プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
まぜまぜ ムタヒロ 3号@国分寺 / 鴨南まぜまぜ(2017年1月限定)
まぜまぜ ムタヒロ 3号
鴨南まぜまぜ(2017年1月限定)

[訪問日]
2017年1月9日(月)

[評価]★★★★☆

まぜまぜ ムタヒロ 3号 -- 鴨南まぜまぜ(2017年1月限定)


国分寺を拠点に、ラーメン店8店舗と串揚げ店1店舗を展開しているのが
㈱GREAT SMILEが運営する「ムタヒログループ」。


2011年9月に本店「中華そば ムタヒロ」をオープンして以来、

2012年9月22日:2号店「鶏そば ムタヒロ」オープン
2013年6月27日:3号店「まぜまぜ ムタヒロ」オープン
2014年6月2日:4号店「串あげ ムタヒロ」オープン
2015年1月9日:5号店「中華そば ムタヒロ 大阪福島店」オープン
2015年8月30日:6号店「味噌中華そば ムタヒロ」オープン

同じく2015年には、初の海外進出となる7号店目の「鶏そば ムタヒロ 韓国ソウル店」を
オープンしています。


そして、2016年には、8号店となる「肉中華そば ムタヒロ」を「国立」にオープン。

さらに、大阪2号店となる9号店目の「堺東店」もオープンさせ、
現在、9店舗を運営するまでに成長したムタヒロ。



もう、ここまでのことは、昨年の記事でも何度となく触れているので、
みなさんご承知のことと思います。



そして、年が明けて、2017年。


おそらく、今年も何らかのアクションがあるのではないでしょうか?


何をやってくれるか楽しみですね。




そんなムタヒロなのですが、月が変われば、毎月恒例の月替わりの限定ですよね。


毎月、レギュラーメニュー以外で展開しているメニューのことです。



昨年末は、11月、12月と連続で同じ限定麺を展開していたのですが、
年明けの2017年1月は、また新たな限定麺の提供が始まっています。



ということで、僕も、毎回、限定巡りをしているので、今年も
限定巡りのスタートというわけです。



さて、で、2017年一発目のムタヒロ限定。


最近は、共通テーマを設けて限定麺を創作してるのですが、
今回もテーマは決まっています。



今回のテーマは・・・


「お正月」


だそうです。



「お正月」をテーマに、1ヶ月限定麺を続けるのも大変そうですが、
年明けのおめでたい月ですので、これも「あり」でしょうかね。



で、すでに、各店のメニューは、出揃っているのですが・・・。

紹介しておくと・・・

・中華そば ムタヒロ:「鯛の白湯つけそば」
・鶏そば ムタヒロ:「OH!MY昆布つけ麺」
・まぜまぜ ムタヒロ:「鴨南まぜまぜ」
・味噌中華そば ムタヒロ:「北海道仕立ての福福そば」
・肉中華そば ムタヒロ:「七種の味噌の七福そば」

というラインナップです。




いろいろと趣向を凝らしているようですね。


面白そうです。





で、僕も限定めぐりをスタートしたのですが・・・



今回は、1軒ずつ、ゆっくりと回って行きたいなと思ってます。

慌てても仕方ないですからね。




ということで、まずは、1軒目を回ってきました。



今回1軒目に選んだのは、3号店の「まぜまぜ ムタヒロ」です。


理由は・・・

特にありません(笑)。



ただ、個人的に、3号店、2号店の限定が個人的に好きなパターンが多く、
どちらかからスタートしたいないなと思っていたのはありますが・・・。




ってなことで、2017年1発目のムタヒロ限定。


まずは、「まぜまぜ ムタヒロ」の「鴨南まぜまぜ」です。




では、早速ですが、いただいてきましたので、感想をレポしていきましょう!





まずは、例のごとく見た目からです。

まぜまぜ ムタヒロ 3号 -- 鴨南まぜまぜ(2017年1月限定)

サンプル写真は、いつもの3号店の口径の広い大きなどんぶりなのですが、
実物は違うどんぶりで登場です。


なんか、おめでたい感じのデザインのどんぶりですね。


お正月用に揃えたのでしょうか?


中々、カッコイイ模様のどんぶりです。


丼顔もキレイですね。



では、細かく見てみましょう。

まぜまぜ ムタヒロ 3号 -- 鴨南まぜまぜ(2017年1月限定)_アップ

なんか、麺がいつもと違いますね。


っていうか、ムタヒロで、このタイプの麺を見るの初めてかも。


けっこう太めで、かなり平べったい平打ち麺です。

「細めのきしめん」?

みたいな感じ・・・。


どうやら、今回のために新たに打った麺のようですね。



で、その麺の上には、いろいろと具材が・・・



まず、メインの具材となる肉。


これは、「鴨南まぜまぜ」というメニュー名のとおり「鴨肉」。

これが2枚のってます。


で、その右隣りには、おめでたい紅白のお餅。

テーマの「お正月」を象徴していますね。


さらに、その隣りには、こんがりと焼き目ついた長ネギが2つ。


そして、これもお正月っぽく伊達巻がのってます。


トップには、これまたお正月っぽく七草の「せり」。

この「せり」が根っこの部分から使われてのっています。


面白いアイデアですね。


その上には、糸唐辛子。



で、底には、たっぷりの鴨南蛮のタレがあり、麺が浸かってます。



具材のアイデアとかも含め、なんか面白い。


美味しそうですね。





では、いただいてみましょう!




まずは、しっかりとまぜまぜして。



とりあえず、麺を一口いただいてみると・・・



ツルツルっとした麺肌が心地良い平打ち。

しっかりとタレと絡んできますね。



口当たり、のど越しも良いのですが、この麺、かなりの歯応え。


モチモチというよりも、しっかりとしたコシの麺。



麺の形から見て、パスタのフィットチーネをアルデンテで茹で上げた、
そんな感じの印象の食感の麺。



この麺、美味いですね~。



鴨南蛮の甘辛いタレがしっかりと絡んできて、より一層の美味さです。

正直、この麺なら、具なしでもイケますね。



話を聞くと、ムタヒロや凪で使ってる「いったん麺」の切り刃の番手を
変えたものらしいです。




で、それに加えての具材。




まずは、メインの鴨肉。


けっこう鴨の肉は、クセがあって嫌がる人もいますが、これは大丈夫。

全くクセもなしですし、やわらかく美味しいです。


タレ絡めた麺と一緒に食べると、まさに「鴨南蛮」って感じです。



紅白のお餅、伊達巻は、まあ、お正月イメージの具材なので、
「鴨南蛮」としての味を左右する具材ではないのですが、それ単体では
当然のことながら美味しいですよね。


ただ、焼いた長ネギは美味かった・・・



焼きネギの独特のぬめりと自然な辛味と甘味。

焦げ目も香ばしく、良いですね~。


鴨肉と合わせて、「鴨南蛮」って感じです。



「酉年」⇒「鴨」
「お正月」⇒「紅白餅」&「伊達巻」&「せり」

でもって、「鴨肉」&「長ネギ」&「甘辛いタレ」⇒「鴨南蛮」


こんな感じなんでしょうか?




いずれにしろ、今月のテーマの「お正月」と「鴨南蛮」を上手く掛け合わせた
創作まぜそばに仕上がってると思います。


アイデアも面白いですし、美味しいまぜそばだと思います。




あっという間の完食でした。

美味しかったです。






さて、ということで、ムタヒロの限定巡り、とりあえずは1軒目終了です。




続いて、2軒目なのですが・・・


どこにしようか迷ったのですが、2号店の「鶏そば ムタヒロ」に
お邪魔することにしました。


2号店こそ、「鶏」=「酉」なんで、面白いのができるのでは?
と思ったのですが、どうやら、「鶏」ではなく、違う素材を選んだようです。



こちらも楽しみですね。




では、次は「鶏そば ムタヒロ」に行ってこようと思いますので、
いただいてきたら、また記事アップします。

まぜまぜ ムタヒロ 3号 -- 鴨南まぜまぜ(2017年1月限定)_メニュー

まぜまぜ ムタヒロ 3号(新)
※この外観写真は、2016円2月に撮影したものです。

[データ]
●店名:まぜまぜ ムタヒロ 3号
●住所:東京都国分寺市本町2-13-8
●交通:JR中央線「国分寺」より徒歩5分
●営業:[月・水~土]11:30~15:00・18:00~23:00/[日] 11:30~15:00・18:00~21:00
●定休:火曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■汁なし麺 [ 東京/まぜそば(創作系・醤油味) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック