の記事は、そのレポをお届けしようというなわけです。




さて、そんな大人気の「味噌ラーメン」の別バージョン。


どういうものかというと・・・



「味噌ラーメン 別バージョン『鶏と鰹の清湯スープ』」という長い名前。


まあ、呼んで字のごとく「清湯」なんですね。

しかも、「鶏と鰹」なんです。



もともと、「秋もと」は、「鶏と鰹の清湯スープ」の「淡麗醤油」を
平打ち麺で提供するというのがコンセプトのお店。


それが、「味噌ラーメン」に限っては、基本、「鶏白湯」の濃厚スープに
数種類の味噌を合わせて作ったものでした。

日によっては、若干の魚介スープも合わせていたときもありましたが。


基本は、「鶏白湯」です。



それを、今回は、「清湯スープ」で別バージョンを作ってみようという試み。

しかも、「鶏と鰹」という、普段使っているスープをベースにしたもの。



それが、今回の「味噌ラーメン 別バージョン『鶏と鰹の清湯スープ』」
というわけです。



「味噌」と「鰹」・・・


合わないわけがありません。


間違いなく美味しいです。



今回は、「味噌ダレ」も普段の味噌ダレとは変えたものを使っているようで、
それも楽しみですよね。




では、ということで、前置きはこのくらいにして、その今年最後の「麺処 秋もと」、
しかも「味噌の限定」の「味噌ラーメン 別バージョン『鶏と鰹の清湯スープ』」、
いただいてきましたので、早速、感想をレポしていきましょう!




それでは!




まずは、見た目からです。

麺処 秋もと -- 味噌ラーメン 特別バージョン『鶏と鰹の清湯スープ』(2016年冬季「味噌の日」12月27日(火)限定)

いつもの艶消しブラックにゴールドで「秋もと」のロゴが書かれた
多用丼で登場です。

最近は、「つけ麺」にも使っているどんぶりですね。


いつになくシックで洒落てます。



で、丼顔はというと・・・

細かく・・・

麺処 秋もと -- 味噌ラーメン 特別バージョン『鶏と鰹の清湯スープ』(2016年冬季「味噌の日」12月27日(火)限定)_アップ

パッと見は、いつもの「味噌ラーメン」と変わらないように見えますね。



まずは、清湯といえども、濃厚そうな味噌のスープ。

そのスープには、玉ネギ、挽肉がたっぷりと入っています。


見えませんが、中には麺がごっそりと。


そして、その上には、もやしがこんもりと盛られ、挽肉が盛られ、
さらにトップには、ネギ、紫玉ネギといった、トレードマークの薬味
が盛られています。

で、サイドには、水菜、その脇にはメンマといったラインナップ。



あとは、提供前に炙って出してくれる豚バラチャーシュー。

チャーシューの上には、賽の目のように散りばめられた生姜。



ほとんどいつもと変わりません。



ですが、良く見ると、ちょっとだけ違うんですね。



まず、普段はあるけど、ないもの。


海苔がないですね。

あと、水菜と一緒に盛られていた大葉の千切りもないです。



そして、新しく加わったものもあります。

それが、小さくて見えにくいですが、パプリカ。


パプリカが彩を添えてくれてます。


あとは、表面上は見えないのですが、豚バラチャーシューの陰にには、
細切りにした鶏チャーシューも盛られてるんです。




同じように見えて、トッピングにも所々変化が見られます。



あとは、後ほども触れますが、麺も違うんですね。


作冬には登場していた中細の熟成縮れ麺。

これを、今回は、この清湯味噌の限定でのみ使ってきています。




見た目的には、こんな感じですね。




あとは、「味」、ですね。


ま、結論から言えば、メチャクチャ美味かったわけですけどね・・・




では、いただきましょう!




まずは、スープです。



レンゲで一口・・・。



メチャクチャ熱いです。


これ、気をつけないと火傷します。



普段の「味噌ラーメン」でも、途中から「油」を「鶏油」から「ラード」に
変更したんですが、今回も「ラード」を使っていますね。


しかも、普段よりも多めに使っているようで、より熱々の状態なんです。


これは、味噌ラーメンとしては、最高ですよね。



で、ふうふう言いながらスープを口に含むと・・・



たっぷりの味噌感に加え、鰹の風味がブワッと広がってくる・・・。

味噌自体は、濃厚で、しっかりとした味噌味なのですが、
やはり、清湯のせいなのか、意外にスッキリしています。


そして、ツイッターでも告知されていたんですが、今回は、急遽、
あるものをスープに入れているんですね。

その「あるもの」が、けっこうスープの中で存在感を出してるんです。


それが、「牡蠣」。


秋本さんいわく、少量しか使ってないとのことでしたが、しっかりと
スープの中に「いる」んです。


で、この「牡蠣」がいい味を出して、鰹をサポートしてるんですね。


鰹と牡蠣のバランスが最高。



ベースには、しっかりと鶏が下支えをしてくれてるので、コク、旨味もありながら、
魚介のスッキリとした味わいのスープを楽しむことができます。



メチャクチャ美味いです!



実をいうと、年末に「清湯味噌」をやるということで、試作を試させてもらってるんです。

そのときは、当然、牡蠣は入ってなかったし、正直、別物でした。


本番の方が、相当美味いです。


正直、お店に入ったときから、試作をいただいたときとは香りが違うなと
感じていたんですよね。


そうしたら、案の定って感じです。



さすがです。



味噌感も最高ですね。



今回は、「白味噌」、「麦味噌」、「麹味噌」、「西京味噌」の
4種類をブレンドしているということ。


けっこう「味噌」の味自体は濃厚で、分量的には少ないとは思うんですけど
意外に「西京味噌」のマイルドな感じが他の味噌の味をサポートして
いい味になっていたんじゃないかなと、個人的には思うんですけどね。





そして、麺。



やはり、この熟成縮れ麺は最高ですね。


シコシコとした食感、独特の縮れが、スープをしっかりと持ち上げて、
最高に美味いです。


札幌ラーメンの王道を行く麺ですよね。



普段の「秋もと」の味噌ラーメンの中太手揉み麺もモチモチとして、
美味しいんですけど、この中細の熟成麺も最高です。




で、トッピング。



新たに加わったパプリカ。


油と醤油に漬けたものだということですが、パプリカの香りが、
いい感じのアクセントになって、新鮮な味でしたね。


サッパリしていて良かったと思います。



普段のもやしは、いうまでもなく、シャキシャキとして文句なし。


メンマもコリコリ、水菜もあっさりとして良いですね。



炙った豚バラは、この上ない美味さ。

やわらかく香ばしく、しっかりと味の沁みこんだ最高のチャーシューです。


で、意外に合っていたのが、鶏の細切れチャーシュー。

これ自体の大きな存在感はなかったものの、やわらかく、麺と一緒に絡めれば、
文句ない美味しさで良かったと思います。



薬味のネギたちは、僕の好物でもあるので、言うまでもないこと。



スープに溶け込んだ挽肉、玉ネギも最高ですね。




いろいろとグダグダと書き綴りましたが、結局は、「美味い」の
一言に尽きます。



夢中で食べて、汗ダク、あっという間の完飲完食です。


一滴残さずいただきました。




文句なしの美味しさでした。





ということで、最後の最後を限定で締めくくってくれた「秋もと」さん。


しかも、僕の好物の「味噌」で。



ついつい美味しくて、もう一度並びなおして、2回目もいただいちゃいました。

2回目は、「特製」で、チャーシュー増し、ワンタン付き、海苔付き。


これも、言わずもがな。


最高でした!



ってか、今回の、「味噌の日」は、全て2回ずつ食べてるんですけどね(笑)。




ま、とにかく最後も美味しく〆ていただいて最高でしたね。



また、年明け以降、来年も美味しいラーメンを提供していただけるよう
大いに期待したいですね。




来年も楽しみです!

麺処 秋もと -- 味噌ラーメン 特別バージョン『鶏と鰹の清湯スープ』(2016年冬季「味噌の日」12月27日(火)限定)_メニュー

麺処 秋もと_味噌の日2016_暖簾

麺処 秋もと_味噌の日2016
※最終営業日ではなく、11月に撮影した「味噌の日」の店舗写真です。

[データ]
●店名:麺処 秋もと
●住所:神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1157-1 東急ドエル市ヶ尾アネックスビル 1F
●交通:東急田園都市線「市が尾」より徒歩2分
●営業:[火・水・金~日]12:00~15:00・18:00~22:00/[木]12:00~15:00(スープがなくなり次第終了)
●定休:月曜・木曜午後・第一・第三火曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■味噌らーめん [ 東京/鶏(清湯)+魚介+貝 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック