プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
KaneKitchen Noodles@東長崎 / 醤油らぁめん
KaneKitchen Noodles
醤油らぁめん

[訪問日]
2017年1月17日(火)

[評価]★★★★★

KaneKitchen Noodles -- 醤油らぁめん


昨年末にオープンしたばかり「KaneKitchen Noodles」。


こちらのお店、埼玉県朝霞の「ごはんや まーむ食堂」の定休日に
間借り営業していたお店として有名ですね。


その当時の屋号は、「らぁめん屋 カネキッチン」。

この間借り営業が、昨年の9月で終了、ついに、実店舗としてオープンすることに。


それが、今回の「KaneKitchen Noodles」です。


オープンが、昨年末と言いましたが、正確には、12月12日。


そして、間借り営業終了から実店舗オープンまでの2ヶ月強の間、
ソラノイロ4号店の開店準備のため休業していた麹町の「素良」を
またまた間借りして、期間限定で営業していたんですね。



つまり、

朝霞の「まーむ食堂」 ⇒ 麹町の「素良」での間借り営業

そして、

「KaneKitchen Noodles」としてオープンという流れになるわけです。


「素良」での間借り営業のときには、すでに、屋号を「KaneKitchen Noodles」に
変更して営業していましたね。



実は、「まーむ食堂時代」、「素良時代」のどちらにも訪問したことがなく、
実店舗になってから初めての訪問になります。



店主さんは、カネさんこと金田広伸さんという方で、TBS「有吉ジャポン」の
「成り上がりジャポン」というラーメン企画にも出ていた方。

元々は、都内の有名つけ麺店で6年半修行を経て独立、間借り営業という形ながら
「らぁめん屋 カネキッチン」を営んでいたようで、そこからさらに
ステップアップするために「成り上がりジャポン」にも出ていたようなですね。


でも、「成り上がりジャポン」に出る必要はない。

すでに完成されているとのことから、途中のステージで脱落。



ただ、その理由が、今言ったように、すでに独り立ちができるからということで、
まさに、その判断は正しく、実際にこうやって実店舗オープンにまで
漕ぎつけたわけです。



ちなみに、この「成り上がりジャポン」には、昨年オープンした
神保町の「黒須」というお店の店主さんも出演していましたね。



ま、こんな経緯でオープンする運びとなった「KaneKitchen Noodles」。



すでに、名前は知れ渡っています。

正直、行列必至のお店なわけです。



そろそろ落ち着いたかなと思っての訪問というわけです。




さて、こちらのお店、場所は、西武池袋線「東長崎」から歩いて2分ほど。

とても良い立地です。


路面店というか、テナントビルの2階部分を使っての店舗展開。


表から良く見えるオープンなテナントなので、ほぼ路面店に近いですね。



店内は、かなり広々とした余裕のある空間で、とても気持ちが良いです。



一段上にある厨房を前にカウンター席が10席。

その後方に、ゆったりと4人掛けテーブル席が2卓あります。


とてもお洒落な空間です。



メニューは、基本は、3種類。


「醤油らぁめん」、「塩らぁめん」、「淡麗煮干しらぁめん」の3つ。

これに、「チャーシュー」、「特製」、「味玉」という3種類の
トッピングバリエーションが準備されています。


券売機を見た感じだと、「特製」より「チャーシュー」の方が推しのようです。


ただ、残念なことに、今回の訪問では、「塩らぁめん」がリニューアル中で
お休みになっていました。


この他に、追加トッピングは、「味玉」オンリー。

その代わりといっては何ですが、アラカルトとして、「メンマ盛り合わせ」、
「チャーシュー盛り合わせ」、「鶏ワサ」が用意されていました。


あとは、ご飯もの少々、ビール。


そして、限定ラーメンも準備されてましたね。

今は、「濃い煮干しらぁめん」。


これ以外に、バリエーションメニューとして、「煮干し」を「塩」に
変更もできるようでした。



細かくあげるといろいろとありますが、基本は先ほどの3種類ですね。



こんな中、「塩」はお休みでしたし、やはり、1番基本の「醤油」を
オーダーするのが定石かなと・・・


ってなことで、「醤油らぁめん」をデフォでいただくことに。



後ほど紹介しますが、お店の案内文によると、「醤油らぁめん」も
かなり素材やら何やらと凝っていて美味しそうですよ。




では、満を持して実店舗オープンとなった「KaneKitchen Noodles」の
「醤油らぁめん」、いただいてきましたので、感想の方を。





では、例によって、見た目から。

KaneKitchen Noodles -- 醤油らぁめん

白いシンプルなどんぶりが、同じく白のシンプルな受け皿にのせられ登場。


シンプルでキレイな丼顔です。

食欲をそそられます。



では、細かく。


KaneKitchen Noodles -- 醤油らぁめん_アップ
まず、スープ。


キレイな琥珀色した淡麗醤油。

やや、厚めに張られた鶏油がキラキラときらめいています。


麺は、中細のストレート麺で、スープの中にキレイにたたまれて盛られています。



その上には、2種のチャーシュー。


鶏ムネ肉のチャーシューと豚肩ロースのレアチャーシュー。


で、材木型の太めのメンマが2本。


トップには、三つ葉が2茎横たわっています。

細かく切り刻まずに、茎のままトッピングしてるのが洒落てますね。


そして、薬味のネギは、短冊状に切った白ネギがスープに浮いています。




シンプルだけど、っていうか、シンプルなであるがゆえに、美味しそう。

どストライクなパターンかもしれません。




では、いただいてみます!




まずは、スープを一口。



厚めに張られた鶏油が、ややオイリーに感じるものの、ほんおりとした甘さが
まずは、口に広がってきます。

そして、それを追いかけるように芳醇な醤油の香りが鼻をかすめ、
今度は、コクのある醤油の味が広かってきます。


スープのベースとなっているのは、2種類の地鶏。


「名古屋コーチン」と「阿波尾鶏」。

この組み合わせ、中々見ません。


先日、「麺処 さとう 桜新町店」のゲリラ限定で出していた「鶏そば」が
まさに、この組み合わせでしたが、まず、「名古屋コーチン」をメインに
使ってくるところは見かけないですね。

サブというのはありますが・・・。


で、その鶏の旨味がじんわりと沁みてきて、奥の深い味わいに。


地鶏以外にも、昆布、煮干しなど使っていますが、あくまでも、
鶏を引き立てるためのもの。



タレも醤油を何種類も掛け合わせているようです。

「濃い口」、「再仕込み」、「たまり」、「生醤油」など、その他に
4種類もの醤油をブレンドしているようです。


醤油のブランドも、滋賀「丸中醤油」、群馬「日本一醤油」、埼玉「弓削田醤油」を
メインに使用しているとのこと。


こだわっていますね。



まあ、ただ、これらをどういうバランスでブレンドするかが大切なわけですが、
見事に醤油本来の香り、キレ、旨味を引き出しています。




これは、美味いです!


予想していた通り、ど真ん中です(笑)!

すでにレンゲが止まらなくなってます(笑)。


グイグイいっちゃいます!





で、麺。



中細のストレート。


全粒粉入りの麺ですね。

とてもしなやかで、やわらかめ、とても啜り心地が良い。


スープとの絡みも良く、やわめではあるけれど、しっかりとコシもあり、
美味しい麺ですね。


もう少し細い麺でも面白かったかなと思いましたが・・・



でも、かなり美味しいです。




そして、具材。



まず、目を引くチャーシュー。


これは、秀逸。


特に、豚の肩ロースは、低温調理されたレアチャーシューなんですが、
肉感たっぷりで、かつ、サクッとした噛み応えが抜群のチャーシュー。

厚みもしっかりしていて、すごく贅沢な感じ。


味もしっかりと沁みているし・・・


これは美味しいチャーシューです。


看板メニューを「チャーシュー麺」にしているのがわかる気がしました。


自信があるんですね、きっと。



鶏チャーシューも、しっとりとして美味しかったです。



メンマは、材木型の太いヤツ。


シャクシャクとした食感が、メンマらしくて良い感じ。

味もしっかりとしてました。



三つ葉は、香り付けとしてももちろんいいのですが、この茎ごと使う使い方が
見た目を意識したようにも思え、僕的には、好感度抜群です。

食べれば、当然のことながら、香り良く、さっぱりと口の中を洗い流してくれます。



薬味のネギも、スープと一緒に口の中に啜りこんで・・・


美味い!




あっという間の完飲完食です。


もう、スープが後を引きまくりで、いつの間にかなくなってました。




とても美味しかったです。




これは、他のメニューも期待できますね。


特に「塩」。



今は、リニューアル中で食べられませんが、とても気になります。

リニューアル完了したら、ぜひ「塩」をいただきにお邪魔したいですね。




とにかく、ストライクゾーンど真ん中。


美味しい一杯でした。

KaneKitchen Noodles

KaneKitchen Noodles

KaneKitchen Noodles

KaneKitchen Noodles

[データ]
●店名:KaneKitchen Noodles
●住所:東京都豊島区南長崎5-26-15 マチテラス南長崎 2F
●交通:西武池袋線「東長崎」より徒歩2分
●営業:[火~土]11:00~15:00・18:00~21:00/[日・祝]11:00~15:00
●定休:月曜(祝日の場合は営業、翌火曜が休み)




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック